ロンキヤの回送

昨日の出来事です。

20210922201736b0a.jpg

相鉄モヤ700

本日、海老名駅近くに案山子祭りを見に行き、ついでに相模線を撮りに厚木駅まで行くと、相鉄に珍客が来てました。

20210921000057d2f.jpg

2021092100013990a.jpg


雑誌の記事に、相鉄から東急に21000系を回送とあったけど今日とは思っていなかったので、案山子に感謝です。

国府津駅を俯瞰

新津からの届け物到着。

20210919000440c96.jpg

【心象風景】車両や列車が格好良く見えた瞬間の話1(485系、いなほ)

画像は無いけど、子供の頃の記憶は薄れていくばかりなので忘れないうちに記憶を書き留めるべくシリーズ化してみます。

485系についてはこの他にも多くの光景がありますが、まずはこのシーンから。

時は1976年12月下旬、家族旅行で来ていた越後中里横のスキー場での出来事。夕方、線路の向こう側にある旅館に戻るため、越後中里駅の長岡側にある踏切に差し掛かるとちょうど警報機が鳴り出した。矢印は上り列車を示しているが長岡方向の線路は林に挟まれた右カーブで、近づいてくる列車は見えない。
ただし、足早なジョイント音が聞こえてきてどうやら優等列車が来ているらしい。
時間的には、日暮れ近くで辺りが少しずつ青味がかって来るブルーモーメントの始まるような様子だった。やがて、奥の線路がライトに照らされ、タイフォンとともに三灯のヘッドライトが現れた。現れた列車はクハ481の200番台が300番台で「いなほ」の文字マークが目に入る。次の瞬間、轟音と風圧を感じ轟然と目の前を特急列車が通過していった。
目の前を横切るモーターの唸り、パンタグラフの摺動音とかメカニカルなさまざまな音が通過していったと思うと、赤いテールランプが走り去っていった。あとには、巻き上げた少しばかりの雪煙の余韻が舞う。

青味がかった雪景色、林の間から顔を出す三灯ライトとお膳立てが揃い過ぎの感もあるが、見慣れた485系が凄く格好良く見えた瞬間だった。

発色悪い485系あいづ写真

プリンターの調子が良くないので印刷テストやはり微妙な感じです。

20210914231034308.jpg

2003年6月

快速格下げになる少し前のあいづ号です。