今日は6/23

この日にふさわしいねたをアップします。時は18年前の1995年4月GW、個人的なことでゴタゴタしていた私は輪行袋にMTBを突っ込み北斗星5号に乗り込みました。気分転換に旅に出たかったのです。この時は鉄活動はほとんど考えず写るんですを携えて出掛けました。
北斗星は開放B寝台で同じ区画にカメラバッグを持った方が二人いました。会話がそれとなく聞こえてきてどうやらC62を撮影されるようです。そうなると会話に加わりたくなり、今回は自転車が目的だが実は鉄道も好きだと自己紹介をして楽しく過ごさせて頂きました。
翌朝、私は函館で下車しお二人を見送りました。しかし、やはりC62のことが気になり4日目に室蘭本線の豊浦駅から倶知安かニセコを目指して走ることにしました。そして、豊浦でエルムの通過を見送りスタート、詳細は省きますが倶知安の駅前で羊蹄山の湧水を飲み干してC62ニセコ号を見送ることが出来ました。
ただ惜しむらくは、カメラが写るんですだったこと。そんなわけで、夏にテツ友を誘いはくつる81号で渡道しました。実ははくつる乗車までもちょっとしたハプニングがありましたがそれはまた別の機会に紹介します。
画像はその夏の渡道時のものです。

イメージ 1

1995.8. 比羅夫-ニセコ、到着直前なので煙はほとんど出ていません。

イメージ 2

ニセコのターンテーブルにて

イメージ 3

当日朝の小樽築港機関区です。許可を頂いて見学しました。

実はこれでC62の迫力に参って、11/3の最終運転にも行ってしまったのでした。その記録も別の機会に紹介します。
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
またお邪魔致します。

これがC62 3ニセコですね!

この時代は非鉄でしたので初めて拝見
致します。

JR西のC53と併せて再度運用復帰など
ありますでしょうかね…

素敵な画像に感動しました!

No title

L 特急様
おはようございます。
素敵なコメントを頂きありがとうございます。私の場合はこのC62が鉄活動を再燃する切っ掛けになりました。

子供の頃に見た急行ていねやニセコでの活躍を記録した映画を思い出したのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)