京王5000系の思い出(吊り掛け急行の疾走)

京王線とは縁が強くて、就職して会社の寮に入る迄はずっと京王沿線の住人でした。そんなわけで、京王線にまつわる思い出を少し紹介します。
大学生の時は京王線で通学をしており、とある土曜日は午後の電車で家路についてました。すると、対向列車からいつになくハイペースな吊り掛けのモーター音が・・・、慌てて振り返ると急行のマークを掲げた5000系が遠ざかって行くのが見えました。1983年頃のことだったでしょうか。当時はまだ吊り掛けの5000系が健在で普段は各停運用についてましたが、この日は競馬開催日で、競馬場始発の臨時急行の運用に入っていた様です。となると、新宿到着後は回送で戻って上りの急行に入ることが予測されたので東府中に先回りして待ち構えてました。
暫くして、急行のマークを掲げた5000系が予想通りやって来ました。早速先頭の吊り掛け車に乗り込みます。車内は競馬帰りの人達で混んでいましたが贅沢は言ってられません。速度計の見える位置ににじり寄ってスタンバイ完了。電車は新宿に向けて出発しました。調布までの区間では武蔵野台の先にややきついカーブが有るのでそこから西調布の先まで続く直線区間で高速運転の期待が高まります。カーブを抜けると電車は再加速し95km/h位に達したでしょうか。この位になるとモーターは甲高い音を奏でており、その音にしびれてしまいました。
調布から先は、国領から先はまた直線区間が続くのですが、ダイヤがつまっていたのかさっきほどは速度を出さず千歳烏山に到着。あとは淡々と走って明大前でこの電車から下車し追っかけを終了、帰途に着きました。
しかし、あとにも先にも京王線で吊り掛け急行に乗ったのはこれきりでした。すれ違うことはあっても追っかけができなかったとかで、チャンスがありませんでした。ぜひとも、もう一度あのモーター音を聞いてみたいです。

イメージ 1

吊り掛け車ではありませんが50000系の写真を。平山城址公園ー長沼にて 1992年頃
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは

はじめまして。たかちねっとと申します。
住まいは昔も今も国立市ですが、
中学、高校と1970年代を京王線で通学しました。
高校時代まで鉄道写真を撮ったりしていましたが、
その後非鉄時代に突入し、デジカメ時代になって
ここ数年、復活し始めました。
京王5000系が、電車の中で一番好きな車輌です。
学校の帰り、下り特急に乗ってスピードメーターを
見るのが楽しみでした。
調布から武蔵野台の手前のカーブのぎりきりまで
ノッチを入れっぱなし。
ちょっと記憶が薄れかかっていますが、
最高で115kmくらいまで出したのを記憶しています。
綺麗なカラー写真を拝見させていただき、ありがとうございました。

No title

たかちねっと様
はじめまして。
コメントを頂きありがとうございました。

私も、調布から武蔵野台にかけての高速運転大好きです。私が通学していた時には6000系が主力だったので京王八王子側の前パンデハがお気に入りで、京王線はカーブが多いのでかぶり付きはスリリングだった記憶がよみがえりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)