鉄道少年が車好きに目覚めた四方山話【番外】アコード·インスパイア & 90'sアコード

少し、時期が飛ぶが唐突に思い出したので様にはこの2車について記述したい。この2台がデビューしたのは1989年のことですでに社会人になって4年目、その頃は車関連の仕事をしていた事もあって、オンもオフもどっぷり浸かっている感じの日々であった。
バブルのおかげか世は高級車ブームで日産シーマ(1988)とか、三菱ディアマンテ(1990)とかが出てきて爆発的に売れていた頃で、ホンダからアコードの上級車種として出てきたのがインスパイアとビガーである。この車の特徴は何と言っても直5エンジンを縦置きしたレイアウトだろう。
流石に20代で手を出すには時期尚早とは思ったものの興味があったのでレンタカーで借りたことがある。5気筒エンジンはホンダにしては珍しくショートストロークの高回転向きで元々吹き上がりの良さで定評のあるホンダエンジンが更に高回転型になった印象で大柄の車体を楽々加速させるのは本当にSOHCかと思ったほど。とは言え、流石に当時の自分の稼ぎでは手が出なかった。このエンジンがDOHCになったら面白いだろうと思ったもののそうはならず、更には2500ccのワイドボディが主流になったために興味は薄れてしまった。
ところで、自分の車を買ったディーラーに行ったら、オーナーがエンジンオイル交換をサボっていてだめにしてしまった2500ccのエンジンブロックが飾ってあり、複雑な構造ゆえにオイル管理はキッチリやらないと駄目と言うことがよく分かる見本に驚愕した覚えがある。

90'sアコードセダン
こちらは愛車の点検の時に代車がこの車のSiだった。1つ前の型がリトラクタブルヘッドライトでプレリュードのセダンみたいな外観だったが、こちらはインスパイアと同時のためか割とオーソドックスなデザインのセダンだった。とは言うものの2000ccDOHCは伊達ではなく、良く吹け上がるエンジンだった。
いわゆる羊の皮被ったオオカミ的なクルマで見た目はおとなしめなのに実力派という感じだろう。
そういう意味では面白そうなクルマだったけど、当時はまだ4ドアは早いと思っていたので、購入には至らなかったがその後のアコードを買う切っ掛けにはなったようだ。
追伸、この車のCMの曲はジェフ・ベックだったとは今更知りました。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

アコードはエアロデッキが好きでした。
今出たら欲しいです。
ただ、当時の価格では売ってくれないでしょうね。

アコードエアロデッキ

SL-10さん、こんにちは。
アコードエアロデッキ、クリエイター辺に人気あったようですね。後年、アコードワゴンにオマージュを受けた様なデザインの車がありましたがあの大柄のボディに2Lは力不足、2.4Lは維持費の面でパスしました。今出してくれるならば、3ドアではなく5ドア車が使い勝手良いけど、生活感の無いデザインだとやはり3ドアになるのでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する