お前それやるか的な夜行列車乗継-5

乗った列車 急行 せいかんナイト(函館2:44→青森5:08)

1987-1989年は北海道旅行がマイブームで3年連続で夏休みに行ってました。
記憶では乗ったのは88年夏(87年は連絡船、89年は札幌-仙台を飛行機)なのだが、検索すると設定は89年からとあり、今となっては確かめようもないし、多分当時の道内時刻表は捨ててしまっただろう。
この前後の行程もちゃんと覚えてなくて、札幌からどうやって函館まで行ったかも曖昧(たぶん特急北斗のはずだが)。
函館で夜景を見て、はまなすに乗るつもりで駅まで来たら臨時急行運転の表示があり、座れるかわからないはまなすよりかはこっちが良かろうとするも、深夜の2時すぎまで満員に近い待合室で過ごすのはかなり苦痛だった記憶がある。
どんな編成が来るのかと思ったら、はつかりの間合い運用の485系だったが、当時は簡易リクライニングシートは寝づらくて、しかもほぼ満席だったからしんどかった記憶しかない。
早朝の青森駅では、蟹田行普通列車に583系が使われていて一気に目が冴えたものの写真には残さず。
青森行は分からないが、前に札幌行のはまなすに乗った時は函館で結構降車があり、青森〜函館の需要がそれなりにありそうだと思った次第。深夜の2時に青森に向かう人がどのくらい居るのかは未知数であるが。
スポンサーサイト



コメント

こんなに往来があったんですね

こんにちは。
当時時刻表でこの列車の設定があったのは知ってましたが、混雑するような列車だったんですね。
今は夜行の設定が無くなってしまいましたが、いまでもニーズは残っているはず。新幹線の方が付加価値高いとはいえ、残念な話です。

Re: こんなに往来があったんですね

朝霧高原さん、こんにちは。
青函連絡船サヨナラから、青函トンネル開業に続く観光フィーバーがあってすごく賑わっていた記憶があります。北海道旅行も流行して飛行機はなかなか取れずいつも陸路移動してました。
しかし、バブル崩壊くらいからじわじわ人が減って、快速海峡が10両編成で満席だったとか信じられないくらいでした。とはいえ、青函フェリーが今でも健在だし往来の需要はあるみたいなのですが、個人的には長いトンネルが一般の人には退屈なので廃れたと思ってます。大体トンネル抜けると寝落ちしていたことが多いので。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する