【終焉間近のDC181系】かにカニはまかぜに乗りに行く-3

いよいよ大阪を出発し案内放送が始まるも淀川を渡る間は休止、これは定期のはまかぜの時もお約束。はまかぜは兵庫県内特急のイメージがあり三宮から人が乗ってくるイメージだがかにカニ号はパックツアーの参加者が多いのか大阪時点で結構乗っていたような。
期待の120km/h走行については、話し声が賑やかで加古川付近ではデッキに出て結構飛ばしていた様子を記録できた。しかしながら、録音に気を取られ過ぎて印象はさっぱりとなってしまった。
列車は早くも高架駅の姫路に到着。ここで進行方向が変わるので数分の小休止。記憶にある姫路駅は地上駅で高架になってからまじまじと見るのは初めてなので違和感だらけ。
そして列車は向きを変えて播但線に歩を進める。播但線の記憶に至っては1979年以来で当時はDD51の牽く旧客だった。
播但線は単線なので、上りのキハ189はまかぜや深紅の103系などとすれ違いながら進む。途中の駅では「かにカニ」キャンペーンの幟も。
2010_1202_094834.jpg

交換待ちで停車時間を利用してホームから撮影、前方に行くのは無理だったようだ。
2010_1202_094907.jpg

その播但線の終点和田山が近づき、まだ乗り続けたい気持ちがあるものの仕方なく下車。走り去る「かにカニはまかぜ」をお見送り。
2010_1202_103122.jpg

福知山に行く列車には間があるので和田山駅を見学。まずはキハ40と41。
2010_1202_103549.jpg

2連化改造された113系はなんと前パン搭載。
2010_1202_104649.jpg

もう使用はしていないが、煉瓦造りの庫。これは43年前は慌ただしく乗り換えたため全く記憶なし。
2010_1202_111439.jpg

そして上り下りの電車特急が相次いで交換する時刻となり、まずは乗車予定の福知山方面の「きのさき」号が登場。
2010_1202_111516.jpg

下りの豊岡方面「北近畿」号、こちらは特急色を維持。
2010_1202_111833.jpg

福知山に向かうべく「きのさき」号に乗り、今回の記事は終了です。

ところで、この界わいは元485系改造の183系が多数走っていた特急街道なのに、これ以降全然行けておらず惜しいことをしました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する