在来線特急つばさ、見納めドライブ旅-3

この記事完全に忘れてました。
仙台に車を置いて新幹線で福島に行って切符を買い直し、在来線ホームに向かい17:43発の特急「つばさ」を待つ。ここからは仙台まで1時間ほどの485系の乗り心地を堪能する。全盛期は55-59分で走破していた区間だがこの程度の差は気になるものではなく、充分に往年の雰囲気を味わえた。
仙台到着後は、秋田に向かう同列車を見送り、福島~仙台の485系ミニトリップは終了。
駅構内のお土産コーナーで買い物をして駐車場を出るころには6月と言えども日暮れを迎えており、東北自動車道に入る頃には真っ暗に。あとは淡々と東北道を南下して佐野藤岡サービスエリアによって遅めの夕食後に都内まで一直線と思いきや土曜深夜の首都高速は渋滞発生の為、早稲田あたりで下道に降り甲州街道を目指すもこちらも渋滞。
その渋滞も郊外に差し掛かる頃には解消して順調に流れ出すものの、もう1つトラブル発生。ロードスターのオーナーである友人は疲れ果てて、自分がハンドルを握っていたのだが、走行中に加速が鈍る事態が発生。あわててクラッチを切るとエンストしたので、クラッチペダルを踏んだまま再始動を試みるもダメでハザードを点灯して路肩に寄せる。
その頃には助手席で眠りこけていた友人も目を覚ましたので、状況を説明するとメーターを見た友人曰く、「ガス欠」とのこと。確かに渋滞中にガスメーターがE近くを指していたのでそろそろ給油と考えていたが見通しが甘かったようだ。オーナーが言うには、この車はEを指したら即給油だそうだ。自分の車はこの時点で2,3リッターあるので油断してしまった。
この騒動で帰宅はさらに遅くなり自分の実家に着いたのは3時近く、流石に友人をこのまま送り出すのはやばすぎだと思ったら我が家のソファーで寝落ちしたのでそのまま朝まで放置。朝起きてきた我が家族はさぞ驚いたことだろう。
そんなこんなで、仙台日帰り強行ドライブ旅行は曲りなりにも一応の成果を収め、あれは若気の至りだったと忘れられない思い出となった。もっとも、今の年齢ならば、新幹線とレンタカーを使うとか、作並温泉あたりに一泊するとかもっと気の利いた行程を考えそうだが、まあこういう行き方もこの時しかできないことなので、後悔はしていない。
(以上おわり)

仙台発秋田行き特急の表示で「つばさ」と分かるでしょうか
IMAG0114.jpg
秋田に向けて出発
IMAG0117.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する