西武多摩川線甲種の詳細写真

以前紹介した西武多摩川線甲種の時(↓)のその他の写真をようやく見つけました。
 
なんと、飯田線の撮影に行った時のネガの後半に入っておりました。ということは、1982年5月頃の出来事となります。しかし、なにぶんにも31年前の画像、一体どのような手順で入れ替えを行ったかまったく思い出せなので、撮影順に画像を羅列して行きますので悪しからず。ところで、西武多摩川線武蔵境駅にこの様な立派なヤードがあったのは砂利取り線だった名残だそうで、かの多摩川競艇場は砂利を掘った跡地利用だそうな・・・(都市伝説じゃないよね?)。
この入れ替え作業、記憶では休日に行っていたと思いました。中央線の列車の合間を縫っていることや踏切を長時間ふさぐ作業になること(ここの道路交通量がどの程度か覚えてませんが、汗)、ギャラリーに小学生ぐらいの子達がいることあたりからの予測です。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
ここに写っている少年たちは今頃40代でしょうか。
イメージ 8
 
イメージ 9
こんな感じで特別快速が合間に通過したりします(↓の再掲)。
 
たくさん貼るために、画像の解像度を粗くしてます。見づらくて恐縮です。
スポンサーサイト



コメント

No title

武蔵境駅ホーム、懐かしいです。
一度も西武に乗り換えた事はありませんでした。
競艇には興味が無かったので。。。

No title

ふみきりマンさま
おはようございます。
八王子の前は多磨霊園駅近くに住んでいたので荻窪とか行くのに使ってました。
子供会の行事で競艇場のボートに乗せてもらいましたが競艇自体には興味はもたなかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)