痛恨の現像失敗

高校生の時はフィルム現像を自分で行っていました。東北旅行のネガを現像する際に何を思ったのか、赤い電球を点けて現像タンクに詰めました。結果は、あーーー超悲しいことになってました。

イメージ 1


印画紙とネガでは取り扱いが違うのに気付いたのは現像後でした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)