LSEを踏切待ち

先週のことですが、小田急線に沿う道を車で移動中のこと。間もなくLSEの通過時刻だと思ったら少し先の踏切が鳴り出したので左折して踏切待ち。前側は間に合わず、走り去る姿を納めました。

イメージ 1

蛍田ー足柄

軽快な連接車の走行音と盛大なフラット音を響かせながら通過しました。フラットがそのままなのは終焉が近いためなのか?ちょっと気になりました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)