1981年3月 伯備線のDD51

今から34年前になりますが、電化工事の進捗で、すでに架線が張られてしまった伯備線布原信号所付近におりました。目的は電化で消えてしまうキハ181系の「やくも」号でした。とはいえ、合間にやってくるDD51の貨物列車やDCのローカル列車も撮影しておりました。

イメージ 1
1981/3 伯備線 布原信号所-新見(手前の斜面から望遠レンズで撮影)
 
ここは先輩に連れて行って貰ったためはっきり覚えておりませんが、あの有名なお立ち台のところの橋梁だったと思います。
しかし、列車の後方を切るなよ、と当時の自分に言いたいです。
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。

かなり長い貨物だったのではないですか。
自分も尻切れ写真は多いです。
伯備線、行ってみたかったです。

No title

こんばんは。
私もフィルムカメラ時代は最後尾を入れる事は意識していませんでした。
最近の流行(?)ですかねえ、でも最後尾まで収まった方が良いですねえ。

No title

こんばんは。

D51三重連で有名な布原ですね。
見た事も行った事もありませんが^^;
1981年といえば、まだまだ車扱貨物が主流だった頃ですね。
当時の長い貨物をしっかり後方まで収める方が難しかったのでは??
などとも思ってしまいます。
DD51の力闘ぶりにナイス!です♪

No title

> SL-10さん
こんばんは。尻切ればかりを量産しているのは自分だけかと思ってました。伯備線は、トワイライトがいるうちに行けたら楽しそうですね。あっち方面の出張がないかなあ。

No title

> ふみきりマンさん
こんばんは。デジタルだとすぐ答え合わせができるので「ああ、後部までいれておけば・・・」などと後悔する人が増えたのでしょうか?私は高校のクラブでお互いの写真を見せっこしている時に、尻切れを先輩部員に酷評されました。でも、いざ撮影に臨むと忘れてしまうのでした。orz

No title

> ショッポーさん
こんばんは。
これがあの布原かと、到着した時は感動してました。昔の貨物列車は長かったですね。この場所はDD51もキハ181も爆煙を噴き上げてましたので、D51の時はさぞかし凄まじかったのでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)