相模線205系

後継E131系が3編成完成しており、205系の先行きがそろそろ気になってきました。

20210830170608347.jpg

寒川−宮山

なお、宮山駅はなかなか好ましい佇まいでしたが車では寄りづらい場所だったので沿道からチラ見するだけでした。
スポンサーサイト



【1981年7月】八甲田60号で失敗

盛岡で一休みして次の行程を検討する。目論見としては上りの夜行急行で福島に行き奥羽本線の下り夜行急行に乗り換えて秋田に行こうと考えた。折よく21:10発の「いわて4号」に乗ると福島に0:51着、1:54発の「おが3号」に乗れば秋田8:07着、そのまま快速になって男鹿10:02着なので寝過ごしても男鹿線に乗れてしまうし、男鹿からの戻りはこの編成が快速列車で秋田まで戻る。
と、ここで時刻表の同じページにある「八甲田60号」の存在に気付いた。盛岡21:13、福島1:02なのでおがに乗り継ぐことも可能。八甲田60号は臨時列車なので定期のいわてよりは空いているだろうし客車列車というのも魅力。そこで方針変更しホームに向かうとED75先頭に12系の長い編成が到着。案の定、乗った車両には数名の先客だけで寒いくらいに冷房が効いていて快適な睡眠ができそう。
ここで、時刻表であることに気付いていたら予定通りいわて4号に乗っていてその後の展開も変わっていたかもしれない。このあることについては後述する。
八甲田60号に乗り洗面を済ませると、静かすぎるゆえに花巻到着も知らず眠りに落ちた。やはり、前夜はほとんど眠れなかったことが影響しているようだ。
そして、時間が過ぎて、とある駅を発車する衝撃で目が覚めた。頭はかなりスッキリしており随分寝たようなので、寝過ごしは確実なのに現在地が分からず頭が混乱。暗いホームに駅名標を探すと「くろいそ」の文字が横切って行った。あああ、やらかしたー、寝過ごしたー。今ので完全に覚醒し、とにかく時刻表を開いてリカバリー策を検討。周遊券の有効期限は充分あるのでなんとか戻りたい。次の停車駅宇都宮で乗り過ごしを申告し、差額を払って戻ろうと決める。その宇都宮駅では事情を話して精算してくださいと伝えると、誤乗扱いにしてくれた。未明に憔悴した感じに見えたのだろうか、駅員さんに感謝。とにかく下りの始発を待ってワイド周遊券のエリアまで戻らなくてはならない。

ところで、いわて4号のあることとは、盛岡−仙台の所要時間である。いわて4号は、盛岡を21:10発車し、仙台23:34で2時間24分で走行する。一方で韋駄天急行で名高いくりこま6号は19:00発、21:18着なので2時間18分と6分差なのである。この違いは、くりこまは通過する前沢、石越、鹿島台にいわてが停車するためで一駅ごとに2分掛かるらしい。このいわて4号の俊足ぶりにこのとき気が付いていたら定期列車ゆえに仙台駅辺りで乗降客でザワついて目が覚めて福島で乗り過ごさずに無事におが3号に乗り継いでいたかも、というのが心残り。結局、男鹿線で14系快速に乗ることは叶わず9年後の訪問となってしまった。

国府津にE131系第3編成到着

後方は小田原厚木道路

20210828235805e6e.jpg

1979年3月頃 横浜線の旧国

この1コマ前が八王子機関区のブレブレなEF65なので中央線車中から撮ったらしいです。この半年後の9月に引退でした。

IMAG0100.jpg

【1979年7月】八戸線、久慈線から岩泉線

八戸からは急行「十和田6号」に乗車。このまま周遊券の南限の平(現いわき)まで行っても朝6時台到着で、磐越東線は未乗なので都合は良いが、この日ばかりはそうはいかない。翌日は部分日食があり、北に行くほど欠ける割合が大きいため、初めて体験する日食はなるべく北で見たいと考えていた。
乗った十和田号は14系座席車でバッタンコシートの簡易リクライニングとはいえ、周遊券に課金無しで乗れる最高ランクの車両である。2時間半ほど乗って深夜に降りるので寝ないようにしていたが盛岡に気が付かなかったので少しウトウトしたようだか、1:25着の北上で乗り過ごすことなく降車。ここで下りの「八甲田」を待つ。次の水沢でも良いのだが夕方降りて様子が分かっている北上にしたのだった。この一時間ほどの間で印章が強かったのは、相次いでDD51重連の上下貨物列車が通過したこと。後でタイヤを見たら北上操車場から花巻の間にスジが引かれていたので多分釜石線の貨物列車だろう。40年前は物流の一翼を担っていたのだ。
2:34発の「八甲田」に乗車、席が空いているか懸念していたが難なく着席できた。八戸で降りるためあまり熟睡できないまま4:52到着。何日か前にこの乗り継ぎに失敗下之で胸をなでおろしキハ40系の気動車編成に乗り込む。5:13八戸出発で約2時間を淡々と過ごし7:19久慈到着。一応起きていたが途中の印象が薄く、久慈駅前に大勢集まっていた高校生の方が印象的だった。
8:10の普代行は別編成で雑誌に紹介されていた海を見下ろす橋とかを通り8:50到着。ここからは9:30発の国鉄バスで岩泉を目指す。時刻表では北山崎乗換となっていたが、バスは直通となっていて数分停車となっていた。運転士さんから景色を見たい人はどうぞと放送があり高台のバス停から眼下を見下ろすと美しい海が広がっていた。美しい景色に後ろ髪惹かれつつあとの行程があるのでバスに乗り続け12:34岩泉駅到着。既に部分日食は始まっていて、用意してきた自作の観測板で太陽を覗く。あっという間に時間が過ぎて、13:23発の岩泉線に乗って14:20茂市到着、接続良く14:26の急行「よねしろ2号」に乗り換えて宮古に14:45到着。
このあとは15:10発の宮古線に乗り田老15:29着。たしかキハ52の単行で1日4本なので結構な乗車率であった。折返しまで8分しかないので教科書にも乗っていた大防潮堤を一瞥して引き返すのみであった。しかし、あの堤防を持ってしても、津波を防げなかったとは自然の驚異は凄まじいと改めて思う。
15:37発の列車はトンネル多数の区間を戻り宮古に15:55着。ここでようやく駅そばの昼食にあり付き、16:19発の急行「五葉」で盛岡を目指す。陸中川井駅に停まると盛岡まで約1時間半ノンストップとなり、ここで気が緩んだのか寝落ち、スイッチバックの浅岸、大志田駅を見過ごしてしまった。ところで、この列車は、盛岡−花巻−釜石−宮古−盛岡と走行する循環急行である。但し、途中の区間だけ乗っても特に感慨は無かったが。18:25盛岡着。ほとんど乗りっぱなしの長い行程はここで一段落。盛岡駅の駅ビルの食堂に向かい夕食とする。とは言っても、今宵の宿はまた夜行列車、乗り鉄少年の旅はまだつづくのである。

臨時急行「けせん」補遺

この列車のことですが、当時の時刻表はなく、検索しても見つからないので過去画像を掘り起こし、この画像を見つけました。

IMAGE5-03.jpg


車両と愛称サボは前に掲載した覚えはありますが、これは初めてだったやうな。行き先のさぼが、吉浜さかり−盛岡となってます。そんな駅名は無かったので、おそらくは吉浜だけだとどこだか分からないのでこうしたのかと(特急かいじの甲府·竜王と似たような理由)。しかし、レジャー臨とはいえ、盛線まで入っていたとは驚きました。

【1981年7月】気仙沼線と臨時急行「けせん」に乗った話

この年の夏は翌年の東北新幹線開業に備えて宮城の親戚を拠点にして東北地方を旅行していた。その全体像煩雑すぎることもあって、パート毎に紹介しようと思う。
この日はまず気仙沼線に乗るべく東北本線下り535列車に小牛田まで乗車し12:46着。3分の乗り換えで女川·気仙沼行に乗り換え。前谷地駅で切り離しとなるが、発車までなんと29分待ち。しかしながらどのように過ごしたのか記憶なし。ここから113分掛けて気仙沼線を辿る。この30年後によもやあの様な被害が出るとは思いも依らなかった。
気仙沼15:27着、2分の接続で一ノ関行の大船渡線列車があるが目的が違うのでこの列車は見送る。時刻は曖昧だかおそらく20-30分ぐらい待って、盛岡行の臨時急行「けせん」に乗車。編成はキハ58系2両だった。愛称サボを写せば目的はほぼ果たしたも当然だが、どちらにしても移動するため一ノ関方面を目指す。途中、陸中門崎では旧型客車の普通列車と交換。停車時間があったので駅の外に出てみると駅名が右書きで書かれていた。
このあとの行程は翌朝5:13までに八戸に行けば良いので、周遊券を活用して夜行列車に乗れば良い。睡眠時間を考慮すれば、なるべく南下して下り「八甲田」に乗ればよいが、一ノ関で上り「あぶくま」は間に合わないため、「くりこま6号」に乗り仙台から2128M(福島から急行「あづま4号」になる列車)に乗っても白石で降りないと下り「八甲田」には間に合わない。そのため、「けせん」に乗り続け北上駅で下車。腹ごしらえのため改札口横にあったカフェでカレーライスの夕食を済ます。北上からは後続の「いわて3号」で盛岡20:07到着。3分の接続で八戸行1525列車に乗り継いだ。八戸まで旧型客車を2時間ほど堪能して22:16に八戸到着。
とはいえ、宿泊する金銭的余裕は無いため、上り夜行と下り夜行を組み合わせての車中泊する必要がある。折よく41分後には「十和田6号」がやって来るので乗ることにした。
(つづく)

1976年頃のポケット時刻表

実家の荷物から出てきました。国鉄発行なのに西暦表示は意外な感じがします。

20210823114609a26.jpg

下界より5℃以上涼しい

麓が31℃くらいを示す時に、強羅付近は25-26℃ほどでした。

20210822234611833.jpg

横浜市長選挙ポスター

ヤッシーが立候補ですか。さあて、市民はIRをどう評価するのか。

20210820184116ea9.jpg

門司港駅?で低運転台421?423系

就職後の研修で山口県に滞在中の休日に少し足を延ばして門司界わいへ行った時に撮ったようです。1986年の撮影なので、まだJR九州発足前のの出来事です。 1986年4月 撮影
IMAG0037.jpg

8/11夜、下りサンライズエクスプレス

通過の数秒前、下りの貨物列車が手前の線路を通過したものの、お盆前でほとんど空コキゆえに助かりました。しかし、その後の長雨で3日間運休となったようです。もっとも、この天気で下手に動かすよりは賢明なことでしょう。

P1310142_20210811_225643.jpg
真っ暗で分かりませんが、手前に空コキが居ります。


お盆間際の登板、EF66 27牽引の53列車

当初の目的は、サンライズエクスプレスでしたが、EF66 27が入りそうだとのことでさらに1時間ほど滞在。しかしながら、連写中にヘッドライトにAFが幻惑されてこれ以降のコマはピンボケとなりました。

P1310189_20210811_234844.jpg

この時気づいたのですが、標準形ズームレンズの望遠側(f5.6)よりかは、望遠レンズの広角寄り(f4.5)の方が掛かるく設定できるのでした。夜に望遠レンズなんて使うことないと思っていたので意外でした。但し、感度をISO12800に設定したのは失敗でした。
翌朝27号機は吹田に帰区、お盆明けに運用に就いてくれるのでしょうか。


1987年11月 ED75重連「あけぼの6号」

この列車、あるいは同じ時間帯を走る「はくつる4号」を撮りに栃木・福島県境付近に行ってました。豊原-白坂の黒川橋梁です。

IMAG0077.jpg

IMAG0078.jpg

さすがに日が当たる前でろくな写真になっていません。何のために遠征したんだか。
以降、撮影目的でここに行ってません。

特急「湘南車内から新旧の踊り子ポスター

湘南ライナーからは出費増ですが、普通車グリーンより安く、座席位置も前もって選べる為に、結局のところ選択肢に入れてます。

202108142358508ae.jpg

東京都交通局5300系

残りはあと2編成らしいですが、この御時世ではこれが最後の撮影にならないことを望むばかりです。

2021081323594777b.jpg

カウントダウン間近な東急8500系

あと5編成らしいので、都内への用事のついでに撮って来ました。押上折返し列車に入っている事が分かったので、待っていて撮影。

20210812215644904.jpg


次に会えるかわからないので、無人の車内を撮影して、一駅だけ動画を記録。押上〜三越前の区間はホームドアが未設置の駅も多い上に、地下区間でも爆走する場面もあり、とりあえずの見納めには良かったかも。

富士登山者の灯に見送られて



202108102356080ee.jpg

20210810235551180.jpg

荷なし

昨日、相模貨物駅までやって来てました。帰途は荷がなかったようで、単行で帰っていきました。


DSC_1323_20210807_172824.jpg

早暁のEF66 27

夜通し駆けてきたメインストリートを東上。

DSC_8466_20210805_050404.jpg

JR四国 8600系

8/6にちなんで、2年前の出来事ですが、香川県に出張があり移動中の電車の交換待ちの時に撮影しました。
個人的には、2000系南風に廃止前に乗れたのが、いい記念となりました。

DSC03352_20190903_141631.jpg

早暁の赤富士

自分の中では、積雪時のイメージしかなかったので真夏に見られるとは意外でした。

DSC_8455_20210805_050207.jpg

在来線特急つばさ、見納めドライブ旅-2

だいぶ間が空いてしまったが、続きを。
越河-白石で撮影後は東北道を更に北上し、仙山線の熊ヶ根駅を目指す。ここでは、仙台行のつばさおよびその折返しと貨物列車を一本撮影。合間に普通列車も来たはずなのだが、場所を移動中に撮り逃したらしい。とはいえ、455系だからまた撮りにいけば良いやとの判断でスルーしたが結果的に撮りそびれた。そんなわけで仙山線は早々にお開きとなり、今度は仙台駅に移動。新幹線ホームの屋上にある駐車場にロードスターを停めると階下の新幹線ホームへ。
ここからは、新幹線で福島に向かうと、ちょうど試運転中の400系に遭遇。あと何日かで珍しい存在ではなくなるものの、シルバーの近未来的な姿に惹かれたようだ。
福島では慌ただしく切符を買い直して在来線ホームへいそぐと、電光掲示板に特急秋田行の表示が。いよいよ、三つ目のイベント、仙台まわりのつばさ号乗車となる。おそらく、485系電車で福島−仙台を通るのは最後となるだろうと思うと、気持ちが引き締まる。
(しかしながら、10年後にリバイバルやまびこ号で再び通るとは、この時は思いもよらなかった)

ところで、ここで友人のロードスターの印象を少し。同時期の1600ccクラスのエンジンでは非力と言われていたものの、車重を考えれば十分で東北道のクルージングでも特に不満はなし。人車一体と言われるハンドリングの良さと相まって運転を楽しむには良い車と思った。難点は、オープンカーとはいえ長距離の高速を走るときはクローズ状態にする必要があり、風切り音が頭のすぐ上から聞こえるので、披露が溜まってきた帰途に苦痛だったことと、マフラーの排気音もさすがに長時間聞いていると辛かったことだろうか。しかしながら、これはほぼまる一日車に乗りっぱなしの強行日程ゆえの弊害で、普通の用途ならば気にならないことだろう。

福島で出合った400系
20210805012717f0e.jpg

30年前はブルートレインが多数走っていた

18時代の大船はそんな感じだったかと。
令和の夕方になると、上り方向に向かってこんな青い列車が通ります。

20210804193044fe3.jpg

20210804193106d5d.jpg

写ルンですで撮影、「エルム」

北海道を自転車で走るため、1995年の4月に輪行袋を担いで前夜の「北斗星5号」に乗車、函館で普通列車に乗り継いで大沼公園着。自転車を組み立てて走り出すとちょうど良いタイミングでやって来ました。
突然の雨や転倒を警戒してこの時は写ルンですを愛用してました。画像がどことなく眠い感じなのは、固定焦点のためか、ネガの劣化なのか。

IMAG0103.jpg


上野から乗り換え無しで来れるので、「エルム」という選択肢も有りましたが、この時が北斗星の初乗車なので、モノクラスのエルムよりは北斗星に軍配が上がります。しかも、エルム乗車ではこの写真は撮れません。

青い海、白い?釜

海との対比では白く見えます。

P1310018_20210724_170811.jpg

海辺

伊豆多賀駅近くのモスバーガーから

20210801171457052.jpg


おまけ、国道135号線に出没したお猿さん。
20210801171607ec3.jpg