シキ通過

ピントズレないようにマニュアルフォーカス設定で適当に設定。まあ、こんなもんか。

2021063019433432e.jpg
スポンサーサイト



「なは·あかつき」に乗った時のお話-2

【なは 岡山~鳥栖】
この列車、座席車が1両連結されているがほぼ寝台列車と言って良いが、それにしても深夜にも関わらず通路の往来が多い。B個室ではあるが通路を歩く気配が伝わってくるのだ。体調不良のため眠りが浅いこともあるが、明らかに寝静まった車内に無遠慮な感じなのである。あと数週間で廃止予定のため、テツが多数乗り込んでいるのは分かるがこれはちょっととの印象である。廃止間際とかになると、徘徊厨と名付けたくなるような人達が出没しがちではある。
特に下関到着間際は機関車交換を見るがためにデッキに集結して少しざわついたので、目が冴えてしまった。こちらは、見に行く気力はなく個室でぐったりしていた。
門司での機関車交換もスルーしていると、いつしか博多到着。流石に九州第一の都市なので早朝であるもののそれなりの降車があった模様。そして、6時を回った頃鳥栖に到着。
【あかつき 鳥栖~諫早】
 ここで、あかつき編成に引越しなので、移動のついでに機関車や、切り離されたあかつき編成を撮ったりして過ごす。なはは数分で出発だが、あかつきは17分停まるので良い感じの中休みとなった。あかつきのレガートシートは8割くらいの乗り出で、指定された席に着席、ここからは有明海に沿って長崎本線を往く。席が進行方向左側だったお陰で海岸の景色を心ゆくまで堪能した。
列車は長崎行だが、終点まで行くと時間切れのため泣く泣く諫早で降りる。あかつきレガートシート車後部の巨大なテールマークを見送り、今回の「なは、あかつき」の乗車体験が終了。廃止まであと1ヶ月足らずとなり、これが最初で最後の乗車体験となった。
この後は、仕事の用件に向かうがオフの時間にキハ66-67にも乗れたので別途記述する。

なは電源車と機関車の連結面
2008_0221_063310AA.jpg

切離し後のあかつき編成
2008_0221_063605AA.jpg

機関車連結完了
2008_0221_063828AA.jpg

レガートシート車内
2008_0221_070652AA.jpg

海岸沿いの車窓
2008_0221_075247AA.jpg

車内からもテールマークを拝めた
2008_0221_081331AA.jpg

【写真追加】「なは·あかつき」に乗った時のお話-1

【はじめに】
 2008年2月、仕事の用件で長崎に行く必要があった。この時は、仕事の都合で計測器や補修道具の持参が必要で航空機利用は制限されそう。こういう場合は荷物は送っておいて前日入りするのがセオリーだが、あれこれ業務が立て混んでいたので身動きが取れず、早々に地上移動に決定。
となると、長崎になるべく早く着くには「あかつき」一択だが、なんと寝台車は満席と来た。そこで「なは」の方を照会して貰うとB個室に空きがあったので鳥栖まで予約、鳥栖から先は「あかつき」のレガートシートが空いていたのでこちらも予約した。
この列車は京都始発だが、京都から乗っていては溜まった業務が捌けない(そもそも、その時間帯に出たならば長崎行の最終便に乗るのと大差ないし)ので、後ろ髪引かれつつ岡山でのぞみから乗り継ぐことにした。
そして、出発当日はあろうことか体調を崩し風邪気味の状態で予定通り業務をこなし、機材で少し重くなった鞄を抱えて700系ののぞみに乗り込んだ。
 【岡山乗継】 
「のぞみ」車内ではほとんど居眠りで過ごし、23時近くの岡山駅に降り立った。岡山駅は深夜の帰宅ラッシュで在来線ホームはそこそこに混雑、115系やキハ47が出入りする様子を見ながら過ごしていると、いよいよ「なは、あかつき」の入線時刻となりEF66を先頭に青色の客車列車が到着。指定された進行方向右側の一階席に落ち着いた。ここまで来ると、疲れがどっと出たので素早く洗面と寝支度を済ませ、ベッドに横になる。とは言うものの、1時間後くらいに上りの「富士、はやぶさ」とすれ違うのは見ておきたいので室内は消灯しブラインドは開けた状態で外を眺めていると東福山付近で東京を目指すブルートレインとすれ違った。その後は到底起きていられず、早々に就寝した。
(つづく)

当時のキハ47はこの塗色
2008_0220_225019AA.jpg
この時点ですでに15分遅れに拡大(※人物はモザイク処理してます)
2008_0220_231719AA.jpg
カフェオレ色の115系が並ぶ
2008_0220_232019AA.jpg
ようやく「なは・あかつき」の入線
2008_0220_232237A.jpg
「なは」のソロ室内と通路の様子
2008_0220_234322AA.jpg

2008_0221_031756AA.jpg

夏草に埋もれて

久方ぶりにここに来たら凄いことになってました。

20210628000211e5f.jpg

夜の強羅駅

本日最後の箱根湯本行、間もなくの出発。

202106262359176de.jpg

29年前のがっかりを今振り返る

1992年頃のプリントから、夕陽に輝くDD51の高尾臨を201系に阻止されました。あまり悔しい思いが残っていないのは、また撮るからいいかと思ってたから?



202106252245338fd.jpg

長野へ行ってしまった215系

人知れずではなく、多くの人が見送る中の旅立ちとなりました。

20210624125558b96.jpg

20210624125543065.jpg

20210624125610e7d.jpg

202106241256206ab.jpg

高尾-相模湖 区間運用に就く101系 1979年

なんとなく撮ったスナップ

IMAG0015.jpg

蛇骨陸橋を往く登山電車

ここは一昨年の台風で大きな被害を受けたところ。国道の脇から見ることができます。

202106211253290e0.jpg


20210621125605e3d.jpg


後方の固められている部分が崩落した箇所と思われますが、台風の破壊力を目の当たりにして畏怖を感じざるを得ません。同時に、これを克服した関係者の努力に敬意を表します。

車両がいなくても絵になる

2021062016572613b.jpg

紫陽花の径

雨降りだと雰囲気は出ますかね。

202106200002374e1.jpg

相模貨物駅に戻ってきたDE11

理由はわかりませんが。

202106181117393fb.jpg


ここの東側にあった歩道橋が撤去されてました。高校生の時に撮影の足場にしたことがあり、老朽化なんでしょうけど何となく一抹の寂しさを感じます。

E217系、平塚に留置

20210617190013ba2.jpg

活躍は何時まで?EF66 27

昨夜遅くに下って来たので捕獲してきましたが、連写に設定し忘れて遠方で1枚のみ。仕方ないのでトリミングします。

202106161941554a7.jpg


手前に引きつければ光軸ずれて、少しはマシになるかとも思ってたのですがハズしました。

E257系踊り子車内でサッポロビール園のビール サマーピルス

3号車にあるミニラウンジのテーブルなのですが、ちょっと分からないかも。

202106151030586be.jpg


あの、ジンギスカンと一緒に出てくるビールでしょうけど、自分には分かりませんでした。一緒に頂くおつまみも重要なファクターなのかと思ったりします。

特等席の後

前方の席は空いてなかったので後方の通路から。

20210613182540742.jpg

ブルーリボン賞のプレートありました。
20210613182901548.jpg

カシオペア紀行にEF81 80

案外普通の星ガマとあうことが少ないのでこれはこれで良いなあ。

20210612200235fc9.jpg

横浜駅

いつの間にか駅を見下ろすデッキができてました。

202106112150133bc.jpg

仙山線の「つばさ」

熊ヶ根橋梁の別アングルですが、6月じゃあ草木生い茂るのは当たり前、という残念な写真。

202106092205419bb.jpg

を宝発見 仙山線の「つばさ」

父親の荷物を片付け中に出てきました。
仙山線熊ヶ根橋梁で撮った「つばさ」です。
ネガは不明ですが、取り敢えずプリントだけでもラッキーか。

20210609010727c46.jpg


ダイヤ改正間近、一時的に仙山線を運転していたつばさ号を撮りおよび乗りに行った時の一連の写真群でした。

夜の水鏡 2

前回よりも線路に近づいてみました。が、かばを開けるとコンデジしか無い。

20210608125517627.jpg

御殿場線 夜の水鏡

クルマに給油したあと、ホタルが居ないかと水田地帯に来るとちょうど御殿場線が通過。折り返してくるのを待って夜汽車風に撮ってみました。
なお、持っていたコンデジのフォーカスロックが設定できず、ピントがきちんと合っておらず見苦しい点はご容赦ください。


紫陽花の季節 飛鳥山

王子駅のホームからも見事な紫陽花が眺められます。

P1300722_20210605_162809.jpg

紅白釜

客車を押しながら奮闘中。

202106051703211c7.jpg

雨中走行

走る霧発生装置とでも思えるぐらい、凄まじい水煙です。

202106041743289db.jpg

水田に逆さ富士

梅雨入り前のささやかなひと時

20210603235441332.jpg

ワンコと一緒

電車の音には動じませんが、踏切の竿が勝手に上下する様子に少し恐れてました。

20210603074549099.jpg

好天ですが紫陽花とロマンスカー

ここの場所、画面右の外側に踏切があり向きによっては通行人が入ります。通る人が優先なのでお気をつけください。

202106011532416b7.jpg