さよならにはまだ早いけど

先日キハ66-67の模型のことを書いた数日後、同車の引退発表がありました。
さすがに今のご時勢では長崎まではなかなか行き難いですが、この時のような突発業務ということがあればもう一度対面できるかもしれません。

2007年7月 諫早
2007_0717_082307AA.jpg
スポンサーサイト



そして、踊り子通過

撮影者の1/3ぐらいが去ってました。仕事で移動中に同僚と見掛けた時には「今度のはいまいち」と言われるし、人気ないですね。
個人的にこの塗装いいと思ってます。

DSC_8363_20210530_164413.jpg

上り踊り子通過前

こんな列車が通過しました。

20210530163335b6d.jpg

夕刻、大船駅に入線するE217

コンデジでこれだけ撮れてしまうなんて、便利な時代です。

20210529171317f20.jpg

おぎのや監修

ローソンで見つけて思わず購入しました。美味しかったです。

20210528112123926.jpg

キハ66-67模型発売

これは大いに気になります。でも、4両でなくて2両ならば良かったのですが、そういう売り方はしないみたいですね。
地方交通線に突如現れたスターに北九州で対面して40年余、長崎で最後の活躍をしている同車にもう一度会いたいものです。

215系 青森への旅立

フェンス越しのお別れ
202105251752509c0.jpg

この後、前方の柵の網目越しに
202105251753351fb.jpg


多くの車両センターの方が見送っていたのが印象的でした。
行く末は推して知るべし、か。
あわよくば、改造であってもここには戻ってこないと言うことでしょう。

新子安駅 2004年3月

上り列車シリーズ、まだブルートレインが居た頃。

2004_0328_070706AD.jpg

箱根登山鉄道

出山信号所
20210523162638556.jpg

上大平台信号所
20210523162746935.jpg

20210523162816411.jpg

宮ノ下
20210523162921052.jpg

紫陽花咲いてました。

20210523162948f43.jpg

駅構内の雰囲気が好ましい。
20210523163054167.jpg

でんしゃにちゅう、は流石にでけんぞ

箱根登山鉄道

202105221713483ab.jpg

京急の新しい電車

先日、東神奈川駅でエア急行を見ていると

2021052214011406e.jpg


編成後部が、ロング、クロスシート転換車でした。

202105221404043bb.jpg


縦長の細い窓ですぐにわかりました。

新子安駅 1981年2月頃

ほぼ40年前に撮った写真です。(一部再掲あるかも)
いきなりやって来た155系はおそらく臨時急行「伊豆」、一般化改造を受けてるのでこのようにしれ~っと急行に入ったりしてました。もっとも冬だから非冷房でも関係ないし、台車がコイルバネだからといって線路の良い東海道線では気づかないでしょう。
ところで、この信号機の場所と架線柱は当時のままのようです。

IMAGE2-03.jpg

ホームの前方に撮影者が見えるので、やはり当時はこっちの方向を撮影するのがメジャーだったのか?次に来たのは低運転台の153系、編成札に「C6」か「C6*」と書いてあるので田町所属の様です。この時間帯(後の写真で判明)は上りの急行「伊豆」は来ないので間合い運用の普通列車ですかね。

IMAGE2-05 (2)

次に写っているのはクハ165に「304M」の表示。但し304M東海4号は夜の上り列車なので列車番号札手つかずの302M東海2号と予測(たぶん)。

IMAGE2-06.jpg

次のコマは113系、938Mとありますがダイヤ上は東海2号の2時間ぐらいあとなのでぜってー違うとの結論(後2時間いたらもっと撮ってるはずなので)。先頭車は非冷房で側窓が角丸状なので大目玉ライトをシールドビーム改造したヤツの様です。当時は行先表示に横サボを使っていた状況も懐かしいです。

IMAGE3-01.jpg

なぜか合間にレールだけ撮ってたのは、今でも理由を覚えてます。台車がこの付近を通過すると「ガッ、ガッ」と規則正しくこすれる様な音がするので正体を知りたくて撮ったけど結局よくわからなかったのでした。

IMAGE2-04.jpg

何かの拍子にレールが異常摩耗して凹みや突起ができると車輪とぶつかり合ってこういう音が出るらしいけど、おそらく見えない場所にあったのでしょう。
以上がこの時撮った写真全てで、現在メジャーになっている鶴見側では全く記録してませんでした。あと、滞在中横須賀線が通っているはずですが、マッタクの完全スルー。おそらくスカ色の113系ばかりなので撮る気がなかったのでしょう。今思えばとんでもない失態ですが、辛うじて113系を1枚だけ撮っているだけマシなのかもしれません。


新子安駅

昨日の仕事先が近辺だったので少しだけ撮影。ただし、時間帯的に来るのは普通列車ばかりでした。

鶴見方は今や有名なアングル、特別な列車が来れば混み合う場所です。

2021052019535317d.jpg


但し、なぜか古い写真を探すとこのアングルは少ないような印象。今と違って、超望遠レンズが高額だからでしょうか。
東神奈川方は、40年くらい前に自分も何枚が撮っております。多分、雑誌で紹介された写真の模倣でしょう。
20210520195652484.jpg


本当はもっと前方ですが、鶴見方と兼用で撮ったので横着しました。寒かったので、京浜東北線一本分だけ、約10分の滞在でした。
昔の写真は、別途掲載します。

常磐線普通列車 上野発仙台行 1982年5月

RJ誌に取り上げられたこともあって、この普通列車に乗りたくなり「青春18のびのびきっぷ」(当時の呼称)の残った券の活用を兼ねて乗ってみた。
但し、乗ったのは上野~友部で友部からは客車列車の小山行に接続していたので乗り潰しかつ客車列車を堪能するワンデートリップであった。

記録していたのはサボだけでなぜか機関車はスルー
IMAGE1-05 (2)
土浦~友部のどこか
IMAGE3-03.jpg

常磐線の客車鈍行は編成が長い上になかなか足が速く(それでも後続の電車急行もりおか3号に抜かれはするが)、往年の急行列車ってこんな感じかと空想しつつの旅でした。

国府津に現れたEF81

北の国に215系を誘う旅とか。
どうせならば、デッカイ碍子にパンタグラフを載せ直して交直流対応にしてくれたら面白そうなのだが。先頭車を機械室にすれば交流機器載せられそうな気がします。

20210517124918c11.jpg

青森にて奥羽本線普通列車 ED75重連

1984年9月

IMAGE4-03 (2)

今年中に見納め?E4MAX

惜別のステッカーも貼られいよいよな感じが増して来ました。

20210515183244557.jpg

クモヤに牽かれるEF81

走ってると聞いて綾瀬に寄り道。ちょうど乗った千代田線が北綾瀬行で、クモヤの試運転の時刻もはっきり分からないし雨降りだしで綾瀬にしましたが、この後京成金町に行くため金町まで行ったら、亀有も金町も架線柱のスパンが広くて撮りやすかったことが後から分かる事実。まあ、ジタバタ移動してすれ違ったら元も子もないので撮れた事を喜ぶべきでしょう。
遠方だと架線柱をかわすのが大変。
20210514003840add.jpg


近接はミラーレスなので、液晶画面から。
202105140043349fe.jpg


訓練運転だから良いけど、これのリアル版は実現して欲しく無い。

東京から特急湘南

14両編成の列車でしたが、ざっくり50%の乗り出でした。後方の車両なので前の方は分かりません。湘南ライナーもコロナになってどのくらいなのかわからないので比較も意味なし。中古車とはいえ、窓のガタツキが無いのは快適で対向列車の存在を忘れさせてくれます。

20210513200458133.jpg

202105132005162fd.jpg

20210513200546fc0.jpg


このハイボール買うときに、目の前でビールのロング缶をつかんで颯爽とレジに向かったのは女性でした。湘南のユーザーかは不明ですがこの列車内で晩酌する女性は何回か見かけたことがあります。

JR東日本 みどりの窓口7割削減へ

最近はほとんど携帯アプリか券売機なので自分は影響無さそうですが、寝台券とか券売機非対応の特殊な割引きっぷ買う時は面倒かもしれません。
しかし10数年前は窓口購入が当り前で、結構先客次第で影響受けたことがありました。
そこで、過去の体験より窓口あるあるを紹介します。
とある日の仕事帰り、3日後の大阪出張の切符を買うため最寄り駅のみどりの窓口による。申込用紙に記入しながら様子を見ると、1番窓口は間もなく終わりそうな気配の女性客とその後ろに携帯電話にいじる茶髪スーツ姿の30代位のリーマン風お兄さんが並んでいて、2番窓口はアジア系外国人のオジサンがメモを見せていて窓口氏はちょっと険しい表情に見えたので、1番の方に並ぶ。
女性客の支払いが終わり、リーマン風お兄さんの番。口頭で翌朝の新幹線をオーダーしている様子だ。しかしながら、あえなく席無しの赤ランプ点灯で、お兄さんは携帯を見て第2候補の列車名を伝えるもこちらも撃沈。
さすがに気が抜けたのか携帯電話画面の第3候補を窓口氏に見せるが、残念な事にこちらも撃沈。困り顔のお兄さん、携帯画面とにらめっこでお悩みモードに突入してしまった。おいおい今から選び直すならば一旦窓口から外れて並び直して欲しいなー、と心の中で呟きながら、仕方なく待機していると、2番窓口のインバウンド風オジサンが案外早く終わりそうに見えたのでこちらに並び直した。
結局、2番窓口でこちらが購入終了してもリーマン風お兄さんは列車が決まらない模様。
ところで、このお兄さん第3希望まで申込用紙に書いて出していれば、短時間に全部照会してタッチの差で買えたかもしれないのに残念なことをしましたね。確かに書くのは面倒ですが。
過去の体験では、第3希望まで満席の時にすかさず前後の列車に照会をかけて、この時間で空いているのはこの列車だけですと候補を挙げてくれた女性の窓口氏が居ました。お陰で何とか席を確保出来て、神対応に感謝でした。券売機やネットでは得られない体験ですね。

【信州で】へーめんガエル

ぴょん吉ではなく、上田交通の方。
このゲテモノ感に瞬殺された35年前の夏。

IMAGE2-05.jpg

八王子駅 貨物列車2題

EF70と同じネガの前の方なので、1981年いや昭和56年という方がしっくりきますが、の2月ぐらいでしょうか。ワム2両+ヨ1両のこじんまりとした編成、奥の横浜線ホームが片面使用でフェンスが見えます。

IMAGE1-05.jpg

これは別の日で、西武多摩川線関係の甲種輸送。奥の跨線橋と上の写真の直上の跨線橋が同じ場所なので、別の日の写真となります。

IMAGE2-02.jpg

当時の武蔵境入換は昼間に行っていたようで別のネガに記録が残っていました。西武の旧型赤電(451系?)はこの時ぐらいしか撮っておりません。足回りが吊りかけでも車体が新性能電車風だとほとんど見向きもしなかったみたいで、残念です。
いまだったらこういうゲテモノ系は嬉々として撮っていたに違いないんですが(汗)。

今庄駅に佇む、廃車待ちのEF70

1981年3月の記録です。自分としては福井県は初訪問で残雪の量にさすが雪国と驚きました。なお、この時期は辛うじて1灯ライト(シールドビーム改造済み)の稼働機を記録してました。

IMAGE4-03.jpg

185系の回送列車(2)

藤沢で撮影の後は、次の列車で平塚までついせき、折り返すところを撮ろうとしましたが隣の線にも回送列車が在線中。何枚かスナップの後に車両基地に帰って行くところを撮影。こんな様子なので、他に撮影者は数名でした。



P1300621_20210504_192110.jpg

185系回送列車(1)

今話題?の「あしかが大藤まつり」を見て来ました。
とはいえ、大船に到着するのは日暮れとほぼ同時、大船で出迎えるつもりでむかうと、見た目ではそれらしき人は10数名ぐらいなのでそのまま待機。
横須賀線上りホームが狙いやすいが上り列車は18:37着/18:39発、当のあしかが号は18:40着なので行けると思ったら、あしかが号の早着で被ったのは昨日書いた通り。
大船駅は、あしかが号から降りた乗客で一気に人が増えたので、この後の回送を撮るべく藤沢まで先行。ホームの辻堂方は無人だったので平塚に向かう回送列車を撮りました。

P1300608_20210504_185750.jpg

P1300610_20210504_185805.jpg
液晶ミスタッチしてピンとずれた?

あしかが大藤まつり

大船で到着を撮るつもりが1分差の横須賀線と被って後ろだけ。早着は考慮外だったので抜かりました。

20210504191133bdd.jpg

江の島?に居たタンコロ(1979年)

宮城から親戚が来て鎌倉をまわった時の1枚。この前が藤沢駅のコマだったのでおそらく車中からの撮影です。

IMAG0021.jpg

土砂降りちょっと前に185系回送

昨日はあしかが大藤まつり号を東戸塚で撮ろうとするも上り列車がもろ被り、ちょうど通り道なので平塚で折り返してくる回送列車を追いかけました。時折稲光が光る中を撮影して撤収、平塚市を抜けて西湘バイパスに入る頃には叩きつける雨と間断ない雷に見舞われました。
まあ、雰囲気だけ撮れないよりは良かったということで。

P1300565_20210501_192224.jpg


EF66 110

サメガマといえど撮っておかねば。

20210502000549d83.jpg