桜の大磯駅

こんな感じ

20210331234852cea.jpg
スポンサーサイト



逗子で折り返すE217系

桜と並ぶこの景色もいつまで見られる事やら。

20210330225126b4a.jpg

夜桜

上り特急ラスト、「ふじさん6号」に合わせて山北に行ってみましたがさすがにブルーモーメントの時間は終わっていました。

P1300494_20210329_190822.jpg
いかにもHIDらしい青白い光が前方を照らします。

P1300496_20210329_190831.jpg
構内照明に照らされて一瞬顔が浮かび上がりました。

やはり夜桜はブルーモーメントの時間に撮りたいです。

下吉田駅

久しぶりに富士山の北側に行ってみました。

20210328010041a6f.jpg

ドクターイエロー

20210326234420919.jpg

山北の桜

程々に咲いてました。でも、こういうのはやはり宵の口に行くべきかな。

2021032520155444d.jpg

つばさ52号乗車記

写真すら残してなかったゆえに乗ったことさえも忘れてしまった乗車記録の紹介です。
なぜ写真を撮らなかったかというのは、ヘッドマークが付かないための一言に尽きます。

1979年12月中旬、少し早い冬休みを利用して宮城県の親戚に向かった。仙台·松島ミニ周遊券を買うと効力を活用すべく、急行「いわて1号」に乗り込んだ。上野12:06発のためか自由席は空いており1ボックスを確保してのスタートとなった。但し道中は少年漫画誌に夢中であまり覚えてはいない。およそ2時間半後の黒磯では後続のはつかりに道を譲る。通過のはずがやって来た583系は何故か一旦停車していたのでこの事だけは覚えていた。上野からの時間差は27分。更に進んだ白石では上野を54分後に出たひばりに道を譲るが記憶なし。流石に上野から4時間半近くを要し居眠りしていたのかも。
17:23に仙台到着。特急だと下車となるがそのまま降りずに居るのが新鮮な感覚で17:47に松島で下車した。この上野から乗り換え無しで松島まで行けるというのを一度やってみたかったので望みを達成。
滞在中は周遊券を活用して丸森や石巻まで乗り鉄するなどして数日を過ごした。
復路は、松島12:52発の「いわて2号」に乗車。まずは14:28着の福島を目指した。この列車では100km以下となる塩釜〜福島でグリーン券を購入。何かの本で読んだ急行型のグリーン車は一段下降窓で眺めが最高とというのを体験したかったのが理由であるが、確かに眺めは最高だったが、ガラガラの車内に高校生が一人で乗っているのは何となく居心地が悪かった。
福島駅ではおよそ一時間の待機だが、ホーム中程の待合室でまたもや漫画誌に夢中。この間に複数の列車が行き交っていたが、全て完全スルーで今の自分からすれば説教物だが、当時はジャンプやマガジンなどに夢中でおそらくキン肉マンとかのストーリーが気になっていたのであろうか。
15:14赤い交流機に牽かれた列車が入線。先頭での機関車交換は見に行かず自席に収まった。発車は15:27、19:10着の上野までおよそ3時間半の旅路が始まった。同区間を走る電車特急より30分ほど遅いが、貴重な昼行客車特急の旅を心ゆくまで味わう。冬の平日の臨時列車ということもあり、車内は空いており静かで快適な道中となった。
黒磯では、再度の機関車交換があり、あとは時刻表上は上野までノンストップ。というわけで宇都宮駅が近づき期待していると、あろうことか列車は減速し駅に停車。1分程して動き出した。後でダイヤを見ると運転停車の扱いとなっていることが判明。その宇都宮駅では多数の人がホームに居り、停車扱いであればつばさ52号のがら空きも少し解消されるのかもと思わせる風景だった。
この後は日も暮れて景色か見えなくなり、定刻に上野駅に到着。時間的に下り「八甲田」が出る時刻だが夜行列車を見たり撮ったりする意欲は無く自宅に向かったのであった。

臨時列車のつばさはヘッドマークが付かないことが撮影意欲低下の原因の一つであったが、後年に赤い交流機と青い14系の組み合わせ(しかも、客車が座席車で統一された編成美のある内容)の美しさに気がついた時は手遅れで、せめて福島で撮っておくべきだったと後悔して今に至るのであった。
とはいえ、昼間の客車特急に乗れたこと自体は幸せだったと言えるので、当時のマニアックなチョイスには自画自賛な面もあった。

レール輸送

たまたま遭遇。

202103232337481f4.jpg

20210323233758341.jpg


これは遥々北九州からなのでしばらくは安泰か。

お菓子缶 新特急谷川

ちょっと高めなので迷っていたら中身の写真が公開されていて気が変わりました。

20210322011828b26.jpg


こんなんデザインされたら食べるの勿体ないてば。

桜の横を走り抜ける

ラストランの車両には会えませんでしたが、踏切脇の桜がスポットライトを浴びたように良い雰囲気なので。

202103212329169c4.png

185系運転最終日「湘南ライナー」

最終列車の来る2時間前の様子を、記録しておきました。

P1300310_20210312_224042.jpg

251系の時のように国府津疎開と思っていたらあてが外れてしまいました。
ブルートレイン以来、この電照幕の並びが好きで、それを狙っての撮影です。

自転車を持って北海道旅【画像】

この旅行では、フィルムコンパクトカメラを持って行ったので、多少は写真を撮っていました。但し、4泊5日の行程で24枚撮り1本使ったのみ。1997年しか写せない光景がたくさんあったはずですが、まあもったいないこと!

IMAG039.jpg
大沼公園から森へ自転車で移動中に撮った特急「北斗」
IMAG040.jpg
その列車の後部側、駒ケ岳が見えたので思わず撮影
IMAG041.jpg
日高本線終点で撮った写真、乗って来た列車でそのまま折り返しした。
IMAG042.jpg
石勝線と千歳線合流点付近を走る特急「おおぞら」、列車の奥に立体交差が見える。
IMAG044.jpg
合流点から少し先の陸橋から「スーパーおおぞら」、南千歳から少し移動するだけで原野の中に。
IMAG045.jpg
同じ列車の後ろ側、車があまり通らないので通過後すぐに反対側に行って撮影。
IMAG046.jpg
北海道らしい風景と愛車を撮ったつもり。
IMAG049.jpg
突然来たのでカメラが間に合わず後追いのみ撮影。
IMAG051.jpg
自転車をたたんで列車待ち。
IMAG055.jpg
南千歳から気動車特急に乗り換え前面展望スペースで過ごした。
IMAG059.jpg
「北斗星2号」の車窓からオホーツク、どうやらガラスにピントが合ってピンボケ。



特急湘南にお試し乗車

仕事の帰りに時間を合わせて乗車して来ました。ネット予約ならば期間限定で460円なので普通列車グリーン車よりお得。30分ほどの乗車でしたが静かすぎて寝落ちしてました。お陰でこうづに特急が停まる景色を見そびれました。

20210319204311098.jpg

20210319204328c33.jpg

20210319204345b0b.jpg


ずっとこの値段ならぱ疲れている時に、ポチッとしてしまう価値はありそうです。

特急湘南1号

暗くなってから1号が来るって夜行列車みたい。この列車は同区間の普通列車グリーン車より料金安いのですよね。買い方がわかり易くなれば相応の需要はありそうに思えます。

20210318122214ad1.jpg

自転車を持って北海道旅3

札幌に泊まった翌日は、大きな荷物をコインロッカーに預けて南千歳まで移動。ここで自転車を組み立てると千歳線沿いに南下してまずは石勝線との分岐点を目指す。
その後は東進する石勝線を見下ろす跨線橋でスーパーおおぞらを見送ってから、近辺の未舗装路に乗り入れた。
広大な空港が作れるだけあって周辺は原野と牧草地が広がるエリアなので主要道を外れると、マウンテンバイクには格好の未舗装路が沢山あるようだ。
あとは千歳線と付かず離れずしながら走っていると植苗駅に出た。ここで自転車をたたんでやって来た普通列車で南千歳へ。このままでも札幌には行けるが時短したいので後続の特急に乗り換え。自転車という大きな荷物があり30分ほどなのでデッキに立って過ごす。
札幌駅では荷物を回収して、お土産を購入してホームに上がる。
最終ランナーは「北斗星2号」、数日前に個室寝台ソロの切符を手に入れた。下段とはいえ、個室は初めてなので道中が楽しみだ。
入線ももどかしく中に乗り込むと、室内を見聞、自転車は上手い具合に荷物置き場に良い具合に収まった。
出発すると窓の外を特急「オホーツク」が足速に抜き去って行った。暮れなずむ道南の景色を眺めながら駅弁で腹ごしらえ。そのまま、いつの間にかうたた寝をしてて気づけば函館間近。ここで待ちに待ったパブタイムスタートの放送が入り、食堂者に移動。食堂車を堪能して自室に戻り暫くすると青森に到着。この当時は乗降扱いをしていたので機関車交換を見に行けるものの動く気力はなく部屋にいると壁の向こうは車掌室だったようで無線のやり取りが聞こえてきた。
しかしこの先は停車駅も少なくこの好位置を享受することもあまり無いので就寝。北斗星2号は快調なペースで走り、気が付くと夜明け。おはよう放送とともに起き出し、食堂車で朝ごはんを頂くと早くも関東に到達。9:30頃に上野到着。ホームに降りて先頭に向かうと、牽引機はEF81 133たと確認、北海道を巡る旅行のフィナーレとなった。
(終わり)

旅客線を征くEF66 27

大幅遅延と聞き昼休みを利用して見に行くも、まさかの旅客線走行が的中してしまいました。

2021031719473522c.jpg

EF210-901

64は東海道の運用が無くなり、65も66も運用が減ったので、210に楽しみを見出して撮りますかねー。

20210316234119cf1.jpg

特急「湘南」

初日なので見てきました。

20210315235625593.jpg

202103152356351eb.jpg

貫通路が通れるのは新鮮。153系の時は確か締め切り扱いでした。
【追記】ネットの書き込みによるとホロは繋がっているけど通り抜けは出来ないとの情報もあります。どちらにしても暫く乗る予定が無いので自分で試せるのは少し先になりそうです。
20210315235644275.jpg

50km以内の区間ならばキャンペーン期間中はライナーより料金が安くなるので、なるべく早いうちにお試ししたいです。

箱根登山鉄道モハ2形109号

ちょっとこちらにお別れの挨拶をしてきました。考えることは皆同じようで、そこそこ人を見かけました。

20210315165435274.jpg

さようならホームライナー小田原

最終日の方向幕

2021031423525596c.jpg

折角なのでレモンハイ

昨日のことですが、普段は列車呑みはハイボールですが、この日ばかりはおソロにしました。

20210312212742b5b.jpg

185系下り「踊り子」最終列車 たぶん

将来リバイバル運転とかしなければという意味です。15両フル編成は無いでしょうけど。

202103121907433c8.jpg

サフィールと185系

左、湘南ライナー5号、右、サフィール踊り子4号。東京駅ではまともに撮れないので、手抜き撮影。

20210311194134ff9.jpg


今日はこの湘南ライナーで帰宅してますが、グリーン車満席でバブル期みたいです。

惜別、ロマンスカー車内販売終了

今度のダイヤ改正で終了とアナウンスされてましたが、緊急事態宣言のために休止となったまま最後を迎えることになりました、
新年早々に乗ったVSE車中でコーヒーを買ったのが自分にとってはラストとなりました。
走る喫茶室の時は残念ながら経験はありませんが、VSEのシートサービスは何回か利用したことがあります。車中でグラスや陶器のカップで飲物を頂くのは、良き思い出です。

潮騒の聞こえる駅で

手前の線路は上り線、向こうの四ツ目ライトは下り回送列車、ホームがカーブしているのでこのように見えます。

20210310235250fb7.jpg

国鉄テイスト?

185系デッキのくずもの入れ

20210309231550494.jpg

海を見下ろす駅で

1日の仕事を終えた回送列車が通過して行きます。

DSC_0841_20210305_222754.jpg

人知れず通り過ぎる185系、夜は静かに更けてゆく。

「踊り子20号」闇夜を駆ける

こう暗いと回送も営業列車もあまり関係がないなあ。

P1300273_20210307_184405.jpg

回送列車佇む 215系

雨降りなので後ろ側だけ撮影。

20210306152524cb1.jpg

夜空を飛ぶ185系

イメージしてみたのですが、持ってるカメラの暗視能力の限界てすかね。

P1300216_20210303_211717.jpg