衝動買い

ちょっとお高めの価格ですが、こちらを購入しました。

2021013023302659b.jpg


理由は西武山口線の記事があったため。

2021013023314237c.jpg


特にこのバッテリーロコについて知りたかったのです。

202101302332491cb.jpg


高校が西武沿線だったので、その頃から存在は知ってましたが、「おとぎ電車」なる呼称が当時斜に構えた小生意気な高校生には響かなかったようで、蒸気機関車が走っていることを知ったのは大学のサークルでユネスコ村に行った時はが初めてで、既に終焉間際でしたので再訪は叶いませんでした。
後年こちらのバテロコの存在をきちんと知り、この愛らしい姿を現役時代に気づかすに見に行かなかったことを、今になって大いに後悔しています。
スポンサーサイト



夜行列車風

ムーンライトながらではなく、湘南ライナー到着後の回送列車です。

20210130002608478.jpg

【妄想鉄の世界】クロ103-900番台

鉄道趣味は色々なジャンルがありますが、空想鉄道(妄想鉄道?)なるジャンルがあります。ご多分に漏れず私も実家周辺に私設鉄道を展開しましたが高校で友人にお披露目しづらいこともあって、現実の路線を妄想の中で改造していく方にシフトしていきました。

第一弾は、中央線快速電車用のグリーン車です。当時は通学で使っていての発想です。
時期は1980年、中央快速線は101系と103系が主流で201系は試作編成のみなので、おそらくは103系メインとなることを想定しました。
中央線快速電車は10両編成なので、高尾方に1両増結(11号車として)するためにクロ103を試作的に新造。車両の構造は、クハ103の高運転台仕様とし客室はサロ110-1200番台を参考にした。運転席後方の乗降扉は700mm幅、連結面側は1000mm幅とした。塗装色はオレンジバーミリオンとし、薄緑色の等級帯のテープを窓下に貼付した。中央線快速のグリーン車は初登場のため、旅客案内の観点で帯を表示することとした。
中央線の多くの駅ホームは10両編成対応なのでグリーン車に連結時はクロ103がはみ出す形で停車し連結面側の扉のみを使用することでホームの延長を最小限とした。
客室は乗降口を仕切り、サロ110同様簡易リクライニングシートを設置。ただし、車体幅が狭いので窓側は肘掛けを583系のような埋め込み構造、通路側は固定として座席のみが回転する構造となっている。
なお、10号車には東西線乗り入れ車ベースのクハ103-1300番台を製造して貫通構造とした。これは時間帯によってグリーン車を外して通常の10両編成で運転するためであった。

クロ103は試作車が2両製作されたが、その後201系が量産移行したことやグリーン車が定着しなかったこともありホリデー快速で暫く使われた後に2000年頃に廃車となった。
(以上、妄想終わり)

深夜の名優共演でYOASOBI

251系からの置換以降は深夜に185系ライナーの共演が繰り広げられ、夜あそびの誘惑が。
左、湘南ライナー13号15両編成、右、ホームライナー小田原23号10両編成。
15両編成はホーム一杯一杯に止まるので頭を揃えての撮影は難しいですが。

20210128020735b1a.jpg


両編成が回送で出ていった数分後には夜の女王、サンライズの通過もあります。
とは言うものの、自粛期間の今はなかなか会えない景色です。

踊り子号185系記念弁当

ようやく手に入れました。

20210127213737b0b.jpg

202101272138571d8.jpg

このはしぶくろはキープです。
202101272139548e9.jpg

鉄道THEプロジェクト 国鉄581·583系

立派なDVDフォルダー付。
流石にこの特集は見逃せず購入しました。583と書いてあるとソワソワしてほとんどホイホイ状態で捕らえられてます。

202101262332443dc.jpg

373系「ムーンライトながら」乗車記 1997年秋

巷では「ムーンライトながら」の廃止が話題となっているが、自分の場合はたしか24年前に乗ったのが最後の乗車体験(厳密には2000年頃の春に救済便の品川〜横浜があるが、帰宅のためで、この列車本来の使い方ではないので割愛)を綴ってみたいと思う。
乗車日は曖昧だが、1987/10/11で廃止になる京阪京津線訪問のためなので、この年の9月か10月のはず。高校、大学以来の鉄友とのお別れ乗車の旅である。
出発は金曜日の夜で友人は品川から自分は横浜から乗車予定でムーンライトながらの指定席を予約した。さほど混まない時期ではあるが、名古屋迄の指定席は取れず小田原から自由席となる車両の席となった。とはいえ、座ってれば良いので名古屋迄座席が確保できたのと同義である。
出発当日は結構遅くまで残業があり、家ではシャワーを浴びるだけでほぼ時間切れ。最寄り駅まで行って夕食代わりの牛丼(なんと神戸ランプ亭!)と駅コンビニでビール、トリスポケット瓶、氷など仕入れて横浜駅に向かう。
ほどなくして「ながら」が入線してきたので乗込む車内には友人と思しき黒い顔も見えた(と思った)。しかし、指定された席に行くと何故か友人は見当たらないが、トイレでも行ったのだろう。まずは空腹を満たすために牛丼を食べ始めた。。ところが食べ終わる頃になっても友人は戻って来ず、列車は茅ヶ崎を通過中。と、ここで電話が鳴ったので出ると、「品川駅で乗り遅れたー」との第一声。ええっ、こっちも上りの終電終わって戻れないけど、などとやり取りをして、結局は朝の新幹線で追いかけてくるので名古屋で合流と決めて電話を切れば平塚通過中だった。しかし、先ほど横浜で見た人物は一体?他人の空似だったのかなあ。
この時点で乗った車両は概ね半分位の乗り具合、夜も更けてきたので車内は静まり返っていた。そして小田原到着。覚悟はしていたけど、ここでワラワラと乗り込んで来て席は9割方埋まった。友人が座るはずだった隣席も乗り鉄風青年が来た。でも、ウイスキーのポケット瓶なんぞ持ってるヤツの横なんかによく座るなあと別の意味で感心した。自分の経験では、呑んべオジサンは長々と説教を垂れるリスクがあるのでそこに空席あっても行かないのだが。
とにかく、小田原組で静寂が破られたので目が冴えてしまった。新たな隣人は話しかけたい雰囲気ではないので(そもそもこちらも来るなよオーラ出していたのもあるが)諦めて眠りに入るがなんか眠れない。
わりと長時間止まる浜松駅でトイレに向かうとそこそこに席が空いていることに気がつく。小田原からの隣人は熟睡しているふうでちょっと苛つくこともあり(寝相がわるい)、何もこんな狭いところにいる必要はないと判断して引越しを決定。はじめは車端部のボックス席にしたがドアが空いていると薄ら寒いので別の席を見つけてお引越し。この後はわりと熟睡して、気がつくと名古屋間近だった。
乗っている車両は名古屋止まりなので、降り支度をして到着するやいなやホームに降りた。朝の爽やかな空気と開放感でとても気持ちが良かった。。
そんなこんなで、ながらには凝りてしまい以降は銀河を使うようになった。とはいえ友人とすれ違いにならなければまた印象は変わっていたかもしれない。
さて名古屋では2時間ほどあるので名鉄の支線に乗るべく新名古屋駅(当時の名称)に向かった。このタイミングで無事朝イチの新幹線に間に合った友人から電話があり、「今どこ」と聞かれると同時にミュージックホーンが鳴り響き、「あー分かった」との返答があって思わず笑ってしまった。この後は名鉄津島線を乗り潰して名古屋に戻り無事に合流、廃止間近の京津線を巡ることが出来た。

2014/3/28 北斗星の入線風景

この1年後に消えるとは思ってもない時期の記録です。なもんで、結構適当に撮ってました。


モノクロームフィルムで「踊り子」

この少しねむい感じがネガの特徴なんですかね。デジカメ画像のモノクロ変換とは少し違うような。エフェクト掛ければネガ調になるでしょうかね。

IMAG0001.jpg

乗車案内

185系とE257系の案内が並ぶ過渡期。

2021012223594097f.jpg

踊り子号記念弁当ポスター

おお、こんなの出てる。お店の人に聞いたら数量限定とのことで再チャレンジです。

2021012123001782f.jpg

代わりに大船軒のサンドウヰッチを見付けたので購入。中身は消化済みなので空き箱でも。あと、重石代わりの最新号は豪快なアオリMAGAZINEだったのでこれも購入してきました。ここまでの総力特集はかえって清々しいくらいに思えます。

20210121230743b4f.jpg

1980年代後半 北海道の夜行列車体験 再び臨時すずらん

札幌の味を堪能した後は友人の寮のゲストルームに泊めてもらえるとのことで、苫小牧に移動。まずは711系の千歳行終電に乗り、千歳からは臨時急行の夜行すずらんに乗り換える。30分程で降りるので、席には座らずデッキで過ごす。苫小牧の寮に着いたときには1時近かった。
翌日はレンタカーでドライブとなり洞爺湖を目指す。上野から行動をともにしていた友人は翌日東京で用事があるとかで洞爺駅で見送り。やって来た臨時北斗はキハ82の4両編成だった。見送り後は残った二人で支笏湖を周り苫小牧に戻った。夕食の後に寮に戻る友人と別れ、自分は札幌に移動。やって来た列車は先ほどのキハ82の折返し列車だった。
北海道のキハ82最後の活躍を堪能し(この時点では臨時運行のみ)、日が長い季節ゆえにこの旅では初めてこの辺りの景色を眺めながら札幌着。駅前のビジネスホテルに宿泊。
翌日は札幌市内をまわったり、お土産屋を覗いたりして時間を潰し、夜の札幌駅から函館行の臨時すずらんに乗車した。
列車はほぼ満席だったがたまたま自分の横は空いていたので、気兼ねなく初日の傷の手当(毎日絆創膏の交換が必要だったので)をしていたら、空席を探していた風の学生位の女性と目があったが、そのままスルーされてしまった。まあ治りきってない傷を見てしまったら普通はちょっと嫌だよなあ。
かのしは隣の車両に行って戻ってこないので多分空席を見つけたのだろう。結局隣席は函館まで空いたままだった。このれの記憶はこれぐらいしか無く、早朝の函館で下車後はすぐの連絡船に乗継。
青森からは臨時の583系はつかりに乗ることが出来て、どちらかというとこちらの印象が強い。もりおかからはやまびこに乗り継ぎ夕方に上野到着。7泊8日の旅行が終わった。
この時の旅行で北海道が病みつきとなり、結局のところ翌年と翌々年と今度は非鉄の友人と出かけ3年連続で北海道に行くとは思いもよらなかった。この時も夜行列車は利用したが非鉄の同行者ゆえ(鉄分抑え気味に行動するので)に記憶が希薄であり、思い出せたら綴ってみたいと思う。

1980年代後半 北海道の夜行列車体験 大雪

1987年8月の旅行のつづきから。
札幌では無事にオホーツクの席を確保して車窓を堪能(したはず)。網走からはレンタカーに乗換えて知床を目指す。車はEP71スターレット廉価グレードの4MTか3AT、とはいえこれが良く走るやつで、2日間の良き相棒となってくれた。まずはウトロの知床五湖やカムイワッカ滝をめぐり、何故か土砂降りの知床峠を超えて羅臼へ。本来ならこの辺で泊まりたいところだが宿を見つけそびれ延々と中標津まで来てしまった。ここで一泊千円のライダー向け宿を見つけ就寝。
翌朝は大部屋雑魚寝ゆえに早く目覚めて、風蓮湖、根室標津駅跡、阿寒湖と摩周湖に周り屈斜路湖から美幌峠を越えて網走に戻った。
途中の美幌駅近くでは廃線になった国鉄相生線らしき痕跡を見つけたのにスルーしてしまったのは、惜しい限り。
網走からは夜行急行「大雪」て札幌を目指す。海鮮たっぷりの夕食を済ませ駅に向かうと、列車は既に入線して発電エンジンの音を響かせていた。始発駅なので難なく座席を確保し14系の旅を満喫とおもいきや、あのバッタンコ。シートなのでうつらうつらして夜を過ごす。それても、遠軽の方向転換とかに気づかなかったのである程度は寝たのかとおもうが、旭川辺りから近くの席の男女の喋りがうるさくて目が冴えてしまった。どうやら同じ関西からの旅行者で意気投合して盛り上がっているみたいだが会話の内容が丸聞こえ、おまけに北海道の朝は夜明けが早くカーテンの開いている窓かが眩しくて眠れなくなってしまった。
そんな状態でも平然と寝ている人も居たので、自分が神経質なだけかとも思ったが、どんな状況下でも眠れそうな友人が後で悪態をついていたので、あのお喋りはかなり煩かったと追われる。
そんなこんなで札幌に着いた時は開放感半端なかった。711系の普通列車に乗継小樽を目指すが、半分くらい寝ていた。
小樽では、鉄道好きらしく手宮の鉄道記念館を目指す。老兵たちの姿を拝んだあとは、札幌に戻り、就職で北海道に来ていた私の中学時代の同級生と合流。同年代3人で札幌ビール園を堪能した。

1980年代後半 北海道の夜行列車体験 臨時すずらん

写真の記録は全くないが北海道で乗った夜行列車のことを綴ろうと思う。
当方が初めて渡道したのは1987年夏のこと。そのまま北海道の魅力にハマり、その後は毎年のように渡道していたお陰で道内夜行のいくつかに乗ることができた。しかしながら、当時はこうした夜行列車がキレイさっぱり一掃されるとは思わなかったので、全く写真に残していないのであった。
それでは、本題に入ることとしよう。まずは、初渡島で乗った夜行すずらんを紹介する。
1987年8月、これからお盆休みに入るためごった返す上野駅で友人と待ち合わせ。この友人とは、いつも行く先々で旅程を決める気ままなプランニングなので、まずは今夜の夜行で青森に行き連絡船に乗ることまでしか決めていなかったが、急行八甲田のホームに行くと物凄いことになつていて候補落ち確定、と言うか自分たちの見通しが甘いことに気づいた。そこで、みどりの窓口に向かいいくつかの列車に照会をかけるとゆうづる1号?のグリーン車に空席を確認、とは言うものの当のゆうづるは上野駅出発済なので東北新幹線から仙台乗継で切符を確保。とりあえずは、座席の心配が解消した。
仙台までの新幹線やまびこは程々の乗り具合でおそらくは平時と変わらない混み具合とみた。仙台では待ち時間があったので駅の外を一回り、戻ると24系の上りゆうづる2号らしき列車が停車中。ハイグレード車のツインデラックスが連結されていた。
そして、待望の583系グリーン車に乗込むが座席のクッションがくたびれ気味で2時間くらいでお尻が痛くなってきた。向こうの方で車掌に寝台への変更を満席で断られているのが見え、上野からの人たちはそろそろ限界のようである。とはいえ超満員の急行に乗ることを考えれば天国で、早朝5時過ぎに青森に到着。
ずっと憧れだった乗船名簿を持って、初めての青函連絡船に乗込む。ここで、昨夜の寝不足を解消したいところだが、来年3月に廃止予定の連絡船を堪能しないでどうすると友達に促され船内見学して過ごした。
函館では、大沼公園や函館山などを観光して過ごし夜の函館駅に戻ってきた。これからは夜行列車で札幌に向かう。大沼ではレンタサイクルで前転ゴケしてしまい(我ながら呆れるような転び方だった)、少しヒリヒリする肘を擦りながら列に加わる。
この当時。、すずらんは定期列車が廃止されて臨時となっていた。改札が始まりホームに入ると、DE15を先頭に14系客車4両編成が連なる模型のような列車が視界に入ってきた。自由席は2両で寝台車と指定席車が1両ずつなので、自由席に座席を確保。
車内はほぼ満席で、14系の簡易リクライニングシート(通称バッタンコシート)で一晩過ごすのは思いやられるが、前夜のゆうづるで寝不足だったお陰か?案外ぐっすりと眠ることができ、覚醒したときは札幌間近であった。
列車はまだ地上駅だった札幌に到着。時間的に釧路やあばしり、稚内からの夜行列車も到着して賑わっていた時刻のはずだが、これらの列車を全く撮ることなく、次に乗るオホーツクの自由席の列に加わった。発車まで1時間弱なのでとっとと席を確保しないとやばそうな感じに列が伸びていたのだった。

(この章終わり)

酒匂川を渡る踊り子

流せばトラス橋のうるさい感じが消せるかと思いチャレンジ。が、案外シャッター速度が落とせずこんな感じに。
同時に撮った動画はいい感じに爆音が記録できました。

20210117235944391.jpg

伊豆急行に行った115系

1/15で115系の日なので、変わり種を。
確か網代で撮ったような。

2003_0803_172745AC.jpg
2003年8月

ホームライナー小田原

今日は出かける用事があったため、帰りはホームライナーにしました。普段に比べたらすこぶる空いておりますが、撮影者や録音鉄もちらほら。私は車内放送を記録したので今日は静かにのり鉄&呑み鉄です。

202101141953375fe.jpg

1981年7月 夜の板谷越え体験記

かつて存在した4駅連続スイッチバック区間の乗車体験で一番印象深かったのは、夜の普通列車(旧型客車)に乗った時だった。
その日は友人と夕方坂町から米坂線に乗り米沢に向かっていた。この列車、途中の今泉では30分ほど停車するが特に食べ物屋が見当たらず(駅前に偵察に行った友人情報だと食堂があったらしいが時間切れで行けず仕舞い)、空腹状態で20:47に米沢着。
この後は3分接続で福島に向かう予定。米沢のような大きな駅ならば立ち食いそばか駅弁にありつけるかと期待したものの時間的にアウトで、空腹のまま力なく福島行き列車に乗りこんだ。
福島行きは旧型客車を数両連ねた編成で、最後尾は吹き抜けのデッキだったのでこの車両に乗り込んだ。空腹とはいうもののこの先のスイッチバック駅を堪能するためには最後尾が好位置なのでこの車両に乗り込んだ次第。車番は失念したが、乗りたいと思っていたオハフ61ではなかったことは確か。
列車は次の関根を発車すると単線から複線区間になった。そろそろ隣駅の大沢に近づいたので、デッキに出ると列車はスノーシェッドに進入すると本線から左に分岐してスイッチバックの引上げ線に停車。少し間があってゆっくりと後退をはじめ、うねうねと本線を横切ると大沢駅のホームに進入した。再び前進して本線に戻り列車は峠駅に向けて走り出した。
この時印象的だったのは、停車直前に室内灯に照らされてブレーキダストの物凄い舞い上がりの様子。夏だったので一日中非冷房車に乗っていると何となく顔がざらざらする感じになるのはこのためかと合点がいった。もう1つは、山深くなるにつれて車窓は真っ暗になるのだが、後方の山の情報がぼわーっと明るく見えたこと。周囲が真っ暗なために米沢の町灯りが山の輪郭を照らすのが見えたらしい。それから、外灯に群がるおびただしい蛾の大群にも驚かされた。
暫く走って、再びスノーシェッドに入ると左に分岐して引上げ線に停車、ゆっくりと後退してホームに進入して峠到着。乗降客は居るのかいないのか?最後部からではうかがい知れないまま、列車は再び動き出す。峠からは下り勾配区間となり心なしか列車は軽やかに走る感じがした。
次の板谷駅では、スノーシェッド内で左に分岐するとホームに進入、客扱い後に引上げ線に後退し、進行方向を変えると本線に合流。最後尾のデッキはこの複雑な線路の様子を見るには絶好のポイントで友人と空腹を忘れて見入っていた。
4駅目のスイッチバックは赤岩駅、ここはポイント部分にスノーシェッドがないため、今までとは違う印象。この駅もまずは左に分岐してホームに進入、後退して本線を横切り引上げ線で向きを変えると本線に合流して次の庭坂駅に向かう。
流石にスイッチバック区間が終わると空腹であることを思い出し、景色も見ずに座席でひたすら到着を待ちわびた。本来であれば眼下に福島の夜景が見えたはずであるが、空腹に支配されてみる余裕なし。そして、22:10に福島到着。この後は、急行「八甲田」で青森方面に向かうため1時間ほどの小休止となる。東北ワイド周遊券で旅行中の高校生はそこに夜行列車が来る限りは先に進むのである。
幸い 福島駅前にラーメン屋を見つけることができて空腹を解消することができた。たしか普通のラーメンなのだが忘れられない味となった。
もともと、接続の都合で選んだ列車であるが、旧型客車で夜汽車の雰囲気が味わえて、スイッチバック体験ができる好条件がそろったのは偶然で、これほどの趣深い乗車体験はスイッチバックが廃止されたためにこれきりとなってしまった。

IMAGE5-04.jpg
季節も時間帯も異なるが赤岩駅構内の様子(ホーム進入中の列車から。奥に伸びる線路が引上げ線)

C62ニセコ、最終日の小樽駅

奇跡的に取れたニセコ行の指定席を携えて列車の先頭に行けば当然の人だかり。ノーファインダーで何とか撮った1枚。

IMAG0166.jpg

ロマンスカー車内販売

先週乗ったときに車内販売があったので、季節限定メニューのみかんシャーベットとコーヒーを購入。

20210109235338f7c.jpg


車内販売が無くなるとこういった季節メニューにもお目にかかれなくなり残念なことです。

丸ライトのEF66 100番台が牽くワム列車

昔撮った画像のSDカードをバックアップしておりますが、少し前でもこんな列車が写ってました。

DSC_7567_20120128_134251.jpg
2012年1月 東海道本線 早川-根府川

あずさ?かいじ?

なかなか格好良いけど、列車名が分からないのはなんとも。のっぺらぼうは勘弁。

20210106175407203.jpg

EF64?

湘南新宿ライン乗車中に東神奈川付近で青い塊と一瞬のすれ違い。検索するとEF64 1032の目撃情報があるのでE217系の廃車回送施行らしい。

我孫子行 踊り子

7両編成で走る列車は限定的なのですが、これでは我孫子行かどうかは分からないなあ、と思いつつも記録。

P1290965_20210103_162250.jpg

謹賀新年

本年もよろしくお願いします。
富士山を背に踊り子通過、

20210101191512af8.jpg