日常に戻った伊豆ロイヤルエクスプレス

週に1,2回のペースで見かけます。

202011302310510ae.jpg
スポンサーサイト



曇天の酒匂川でEXE-α

本日は午前中の好天が午後になるとみるみる曇ってしまい北の方角だけ雲が切れているように見えたのでギラリ反射を期待して来たら、あてがはずれてこのありさまでした。

P1290840_20201128_160426.jpg

GOTOの影響か、相変わらず箱根は大渋滞なので紅葉の登山電車はなかなか写せません。

E217系の連結部

近々スカ線、総武快速でE235系稼働とのことでE217系の初回廃回もありそうです。
個人の勝手な妄想ですがE217系の一部はどこかに生きながらえるのでは、と思ってます。制御系が更新されているので。
とはいえ地方で短編成になるのは必至なのでこういった運転台向かい合わせは見納めかとも思ってます。

20201127122430885.jpg

185系のプレート

見る車両はすべてテプラかシールになっているので先手を打って差し替えたのかもしれません。
202011261942564d4.jpg


今宵はホームライナーで帰宅ですが、サロがいつもより混んでます。
慌てて撮ったらぶれてました。

202011261944376d0.jpg

185系車内で185系の卓上カレンダー

新宿駅のNEWDAYSで見付けて購入。開かずの窓席で撮影。

20201124212029129.jpg

松田山イルミネーションの下を駆ける小田急線

今年もこの季節がやってきました。

2020112323583292d.jpg

20201123235908d9e.jpg

202011232359256eb.jpg

今年ラスト?カシオペア紀行

昨今のコロナ禍の情勢ではそんな気がします。大宮以北は日暮れ必至なので手近に撮影。動画も撮っていたら気を取られてピン甘になってしまいました。
後部まで隠れない位置はそこそこ人が居たので少し離れたこの位置で妥協、日暮れ近いこともあってやや投げやりか。

DSC_0501_20201121_162650.jpg

接近してもう1枚、こちらはピントOk。客車は見えませんが・・・。
DSC_0503_20201121_162654.jpg

さーて今日はどうしよう。昨日に引き続き、箱根、伊豆方面は大渋滞。コロナ拡大前の駆け込み需要でしょうか。

東京メトロ8000系

ホームドア設置の進んだ半蔵門線で未設置駅を見付けたので少し撮影。

20201121000144ffc.jpg

誰の仕業だ!

湘南ライナーに乗ったら車番プレートがテプラに化けてました。

20201119201131b00.jpg


JRが先手を打って替えていたら凄い事だけど、おそらく違うような気がします。

上越新幹線「とき」で活躍するE2系

20201119175942f5e.jpg

夜の踊り子出発シーン

先日の続きです。
ヘッドライトが前方を照らす様子たか、電照幕が相方の車両を照らす様子とか、フイルムの時はなかなか撮れなかったシーンを。

20201117192603d47.jpg

202011171926229d0.jpg

20201117192820d78.jpg

黄金色に輝く小田急8000形

この季節が到来。

2020111619462591d.jpg

夕暮れを往く185系「踊り子」

これからh一期一会で撮れる機会を大事にしていこうと思ってます。

P1290767_20201115_165216.jpg

青の時間帯に185系「踊り子」

もう少し空が明るいと良かったのですが、
時期が遅すぎました。とはいえ、まったり撮れるのも時間の問題かと。

20201114201314d70.jpg


夕方ゆえに車体と電照マークが同じくらいの明るさに。多分一眼ならばマークも車体もきれいに写せそうです。

横浜ロープウェイの支柱

桜木町から新港まで作るそうです。市民には評判良くないみたいですが、この夜景を見ながらというのは素敵かも。

20201114000745f5f.jpg


手持ちで撮影。

お城の下を往く185系

置き換えが正式に発表され、こんな景色も見納めになってしまうようです、

202011132347093a6.jpg

桜木町駅新南口

ホームの関内寄り先端に新しい改札口が出来てました。

20201112165615677.jpg

出たところにホテルMETSと、CIALがありました。
20201112165755170.jpg

館内に110形蒸気機関車の展示がありました。

202011121659020aa.jpg

20201112170031235.jpg


時報代わりに光と音で列車の出発を演出する楽しい空間でした。てんじばしょのまえには、フードコート的に食事や飲食できる場所があり一杯やるのも良いかも。

EF66 27の福山さん

自分が見たのは久しぶり。

20201111090822828.jpg

20201111090836a9b.jpg

20201111090844b59.jpg

185系踊り子に追い越される

速度差があまりなくじわじわと先行して行きました。あちらのモーター音の方がはるかに大きいのでこちらも185系に乗った気分でした。

20201110195905271.jpg

202011101959268dd.jpg

珍客同士

先週のことですが、East-ieとEF66が顔を合わせました。

202011090029307a7.jpg

小田急線の夕景

しかし、10分ぐらいであっという間に雲の茜色が薄まりこんな感じに。

20201108235649bda.jpg


それでも15分程佇んで少し記録してきました。

20201108235755d30.jpg

20201108235820138.jpg

20201108235838d36.jpg

見事な夕景

神奈川のビオトピア(旧第一生命本社ビル)に行った帰り駐車場に向かうと富士山と夕焼け雲のきれいなコラボが。
20201108235038467.jpg


折角なので直近の小田急線にむかいました。

80年代 観光主体の会津ラウンドトリップ(2)

3日目の行程は、会津若松の市内観光からスタート。月並みかもしれないが、鶴ヶ城、さざえ堂、白虎隊自決の地などを巡り、戊辰戦争に想いを馳せた。途中で入ったカフェのレジスターは数字が右書きでアンティーク感たっぷりなのはさすが。
昼前には喜多方に移動。列車はDD51の牽く50系客車で短時間ながらDDのサウンドを堪能することができた。
きたかたでは、蔵巡りとラーメンを味わい、14時近くに駅に戻ってきた。喜多方駅では、結局乗りそびれてしまった日中線の名残を偲び、455系の快速「ばんだい」の乗客となった。快速を名乗っているもののかつての急行と変わらないダイヤで快走し、郡山に16:39到着。窓の外を見ると12系の姿が見えるが、実はこの臨時急行は16:39発なので、よもや乗り継げるとは思わず郡山からの行程に頭を悩ましていると、臨時急行ご乗車の方はまもなく発車ですとの放送が聞こえ、地下通路を急いで移動。周りを見ると同じような人を何人か見掛けたが無事に乗り継げたようである。元々この臨時急行は予定に入れてなく、郡山からは新幹線ワープか、普通列車乗り継ぎか、はてまた、郡山から那須塩原まで新幹線というコースを考えていたが、悩まなくて済んでしまった。
この急行、臨時の「ざおう、ばんだい」でこのまま乗っていけば20時過ぎに上野まで連れて行ってくれるありがたい存在。しかも周遊券ゆえに出費も抑えられるので申し分なし。
ほぼ旅行は終わりみたいなものだが、連休中ゆえにいくつかお楽しみがある列車なのでしっかりと楽しませてもらった。
まずは、臨時特急「ひばり」とのすれ違い、お次は白坂駅で臨時特急「ふるさと」に追越されでともに最後尾のスハフ12の窓から記録をさせて貰った。そして、黒磯では先頭に回りED75 700からEF65 1027への交換をチェックと我ながら精力的に動いたが、あとは日暮れを迎えてゆっくり過ごして上野に20:11到着。
実は貴重な東北本線の昼行客車列車の旅が終了した。

IMAGE2-06.jpg
喜多方まで乗った50系列車
IMAGE3-06.jpg
帰途は快速「ばんだい」、但しグリーン車ではないが。
IMAGE4-01.jpg
「ひばり」とのすれ違い(再掲)
IMAGE4-04.jpg
「ふるさと」を待避(再掲)
IMAGE4-05.jpg
黒磯まで牽いてきたED75
IMAGE4-06.jpg
黒磯からはEF65が先頭に

おわり


検測中

遅延している貨物を撮るためにホームに行くと、予想時間に現れたのはこの列車。はて、本命はとこに?

20201105133200a3d.jpg

豪快な爆音!185系「踊り子」

15連の特急が東京を目指して急ぎます。


80年代 観光主体の会津ラウンドトリップ【1】

第一走者は夜行の「佐渡」、臨時急行とはいえ連休中なので早めに並んたと思う。その功あって無事に席は確保できた。車両は曖昧であるが12系だと思うが、機関車は見に行かなかったのか記憶に無い。既にEF58は居ないので興味が無かったのか。
小出着は朝早いけど、せっかくの友人と過ごす夜なので、ビールを酌み交わし他あと少し仮眠。早朝の小出駅に着くと只見線一番列車までの長い待機時間となるが、駅の待合室はほぼ満員。かといって新潟間の山間部にある小出の未明は寒いので我慢して待合室で過ごす。
ようやく、乗車時間となりホームに行くと、キハ58(または28)とキハ40か48、とあと1両の3両編成だった。多くの乗客はキハ58に向かったのでこちらはキハ40に席を確保。車内はきれいだし空気ばねで乗り心地が良いのが理由だ。
只見線に乗ると、前夜の寝不足から寝落ち、気がつくと大白川駅だった。

IMAGE1-06.jpg

ところでこのキハ40の車内はなんだかうすら寒い。キハ58に偵察に尾久と暖かいうえに空席もあったので友人を促して引越。会津川口では川のほとりで美しい景色が印象的であった。

IMAGE2-02.jpg

福島県に入ると会津若松に行くのに時間帯が良いためか、駅ごとに乗客が増えてきて列車は大混雑。最後の30分ぐらいは暑さと混雑で我慢大会の様相を呈していた。
会津若松にようやくの思い出たどり着くと、間を置かず磐越西線に乗り換えて猪苗代に向かった。

IMAGE2-03.jpg

猪苗代からはトリコロールカラーのバスに利変えて裏磐梯で観光タイム。一通りめぐると猪苗代行きのバスで戻るが、車中は軽く冷房が入っていた。朝は寒さに震えていたとは思えないぐらいの暖かさであった。猪苗代からは磐梯山を眺めつつ会津若松駅まで行き、市内のビジネスホテルに投宿。
城下町の夜は美味しい料理とお酒で楽しく過ごしたのだった。
(つづく)

電照式ヘッドマーク

185系の撤退で東日本からは消滅でしたか。

20201103143816852.jpg