スーパーあずさ 1997年夏

115系と同じ日に撮ったE351系です。

IMAG0059.jpg
スポンサーサイト



KPGC10

日曜日に東名高速の大井松田インターに向かっている時に前方にハコスカが走っているのが見えました。2ドアの車体にGT-Rのエンブレムが輝いており、思わず見とれてしまいました。
ここ最近、家の近くで旧車を見掛ける機会が多く、セミリトラクタブルライトの初代CR-X、AE86に続いて3回目の目撃となりました。
箱根が近いとは言え、見掛けたのはどちらかというと地元の人しか来ないエリアなので、愛好会とかのイベントで来た車では無さそうでした。

中央東線で初期型115系

同じネガに写った写真から1997年夏と分かるものの撮った記憶なし。あと、おそらく「高尾-相模湖」間でありながら中央高速が自己主張してない場所が有っただろうか?と謎だらけ。

IMAG0058.jpg

雨天の箱根登山鉄道

昨日は、リバティの甲種が来たり、EF66 27の福山通運号が来たりしてましたが寝坊ですべて撮れず。
午後は箱根神社にお参りし、帰途に少しだけ登山鉄道を見てきました。

20200927175401450.jpg

EF66 27

なんか、近々廃車とかの情報が流れていましたので、撮ってきました。この位置だと200mほど前方になるでしょうか。

 

20200924195834592.jpg

フィルム時代の失敗画像 「北斗星」

ISO400、絞り開放でシャッター速度は時に気にせずに撮っていたら先頭がぶれてました。今であれば、感度を上げてもシャッター速度を維持することに気を遣うところを気にせずに撮ったらこうなっていました。
気が付いたのは現像後なので撮り直しできないまま当の列車は廃止になっていたというありさま。
まあ当時の自分では、気がついても撮り直しに行かなかったような気もします。

image001.jpg

image0002.jpg
1990年4月頃 南福島-金谷川



パノラマスーパー展望席からの犬山橋(1999年)

まだ併用橋だった頃の画像です。

634-535-16.jpg
1999年12月30日

車内に鏡餅が飾ってあり驚きました。
なぜか乗車列車は撮影していなかったので、こちらでも。

634-535-14.jpg
同じ日の金山?

大曲駅に進入する急行「おが4号」

クロスフィルターの多用(乱用)はご容赦下さい。今ならばデジカメで容易に撮れそうなこんな風景を、フイルムカメラで良くぞ手持ちで頑張って撮っていたのには、自分ごとながら珍しく感心しました。

202009210104376c7.jpg

1981年7月

14系座席車で運転され、男鹿線に快速列車で乗り入れる夜行「おが」、なかなか魅力的でしたが、この時に大曲〜福島で乗ったきりでした。男鹿線内をDD51牽引で走る姿は一度見ておきたかったです。

客車と気動車の併結列車 東北本線539レ

1981年7月の記録、盛岡発沼宮内、大館行。
RJ誌の記事で存在を知ったこの列車、是非とも見てみたいとの希望が叶ったのは39年前の夏だった。
盛岡駅の発車案内。
202009190202128e3.jpg

やはり違和感ありまくりの列車だった。
20200919020301735.jpg


残念ながらネガが行方不明のためアルバムをデジカメで撮って画像化しました。

昨日のドクター

一昨日(試運転)、機能(のぞみ検測)と連ちゃんでした。

202009171231462a2.jpg

20200917123207486.jpg

昔のクルマで 最初で最後?のオーバーヒート体験記-2

さすがに1時間近く経つと待ちくたびれたので意を決してリザーバータンクを開けることにしました。洗車用の雑巾を当てて蓋を開けて、そばの公園まで飲み物の空き容器を持って数往復し、水道水を注入。エンジンを掛けて様子を見ると水量がかなり減ったので、エンジンを止めて再補充。
そんな感じで水量は満たされたようなので、改めてエンジンを掛け、恐る恐る再スタート。混雑している踏切は避けて、線路を立体交差しているところまで走行。途中信号待ちが長い場所では水温計を注視しつつエンジンを切って沸騰させないようにしながら、空いたルートを探しながら八王子の自宅まで何とかたどり着きました。我が家の車庫入れは何度か切り返す必要があるため一苦労。沸騰寸前で車庫入れを終了することができました。
途中修理しようにも、ゴールデンウィークでカーディーラーはお休みだし、お財布は軽くて修理代が出せたかどうかなので、家に帰ることを優先しました。
後日、修理に持っていくと、故障個所はサーモスタットスイッチと判明。この車は電動式の冷却ファンなのですが、ラジエーターが加熱してもファンが回らずオーバーヒートしたようです。ラジエーター系統に特にトラブルは無く冷却水を入れ換えて修理完了でした。
当時はFR車が主流だったので、教則本にはオーバーヒートしたらエンジンを切らずに冷やせと書いてあリましたが、それを鵜呑みにしていたら深刻なトラブルになるところでした。前述の通り、我が家の車庫入れは切り返しを何回かして入れるために、車庫入れが終わる頃には大抵電動ファンが回っていることを経験的に知っており、早々にファンの動作不良に気づけて良かったです。また、この体験のお陰で水温計に気を配る習慣が出来たのも福音でした。
なお、タイトルに最初で「最後の?」と入れた理由は、最近の車であればまずオーバーヒートは起こしにくいことと、次に車を買うときは電動化されている可能性が高いことからこの様に記載しました。

試作機

間近に来るまで901号機と気が付きませんでした。

2020091621595142c.jpg

昔のクルマで 最初で最後?のオーバーヒート体験記-1

前回書いた通り、従姉から譲って貰った初代シビックが家に来てからは、同じ時期に運転免許を取ったこともあり車であちらこちらに出掛けてました。まだまだ若葉マークだった5月連休のある日、青梅線の昭島付近の踏切は結構混んでいました。その最中に笛付きケトルでお湯を沸かすような音がどこからか聞こえてきて、次の瞬間ボンネットの隙間から白い蒸気が出てきました。
これはやばいヤツだと悟り、近くの脇道に入り、ちょうどあった公園の横で車を停めました。まさにオーバーヒートと言うやつで、まずは教科書どおりに、エンジンを切らずボンネットを開けて水温計を注視。しかしながら一向に下がる気配がありません。
少しして、冷却ファンが回っていないことに気づき、急いでエンジンを切りました。
しかしながら、そこから水温計が下がるまで長いこと。辺りはだんだんと薄暗くなって来ました。さすがに日が暮れるとお手上げです。(つづく)

黄色

用事で駅に居ると、本日走行との情報が。

202009151226066c3.jpg

2020091512262096e.jpg

上りのこだま発車1分後の通過なのでドキドキ。少しでも遅れるとアウトですね。

高速道路の下からカシオペア紀行

前に書いた通り草ボーボーでした。猛暑の中を久喜から新白岡まで一駅歩いてしまいました。チョー暑かったです。

CSC_0472_20200911_162255.jpg

EH500がHD300を従えてやって来た

カシオペア紀行通過の30分ほど後に下っていきました。

DSC_0471_20200911_165724.jpg
新白岡-久喜

といってもこれではHD300が良く見えませんね。昨日は日差しが強いので線路の西側(下り線側)に居りましたが引きが取れなくて場所探しに四苦八苦しました。結局空模様を読んで早々に上り線側に行く方が正解だったみたいですが、お天気はままならないので仕方ないですね。

EF81 95がやって来た

車窓から見た高速道路下が良さそうに見えたので行ってみたら草ボーボーですやん。
時間切れなので妥協、当然ながら周りに誰もおらずボッチで撮影終了。
動画はチビ三脚を柵に跨らせたら、しれーっと上向いててこんな感じでした。おまけにカシオペアあるあるで通過時は見事に日が陰りました。曇り前提であれば線路の反対側にいくべきでしたね。反対側に行くと晴れるかな。

20200911194430d5a.png

上野駅13番線

赤いテープで仕切られてました。

202009111506138ab.jpg


まあ、とうとう業を煮やしたようで。

【追記】
ネットの情報では密集予防だそうです。
但し、コロナが去っても元通りになるんですかね。

昔のクルマって

これは、自分が免許を取り立ての1980年代前半のお話です。
そもそものきっかけは、結婚する従姉から使わなくなった車があるけど乗らないかとの電話が来たことでした。かくして親戚の家に行くと使わなくなって2-3年くらいの初代シビックに対面。まずは死亡したバッテリーの交換とエンジンルーム内の落ち葉掃除を済ませ、セルを長めに回すとエンジンは何とか目覚めました。直後は濃厚な排気ガスがもうもうと上がり煙たかったことが記憶に残っています。しばらくすると回転も安定したので、父親の運転で八王子の実家に迎え入れました。
今回は個人間の譲渡なので、ナンバーの登録変更や車庫証明取得などをすべて自分たちでやる必要があり、車検場や警察署にも行ってきました。こうして、晴れて「多摩ナンバー」を取得(当時は八王子陸運局は無かった)し我が家の車となったわけですが、44年前に製造されたクルマゆえに今とは違って色々な出来事(メカトラブルなど)に遭遇することとなりました。
次回はそのトラブル対応記を紹介したいと思います。

N700S同士のすれ違い

20200910131652efb.jpg

20200910131710d3d.jpg

20200910131727997.jpg

小田原駅、謎のTSマーク

真新しいこんな表示が書かれてました。

20200909213950a1f.jpg


トランスイート 四季島の略でしょうか。箱根を廻るコース設定ならばあり得る話ですが。

紺地の普通幕

久しぶりに見ました。

20200908235454bcc.jpg

あぁぁぁ、鉄道唱歌が流れた

本日は出社日のため、帰途に湘南ライナーくずれの快速に乗車。空調喧しいし、近くにお喋りに夢中な集団が居たので、ホイスレコーダーなどは使わずに過ごしていたら終点間際で鉄道唱歌が流れました。しかも、電子音らしくないように聞こえました(曖昧)。
稀に唱歌流す車掌さんが居るのでちょっと意表をつかれました。

モントレー色高尾臨 鉄仮面仕様

確か踏切事故以降前面補強がなされ、当初は施工を急ぐために簡易塗装のギラギラ仕様だった時期がありました。(高尾-西八王子)

FILM0584_05.jpg

久しぶりのEF66 27

西に移動中、後方から来ているとわかり寄り道。機関車が視界から消えて十数秒後に遅れていた上り踊り子が通過、時間的に被らないかヒヤヒヤでした。

20200905162320a7e.png


動画をスクリーンショット

昨夜のサロ185

湘南ライナー乗る機会が有ったので、グリーン車にしました。プレートがシールに化けているので盗難被害確定ですね。

20200904174242f1f.jpg


回送列車は田町側から入線。列車によっては尾久からのパターンもありますね。

2020090417435413e.jpg


ちなみに前回も今回もグリーン車空いてました。コロナ影響で明らかに減少傾向にあります。これで、来年うわさの特急化実行でしょうか。速達性のほとんどない通勤ライナーのアドバンテージは確実な着席ですが、コロナで普通列車もそれなりに空いてきて給料も目減りしそうな昨今の情勢では特急化して顧客流出を招きかねないように思えます。

東京駅グランスタ地下

コーヒー&ビアの店があり立ち寄り。加藤登紀子のカリオストロの城のテーマ曲のあとに、中島みゆきの悪女が掛かりちょっと1人盛り上がってます。

202009032044375a1.jpg


ここは改札口外だけどお気に入りになりそうな気がします。

八高線ネガからキハ38

築堤に残雪があるので高尾臨とは別の日らしいです。

FILM0584_14.jpg

こちらもモノクロ変換。
BW_FILM0584_14.jpg


小宮−北八王子

キハ38は八高線に冷房車を導入した立役者ですが、オールロングシートなのであまり好きになれませんでした。現実には全線通しで乗るのは僅かなのでしょうけど、過去に数回通しで乗っことのある自分としてはクロスシートは外せませんでした。

八高線ネガのつづき

同じ日か不明ですが、高尾近辺で撮った高尾臨です。

FILM0584_03.jpg


同様にモノクロ化。
BW_FILM0584_03.jpg


高尾−西八王子

線路にピントが来てるのに背景がボケているのは狙ったわけではなく、レンズの絞り羽が時々引っ掛かる持病のためです。場合によっては、画面全体がピントが来なくなることがあって、結果的にこの持病のために自分用カメラ購入の背中を押してくれたこととなりました。