横浜駅で踊り子

さすがに15両は長くて後ろまで入り切りません。このあとこの列車で移動しました。

20200630222640bc4.jpg
スポンサーサイト



北斗星 推進回送

2011年6月、鶯谷にて。
私用していたカメラは富士のFinepix F550EXR、結構気に入ってましたが1年も使わないうちに不注意で壊してしまいました。やらかしてしまうと、暫く心のダメージが大きいです。

20110617_184622.jpg

N700S J0編成

2020062823380625e.jpg

19:03北斗星 上野出発

まさに動き出した直後の様子です。撮影は2010年7月27日、投入間もないピカピカのEF510に牽引された北斗星が札幌を目指します。

2010_0727_190940.jpg
でも、願わくばこの瞬間は、外から眺めるのではなく、乗客として北斗星の中で迎えたい。

トレインビューなAPAホテル富山

2002年8月、出張で泊まったアパホテルが線路際だったため、暑いのに窓を開けて早朝から撮影三昧でした。なにせ、北陸本線、富山地鉄、市内線まで一望なのだから。

2002_0803_060515AA.jpg

2002_0803_060753AA.jpg

2002_0803_061718AA.jpg

オリンパス カメラ事業撤退

先程ニュースで知りましたが、ショックでかい。最近は一眼レフ重いから、OM-Dが気になってたのですが。
さあ、とうするか。

久しぶりにEF66 27

動画からの切り出しです。

202006241216352ce.png

185系「踊り子」 右側の木の映り込みに今頃気がついた

梅雨時ですね。右側の木の成長が盛んになって来て線路を隠すようになってきました。個々は踏切のそばでこれ以上左に行くわけにも行かず当分はシーズンオフでしょうか。
(人様の土地の木ゆえに勝手に切ってはいけません)

P1280930_20200621_163959.jpg

部分日食を見ようと晴れ間を求めて西に行ったのに曇りがちで、何をしてるんだか状態でした。
結局部分日食はうすばれの根府川付近で最大食を見た後は雲の中でした。

東京メトロ7000系

次はこれですかね。新高島駅。

20200621150437140.jpg

MM線みなとみらい駅

開業して16年経ちますが、今でも近未来的で新鮮な感じがします。

20200620012639377.jpg

202006200126581cf.jpg

2020062001271991d.jpg

202006200127373ae.jpg

E235系スカ線仕様

車中からのためブレブレで済みません。
鎌倉車両所て目撃です。

2020061910200441f.jpg

EF210

20200618235623725.jpg

”夜版”新宿踊り子

と書くと怪しげな印象となりますが、要は新宿発の「ホームライナー小田原」です。

P1280724_20200501_224538.jpg
国府津-鴨宮


子供の頃に親戚の家から眺めた東北本線の夜行列車はこの様なイメージで、窓灯りと方向幕の羅列を飽きもせず眺めておりました。 この場所で「出雲」や「銀河」が健在の頃にこうやって撮っておきたかったですが後の祭りでした。

1986年秋、長野県を巡る直流急行型電車お別れ旅-3

ン画のでは待ち時間がたっぷりあるため、長野電鉄で朝陽駅まで往復してみた。前回1980年3月に来た時は地下工事中真っただ中の長野駅は立派な地下駅に生まれ変わっていた。本当は長野電鉄も乗り潰ししたいところだけど、あとのスケジュールがどうにもならないので、朝陽駅で少し時間を潰し長野駅に戻って来た。


IMAG0036b.jpg

どなたかにシャッターを押して貰ったらしく眠そうな友人との姿が写っているが人物はカットして掲載


長野からは、急行天竜に乗る(「かもしか」は改正後の愛称で間違い)。車両はアコモ改造した169系でNをあしらった塗装とBOXシートではなく新幹線座席を装備した車内が特徴だ。

IMAG0038.jpg

天竜のサボ


松本まで小一時間ほどの旅、桑ノ原信号所-姥捨-羽尾信号所と3駅連続のスイッチバック区間を走るのだがあまり記憶が無く、おそらく睡眠不足を補っていたのであろう。

的本からは、松本電鉄で新島々まで行ったらしく、そのスナップが出てきた。まだカエル電車化される前の10形と呼ばれる車両で運転されていた。調べるとこの年の12月の昇圧で東急から来た5000形電車(元アオガエル)と交替するのだが知ってか知らずか気のない撮り方しかしていない。この年の夏に車出来て撮影したからかもしれないが、寝不足とはいえ適当に済ませてしまったものである。

今ならば絶対にありえないし、貴重なチャンスをフイにしてしまったことは説教部屋行きを命じたいところである。


IMAG0042.jpg

前方にいるのは同行の友人


松本に戻ってからは、周遊券の効力を活かすべく特急しなのに乗り木曽福島に行くことにした。


(つづく)



ホームライナー小田原23号の後回送

先日のダイヤ改正前は251系での運転でした。この185系での運転もあと1年ほどでしょうかね。

2020061523411407f.jpg

今どき珍しく、ヨ付貨物列車

種明かしするとこれです。

20200614165733be9.jpg


東京メトロの甲種輸送。前側は傘が飛ばされないよう撮ったので機関車だけ。

202006141658536ec.jpg

1986年秋、長野県を巡る直流急行型電車お別れ旅-2

まずは、急行「妙高」に乗るために深夜の上野駅に向かい友人と合流した。のちによき呑み鉄仲間となる友人であるが、当時は社会人になりたてでアルコールの嗜みも身についていないこともあって、旅立ちを前に一献酌み交わすこともなくあっさりとした集合であった。しかも、この夜は横軽越えの一大イベントが待っているのでアルコールの持ち込みもなく列車に乗りこむ。

急行「妙高」は169系モノクラスの9両編成で23:58に上野駅を発車した。EF63の活躍を見るには最後尾1号車がベストだがここは指定席なので前方の自由席車両に落ち着く。

大宮駅までは比較的普通のペースで走るが、大宮から先は短距離夜行の宿命で時間調整のためゆっくりとしたペースで歩みを進めていく。普段の旅行であれば、ここらあたりで気持ちよく眠りに落ちるところであるが今夜は徹夜勝負、友人ととりとめもない話をしながら時間を過ごす。高崎では小休止の為、乗車列車を記念に1枚記録した。


IMAG0117.jpg

後方の新幹線とみられる高架橋と停車時間から高崎駅と推定したが(再掲かも?)


高崎を出れば30分ほどで横川到着のため、到着が近づくと最後尾のデッキに移動して待機する。時刻はAM2:30近く、深夜のホームに降り立つと、169系の床下から空気ばねのエアを抜く音が聞こえてくる。後方からはEF63の唸りが近づいてきて一時停止、連結掛と車掌氏が見守る中を連結。ブレーキテストを終えるといよいよ発車なので、最後尾デッキに乗りこむ。

列車が動き出すと床下からは振動がダイレクトに伝わってくる。先ほど空気ばねのエアを抜いた影響で、これは過去に乗った115系(コイルバネ)では体験できなかった振動だ。横川駅の構内を出ると列車は勾配区間に差し掛かる。とはいえ、まだ169系でも単独で登れる傾斜だが、しばらく走ると徐々に速度が落ちてきて急勾配区間に差し掛かったことが体感で分かる。同時にEF63が後ろから押してくる感覚も伝わってくる。トンネルに入ればブロアの唸りが反響してより大きく聞こえてくる。

中間の熊ノ平信号所では、線路は水平になるためふっと軽くなる感触があるが、それもつかの間、サイド急勾配に挑んでいく。そういった感じで、形式こそ見えないものの音と振動と加速感といった横軽をダイレクトに体感していると再びふっと軽くなる感覚を味わい軽井沢が近いことが分かった。

軽井沢駅ではEF63の切り離しを見送ってから、ホームを歩き自分たちの車両に戻ると169系床下のコンプレッサーがフル稼働して空気ばねに充填している様子が鼓膜に伝わって来た。

飼ういざ阿波から先は、軽やかな感じで進んでいく。第一の目的を果たしたこともあって、車中でぼんやりと過ごしていると4:44長野駅に到着。「妙高号」はここで1時間近くの大休止のあと普通列車となり直江津を目指すが、我々はここでお別れ。

この次は、松本を目指すがまだまだ時間があるので、長野電鉄にちょいのりすることにする。といってもこちらも始発は6:00過ぎなので暫く小休止である。

(つづく)

まじかい!

昨夜はEF66 27が来るというので、少しだけ夜あそびの予定でしたが。
現地滞在15分程で退散の予定が時間になっても姿を表さず。ネット見たら新鶴見を出たばかりとのことで、コンビニで飲み物を調達して戻ったものの一向に現れず。ようやくやって来たと思えば終電1本前の上り列車て見事にブロックされました。

202006121610208a8.jpg


この時間帯、上りは本数少ないのでよほどタイミングが良かったみたいで、今なら宝くじ当たるかもって思うくらいビンゴでした。

梅雨入り

今日のロマンスカーです。1ヶ月前には展望席にすら人影が見えなかったことを考えると乗客が戻りつつあるようです。

20200611204202a19.jpg

書籍 鉄道 the ラストラン 371系

たまたま書店に寄ったら見掛けたので思わずレジに持っていってました。小田原住むまでは単にかっこいい列車に過ぎなかったのですが、引越して以来は身近な存在になりました。新宿を夕方に出る「あさぎり7号」は出張帰りに便利で時々愛用してました、

20200610223226b98.jpg

1986年秋、長野県を巡る直流急行型電車お別れ旅-1

1986年11月に国鉄のダイヤ改正が行われ、
身近な存在だった急行「妙高」の189系置換、急行アルプスの昼光便廃止、夜行列車183系置換など165系と169系に大変革が訪れることとなった。
そうなると、本線急行を体験するラストチャンスとばかり鉄友と信州弾丸ツアーを計画した。まずは上野駅から夜行列車「妙高」に乗り長野下車、松本までは急行「かもしか」「天竜」【注:1986/11改正でかもしかに変更】、松本を夕方に出る「アルプス」で新宿に戻るというおよそ23時間の行程。合間では、長野電鉄、木曽福島、松本電鉄にも寄る欲張りなプラン。信州ワイド周遊券を片手に夜の上野駅にむかった。
湘南色をまとう直流急行型電車へのレクイエムの記録である。(続く)

梅雨入り間近 富士山はしばらく見納め?

分かりにくいですがEF66の貨物列車通過中です。

20200609233511185.jpg

足慣らし その二

車窓から箱根の山を望む日が待ち遠しいです。

20200608235838aee.jpg

深緑の中を足慣らし

今はリハビリ中といったところでしょうか。


P1280862_20200606_165946.jpg

桜木町 東横線跡地

一部遊歩道化されてました。

202006061542574a9.jpg

20200606154304d3b.jpg

川崎駅

ホームの拡幅で東海道線下りが撮りやすくなってました。もっとも今日の気温では陽炎が凄い。

20200605190813826.jpg


近づいたら先頭しか見えない一両編成状態。

20200605190911431.jpg


202006051909297a2.jpg

桃太郎イラストありEF210-318

20200604203651341.jpg

OM編成ライナー運用

20200602220448e80.jpg

力走 185系「踊り子」

風光明媚な景色の中を走る姿も良いけど、直線区間を豪快に通過して行く姿も良いです。

鉄柵にコンデジを置いてついで撮りしているので、見苦しい点はご容赦ください。


小仏信号所跡で189系「あずさ」を

おそらく1980年4月頃の記録です。当時は高校生だったので自転車できたはずで、奥に写っている乗用車は自分たちとは別です。当時はここまでは行ってきても何も言われませんでした。

パンタグラフを8つ上げた姿は壮観です。当時は摺動音も相当な音量で通過を音とともに動画で残したかったです・この当時の機材は高価で叶えられませんでした。


IMAGE5-01.jpg