静岡駅東海軒ポスター

確かこの幕の内弁当は大垣夜行でお世話になったことがあったやつ。残念なことに売店は休業中。コロナに負けずがんばってほしいです。

20200530235345bc4.jpg
スポンサーサイト



渋谷駅工事

湘南新宿ラインが止まっていることを忘れてました。

EF66 27を静岡で

先日の出張帰途に、新幹線までの時間を駅ナカで一献やりながら過ごしていると接近中の情報をキャッチ。少し早めに切り上げてホームに向かうと5,6名の先客がいるのはさすがこの機関車です。でも、国鉄規格の幅広ホームなので密にならずに撮れました。

202005292225443b5.jpg

20200529222553723.jpg

20200529222601d65.jpg

20200529222611ef1.jpg

桃太郎イラスト入りEF210

昨日の出張帰途に静岡県で不意を突かれ、新幹線で先回りして捕らえました。
採れたての新桃ですね。

20200528223756b69.jpg


昨日の静岡県出張、下り「こだま」に乗って三島〜新富士間での印象ですが、速度が200km/h位になっても加速が衰えない感じで明らかに速さを感じました。これがN700系の
加速性能の本領発揮なのでしょうか。

N700S

用事で新幹線に乗ることになり、少し時間があるので対向ホームに向かうと回送列車の表示。しかし、自分の乗る列車もほぼ同時に来たので1枚撮って急いで移動。
202005270951302da.jpg



席に落ち着いてさっきの回送列車を見ると見慣れぬ車番。ってN700Sでした。

20200527095256d25.jpg

202005270953056a5.jpg
20200527095323696.jpg


良く正面を見るとJ0編成なのですが慌てていて見逃してた。しかし、ぱっと見は間違い探しのごとく区別つきにくい印象でした。

塩尻駅?中央西線乗車中にどこかで撮った80系電車

時期は1980年3月、木曽福島あるいは薮原から松本への移動中の撮影です。

引退間際とはいえ、80系電車に辛うじて乗れて撮れたのは良しとするべきなのでしょう。

願わくば、東海道本線をぶっ飛ばす急行、準急列車の姿を見たかったですが、急行「天竜」での活躍にも間に合いませんでした。(再掲かもしれません)


IMAGE5-05.jpg


急行アルプスのビュッフェ車

子供の頃は身近な存在だった中央本線でしたが、特急あずさは食堂車が消え、181系も引退して183系の9連か189系の10連に置き換え。急行アルプスはビュッフェ(営業休止したばかりだけど)が連結された12料理編成。
と言うわけで、急行の方が凛々しく見えました。ビュッフェは用済みで近々外されると言われていたので見かけると写真に収めてました。

IMAGE4-06.jpg



高尾駅? 手前側に何か映り込んで特徴的なキノコ型クーラーが隠れてしまいいまいち


とは言うものの、営業中の列車には乗れずじまいで、仕方ないので立ち食いそばを車内持ち込みして往時を偲んでました。が、発泡スチロールの容器では気分がイマイチでした。

石巻で撮ったキハユニ26?らしき姿

1979年12月、石巻線の小牛田~石巻を乗り潰し(石巻~女川は金華山訪問時に乗車済み)、その時であったキハユニらしい車両を納めたようですが、画像補正しても不明。小牛田区にキハユニ26の配置があったのでおそらくこれでしょう。


202005250120430cc.jpg

とりてつ捕獲装置?EF66 27

かと思うほど沿線に人が出てきます。かくいう自分も捕獲されたクチですが・・・。

右側は道路なので意識し過ぎたら後部が切れました。この列車、この付近では旅客列車と並走(よく乗り合わせる電車なのでおおよそのパターンは把握)するので、貨物線側から撮ったらこの朝は旅客列車の方がはるかに早くいってしまいました。


DSC_0372_20200522_085256.jpg

東武アーバンパークライン 8000系の急行

こちらで8000系の急行は初めて見ました。アーバンパークラインって発音しづらいのは私だけ?

20200522233643445.jpg

昨日の宇都宮配給

EF81 95でした。

20200521230224d40.jpg


今日は国府津に留置されていた251系が東大宮に戻されましたが、見逃しました。まあ、昨日はいろいろと見られたので、今日は仕方ないのでしょう。

EF81 139

大宮駅で乗換&昼食です。10分くらいの間に貨物列車4本、回送電機1本と密度濃い〜。このあと251系の廃回あるらしいけどその時間にがっつりアポです。まあ混雑必至なので諦めもついて良いかもです。

20200520124216024.jpg

出張

不要不急ではない用事で新幹線乗ってます。車内販売が来たのでコーヒー買いました。
一両に数名なので、売上厳しいでしょうね。

20200520110146f81.jpg

小田急5000形、やっと見ました

営業運転を見たのは初めて。

20200519223659da6.jpg


すでに田植えの終わったところもありました。

2020051922375403c.jpg

1985年3月の南東北の旅-8(Last)

急行「まつしま8号」に乗る前に、仙台駅でおろさく変わってしまうであろう日常風景を何枚かスナップに納めた。


旧型客車は見納めか。

IMAGE2-05.jpg


IMAGE3-02.jpg


こちらは快速「仙山」か。

IMAGE2-06.jpg


そして「まつしま8号」の車中の人となり、流れゆく景色に名残を惜しむ。おそらく仙台から上り昼行優等列車に乗るのはこれが最後となれば感慨深い。そのな感じで455系の乗り心地を堪能していると、在来線急行だから空いているだろうと高をくくっていた車内が徐々に混雑して来た。記憶はあいまいだが、確か新幹線が停まらない二本松や本宮辺りからだったと思う。自分のBOXにも結婚式帰りらしい晴れ着の女性が3人座り少し緊張する。その様な感じで往年の幹線急行を思わせる活躍を見せた「まつしま8号」は暮れなずむ南東北路をひた走りいつしか闇に包まれた中を黒磯駅に到着。電源切替の儀式を見送ると後は暗い中をひた走り20時過ぎに上野駅に到着した。

なぜか上野駅では1枚の写真も撮らず(おそらく455系を上野駅でとらえる最後の機会だったにもかかわらず)2日間の行程を終えた。

この時期は東北本線だけではなく、全国各地で注記う急行が終焉を迎えつつある時期だったので、長距離を昼行急行列車で移動する機会はほとんどなくなってしまうのであった。そういう意味では無意味なようで意味のある旅行だったかもしれない。

(おわり)

EF210-109

20200517223100916.jpg

大宮駅を通過するEF65牽引コキ短編成

先日の出張途中で。

202005162358471a5.jpg

EF81 95

昨日の帰り道、宇都宮へのホキ配給が95号機と知り、赤羽で途中下車して撮って来ました。この時期ゆえに繰り出すわけには行かないので、こういう偶然は貴重です。

20200514215220851.jpg

20200514215237fea.jpg

今日のびっくり仰天 キヤがやって来た

仕事が終わって大宮駅で遅めのお昼を食べてからホームに降りると先端が密集状態。タッチの差で65PF更新色の貨物を撮りそびれたので、その人気ぶりに驚いていると、何か黄色いやつが現れました。

202005131721404f8.jpg

202005131721494a4.jpg


日付を決めたのは顧客の都合に合わせてなので予期せぬ出逢いに驚きました。中間車もエンジン搭載なのは今日初めて知りました。

トンネルですれ違うこだま:左とひかり:右

業務のため、やむなく新幹線で移動中。こういう事態ですが、すぐ先のユーザーは理解してくれますが、その先のエンドユーザー迄は伝わりませんため、今日出かけることになりました。
車中には少ないながらも止むに止まれない事情で出張している方が居るようです。
まあ、これがロックダウン出来ないことのジレンマでしょうかね。ロックダウンを解除して再流行した地域藻あるようなので厄介な病気です。

20200513105925106.jpg

小田原ー熱海

連休終わって貨物輸送始まる

今は物流の重要性が殊更に高まっている時期ですので頼もしい限りです。こんな時期なので鉄道輸送の有用性も見直されることを願っています。

2020051123492849f.jpg

20200511234935c1e.jpg

1985年3月の南東北の旅-7

親戚の家で一泊したのちは、午後に仙台駅に向かった。本日はあと数日で終了する急行「まつしま」に上野まで乗り通すスケジュール。編成は455系、457系9両だがグリーン車は既に外されていた。珍しくアルバイトで資金潤沢だったので、グリーン指定席券を残そうとの目論見ははずれ、普通車指摘席を購入。発車前のひとときに列車を眺め過ごした。

仙台出発は15:16、108M「まつしま8号」で、これから約5時間の旅が始まる。


IMAGE3-03.jpg


(つづく)

5/10 EF510カシオペア推進回送

撮影したのは2016年1月、珍しく一等地が空いてました。

スノープラウまでピカピカでさすがは特急牽引機と貫禄を見せていたEF510、できれば何両か残ってほしかったです。


DSCF9076_20160115_152956.jpg


DSCF9081_20160115_153118.jpg

「超特急」燕

昨年、カラスにやられ半壊した巣を再利用するつもりなのか?今年もめげずにツバメのカップルがやってきました。同じ番なのかは不明。
こちらも昨年の反省を踏まえて、できる限りのバックアップをしていくつもりです。

※超特急に特に意味は有りません。しかしながら、飛んでいる姿を見ると、先人が最速列車の愛称に採用したがわかるような気がします。
20200508194004512.jpg

1985年3月の南東北の旅-6

福島交通の曽根田駅探訪から徒歩なのか電車なのか、どちらで戻ったかは思い出せず、とにかく東北本線の第五走者の535レに乗り込む。車両は待望のオハフ61 3053を見つけて嬉々として着席。何故か東北ではオハフ61にはずっと会えなかったのでこの時は一択。
残念なことにこの車両もフラットが付いていたけど、ここは我慢して乗り通した。というのもあるが、すでに夕方近くのため列車も帰宅客で混み出す時間なのであった。
それでも、手元の記録では藤田から録音をスタートしている。ここは盆地が終わり峠道に差し掛かる駅なので列車もそれなりに空いてきたことと思う。ここから線路は急勾配区間となり貝田、越河、白石と進んで行く。福島の街並みを眼下に望むこの区間は好きな車窓でいつも見入ってしまう。白石まで来ると仙台に向かって次第に混み始め仙台では20分ほどの小休止。そのまま、下車せずに乗り通し松島駅で下車。親戚の家を訪ねてこの日の行程を終了した。
(つづく)

乗客がゼロに近い踊り子号

ステイホーム週間なので、指定席車は乗客がほとんどゼロでした。

2020050621255213d.jpg

買い物帰り

ほぼ1時間に一本の御殿場線で踏切待ちになるとは思わなかったわ。

20200505234544c99.jpg

ちょうど1年前

長野県に居てこんな景色を見てました。


DSC_9896_20190504_074019.jpg


GWの運転であれば、長野県まで行ってみようと思い立ったのがこの1風乾ほど前。なかなかリーズナブルな宿が見つからずにいたら、奇跡的に空いていた辰野のビジネスホテルを予約成功したので行った次第。しかしながら、同じようなことを考える人は多数いるもので人が少ない場所お探してここに落ち着きました。勾配を駆けのぼってくるEF64の音を令和になって聞けるのは素晴らしかったです。

国府津駅を通過するサンライズ

夜行列車乗ってどこかへ行けるような日が早く来てほしいと願って止みません。


P1280737_20200501_230105.jpg

GW stay homeするロマンスカー

今日から6日まで感染拡大防止のために運休とのことで、昨日の姿を。

20200502170315f49.jpg