1985年3月の南東北旅行-5

米沢からの客車鈍行は意図があって最後尾の車両に乗り込んだ。カーブに差し掛かると先頭はEF71かED78の重連が見えた。旧型客車での峠越えは自分にとってはこの日が最後の経験となった。


最後尾を選んだのはスイッチバックを見るため(峠駅?)

IMAGE4-02.jpg

カーブに差し掛かり前方の様子を撮影

IMAGE5-03.jpg

赤岩駅はスノーシェッドが無い。

IMAGE5-04.jpg


途中の峠駅か板谷駅では保線作業帰りの方が乗りこみ、自分が録音していることに気づくと列車無線が聞こえやすい様に向きを変えてくれた。そういったエピソードもあって、約1時間の峠越えを目いっぱい堪能して福島に到着。

福島では福島交通に少しだけ乗って曾根田駅に寄り道。この後は福島に戻り、第五走者、東北本線535レに乗り仙台を目指した。


IMAGE6-02 (2)


(つづく)

スポンサーサイト



乗車率0%?

昨日、病院の帰りにE257系の踊り子の時間だったので見送ってきました。入線時は乗客ゼロのように見えました。当駅からは数名が乗り込むのが見えました。

2020042923435726c.jpg

20200429234415759.jpg

イラスト入ってるのですね。
20200429234406e8e.jpg


ガラガラの車内を見るのは辛いですが、今は辛抱の時期です。がんばって乗り切りましょう。

1985年3月の南東北の旅-4

第三走者の急行「ざおう」はかなりの盛況でざわざわした感じであった。福島からだと新幹線乗換客と上野方面からの直通客が居るのでやむなしか。とにかく、おそらく最後の455系での板谷越えと「ざおう」の車内放送を記録して米沢で下車。
どちらかというと次の第四走者の方がこの日は本命。428レ普通列車福島行を待つ。今通ってきたばかりの峠道を旧型客車で戻るのだ。
(つづく)

出番が減ってしまったOM編成

臨時の踊り子運休に伴い平日のライナー運用だけになりました。特急運用に返り咲ける日が来ることを願ってホームライナー小田原号の画像を貼ります。



202004281019144a7.jpg

1985年3月の南東北旅行-3

黒磯駅では跨線橋を渡り4番線に待機する127レの機関車(ED75 28)次位のオハフ33 2431に席を占める。これから県境越えする車中は人影がなく静かな録音が出来そうで喜んだのもつかの間、動き出して10秒ほどでこの客車の車輪にフラットがあることが判明し奈落の底へ。というわけで、二駅先の黒田原で別の車両(オハフ33 2431)に引越。しかしながら、この車両も白河からは行楽客が乗りこんで賑やかになって来たのでさらに別の車両に引越。小刻みに録音を続けた。

そんなこんなで郡山に到着、乗客の大半は下車し、列車が20分ほど?の小休止(ダイヤうろ覚えの為、正確な時間は不明)。

ここで客車の外観を数枚スナップした。

どの車両化は失念したが、車中の様子。

IMAGE1-05.jpg


これが問題のオハフ33 2259

IMAGE2-04.jpg


郡山停車中には455系快速「ばんだい」、上りの455系急行「まつしま・ざおう」にも対面し退屈する間もない時間を過ごした。その後は再び動き出した127レに乗り続け、構内に佇む715を見ながら福島に到着。ここからは第三走者の急行「ざおう1号」に乗り換える。


IMAGE3-05.jpg


IMAGE3-06.jpg


(つづく)

酒匂川を渡る

2020042616240142a.jpg

1985年3月南東北の旅-2

この旅はほぼ全体に渡って録音していたので日付が1985年3月9日と分かりました。
話を上野駅に戻し、黒磯行「なすの3号」に乗車。本来であればグリーン車を連結した165系編成だが、ダイヤ改正直前のためグリーン車は外されていた。停車駅は赤羽、大宮、久喜、古河、小山、石橋、宇都宮、矢板、西那須野、黒磯。行楽客らしき乗客を乗せたなすのは快調にひた走り宇都宮で7分ほど小休止の後に、歩を進め黒磯に到着。中央線で乗り慣れた165系とは違い、東北本線を高速で走る姿に新しい魅力を感じた。しかしながらその姿もあと数日で見納めとなってしまった。
黒磯からは第二走者の127レに乗り換え。こちらはED75に牽かれた旧型客車編成だ。
(続く)

1985年3月の南東北旅行-1

日程はうろ覚えであるが、東北新幹線上野永輝開業(1985年3月14に利)の直前の週末、このダイヤ改正で消えてしまう急行列車や旧型客車の普通列車のお別れ乗車の旅に出た。当時、大学は春休みであるがうまい具合に月~金のアルバイトに就けたおかげで、社会人並みに土日のスケジュールであった。

第1走者は、急行「なすの(3号?)」、仙台・松島ミニ周遊券を携えて朝の上野駅に向かった。

                                     (つづく)


IMAGE1-04.jpg

テレワーク中の見たまま

昼休みの息抜きです。

20200423160715411.jpg

テレワーク中のため近所でロマンスカーを

家に閉じこもってると体が鈍るので散歩がてらに。

20200422234130d7b.jpg

投げやりな感じで撮った?JNRマーク付き「あずさ」

待ちくたびれてしまったのでしょうか?撮った本人が見ても?なカットです。


IMAGE5-06.jpg


IMAGE6-01.jpg


IMAGE6-02.jpg

1984年夏 中央本線 相模湖-高尾

奥羽本線スイッチバック駅を車窓から

だいぶ前にスキャンした昔の画像から。奥羽本線を往く旧型客車旧型客車の鈍行列車の窓から、峠か板谷の駅構内を撮ったようです。


IMAGE5-02.jpg


流石に窓から頭を出すのははばかられたのでレンズの先っちょを出してノーファインダーで撮ったみたいです。1985年3月

今日の踊り子

税務署に行った帰途に。今日は伊豆急下田行、修善寺行ともに1桁の乗客数に見えました。

202004162353174c9.jpg


陽炎凄す。

カシオペア回送列車

札幌に到着し、車両基地に回送されていくところを撮影。


D90__2015-10-31_11-40-30 (2)

春の積雪

昨日の氷雨は丹沢の山々に雪を降らせました。夕方には消えてしまいましたが、昼休み時間の買い物ついでに撮りました。


DSC_0332_20200414_125320.jpg

ようやく海バックでサフィール踊り子を

天気悪いし、供食中止とか。

202004132355410d4.jpg

202004132355491af.jpg

名残の桜と251系

20200412174533c5a.jpg

買い物ついでの撮影

国府津にて。

20200411235427cf4.jpg

今日の踊り子

銀行に用事のついでに撮影。一編成にトータルで乗客30人ほどでした。早く収まってほしいです。

20200410234353035.jpg

桜咲く中の休養

251系を優しく見守ってました。

20200409231552d44.jpg

EF64 旧型客車とのすれ違い

旧客:臨時快速岡谷行の返却回送、EF64:たぶん下り貨物

線路に近すぎる印象ですが、これでも風圧を警戒して架線柱よりかなり外側です。40年前なのでご容赦ください。


IMAGE6-03.jpg

小田原城の桜

帰宅途中に。やはり今年は人が少ないです。

2020040723373821c.jpg

ここでも世代交代が

相模貨物駅てHD300が入換中でした。
20200406132240eed.jpg

奥にはお役御免のDE11の姿。
20200406132250b23.jpg


車中からのため見苦しい点はご容赦ください。

1982年6月 最終日の在来線特急「やまびこ」

上野駅で、後方の20系はおそらく「十和田」


IMAGE1-06.jpg

【追記】 奥の20系は時間帯からしておそらく「十和田4号」ですが、この時はほぼフイルム一本をやまびこに費やして十和田は1枚も撮ってませんでした。やまびこを撮っている間に回送されたとはいえ、全く記録していなかったどころか今になって存在に気づく有様でした。 当時はあまり先の事を読まずに行動していたことに、今更ながら悔やむ次第です。

春うらら

桜の木の下を、赤い地下鉄電車が通り過ぎて行きます。今は生命が芽吹く一番良い季節、早く病魔が去ることを願って止みません。

202004041806166cc.jpg

伊豆箱根鉄道 甲種輸送

5001編成が赤電色で帰ってきました。

202004041458166bd.jpg

2020040414582342b.jpg

山北の夜桜 その2

最終の御殿場行を撮りにここに行ってきました。右側の桜がさらに開花が進んでいたように見えたので+3補正で撮影。


P1280560_20200402_232054.jpg


P1280561_20200402_232057.jpg


それでもって後部を撮るべく橋の反対側に行ったものの間に合わず。しかしながら、月明りがキレイなので桜だけ撮ってみたら、なかなか幻想的でした。下の方が赤色なのは場内信号機の赤色灯の影響です。肉眼ではほとんどわかりませんが。


P1280564_20200402_232223.jpg

世代交代

昨日の東急甲種はDD200でした。いよいよDE10も引退近しでしょうか。

20200401131107de7.jpg