スーパーレールカーゴ ヘッドライトに幻惑されちゃいました

機能でG20による時刻変更運転も最後、午前の下り便は寝坊して撮りそびれたので、夕方の上り便・・・と思いにし向うものの、雨脚が強いので石橋の俯瞰とかは諦めて真鶴に直行。でも、この暗さとヘッドライト位置は相性が悪かったことを撮り始めた最中に気づきましたあ~何やってるんだか。

イメージ 1
スポンサーサイト



今日もスーパーレールカーゴ

雨でしたけど。

イメージ 1

サミットの影響で昼間に下るSRC

色々な意味でビックリですが、通り道なので記録して来ました。

イメージ 1


ところで、佐川急便でSRCとは「佐川流通センター」を意味します。首都高速横羽線から巨大看板を見た覚えがあります。

斜め60度

ストライプの角度だそうで。そういえば、ボンネット特急の帯の切り上げ角度や運転席側窓も60度とか。
スピード感の演出って書いてあったような。

イメージ 1

赤と青、リゾート特急の出会い

休日は小田急の運用が変わるのてこの並びあるのかな?

イメージ 1

列車遅延によるサプライズ 辻堂

湘南ライナー5号が2分遅延したお陰でライナー1号の後回送と並びました。

イメージ 1

登山電車

7月のアレグラ号の入線で旧型車両が落ちるらしいので。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


アジサイエリアは混んでいるようなので遠巻きに撮影。

雨の箱根神社

さすがに梅雨時は空いてます。人の少ないタイミングを狙って1枚。

イメージ 1

イメージ 2


相変わらず賑やかなアジア系のツーリスト、がいて賑やかさだけは繁忙期並

寝台列車でスキーツアー ホワイトスノー安比・盛岡乗車体験記

記憶では、1998年か1999年の2月に職場の仲間でスキーに行く計画があり、行く先はコースが充実している安比スキー場に決定。そこで当時のJR SKI SKI のパンフレットにあったおあつらえの片道夜行二泊三日のツアーを見せて提案したら、あっさりとOKになったので、さっそく、旅行会社に行って予約をしてきた。
そして、2月のとある金曜日は定時で仕事を切り上げると一旦帰宅して22時の上野駅に集合した。
既に列車は入線していて北斗星色のEF81を先頭にした24系編成だった。安比高原まで行くのは編成の前半で後側は盛岡で切り離しらしい。機関車には立派なヘッドマークが付いていたが同僚と一緒なので鉄分少な目で撮影したかすら怪しい。
列車は22:16発でこれは多客期に運転される臨時急行「八甲田」のスジ。しかしながら、お約束の車内宴会が始まり、そういうチェックは出来ないまま列車は進んで行く。とはいえ、寝台列車内ゆえにひそひそ話の歓談は眠気を呼ぶのか?宇都宮に着く頃には宴会はお開き。翌日の予定を考え、さっさと寝に入るが何かトラブルが起きたらしくカーブ区間で長時間停車となってしまったため、車体が傾いた状態で居心地が悪い。でもそのまま眠りに落ちてしまい、仙台での特急「はくつる」待避も夢の中(八甲田の時は偶然目が覚めて目撃)だった。
そして翌朝、盛岡到着を告げるアナウンスで目が覚めた。盛岡では鉄的に見逃せないイベントがあるので急いで支度をする。同僚は皆夢の中の模様。盛岡に着くとまずEF81が切り離され、DE10が重連で登場。この辺は抜け目なく記録したはずだがネガはどこへ行ったやら?
着々と準備が進み、確か6時丁度に盛岡を発車、好摩から花輪線に入る頃には十分明るくなっていた。花輪線内では、撮影者を多数見掛け寒さに負けない彼らの行動力に感心していた。そして、安比高原到着。山間の小駅にブルートレインの停まっている姿はとても斬新な光景だったけどスキー場の送迎バスが来ているのでずっと見ている訳にもいかず、駅を後にした。
自分にとっては最初で最後の寝台列車でのスキーツアーとなってしまったがなかなか面白い体験であった。

なお、当日撮った写真は見つけたら別途紹介したいと思う。

小田急で混乱

踏切事故の影響とのこと。怪我をされた方は居ないようなのが何よりですが。

イメージ 1

イメージ 2