ちょっと奮発

指定席との差額500円強なので。ってこの時間帯は普通車指定席の設定ないか。

イメージ 1

隣はE7系のあさま

イメージ 2

東海と東日本の新幹線が隣接してる14番線ホームです。
スポンサーサイト



何事?

吾妻線で再開見通しの立たない動物との衝突っていったい?
熊ですかねー。


イメージ 1

国府津駅、夜のゴールデンタイム?

20:41湘南ライナー5号 A5-C1編成

イメージ 1

20:49ホームライナー小田原21号 OM08編成

イメージ 2


185系から185系へ乗り継いでみました。

大糸線であずさ

連休中の撮影です。旧型国電が消えて165系どころか183系も115系も来なくなった大糸線ですが、雄大な山々を見ていると何が来ても絵になる感じでした。

イメージ 1

梓橋-一日市場

夕暮れ 水田の逆さ富士

ブルーモーメントには少し遅いですが。

イメージ 1

水鏡の中を滑るように走る小田急8000形

割と澄んだきれいな水面を見つけたので暫く撮影。こうなると悪い癖が出て、低速シャッターにしてレンズを振り回し出します。そして失敗写真をたくさんこさえた結果がこれ。
腕が悪いので、まあこれが限界でしょうか。

イメージ 1
富水-栢山

東武特急「りょうもう」号乗り鉄旅-6(last)

このシリーズ、ちょっと更新をサボってしまっていました。

桐生球場の桜を見ていたら結構時間を経過してしまい、そろそろ帰宅モードにスマートフォンの地図で相老駅が近いことが分かり徒歩で向います。相生駅の近くでは東武線の普通列車を撮り、相生駅の跨線橋からはわたらせ渓谷鉄道の上下列車のすれ違いを目撃できました。手前側はトロッコ列車でした。次回来る時は予定を工夫してトロッコ列車にも乗ってみたいところです。

イメージ 1

イメージ 2

慌ただしい感じになりましたが、17:04発の「りょうもう40号」にのるべく、ホームに入ります。先ほどのわたらせ渓谷鉄道からの乗り換え客もいてホームは適度の賑わっています。

イメージ 3

乗ってしまえば、終点浅草まで1時間50分ほど、同じ行程を戻るので今度は200系の乗り心地をじっくりと味わいます。ふと気づいたのは、起動時の重厚な感じのモーターの音。なんとなく、過日の国鉄型のようなイメージなのです。帰宅してから、東武200系のことを調べると台車や主電動機などをDRCから流用とあり、合点が往きました。なるほど、あの重厚なモーター音はDRC譲りなのだと。
その走行音に聞き惚れていると、利根川を渡る辺りで見事な夕日が拝めました。久喜、東武動物公園と列車は進み複々線区間を快調に飛ばし北千住着。ここで乗客の大半を降ろし整理体操のようにゆったりと走り浅草に到着。
結局ただのとんぼ返りのようになってしまいましたが、東武200系の隠れた魅力に気づかされたプチ旅行となりました。




水鏡、夕日ギラリのロマンスカー

栢山-富水

イメージ 1

大雨の中

ほぼ定時に通過。直前のスーパービュー踊り子は伊豆の大雨で運休。

イメージ 1

165系急行「アルプス・みのぶ」

基本編成を前側に連結した下り列車なのでこの列車のはずですが。

あと1,2秒シャッター押すのを遅らせればいいのに・・・という残念な写真。

イメージ 1

後ろ側はまあ見られますかね。

イメージ 2

当時はこの位置で撮っていてお咎めなしでした。今だったら、おそらくダメでしょうかね。

1979年頃? 高尾-相模湖

そろそろ田植が始まりそう

水鏡の時期到来です。昨年と違い今年は静かに過ごせそうです。

イメージ 1

石橋でE257系500番台

昨日の修学旅行臨は、この編成でやって来ました。

イメージ 1

八王子に佇むEH200

ホームの人が写らないようにこの角度で。64重連の頃が懐かしい。子供の頃から撮っていた懐かしい場所です。

イメージ 1

八王子

山梨へ

E353系初乗りてす。

イメージ 1

八王子

と意気揚々と席に向かうと、座席番号を間違えたインバウンダー居たので空席に移動。
それにしても席なし難民が多くてうるさい感じ。外国人ツーリストはともかくも、日本人ビジネスマンも通路を徘徊して落ち着きません。

検測列車

電光案内盤にはない時刻に通過列車の放送がありこれがやって来ました。

イメージ 1

戸塚

篠ノ井線冠着駅

下り長野行到着。

イメージ 1

一日だけ185系

ほとんどE257系に置き換わった東海道線からの修学旅行臨ですが、この日は復路に御殿場線に入線のため185系で運転されていました。

イメージ 1

小田原

ホームライナー小田原

用事で新宿に行ったので、帰途はホームライナー乗車。

始発駅は慌てて撮ってピント甘い

イメージ 1

終点近くの車内

イメージ 2

小田原で

イメージ 3

果たして来年は来るのか?185系御殿場線集約臨

手前に雑草の枯れ枝があることに気づいたのは通過直前でなすすべ無しでした。

イメージ 1

E257系

修学旅行臨の後回送でやって来ました。

イメージ 1

御殿場線185系修学旅行臨

今年は平日のみの運転でしたが、来年は来るかどうかも分からないので都合をつけて行って来ました。
空は曇ってましたが静岡県方面は晴れていたようで富士山が光ってます。

イメージ 1

前側は一眼で撮ったので、開いた踏切からの後部画像を。

イメージ 2

上大井-下曽我

飯田線で213系

2ドアで転換クロスシート装備というなかなか魅力的な電車。この車両でのんびりと乗り鉄したいと思いつつも果たせず。ところで、都会で使っていた2ドア車の転用って、旧型国電の時と同じ構図ですね。時代は繰り返すと言うべきか。

イメージ 1

宮木-伊那新町

東武特急「りょうもう」号乗り鉄旅-5

東武特急「りょうもう」号乗り鉄旅の続き。
当初のもくろみでは、途中駅で降りて支線の乗り潰しで元考えていたが、浅草で仕入れたアルコールの影響で下車が億劫になりで体が動かず。引き続きそのまま乗り続ける。
館林からは単線となり、列車の速度も心なしかゆっくりになった印象である。その間にも足利市、太田と列車は進んでいく。新桐生で乗客の大半が降りて車内はガラガラに。終点赤城に近づくと上毛電鉄と並行しながら到着。
結局終点まで乗り続けて、時計を見ると浅草から約2時間が経過して16時近くになっていた。時間的に乗り鉄は厳しそうなので、先ほど見掛けた桐生球場の桜を見に行くことにして上毛電鉄に乗り換えた。

赤城に到着したりょうもう号
イメージ 1
赤城駅に到着する上毛電鉄

赤城を出ると先ほど乗って来た「りょうもう」号の折り返し列車と並走。ただし、こちらは桐生球場前駅到着の為先行するりょうもう号を見送り。桐生球場では咲き誇る桜と、東武線、上毛電鉄を撮影して時間を過ごす。

りょうもう号との並走
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

深夜のカシオペアに待ちぼうけ

予想と違って上諏訪駅で1時間近く待ちぼうけ。待ち時間の長さゆえに、シャッター速度を低速に設定していることを忘れ被写体ブレしました。

イメージ 1

小海線を往くHigh Rail

2日ほど長野に行ってました。

イメージ 1


外出していたためにレスが遅くなって済みません。旅行の様子と合わせて返信させていただきます。

上高地線 令和マーク

イメージ 1

八ヶ岳

間近に眺めてます。

イメージ 1

令和元年二日目の撮影 富士山横目にGSE

【追記】カメラのクロックを観たら、この画像の18秒後に上り列車通過でした。

夕陽は西の山に沈み残照だけが残る状態だったので真横からの撮影にチャレンジ。すぐ近くの踏切は下り方向の矢印が点灯してGSEの接近を告げています・・・と思っていたら、ありゃりゃ上りの矢印も点灯。被りを懸念していたら下り列車の方が十数秒ほど早く来ました。

イメージ 1
栢山-富水

東武日光線を往くJR253系

不意を突かれてこんな記録しか。

イメージ 1

イメージ 2

新古河-栗橋

不注意でカメラをクラッシュ

購入して半年しか使っていないSONY DSC-HX60Vを1mほど落下させてダメにしてしまいました。orz
カメラケースごとつかんで持ち上げたらジッパーが開けっ放しでつるっと滑って落下。筐体が重いためか動作不能に・・・。ショックでかいです。(泣)