築堤でシルエット

イメージ 1

スポンサーサイト



シキ回送

昨日の夕方に東海道線を上っているとのことで撮って来ました。

イメージ 1

東武日光線

カシオペア紀行撮影後はこちらに転進、利根川に向けてスケールの大きな築堤を駆けあがる東武電車を撮っていました。

イメージ 1
栗橋-新古河

カシオペア紀行

今年は今日が初回のようです。

イメージ 1

東武特急「りょうもう」号乗り鉄旅-4

今回使った切符は「ふらっと両毛 東武フリーパス」で浅草からは2400円。浅草~赤城の往復と同額、フリー区間は茂林寺から先の東武線と桐生や足利、佐野市内などのバスとのこと。他にも日光や鬼怒川方面のフリーパスもあり周遊券が壊滅に近い今ではありがたい存在。
イメージ 4

浅草からはりょうもう号に乗るが降りる駅が決めきれないため、終点の赤城まで購入した。乗り込むと昼下がりの時間帯ゆえか3割程度の乗り具合だった。
隅田川の橋梁から桜を眺め、とうきょうスカイツリー駅ていしゃ、北千住までは助走区間のようにたんたんと走り、ドアが開くと大挙して乗客が乗り込み8割位の乗車率になって驚いた。
結局、館林、足利市、大田などの主要駅で徐々に降りていって混雑は新桐生まで続く感じで人の流動の多さに感嘆した。
北千住からは復々線を快調に飛ばす。伊勢崎線の特急は春日部通過なので要衝のような大きな駅を通過する体験は新鮮だった。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

東武動物公園で日光線と分かれ、東北本線との接続駅久喜に停車、フリー区間入り口の茂林寺前を通過し館林にとうちゃくした。
りょうもう号の乗った感じは往年の国鉄特急の洋なし印象であった。その理由は、帰宅後に判明したので後述する。

東武特急「りょうもう」号乗り鉄旅-3

東京到着後は横浜で追い越した快速アクティ~普通列車に乗り換えて上野へ。改札を出ると花見の飾りつけをしたパンダ像が飾られていた。

イメージ 1

そのままコンコースを進み地下鉄銀座線で浅草に向かった。ちょうど桜の見頃だったので隅田公園は大にぎわい。東武電車と桜の写真を何枚か撮影。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

そのあとは浅草駅に戻り、この後の行程を思案、鬼怒川方面に行ってSL大樹に乗るか撮るかが可能だが、浅草に帰ってくるのは20時近くなるので今回は見送り。伊勢崎方面に決めてフリーパスとりょうもう号のチケットを入手してホームに向かうと、先程桜と一緒に見た編成だった。

イメージ 5

都会のオアシス

交通会館の屋上庭園にて。緑を入れると都会らしくない景色が広がります。

イメージ 1

東武特急「りょうもう」号乗り鉄旅-2

ほどなくして、列車が到着。

イメージ 1

ドアが開いて、スーパービュー踊り子ならではのお迎えを受けながら乗車。席に座れば古くなったとはいえバブルの時代に作られた車両を実感する。

イメージ 2

乗る前に購入したお弁当を食べていると車内販売が来たが、品数はかなり少なくなった印象で、担当のお兄さんも恐縮していた。せっかく続けるのであれば品揃えは充実させて欲しいと思う限り。
甘い物が欲しかったので、トッポを購入。

イメージ 3

イメージ 4

とはいえ、この区間では俊足ランナーでもある乗り心地を堪能していると川崎駅から多摩川の間にある桜並木が車窓を流れた。

イメージ 5

ここまで来ると終点まではあっという間、後ろ髪をひかれながらホームに降り立った。

イメージ 6

まぐれでN700系の並び

待避するこだま、追い越すひかり(のぞみ)、小田原にて。

イメージ 1

東武特急「りょうもう」号乗り鉄旅-1

そもそも、週末パスは前日購入必至なので寝坊前提のスケジュールともいえるが、東武沿線にもフリーパスが存在することはRJ誌のお陰で知っていたのでまずは浅草駅を目指すことに。
最寄りのJR駅にたどり着くと電光案内板に上りの快速電車と特急スーパービュー踊り子の表示。快速は横浜で特急に追い越されるが、東京からさきの接続でアドバンテージはあまりないのか、スーパービュー踊り子の余命を考慮してこちらに乗ることとした。
指定席を確保し、道中の飲食物を確保して列車を待った。

313系と並ぶドクター東海

名古屋駅

イメージ 1

東武特急「りょうもう」号乗り鉄旅-0

少し前の出来事になりますが、子供からの春休み旅行のリクエストに応えて北関東に行って来ました。
今回は日帰りの日程で、かつ乗り鉄重視で行程を考えていたので、週末パスとかJR東海の16私鉄乗り鉄切符、あるいは休日おでかけパスと組み合わせでSL狙いとか考えていましたが・・・。
いざ起きてみれば、きらきらうえつとか
しなの鉄道、飯田線辺りは無理そうな時間帯。でも、ここで引き下がったら行く機会を逃すこと必至なので布団の中で作戦立て直し。さて、どうなることやら。

名古屋でDD51

時間は前後しますが昼頃の名古屋駅です。313系の向こう側には先客が居たのでこちら側にしました。

イメージ 1


ここには写ってませんが313系の左横を回送列車が超スローで通りやきもきしました。幸いにこういう結果でしたがあちらの先客の方は大丈夫だったのでしょうか。

近鉄蟹江付近で近鉄電車

DD51撮影後は再び近鉄線に向かいました。すでに日没後で少しだけ撮影しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


ここにたどり着く前にしまかぜが通過するのが見えました。繰ると分かっていればもう少し急いだのですが仕方ないです。

関西本線を往くDD51

快速の通過後、後続の貨物列車がなかなか現れず、もしや撮り逃しと思った頃に踏切がなりだしました。なにせ、自分が転記した途中駅の時刻は旧ダイヤのものなので時刻が変わっていても不思議ではありません。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

永和-蟹江

快速「みえ」

先週の名古屋でのつづきです。
用事が終わって駅に戻ると日没まで間がある上に1時間後にDD51が来るとの情報。せっかくなので途中まで迎えに行けば待ち時間も減るので一石二鳥を狙います。昼間の蟹江の桜並木が気になるものの、ここで天の邪鬼な性格が発動し素直にJRに乗らず近鉄線ホームへ。急行ならば近鉄蟹江まで一駅、JR蟹江までは1劼曚匹噺込んでいざ歩いてみると結構遠くて焦りました。
しかも着いてみたら、桜並木と線路は結構離れているというオチ。もう移動する時間もないので前方に見えた川の堤防目指します。
でやって来たのがこちら。

イメージ 1

振り替えると。

イメージ 2


左側がその桜並木。
目当ての貨物列車はこの快速を追いかけて来るはず。川の向こう側の方がよさそうですが、あそこまで徒歩7分とスマートフォンの検索結果。間に合わなさそうなのでそのまま待機しました。

アーバンライナー

近鉄名古屋にて

イメージ 1

DD51 1801

やはりスノープロウ付きは格好良いです。

イメージ 1

名古屋

名古屋で青ゴトー

蟹江から名古屋に向かう関西本線車中から並走する青ゴトーを。


イメージ 1

関西本線

名古屋地区に所用で来ております。予定より早めなので。

イメージ 1


時間はあまりないので駅撮りしていたら駅向こうに美しい景色が。

イメージ 2

イメージ 3

蟹江

桜の中を往く伊豆クレイル

根府川-早川

イメージ 1

茅ヶ崎で185系の並び

ダイヤ遅延のため

イメージ 1

スーパービュー踊り子 痛々しいボディ

ちょっとこれは何とかして欲しいレベル

イメージ 1

東京

トロッコわっしー

相老駅に進入

イメージ 1

伊豆クレイル号出発待機中

これに乗って特製のお弁当を食べながら伊豆の海を見たら楽しそう。こちらはリゾート特急で東京目指します。

イメージ 1

お城の桜

七分咲きとのことですが、ピークはまだ少し先の印象。奥の三の丸小学校のそばはまだこれからの感じでした。
風があって水鏡にはなかなかならず。

イメージ 1

イメージ 2

小田原城

桜に囲まれる老勇

かつて天下の険に挑んだ機関車は穏やかに余生を暮らす。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

EF66 27のフクヤマエクスプレス

先週の出来事ですが。

イメージ 1

超久しぶりのモノクロフイルム

こんなのを買ってみました。

イメージ 1

イメージ 2


本当は現像もセルフでやれば良いのですが、実家にあった道具は処分されてしまったのでプロに任せますか。

山北の桜 夕方

色々と見て回りましたが、昨日時点では海近くの米神とか小田原城とかはまだまだの感じで、昨夜に続いて山北まで遠征。ここもよく見るとごく一部を除けばまだピーク前の感じでした。

イメージ 1

イメージ 2

ただし、本当の見ごろは週半ばで週末にはピークを過ぎてしまいそうな気がします。