いきなり夏の真っ盛り のような感じ

この車両を撮る側からすれば朗報かも。まさかの盛夏とLSEの組み合わせがもう一度撮れるのですから。

イメージ 1

イメージ 2

富水ー栢山
スポンサーサイト



もう梅雨明け?

この蒸し暑さだけは勘弁して~。踊り子号も強烈な光線でぎらぎら。

イメージ 1

戸塚

停目見落としてました。太陽光が強すぎて背面液晶画面では見えません。

54列車

2時間ほど遅延してました。11時近くなると日射しも強烈な感じです。

イメージ 1

戸塚

夜行列車、酒田駅での邂逅 2014年8月 

寝台特急「あけぼの」が定期運行を取りやめて臨時運行をしていた夏の出来事。ダイヤ上は1分間だけ札幌行きの「トワイライトエクスプレス」と上野行「あけぼの」が顔を合わせることになっていた。

通路の折り畳み椅子を入れてブルートレインと分かるように撮影(再掲かな?)
イメージ 1
中間の愛称マーク
イメージ 2
帰省ラッシュと逆方向なのでまあまあ空いていました。
イメージ 3

全盛期のような風景をまさか、こんな末期に見られるとは思いませんでした。

2014年8月 酒田駅、あけぼの車内


LSE光る!

梅雨の合間の夕陽がロマンスカーの勇姿を照らす。

イメージ 1

栢山ー富水

あと何回晴れた日にLSEと会えるでしょうか。梅雨明けを待たずして花道を去っていく特急車両を見送りました。

いよいよ、狂想曲の始まりか?

定期運行があと2週間ほどとなった、ロマンスカーLSE、とうとうラストランのステッカーが掲出されちゃいました。これから否が応でも盛り上がっていくのでしょうか?
この日は雨降りの日だったので、県道の立体交差の下で撮影しました。

イメージ 1

イメージ 2
新松田-開成

祝 サザンオールスターズデビュー40周年

おめでとうございます。
東京FMでずっとリクエスト特集やっていたので調べたらまさに今日だったとは。
そんな訳で今日の茅ヶ崎駅の画像を。

イメージ 1

イメージ 2


私が一番好きな歌は、ミス・ブランニュー・デイですね。

夜行列車のある風景 異色ガマの「北斗星」

都内に出張があった日の夕方はちょっとした楽しみがありました。この日も帰途に上野駅に寄道すると、いつもとは違う色の機関車に出会いました。

イメージ 2

イメージ 1
2008/10

青森方がオハネフというのは何度かあったことを記憶してますが、ヘッドマークが両エンドについていたというのは、見ていたくせに完璧に忘れていました。まあ、10年前なので仕方ないと言えばそれまでですが。

紫陽花とLSE

バッテリー入れ忘れて一眼は役に立たないので、コンデジで。

イメージ 1

ラストランのステッカー貼られました。

イメージ 2

イメージ 3

風祭ー入生田

ボンネット急行「能登」現役の頃

2009年11月の撮影なので、定期運行終了の4か月ほど前になります。この時は翌朝早朝から都内某所に行く用事があり我が家からではたどり着けないために、都内に前泊させてもらいました。
休日だったので前運用のライナーの運転は無く車両基地から直接回送されてきました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

そんなわけで、その状況を最大限に活かして、出発まで見送ってきました。そのお陰で、宿に着いたら0時でした。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
2009/11 上野

藤沢に佇むGSE

看板特急といえど通勤ロマンスカーにも活躍します。これから新宿に上ってもうひと働き。

イメージ 1

583系 青森への回送列車

このころには、はくつる81号、82号のどちらかというとのみを運転し、相方列車は回送扱いでした。撮影時はお盆休みの後半でUターンラッシュで需要の有る上り82号を営業運転し、81号のスジで返却回送をしていた・・・と思います。なお、ストロボを使用しておりますが、発車まではだいぶ時間があった時点での撮影でした。

イメージ 1
2000/8 上野 NIKON PRONEA-S

貼り忘れた伊豆クレイル

本当は6/19の投稿に居れるはずでした。

イメージ 1
根府川-早川

LSE Last Runポスター

小田急の改札口付近で目撃。いよいよ終焉が近いことを実感します。

イメージ 1

梅雨寒

71列車にEF210-901号機が入りそうだったので夕方の米神に。到着してみれば、運用変更の様で901号機は来ないことが判明。まあいいかと、線路沿いの紫陽花を入れて撮影。
この列車、四国の新居浜まで行くそうで、客車を繋いで営業してくれたら楽しそうです。

イメージ 1

3分ほど前には、「伊豆クレイル」号が上っていきました。引き付け過ぎたら連結器先端が切れました。区の距離だと、1/500secでは止まってくれません。暗いので、ISO6400まで感度を上げてこれ以上はあげたくないし、シャッター速度は下げたくないのジレンマでした。

2018/6 早川-根府川

東海道新幹線 運転見合わせ

大阪地区の強い地震の影響で止まっております。大きな被害が出てないとよいのですが。

イメージ 1

小田原

今しがた東海道線車内から新幹線ホームを見たら、上りの待避線と通過線に頭を並べて2編成停車中でした。
長時間の運転見合わせになりそうなので、通過列車の乗客もホームに出られる処置をするのでしょうか。

もう一度見てみたい夜行列車の風景 「はまなす」

函館、いや青森か、への出発を待つ。

イメージ 1
2015/11 札幌

大宮駅で見掛けた583系回送列車 2002年

東大宮を出て上野駅まで回送される途上の様子。

イメージ 1
大宮 2002/5

夜汽車(のような)風景

ED77が牽く50系の普通列車郡山行き。19時代の車内に人影は少なく静かな状況。信号場かどこかでの交換待ちに停まった時に前方にカメラを向けて1枚。明るく光っているのは、おそらく電暖表示灯でしょうか。
前方からは機関車の機械音だけが聴こえてきて、客車は静まり返っているような感じでした。

イメージ 1
1984/9 磐越西線内

出来ることならもう一度見てみたい光景 EF510+CASSIOPEIA

福島駅にて出発待ちのシーン 2015年11月撮影。

イメージ 1

3年経った今でも発電エンジンの轟音、機関車のブロアやコンプレッサーの音が脳裏に浮かんできます。
シャッター速度1/3sec、デジタルカメラだからこそ残せた風景かも。

そして、車両こそ違えど、ブルートレイン全盛期や夜行急行が多数設定されていた時には幾度となく見たような景色なのだが、フィルムカメラの時には全く記録に残しておかなかったことが今となっては悔やまれます。
やはり、夜行列車の有る景色はドラマチックですね。

54レ福山エクスプレス

この列車と並走しているときにコンテナの長さL=9410という標記がみえるのですが、およそ乗用車が縦に2台分かと思うと大きさもわかろうというものです。
そこそこに敷地の広い家でないと庭に置けないだろうな。

イメージ 1

戸塚

AKB48(ポスター)とE235系

先月、原宿に用事があったのでついでに。

イメージ 1

走っている電車との組み合わせは、難しい。

イメージ 2

こんな電車も来ました。

イメージ 3

2018/5 原宿

車窓から見掛けた京急甲種輸送

東海道線上り列車乗車中の出来事です。駅停車時に先行された列車を途中で追い越す際に撮りました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

雨降りの日曜日

道路橋の下ならば傘いらずなので、ちょっとだけ撮っておりました。GSEの車体色ならば、雨でも映えるかなと思いつつ狙ってみましたが・・・。

イメージ 1

陰鬱な空模様に引っ張られて微妙な感じ。ということで、少し画像編集したのがこちら。

イメージ 2

デビューしたてのGSEはどの様な景色に合うのか?1年を通してみてみようと思います。

大船駅で651系

昨日の続きです。駅ナカのお店で軽め遅めの昼食を済ませ、「ぶらり横浜鎌倉」号を撮影。

イメージ 1


すぐあとに回送の成田エクスプレス編成が入線。

イメージ 2

イメージ 3


横須賀線の築堤の下ですが緑が濃くて駅構内とは思えないケシキでした。

伊豆急黒船電車回送

横須賀駅から大船駅に戻ると、すぐあとを黒船電車が回送されてきました。横須賀駅で展示されていた編成ですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

大船

横須賀

今日はここに行きました。

イメージ 1

といっても、イベント開催のためです。

イメージ 2

いろいろと見たいものはありますが、自衛隊の艦船に絞って見学。

イメージ 3

イメージ 4

〆はヘリコプターの離陸シーンを見送りました。

イメージ 5

イメージ 6

19年前 東海道線大船駅での日常的な風景

まだこのころにはストライプ塗装も残っていたのは意外な感じでした。

イメージ 1
1999年秋 大船

6/7こじつけで167系の日

こじつけながら、あまり脚光を浴びることがなかったような167系を紹介します。もっとも、デビュー当時は修学旅行色と称してオレンジ+イエローの鮮烈なイメージで異彩を放っていた同形式でした。私が住んでいた八王子では、中央線の臨時急行として不定期ながら時々姿を目にしていたのですが、いつの間にか湘南色塗装に改められていてそれからは、165,169系とぱっと見で見分けがつかなくなり、自分にとっては影の薄い存在となりました。そして、修学旅行色に至っては撮りそびれました・・・。(旧交通博物館の前頭部を除く)
167系を頻繁に目にするようになったのは、JR発足後に波動用輸送で活用しだした頃でしょうか。一部の車両は簡易リクライニングシートあるいはリクライニングシートに換装された上に塗装も変更されてホリデー快速とかで使うようになりました。最も目にしたのは、2枚目写真のボックス席&湘南色のまま修学旅行臨や大垣夜行の救済臨に使われたボックスシート車でした。

イメージ 1
ホリデー快速ときわ鎌倉号 1999年秋 戸塚
イメージ 2
修学旅行臨 2002年6月頃 大船

こんな感じで遠目には往年の急行列車を彷彿させる姿でした。でも、何かのついでで撮ったものばかりであまり真剣には追っかけていなかったのが今となっては、自分としては悔やまれます。

そう遠くない時期に見納め?MAX E4系

どこかでそういう記事を読みました。2階建てでないと運びきれない時期も過ぎたことだし、ニーズと合わなくなってきたのでしょうかね。

イメージ 1

イメージ 2

東京