箱根登山電車と珍客

日曜日の午後はちょっと箱根まで行ってました。

イメージ 1

画面に写っている紫陽花、間近に見るとぱさぱさした感じでそのままドライフラワーにできそうな感じでした。このあと、上の方に向かうとケーブルカーの早雲山駅あたりではまだまだ旬の紫陽花を見掛け標高差と気温差を感じました。
でも、この日一番驚いたのは↑の撮影から数分後に現れたこの動物でした。

イメージ 2

さすがにこの子への対処法は分からないので、数mまで接近してきた時は恐る恐る遠巻きにして見送りました。地元の方に聞いたら昼間でも普通に出てくるとのことでしたが当方は初めてゆえに驚きました。

箱根登山鉄道 大平台-上大平台信号所


スポンサーサイト



小田原ちょうちん祭

昨日、今日と開催。昨夜は雨模様のため浴衣姿をあまり見かけなかったのはちょっと残念。

イメージ 1

地元の小学生デザインの作品が展示されてます。

イメージ 2

鉄道カラオケ

見つけたのでチャレンジしました。京急の横浜到着編。

イメージ 1

イメージ 2


面白かったけど、人前でやるどきょうはないなあ。

2017年版夜行列車、185系

これは「湘南ライナー」の画像ですが、「ムーンライトながら」もきっと同じように見えるはずですよね。

イメージ 1

大船

自分が自由に旅行できる年齢になったときには12系,14系座席車が夜行列車の主流だったため、方向幕の行列に旅情を感じてしまいます。

最近の東海道貨物はサメとモモばかり

まー66-0番台があの状況では仕方がないですね。

戸塚

イメージ 1

小田原

イメージ 2

切り離し風景

国府津では日常的なことなのですが、作業する人たちの的確な動きに見惚れてしまいます。

イメージ 1

突然やって来た横浜線用E233系

雨の戸塚駅、振り替えると横須賀線の線路を横浜線の車両が通過して驚きました。

イメージ 1

215系

今や通勤ライナーと休日のホリデー快速だけが活躍の場となった215系。

イメージ 1

登場時はこのダブルデッカー構造が人気でしたが、遅延の元凶となって撤退を余儀なくされた感じでした。

イメージ 2

相模湾をバックに上州色が走る

線路は陰ってしまいましたが夏らしい風景を行く姿を見ることができました。

イメージ 1
真鶴-根鵜川

酒匂川でLSE通過を見送る


日曜日は土曜とはうって変わってどんよりとした曇り空。おまけに雨まで振り出しt来て出掛けるのが億劫になりました。しかし買い物が必要なことを思い出して重い腰をあげて新松田にも寄り道をしてきました。

イメージ 1
開成-新松田

動画も撮ろうとしたら、スタートボタンの操作ミスで失敗。車輪転削されたようでフラットがないきれいな連接車のジョイント音を響かせて走り去っていきました。

真鶴で海水浴&江之浦俯瞰

本日も朝から猛暑なので海に行ってました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5



帰途は根府川ー真鶴間でOM09他が入っていた踊り子110号を見たりしてました。

イメージ 3

イメージ 4

撮影意図が謎なキハ181系「やくも」

当時、山陰本線の直江駅で途中下車したことは覚えているのですが駅の周辺を散策してこの写真を撮ったことはネガスキャンするまで完全に忘れていました。
おそらく、どこか駅外でいい撮影場所ないかなと探しているうちに時間切れ。やむなくその場で撮影、というありがちなパターンが目に浮かびます。

イメージ 1
1980年夏 山陰本線 直江付近

しかも、せっかく出雲地方に行ったのに、当時20系で運転されていた「だいせん」は完全スルーしてしまいました。あ~、マッタクナニヤッテイルンダカ・・・。タイムマシーンが開発されたら、当時の高校生に発破をかけてやりますかね~。

淡い残照に輝くV代走のLSE

先月水鏡で賑わっていた場所ですが微妙な天候も相まって静まり返ってました。
辛うじて雲の隙間から差し込んだ夕日を浴びてロマンスカーが通過していきました。

イメージ 1

開成ー栢山

相鉄天王町の様子

お隣星川の先まで下り線のみが高架切替されてました。

イメージ 1

19:11の撮影

以前だったら撮らないか、被写体ぶれしていたケース、今時のコンデジは侮れません。

【失敗画像】ED75+14系座席車「やまびこ51号」

セルフ現像の時に何を血迷ったのかフィルムを露光させてしまいご覧の有様・・・。

イメージ 1
1979年春 東北本線 松島-愛宕

ED75のパンタグラフってこんなに張り出していたんだ、って改めて思うものの撮りなおすチャンスは永遠になし。

湯河原花火大会 続報

せっかくの3連休ですが、2日目以降は冷房に当たりすぎて頭痛に悩まされてました。しかしながら、最終日のこのイベントだけは逃したくないので昼間をひたすら寝て過ごして夕方に何とか復活。
目指すのは打ち上げ会場が見える漁港。到着時には真っ暗なので三脚はセッティングせずに手持ちで見るのを主体にしながら時折シャッターを押したつもりでしたが、帰って来て確認したら30分間で184枚撮っていたのには我ながら驚きました。しかし似たような写真をたくさん紹介しても冗長なので3枚ほど貼ります。

これは初めの方
イメージ 1
ラスト近くには水上花火と打ち上げ花火が共演
イメージ 2
ラストは大型花火の連発
イメージ 3

この場所は海を渡る風が心地よくて病みつきです。

実はこの2日前の7/15には横須賀市久里浜港でペリー祭があり、横浜に住んでいた時は良く見に行ってたのですが、小田原からだと遠くて帰宅が深夜近くになるので足が遠のきました。こちらも海の近くの花火鑑賞なので海風が心地よく過ごすことができました。特に東京湾フェリーから見るのが好きだったのですが、色々と状況が変わって定期運行船から鑑賞できなくなってしまったのは個人的に残念でした。

湯河原花火大会

リアルタイムで鑑賞中。

イメージ 1

伊豆クレイル号の回送列車

早いものでデビュー1年です。

イメージ 1

鴨宮ー国府津

映画鑑賞

今からこの映画を観ます。

イメージ 1

銀魂

盛夏 待機するDD51重連

たぶん交換待ちだと思うのですが、何を撮りたかったのか?自分でも意図が分からないです。

イメージ 1
山陰本線 直江? 1980年7月

そろそろ電化工事が始まっていて真新しい架線柱が建植されています。もっとキハ181「やくも」を撮って、乗っておくべきだったと思いにふける37年後の夏でした

EF65PFホキ工臨【訂正】

水曜日恒例の列車ですがこの日はEF65が担当。出発待機している横を普通列車が並んだところを撮りました

スマートフォンで画像補正したら色合いをおかしくしてしまったようなので入れ替えます。

イメージ 1

尾久

残念な記録写真 189(183)系はまかいじ

撮影場所を探している間に来てしまったのか?臨時列車だったためにダイヤを見落としたのか?こんな中途半端な画像がネガに残されてました。(当人はこの時の状況は完全忘却)
この編成、クハだけ183系だったような記憶もありますが詳細を覚えておりません。

イメージ 1
1999年秋 小淵沢-信濃境?

旧型客車で過ごす夜

夜の旧型客車といえば夜行列車のイメージなのでしょうけど、私が一人旅を許された頃には12系や14系座席車が台頭し旧型客車の夜行列車稀少な存在でした。
そんな理由で憧れて撮ったのがこの写真、ということではなくスハ40なる形式が珍しくて写したのが真相です。

イメージ 1

イメージ 2

前後の写真からすると、亀山辺りか柘植だと思うのですが確証はありません。
この時は春先だったので、暖房のスチームが立ち上っていたはずなのですが記憶に残っておりません。いまも走っていたらぜひとも乗りたいところてす。

ヤマユリ咲く道を


日曜日は箱根の山麓にちょっとお邪魔してこんな感じ。

イメージ 1

山中の様ですが、これを撮っている足場は国道1号線の歩道でこの左側を車がビュンビュン通り抜けて行きます。このすぐ近くにはヤマユリが咲いていました。

イメージ 2

電車のすぐ前方に見える山上からのパイプは導水管、撮影しているちょうど背後に水力発電所があります。

箱根登山鉄道 入生田-箱根湯本

特急vs.特急

片や「踊り子」、片や「成田エクスプレス」

イメージ 1

東神奈川ー新子安付近

のぞみ検測で上るドクターイエロー

昨日の撮影です。


イメージ 1
熱海-小田原

LSE SE就役60周年ステッカー

LSEの貼付けではまさか中間車とは思いませんでした。だんだん暮れていく中でホワイトバランスを設定したら電球モードに誤設定、補正しきれず変な色調になりました。

イメージ 1

イメージ 2
箱根登山鉄道 入生田-風祭



七夕飾りの中を走るカシオペア&伊豆クレイル

こちらの飾りは電飾や動きものがあって楽しいです。
スヌーピー

イメージ 1


時事ネタで「君の名は。」キター

イメージ 2

なぜか内部にプラレールが走ってました。

イメージ 3

イメージ 4


鉄的にはこれはうけました。

平塚七夕開催中

帰宅中に寄り道しました。

イメージ 1

七夕飾り

大船駅コンコースで。

イメージ 1


お願い事多数で重そうです。