ニューかま!DD200

今朝の撮って出しです。

イメージ 1

戸塚

DE10 の天敵として現れた機関車ではありますが、本線走行はぜひとも見てみたいと思うカラーリングと思いました。
スポンサーサイト



新旧架線柱が林立

この場所は、戸塚駅大踏切の場所に設置された歩道橋ですが、ご覧のように架線柱を更新していてこんな状況です。

イメージ 1

相鉄そうにゃんトレイン

二俣川に行くとちょうど停車中。気になってのはこのイラストです。

イメージ 1

全部を写のは時間的に無理なので数枚を記録して先頭へ。ちょうどこんな並びになりました。

イメージ 2

ここで時間切れ、編成全体を写すのはまた今度。

イメージ 3

EF66 33の横顔

夕べの帰途にすれ違うことがわかり途中駅で待機。置きピンしたはずがシャッターが下りず真横に来た辺りで漸く合焦、こんな構図となりました。

イメージ 1

茅ヶ崎 SONY DSC-WX500

買った当初はこういうことは無く、やはり二度の落下が目に見えないダメージを与えてしまったようです。
使い勝手が気に入っているので後継機をどうするか思案中。

もう一度聴きたいDD51の咆哮

とは、千歳線を快速「エアポート」に負けじと全力で走る寝台特急の牽引機です。
当初は架線下を走るDLを撮るなんて邪道と思っていたわけですが、出張で行くのはせいぜい札幌が時々あるぐらいで、当然ながら飛行機での往復、となると南千歳~札幌の間でも良いからせめて撮ろうと途中の某駅で待ち受けたのでした。そして見たのが過密かつ高速なダイヤを全力で駆けてくるDD51の姿でした。当然ながらその迫力にノックアウトされ、数少ない渡道の機会にはその姿を捉えようとするようになりました。

そして、2015年11月、「カシオペア」の命運があと4か月ほどとなったある日、その姿を捉えるために長都駅に待機していました。時刻は17時前とはいえ晩秋の北海道ではとっぷり日が暮れており、駅の照明を補助光にしようとの魂胆。先行の普通列車で確認すると、ホームは期待していたより薄暗い感じ。しかしながら場所を移動する時間もないので割り切ってそのまま待機。

イメージ 1

すると、遠方に2つのライトが見えだした。耳を澄ますと、エンジンの唸りもかすかに聞こえてきました。そのエンジン音がだんだんと大きくなり上野行「カシオペア」号の先頭がホームに差し掛かりました。

イメージ 2

ズームレンズを広角側に寄せていくと、なんと同時に手前の線路も明るく照らし出されたのでした。

イメージ 3

げげっ下り列車通過だっ。というわけで快速「エアポート」通過、列車が抜けるとDD51は通り過ぎた後でした。

イメージ 4

素晴らしい速度で列車は去ってゆきました。オレンジ色の照明に照らされた車体が美しいです。

イメージ 5

というわけで、DD51最接近時は下り列車に遮られてしまったのでした。自分の読みが甘いので仕方ありませんが、特急列車を牽引して全速力で駆け抜けるDD51重連はもう一度見たかったです。

出山信号所から望む出山鉄橋

惜しむらくは定時運行だと橋を渡る列車が見えないことでしょうか。

イメージ 1

紫陽花とLSE

箱根湯本までの区間でも沿線に結構自生している場所があるので組み合わせてみようと足を向けました。

イメージ 1

イメージ 2

いざ到着してみると、柵の存在を忘れており、とはいえ接近する列車の音が聞こえてきたのでとりあえず撮影。
まー、これは別の場所を探し直しですね。

入生田-箱根湯本

一度は聴きたかったDD51の咆哮

今月読んだ鉄道誌の記事にDD51重連の「ニセコ」の記事がありDD51重連の咆哮に魅了されたとのことでした。ふと思い当たって、古い雑誌を探すと別の方が同様のことを書かれていて、これは相当な迫力であったのだろうとということを認識しました。
急行「ニセコ」といえばC62重連が有名でこれは「雪の行路」という映画でその迫力を堪能しました。C62は年代的に自分がリアルに見ることはまず無理なのであきらめがつくものの、DD51の方は自分が大学生の時まで走っていたので、今更ながら行かなかったことを(当時はそんな迫力があるとは全然知らなかったことのですが)残念に思うのでした。
ただ、自分の経験では勾配を駆けあがるDD51の轟音を一度だけ聴いたことがあるので、ここに記述したいと思います。
時は1987年8月、夏休みの旅行で友人と渡道した初日は大沼公園でレンタサイクルを借りて湖畔を走り回っていました。地図を見ると少し離れた場所に東大沼温泉という文字が見えそこに行くことになりました。湖畔の周遊道路から逸れ温泉に向かう道に入ると、なんと未舗装で勾配が結構きつい下り坂。友人はあっという間に坂を下っていき、砂利道を苦手とする私は暴れる自転車を制御しきれず思い切り転倒。おまけに肘をぶつけたらしく血がだらだらと流れだしたため、痛みもあって呆然としておりました(この傷は30年後の今も痕跡が残ってます)。
その時、彼方から腹に響くような轟音が聴こえてきて徐々に徐々に近づいてくる様子が分かりました。おそらく近くを走る函館本線(砂原線)の列車だろうと推察はつきましたが、いったい何が来るのか少しだけ痛みを忘れて見ていると単機のDD51が長い貨物列車を牽いて現れました。
気がつくと異変に気付いた友人が戻って来ていて安堵しましたが、このDD51の轟音は強く印象に残ることとなりました。
そんなわけで、「ニセコ」号であればあのエンジン音が二両分、考えただけでもその迫力の凄さがうかがい知れます。

イメージ 1
この列車は逆方向ですが、大沼公園付近を往く下り列車 1987年8月

結局そのあと病院に行き、旅行中は毎日薬を塗って絆創膏を取り換える羽目になりました当時は夜行列車車中泊を結構行程に組んでいたので、これは誤算でした。
ちなみに、この時の転倒がよほど悔しかったのかこの後MTBを購入してそっちの方にはまり自転車メインの旅行をするようになりました。この場所も自分のMTBで通り無事に大沼温泉に入浴、リベンジを果たしました。

あじさい×LSE

今シーズンでラストかもしれないと思うとついつい頑張ってしまいました。

イメージ 1

入生田ー箱根湯本

贅沢を言うとしたら、晴天でない方が紫陽花は似合うかもしれません。

あじさい電車

一部の列車はマーク付きです。

イメージ 1