ロマンスカーEXE

昨日は体調不良のために出先から直帰。体を休めるために乗ったのは、これ。

イメージ 1


指定席は先頭車だったのでこんな景色が展開。

イメージ 2

すると海老名で運転士さんが交代。ここからは女性の運転士さんでした。

イメージ 3

ところが途中駅で臨時停車。運転士さんが立ち上がり後方を向いて車内放送をしました。乗客対応とか。
数分ののちに動きだし今度は車掌さんから説明があり、迷惑行為があっての臨時停車とのこと。
な訳で、箱根湯本には普通列車が先発。

イメージ 4


いったい何があったのでしょうか?今朝も乗客同士のトラブルで遅延とラジオで聞きました。
そういうことで人を巻き込むなっての。
スポンサーサイト



日高本線 様似

1997年、MTBを持って渡道した時の写真から。この時は、日高本線で静内に行き「二十間道路桜並木」まで自転車を漕いで見に行ったのですが、桜にはまだ早かったらしく1枚も写真を撮ってませんでした。その後は一気にモチベーションが落ちて、日高本線をひたすら乗り鉄しましたが、ほとんどとんぼ返りであまり記憶に残っておりません。
いずれ襟裳岬に再訪する時にはゆっくり乗り鉄しようと思っておりましたが果たせずに終わりそうです。

イメージ 1
1997年4月29日 様似


キハ183「おおぞら」1997年

輪行袋でマウンテンバイクを携行して渡道。この日は夕方の「北斗星」で帰るため、南千歳周辺を走り回ってました。

イメージ 1
1997年4月30日 南千歳-駒里信号場

このころは自転車を持って行く時は写真はメモ程度と考えていたので、コンパクトカメラのみを携帯していました。しかしながら、自転車だと車と違って停める場所選びに苦労しないし狭い所にも躊躇せず入っていけるのでチャリ鉄に有効と気づくのはもう少し後のことでした。

さようなら583系-3 盛岡駅の賑わい

待機する「はつかり」と「たざわ」。「はつかり」の583系編成は十三本木峠を駆けてきた時の激闘の痕だろうか?巻き上げた雪でヘッドマークが覆い隠され、「たざわ」の485系も足回りが真っ白。

イメージ 1
1996/2 盛岡

つい先日のように思えるけど、21年も経過していたのかと思うと感慨深いです。

EH500-1号機が来た

今日、湘南地区の配達担当はトップナンバーでした。

イメージ 1

平塚付近

これはレア?JR209系1000番台

半蔵門線でもそうでしたがラッシュ時はあまり見かけない車両が出てきます。

イメージ 1

国会議事堂前

千代田線6000系

だいぶ数を減らしてきたと聞いて出張の帰途に寄り道。ラッシュ時とあってか20分ほどの滞在で3本と遭遇しました。

イメージ 1

国会議事堂前

個人的には営団6000系の方がしっくり来ます。初めて見たときは近未来的なデザインに目を見張りました。

小樽築港に待機中の旧型客車

1995年の夏、小樽築港機関区でC623の出区風景を見て駅に戻ると「C62ニセコ号」に使われる客車編成が待機しておりました。

イメージ 1
1995/7 小樽築港


さようなら583系-2 降雪の中に佇むはくつる号

先日紹介した写真から約半年後、ふたたび「はくつる81号」で青森駅に降り立ちました。

イメージ 1
1996年2月 青森

同じ駅なのに、季節で随分と印象が変わるものですね。この時は、次のダイヤ改正までといわれていた東北本線の普通客車列車乗り鉄で、EF81やED75が牽く50系客車を堪能してきました。
ところで、お手軽にちゃっちゃっとスキャンしたためネガがゴミと傷だらけ、いずれやり直しをしたいと思います。

面長に見えるアレグラ号

見下ろすようなアングルのためか、なおのこと強調されているようです。

イメージ 1

2017.1.

ダメだこりゃ

強風影響でずっと運休だった通勤路線、復活したと思ったらこの先の各駅に電車が詰まっているため暫く止まりますとのこと。前にこれをやられて通常の倍以上かかって乗り換え先の終電を逃したので諦めて私鉄で迂回することにします。
相変わらず運転整理に難あり。
多分最終電車が終わるのは3時ごろと見た。

さようなら583系-1 1995年のはくつる号

すでに多くの方が書かれているようにとうとう引退の時が来たようです。当ブログでも往時の姿を紹介し永年の活躍を労いたいと思います。まずは、1995年の夏臨で走った「はくつる81号」です。
当時は、結構頻繁に運転されていて、この時は北海道旅行の往路で乗車しました。

イメージ 1
195年7月 青森駅(再掲かも)

臨時化されたとは言え往年の俊足は健在で、夜が明けた青森県内の東北本線をを高速で駆けていく様子を五感で味わえる列車でした。

夜桜と小田急線

折り返し待機中。

イメージ 1


臨時で富士急バスが上がって来ます。

イメージ 2

イメージ 3


暖かそうに見えますが気温は7℃ほどです。

松田山桜まつり

今年も見に来ました。せっかくライトアップされているので夜桜見物します。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

もう一度撮り直しに行きたい失敗写真-2 (1982年ED71)

1982.11.東北新幹線の本格開業まで10日ほどとなった時期にここに行った理由は特急、急行の最後の活躍とともに、残り少なくなったED71の補機仕業の撮影もでした。
上り貨物列車を後押しする姿や単回で基地に戻る姿を記録していたら、下り線にこの列車登場。先頭にED71がいて唖然としたのでした。数少ない本務機仕業を見逃していたとは!ご覧の通り後方からでは良く分からない状況。運用表を携行していたのに完璧に忘却してました。
イメージ 1
金谷川-南福島



すれ違う583系「はつかり」 1984年9月

50系の普通列車で好摩から一戸へ移動中、583系とすれ違った際にスナップをしたようです。当時は583系がさほど珍しいわけではなかったので何の気なしにシャッターを押したようです。

イメージ 1

自分自身撮ったことを忘れていました。

湘南色のE217系と183系マリ32編成

2/17だしE217系でも載せるかと探せば案外撮っていないもので(バックアップ用ハードディスクを探しに行けばありそうですが)、身近にあったUSBメモリーとかを探して出てきたのがこちらでした。

イメージ 1
国府津始発の上り列車が出区してきたところ
イメージ 2
その一方で貨物線に出てきたのはこちら
イメージ 3
東京行き出発
イメージ 4
並びました。

まさか、両方とも見られなくなってしまうとも想像すらしなかった2009年11月の出来事。

トンネル照明の光の帯が印象的な相鉄 緑園都市駅

隣駅の南万騎が原から電車が近づいて来ました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


トンネル部分の線路が縞模様なのは照明のため。

2017.1. 緑園都市

雪化粧した丹沢と小田急(2/11)

金曜日夜に雪が降ったのでちょっと期待してみました。

イメージ 1

足柄ー螢田

この場所はこちらに向かってくる下り列車だと正面勝ちになってしまうのが難点ですかね。
でも、この山々は降雪があると山容がくっきりと現れて見惚れてしまいます。

夜のEF66 27 2/10

代走で運用しているところを帰宅途中で捉えました。

イメージ 1

小田原

この青+クリーム色の塗装は夜にも似合いますね。

カシオペア紀行出発準備~出発(2/8)

先日の続きです。日暮里で推回を見た後は上野に戻って13番線へ。

乗る人と見る人で相変わらず賑わってます。

イメージ 1


ダイニングカーでは準備に余念がありません。業務用扉が開いているのはなかなか見られないので1枚。

イメージ 2

イメージ 3


ここで前に乗ったとき乗務されていたスタッフさんとばったりお会いしたのでご挨拶。カシオペアの旅を素敵に彩るスタッフさんにエールを送りました。
お仕事の邪魔にならないようにその場を辞して先頭方向へ。が、見た感じ混雑しているようにみえたので14番線にまわりました。その前にだいぶ出来てきた四季島専用ホームの観察です。

イメージ 4

イメージ 5


そして、先頭付近。

イメージ 6

イメージ 7


スクロールでこんな表示も。

イメージ 8


14番線に列車が入ってきて視界が塞がってしまったので再度移動開始。走りを撮るため東十条に向かいます。今日はコンデジしか持っていないのですが、まあいいか。シャッター速度優先モードが有ってよかったあ。

到着すると通過の5分前。湘南新宿ライン南行が行ったと思ったらすぐ来ました。

イメージ 9

イメージ 10


対向列車に気をとられていたので、あー、来ちゃったという感じでした。
しかし、この日は水曜日、ほとんどの人が撤収しないので待機していると、この列車がやって来ました。

イメージ 11

イメージ 12


こちらは連写を解除したことを忘れて早めに押してしまいました。こういう時にリカバリーできないのは、コンデジだからと思いがちですが、きっと自分の腕のせいでしょうね。

二宮 吾妻山からの俯瞰

ちょっと予定外でしたが運動不足解消のため15分ほどの登山へ。

富士山撮るならば午前中にするべきでした。

イメージ 1

伊豆半島、真鶴と菜の花

イメージ 2

眼下を走る東海道線

イメージ 3

吾妻山神社は早咲きの桜が咲いてました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

海上には大島

イメージ 7


好天の日に出直しですね。

西湘の夕焼け

西湘バイパスの西湘PAにて

箱根の空

イメージ 1

伊豆半島方面

イメージ 2

EF65 2139でやって来た東京メトロ甲種

今日はメトロ甲種が2本走っていて紛らわしいのですが、朝に上ってきた列車はなんとEF65 2139牽引とのことで早起きしたは良いものの、休日ダイヤの列車の動きを失念していて失敗。ホームの中央付近に居たため、直前にやって来た上り列車に視界を塞がれてしまいました。
幸い、相模貨物駅で時間調整をするダイヤだったので平塚駅に先回り。しかし駅外は良さそうな場所が見つけられずここで撮りました。

イメージ 1

イメージ 2
平塚

夕方の甲種は東西線の車両とのことでしたが、天気が悪くなり薄暗くなってきたのでパスしました。

LSEのVSE代走

いきなりスーパーはこねで来たので意表を突かれました。

イメージ 1

足柄

2/10の踊り子105号

ご覧の通りC3編成が入っています。折り返し106号では先頭側ですね。

イメージ 1

イメージ 2

カシオペア紀行運転前の記録(2/8)

昨日は私用で都内に居り、遅い昼御飯を食べるつもりで上野駅に行くと、カシオペアの出発ホームを問い合わせる声が聞こえて来ました。あれっと思いながら、さほど空腹ではなかったので昼飲みに切り替えてハイボールバーに落ち着いたのは昨日書いた通り。ここでツイッターをチェックすると8181登板とかの書き込み発見したので、少しペースを早めてハイボールを流し込みます。なんか勿体無いなあと思いつつ、13番線に偵察に行くとNREの台車が待機しているのを発見。

イメージ 1

しかも案内盤は「団体」表示なのでこれは確定と判断。

イメージ 2

付近には団体客とおぼしき方々がちらほらおります。
それならば推回を撮るべく日暮里に向かいました。幸い切符は都区内パスなのでJR線の範囲ならば自由に移動できます。
尾久や西日暮里は時間的に厳しそうでした。ほどなくして現れた推回編成を撮影。

イメージ 3

イメージ 4


上野に戻る前に日暮里駅のドラゴンボールスタンプラリーのスタンプを捺すべく一旦下車。コンプリートする根性はないけど捺せるチャンスが有れば寄らなくては。(とか言いながら新宿では南口から東口は遠いのでパスでした)
この後は上野駅に戻ります。

(後編に続く)

鹿児島ハイボール

新宿駅新南口近くの構内にリカーセレクト360というショップがあることを最近知りました。クラフトビールの種類が豊富で?他のアルコール類もいろいろとあり悩むほど。そこで見つけました。

イメージ 1


宝山を使っているそうです。少し高めですが美味しく頂きました。
あと、すし屋のはなれというお店でネギトロ丼を購入。こちらも美味しく頂きました。

イメージ 2


個人的には新宿から長距離移動する機会があればまた行ってみようと思います。

カシオペア紀行運転

本日、こんなの来てます。

イメージ 1

上野

うえのハイボールズ

本日お休みを取ってここで寛いでいたら、カシオペア運転ありと聞いて狼狽えてます。

イメージ 1

イメージ 2


ほとんどイッキ飲みをせざるを得ないじゃないか。

イメージ 3

いつ見てもお店にあるこのはつかりの写真は良いなあ。