ブルーモーメントタイム札幌編は5つ星の星座列車

もう1週間前の出来事となってしまいました。積雪が青味を強調する感じでした。

イメージ 1


ウーン、ピント合ってないのか、手振れしてるのか。35mm換算で720mm相当らしいので。
スポンサーサイト



箱根でブルーモーメントタイム

箱根登山鉄道、彫刻の森駅前のローソンの看板の向こうを電車が通過中。

イメージ 1

イメージ 2


ここから芦ノ湖に上がって行くと遊覧船は営業終了で停泊中でした。

イメージ 3

イメージ 4


旅籠風のお土産屋さんも終了でした。

イメージ 5


近くの自販機がこんなデザインでした。

イメージ 6

イメージ 7

ああ、正面撮り忘れた。

山を登る吊りかけ電車(箱根登山鉄道)

踏切の所にコンデジを載せられそうな柵があったので動画を撮ってみました。

上大平台信号所-仙人台信号所

東北本線を往く583系(1982年)

やらかしました。
これで最後と噂される583系の天理臨が夜を徹して東海道を上り、当地を通過するのはAM5:00頃の予定。それでは、4:00過ぎに起きて支度すれば余裕で間に合うはず・・・が、スヌーズで何度目かの目覚ましに覚醒すると時刻は4:40・・・。瞬時に間に合わないことが分かり寝直しをしました。
代わりといっては何ですが、東北特急で活躍中の画像を貼っておきます。

イメージ 1
1982年6月頃 久喜-白岡(当時)

今の新白岡駅の南方だと思うのですが、全く面影ないですね。
できればもう1回ぐらい走っているところを見てみたいですが、どうなるやら。

小田急EXEの切り離しシーン

附属編成切り離しの一部始終

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


向かって右手の附属編成は折り返し準備のためシートを転換中。
イメージ 6


こどもの頃に何回か見た急行電車や気動車の切り離しを思い出しました。
郡山とか辰野で見たっけ。ディーゼル急行に至ってはいろいろなところでやっていた記憶があります。

旋回窓、スノープロウ付

相模貨物駅常駐の入れ換え機、現時点ではこの仕様です。

イメージ 1

強風による減速運転

国府津~二宮を推定25km/hで運転。凡そ12分ほどかかってました。箱根駅伝の選手と同じくらいでしょうか。

さざめく海の様子

イメージ 1

この一駅で3本の列車とすれ違い。

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 3


平塚時点で8分の遅延。
国府津付近では、曇り空を背景に富士山がくっきりと見えてました。

イメージ 5

夕暮れ時の南千歳

夕陽に照らされオレンジ色に染まる雪を写したつもりでしたが見た印象と違うなあ。

イメージ 1


その数分後に来た特急は青くなりかけた中をやって来た。

イメージ 2


うまく表現できてませんが雪国の夕景はドラマチックです。

高速離合

千歳線を南下する普通列車から前方を見ているとキハ283登場。相対速度200km/h超の離合はあっという間の出来事でした。

イメージ 1

北広島ー島松

大幅遅延のサンライズエクスプレス

日が高くなった戸塚を通過。凡そ三時間半の遅れでした。

イメージ 1

イメージ 2

SNOW MIKU 2017 ×札幌市電

すすきの付近

イメージ 1

雪のすすきのを市電が往く

イメージ 1

EF66 33+フクヤマ

先日走っておりました。

イメージ 1

巨大リンゴマーク

さてどれくらいの大きさなのでしょう。

イメージ 1

表参道

これだから飲んべえは

出張の帰途の車中、40分ほどしか乗らないのにこういう状況です。

イメージ 1


JR東管内の売店やコンビニだとイヅツワインが買えることを知ったのでちょっとはまってます。

東京駅

イメージ 2

イメージ 3

品川駅

イメージ 4

東京メトロ銀座線くまモンラッピング

レトロ風には会えませんでしたが、くまモンに会えました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

湯沢中里スキー場 旧型客車の休憩所

鉄道でのアクセスが良いスキー場というと、「ガーラ湯沢」が浮かびますが、ここの「湯沢中里スキー場」も負けてません。なにせ駅の目の前がスキー場なのですから。
そして、ここに来ると目に入るのが旧型客車を利用した休憩所「ブルートレイン中里」。これは10年前の記録ですが、ホームページを見ると今も現役の様です。お座敷タイプに改造された車両もあるようですが、写真のように往時の雰囲気を味わえる車両もあります。
※携帯での撮影なので見苦しい点はご容赦ください。

イメージ 1

イメージ 2
この台車形式(TR47)からするとスハ43でしょうか。
イメージ 3
形式番号は消されてました。
イメージ 4

イメージ 5
行き帰りは新幹線を使って越後湯沢経由で行きました。
イメージ 6

イメージ 7

以上、湯沢中里スキー場、越後湯沢 2007年3月

実は40年ほど前、狭山スキー場での足慣らし後に家族旅行で行ったのがここ湯沢中里スキー場でした。その頃は在来線の全盛期だったので、スキーをしながら181,183系の「とき」、485,489系の「はくたか」、「いなほ」、165系の「佐渡」、「よねやま」、あとはスキー臨で「新雪」、「石打スキー」などが通るのを横目で見ながら滑っておりました。EF15+EF16の貨物列車、115系大目玉ライトの普通列車に時々は除雪列車も通るような状況でした。
いまこんな状況だったら、滑るのが主か?撮るのが主か?分からなくなりそうです。

小田急LSEを真横から眺める

朝に東海道線のホームに降りるとはこね号が停車中。

イメージ 1

小田原

柱がちょっとうるさいですが、後部ならばたぶん障害物なしに眺められると思います。

東海地区乗り鉄たび12月編-8

名鉄の岐阜駅に到着後、切符を買って改札口に入ります。ちょうど折り返し列車到着。名鉄は今回のフリー切符の範囲外なので別払いですが、後述するお楽しみのためのオプションツアーです。

イメージ 1

ホームはこんな感じ。

イメージ 2

お目当てはこの車両です。

イメージ 3

但し、最前列は売り切れでした。

イメージ 4

30分ほどの前面展望を楽しみ、名鉄名古屋へ。期待していたミュージックホーンは聞けずじまいでした。

イメージ 5

イメージ 6

これで今回の乗り鉄は終了。あとは新幹線で帰途につきますが、その前に買い物やら夕食に勤しみます。
まずは、伊勢丹のクリスマス装飾。

イメージ 7

イメージ 8

これがデパートの入口にデーンとありました。

続く

1/11大幅遅延のSRC

先週の1/11未明のこと、東海道線の岡崎付近で線路陥没が発生して14時間ぐらいストップ。本来ならば早朝に通過するSRCが夜の9時ごろになって通過とのことで本屋とか行ってうだうだと時間を潰し駅に参上。
しかしながら、上りホームには始発電車が在線中で、どうやらその向こうを通過する様子・・・、だったので急いで小田急線ホームに移動。彼方にそれらしき4灯ライトが見えた時に、今度は小田急線の下り電車が接近。
慌てて取り出したカメラは鞄のどこかに引っ掛けたらしくて、撮影モードダイヤルがSからMに変わっていて、露出設定が変わりドアンダーに。

そんなわけで、真っ暗な画像をなんとか補正掛けたのが以下の画像です。まー何やっているでしょうね。

イメージ 1
2017/1/11 小田原

うっすらと雪化粧をした丹沢とロマンスカー

EXE-αのあとは、少し沿線をあるき、ようやく背景に丹沢を望めるところに来ました。

山を目立たせるためにトリミングしてます。
イメージ 2

イメージ 1

本当はこの数分前にこちらに向かって走ってきた下り列車を撮りたかったのですが、シャッターを押す直前にカード読み取りエラー発生!電源off-onとカード抜き差しで復活しましたが、あまりの寒さに機会がびっくりしてしまったのでしょうか。

EXE-α試運転

小田原駅でたまたま見掛けたので駅外に行って撮影。

イメージ 1

↑を見てからここに来るまで7.8分余りもしかして行ってしまったかもとフラフラしてたら来たのでした。
前側は一眼で撮っているのでコンデジで撮った後ろ側を。

イメージ 2


小田原ー足柄

ロマンスカーから眺める月

満月に近い月夜でした。

ルーパー状のものは天井の内装材の反射です。

イメージ 1

月だけをアップ

イメージ 2

イメージ 3

降りると上空高くに見えてました。

イメージ 4

干支マークは外されてました。

イメージ 5


2017.1.11.

215系の車内

湘南ライナー末端区間で乗車。空いているので室内の様子などを。

下方は台車直上の席ですが、この箇所はトイレがあるために左右にボックス席が1つずつ乗車定員7名の空間となってます。(車いすスペースの為片方のボックスは3名席)
イメージ 1


2階席の様子です。
イメージ 2

イメージ 3


ボックスシートとは言え独立した座席となってます。
しかしながらこの座席のお蔭でライナーとしては不人気なようです。車体はステンレスで長持ちしそうだから、改造して使い道ありそうですが。個人的にはこの車両ベースでリーズナブルな夜行列車を作って欲しいですね。
その場合は制御系を更新してカクカクの加速を解消して貰いたいです。
到着間際と降りてから少し撮影しました。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

東海道線でE235系の試運転

昨日、今日と走ってましたが、これを撮るのが精一杯でした。

イメージ 1

戸塚

東海地区乗り鉄たび12月編-7

枇杷島からは城北線のキハ11に乗車。車内はクリスマスの飾りつけがされていました。城北線は貨物バイパス線として計画されたので分岐点予定箇所の立体交差の準備箇所などを眺めます。

イメージ 1


鉄道貨物バイパス輸送が増加していたらここも武蔵野線のようになっていたのでしょうか。こういった情報は、JR東海の乗り鉄切符のためのアプリから得られ道中飽きません。
車内の飾りつけはこんな感じでした。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


そして中央線が見えてくると勝川に到着。ここは、高架の途中に仮駅のような感じで設置されています。

イメージ 5


中央線に向かって伸びる高架線の先に車両基地がありました。

イメージ 6


5分ほど歩いて中央線の勝川駅に到着。日はほとんど暮れて景色も見えないので乗り鉄は終了とするところですが、このあとはオプションツアーを敢行しました。まずは名古屋に向かい、次に東海道線新快速で岐阜に向かいました。
岐阜までは胸のすくような高速運転で瞬く間に到着しました。
駅の電光掲示板には「高山行き」の表示が出ていて旅情を誘います。

イメージ 7


岐阜は織田信長公と縁があるため、駅前には銅像がたてられていました。

イメージ 8


駅舎の外観

イメージ 9


駅を出て右手の方に向かいます。かつて路面電車が走っていた辺りの路面は線路を埋めたとおぼしき出っ張りがありました。

イメージ 10


そして向かった先はここ。

イメージ 11


続く

赤羽駅で見た懐かしいもの

いずれも昨日の目撃です。

3-4番線

イメージ 1

5-6番線

イメージ 2


フェアーウェイはお寝坊さんのためのダイヤ設定にしてくれたら需要ありそうですが。多分ゴルフ客はのらなそうなので。

EF66 27の初撮り

昨日のことになりますが、東海道線の5073レに入ってました。本当は一本前の電車に乗る予定が時間を勘違いして乗り遅れてしまいましたが、思わぬ拾い物でした。

イメージ 1

イメージ 2

東海地区乗り鉄たび12月編-6

リニモは常時浮上しているそうで、走行路からの振動を感じない不思議な乗り心地を体感することが出来ました。

イメージ 1


途中、ショッピングモールのある駅で大勢乗り込んで来て、結構な乗車率で終点藤が丘到着。最後は地下区間でした。
こちらの駅にもこんなポスターがありました。

イメージ 2


この先の行程ですが、当初は八草に戻って愛環完乗を考えてましたが、近辺は鉄道が密集していて次回以降の乗り潰しの行路を考慮すると後戻りしない方が効率的に回れそうです。よって地下鉄で大曽根か枇杷島に向かって城北線に乗ることに決定。ダイヤを調べたら枇杷島が良さそうです。
藤が丘駅は高架でした。

イメージ 3


名古屋からは東海道線で一駅進み枇杷島到着。すごい風が吹いて気温が下がって来ました。そんな中城北線が入線してきました。

イメージ 4

キハ58系、磐越東線の普通列車

水タンクが屋根上にあるので2両ともキハ58のようです。列車本数の少ない磐越東線だから撮っておりましたが、本数の多い線区だったらスルーしていたかもしれません。

イメージ 1
1989年? 三春