今が旬?かもしれない12連「踊り子」

ほぼ週末ごとに設定されている「踊り子09,110号」は伊豆急下田編成が7連、修善寺編成が5連の組み合わせ。そして、この両編成にはそれぞれ2種類の塗色が存在(7連はストライプまたは高シマ色、5連はストライプまたは湘南ブロックパターン)するため、4通りの組み合わせがあるので何が来るのかはちょっとお愉しみだったりします。
この日は5連がストライプ7連が高シマの組み合わせでした。

イメージ 1

イメージ 2
東海道線 根府川-早川
スポンサーサイト



雨に濡れるEF66 26

ということで、また出会ってしまいました。小田急の赤電と同時進入でした。

イメージ 1

旅行記 カシオペア紀行に乗る旅 8

また更新をサボってしまいました。
前回は青函トンネルの途中で睡眠に落ちてしまいました。青森駅は40分ほどの長時間停車で、ちょっと目を覚ましたのですが、ラウンジに行く気力なし。ちゃんと覚醒したのは、午前6時過ぎでした。日付は6/13の朝、列車は宮城県の田園地帯を走っており、間もなく小牛田駅を通過しました。外はあいにくの雨。でも6月なのでこの時期らしい天気ともいえます。この朝は7;00~朝食なので、熟睡中の子供を起こして支度をさせます。余談ですが、うちの子は寝台列車車中であってもよく眠れる子で私から見ても羨ましいぐらいです。
この間に、雨にけぶる松島の様子などを眺め、6:50頃に仙台到着。仙台は親の実家があるので、在来線で到着すると万感の思いがあります。ただし、いつもとは逆方向からの到着ですが。

イメージ 1

仙台には10分ほどの停車。朝食の時間が始まるのでダイニングカーに急ぎます。案内されたのは、進行方向に向かって右側の二人掛け席でした。おかげですれ違う列車が良く見えました。着席後の食後のコーヒーか紅茶のオーダーを聞かれ、メインディッシュがセットされます。

イメージ 2
朝食

ちょうどラッシュ時に差し掛かったためか、列車は比較的ゆっくりとしたペースで進みます。考えてみれば、明るい時間帯に東北本線で仙台から南に向かうのはかなり久しぶりです。岩沼で常磐線が分かれていくさまをみていたら、子供の頃の思い出(親戚で過ごした楽しい時間から自分の家に向かって現実に戻っていくあの感じ)がよみがえりました。親戚の人たちの見送りはかなりウエットなので、後ろ髪を引かれる様な思いを胸にこの景色を眺めておりました。その様なことを思い出しながら食事をしていると、列車は白石駅に差し掛かり、車窓に東北新幹線の高架橋が見えてきました。車両こそ違えど、「ひばり」や「はつかり」乗車中に見送ったのと同じ景色が現れて思わずシャッターを押しました。

イメージ 3

そろそろ、朝食時間も終わりに近づいたのでダイニングカーを後にします。列車は越河を過ぎ宮城県と福島県の県境に差し掛かります。間もなく8:00なろうかというころ、福島駅に到着。終点の上野まであと4時間を切りました。
この先は、ここのところご無沙汰だった東北本線の車窓を堪能して残りの時間を楽しもうと考えました。

(つづく)




カエル電車の窓に写る渋谷の空

台風接近という割にはキレイな青空でした。

イメージ 1

渋谷

レール輸送初撮り

日曜日の午後通過で結構設定されているにもかかわらず、今まで時間が合わず、今回初めて撮ることができました。
イメージ 1
東海道本線 根府川-早川

中央線で活躍していたEF60 500番台

たしか、EF15の代替としてやって来たEF60 500番台。栄光のブルートレイン牽引機でしたが地味な晩年でした。しかし、このあと、転出して阪和線で活躍するとは思いもしませんでした。

イメージ 1
1984年頃 豊田-八王子

1982年11月14日 455系急行

あのダイヤ改正の前日は黒磯付近に居て、この日で消える特急、急行を撮ってました。
とかいいながら、メモを取ってないのでどの列車なんだか・・・、たぶん「まつしま・ばんだい」だと思うのですが。

イメージ 1
1982/11/14 東北本線 黒磯-高久

455系急行は残るとはいえ、列車体系が一変するので、記録には残していたようです。

平塚花火大会開催

動く列車と花火ではタイミングが合わず難しいです。

イメージ 1

イメージ 2

茅ヶ崎

試作機EF210-901

久方ぶりに見ました。
コンデジで撮って、スマートフォンで明るさ補正。最近こういうのが多いな~。

イメージ 1

大船

箱根そば8/26までの限定メニュー

夏の風物詩とも言える「豆腐一丁そば」を食しました。今年は大和いもがけとなってました。

イメージ 1


夏になると絶対に外せないメニューなので、今シーズンは4.5杯は食べてます。今シーズンは昨日で食べ納めしました。

旧型客車の常磐線仙台行きの車窓から

この時は、水戸線の乗り潰しを目的に出掛けました。上野を昼過ぎに出る旧型客車の普通列車「仙台行」に乗ると友部で接続する「小山行」も旧型客車だったという"豪華"な乗り継ぎ旅でした。

イメージ 1
1982年春 常磐線内

RJ誌の「列車追跡シリーズ」にあこがれてよくこういう写真をとってました。

客車のデッキから眺めるEF58

動く列車からこの顔を見たかったですが、ゴハチでは経験出来なかったです。

イメージ 1

リニア・鉄道館にて

イメージ 2

小田急いきもの電車

これについては何も事前に知らずに遭遇したので、最初に見たときは「いきものがかり」と結び付かず、夏休みのイベントかと思いました。

イメージ 1

台風前日

時系列的には順番が違っていますが、8/21夕方雲の間から富士山が見えて不思議な感じでした。

イメージ 1
国府津付近

水滴を蹴散らして700系が往く

あと数年で引退しそうな700系。となれば台風時の撮影なんて稀少なチャンスなのかも。とはいっても、わざわざ行くものではなくて、ちょうど居合わせたので撮ったのでした。

イメージ 1

台風通過後

ラッシュ時に運転間隔あきすぎとかで10分停車とか勘弁してほしい。アプリで列車位置表示とかやっているのだから巧くやらないと運転整理が不味いのがばればれ。間隔調整しているずっと先では一駅ごとに電車がいるのですけど。
しかも次の駅では機外停車とは。

台風接近

東海道線運転見合せになりました。

イメージ 1


東海道新幹線は定時運転なので少しだけ撮影。

イメージ 2


ピント来てないかも。

イメージ 3

後ろ側はすごい煙幕状態

イメージ 5

台風をものともしない新幹線に脱帽です。

イメージ 4

8/19の583系-3 (終)

藤沢で撮った後は深追いせずに上り列車の場所を選定。ダイヤ的には旅客上り線を上がってくると予想されるので、茅ヶ崎をセレクト・・・が足場の良さそうなライナーホームに人影無し。見込み違いかと考えつつ跨線橋に向かうと、ちょうどライナーホームに通じる階段のシャッターを開けるところでした。せっかく開けてくれたのだからと、ホームに降りるもののそれらしい人は隣のホームにも見当たらず見込み違いかと不安にあるものの、ツイッター情報では平塚に停まっているとの書き込みを発見。まずは、夏臨で運転中の踊り子118号が上ってきました。

イメージ 1
定期列車だけだと明るいうちに終了してしまうので、夜間の「踊り子」はなぜか新鮮。
イメージ 2
なぜさっきと画角を変えるかな~?停目がヒットして涙目
イメージ 3
言い古された称賛ですが、夜にお似合いの秀逸なカラーリングが映えます。
イメージ 4
振り返れば障害物。
イメージ 5
次のコマはピントが飛んでました。

東海道筋に583系の夜行が設定されていたら、きっと、頻繁に夜遊びして寝不足になりそうです。
さて、9月にもう一度ありますがどうしようかな~。
横浜支社の団臨は回送スジが未公開。毎度毎度少しづつ違う設定で情弱な私は翻弄されっぱなしです。まー今回みたいに、NET情報見ながら謎解きのように行程を決めるのも面白いので、まあいいか。

8/19の583系-2

大船駅4番線に居ることが分かったので、あの場所からの折り返しは無いはずと踏んでそのまま下り列車で先行。藤沢駅で降りると続行でやって来ました。

イメージ 1
遠すぎて真っ暗。なのでよりアンダーに補正しました。
イメージ 2
ズームを引いて。背景の看板で藤沢と分かってラッキーか?
イメージ 3
次のコマ
イメージ 4
振り向いて
イメージ 5
1/60secじゃぶれますわな
イメージ 6
やっとピントが追いついた?

さて、となると折り返しは平塚?国府津?とにかく、後続電車でさらに先に進みます。

8/19の583系-1

8/19は横浜出発の583系ツアー第二弾「583系で行く函館の旅」が設定されていました。約1か月前の7/22にも同様のツアーがありましたが、今回は横浜出発が30分ほど早いので回送列車の時間が違うだろうな~と思いつつ業務終了。最寄り駅に向かいました。前回は貨物線を下って来て茅ヶ崎折り返しだったので、貨物線を撮影できる場所に向かいながら再チェックすると、なんと横浜通過の情報。ということは旅客線経由らしいので、急遽予定変更。
線路をまたぐ歩道橋を渡りながら、見るともう三つ目ライトがすぐ近くに見えていました。
なわけで、前側は間に合わず後部側だけ撮影。

イメージ 1
横浜-戸塚

しかし、情報チェックを怠っていたら危うく涙を飲むところでした。ヤフーツイッターに感謝です。しかし、こうなるとどこで折り返すのかが読めなくなりました。とにかく、駅に急ぎ2本あとの普通列車に乗りこむと「大船に停車中」との情報。但し、待避なのか折り返しなのかが不明。これまでの流れからすると、大船折り返しはおそらくないだろうと考えていると、下り4番線に退避していることが分かったのでそのまま先行しました。

三つ目ライトが通る

茅ヶ崎にて

イメージ 1


某始発駅のお祭りには参戦せず夕食に行きます。

青+クリーム

今日の583系送り込み回送、旅客線経由で来るとか毎度ながら振り回されてます。ただいま、大船で追い越しました。
あそこからは折り返せないはずなので先回りします。

小室哲哉プロデュース

いやいや、パチンコもプロデュースしていたとは知りませんでした。もっとも、ギャンブル運が無いのでチャレンジはしませんでしたが。

イメージ 1

EF60 500+12系団臨

当時八王子に配置されていたEF60が先頭に立っていたようです。

イメージ 1
横浜線ホームから撮影を試みるが・・・。
イメージ 2
スハフ12 12?と読めます。
イメージ 3
101系ですかね~。
イメージ 4
行ってしまいました。

1980年3月or4月 中央線八王子駅

今見ても強烈な車両同士の連結

上田交通(当時の社名)に行ってこの実物を見た時は、おもわず絶句しました。片や1928年製、相方は1983年改造(種車は1954~1959年の間に製造)の車両が手を組んで走っていたのですから。断面形状の違いもなかなかの見ものでした。

イメージ 1

イメージ 2
別所線 上田原(たぶん) 1986年8月

最近は26号機ばかり見るような気がする

でも、「また、君か」等とは贅沢を言わずに有り難く頂戴致しました。
本当に見る機会が減りました。

イメージ 1

戸塚

「踊り子108号」

だんだんと波風が強まってきたために海水浴場はとうとう遊泳禁止に。引上げがてら、「踊り子108号」を撮ってきました。この列車は伊豆急下田発のみで修善寺編成が無いため10連での運行です。

イメージ 1
東海道本線 真鶴-根府川

手前右側の笹の葉が列車の顔に掛かってしまいました。

台風で波高し

いつものこの場所からすると波が高いです。

イメージ 1

神奈川県真鶴

伊豆・三津シーパラダイス みとしーナイト

お盆期間限定のナイトアクアリウムに先日行って来ました。

イメージ 11

入口のレリーフ

イメージ 12

ちょうど夕暮れタイム

イメージ 1

水族館横の海中の様子。ウニ?

イメージ 2

魚への餌やり体験中だがうまく撮れず

イメージ 3

寄り添う寝姿が素敵です。

イメージ 4

イメージ 5

寝顔のアップ

イメージ 6

イルカの優しげな表情

イメージ 7

ボールで遊ぶイルカ

イメージ 8

ショーの様子。おでこにチュッ!

イメージ 9

ハイジャンプ

イメージ 10

バス停もラブライブ

ED75+14系「はつかり51号」

設定期間中はほぼ毎日のように運転されていたのですが、ヘッドマークは無いし、ED75が牽く14系座席車だと、臨時急行あたりと代わり映えがしないこともあって、やっつけで撮っていました。いや、ただ腕が悪いだけだったのかもしれません。しかし、この列車も東北新幹線と引き換えにフェードアウトするように消えてしまい、今思うともったいないことをしました。今走っていたら、撮るよりも乗るを選択していたかもしれません。

イメージ 1

イメージ 2
1981/夏 東北本線 松島-愛宕