踊り子待ち

海の青さが消えて雨が降り出しました。

イメージ 1

早川ー根府川
スポンサーサイト



今日は、真鶴に海水浴にきています。

イメージ 1

訪問者10万人達成!

おかげさまで、昨日10万人を超えました。これからもこんな感じで続けていくと思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。
画像は、遅延のために偶然並んだ185系です。

イメージ 1
2016/5 小田原

旅行記 カシオペア紀行に乗る旅 6

列車が札幌駅を出ていく時は多くの方が見送ってくれました。この6/12発は上り「カシオペア紀行」の一番手でした。まあ、見送っている方々の多くはこの列車目当てなんでしょうけど、久しぶりに注目度の高い列車に乗った高揚感がありました。すぐに音楽が鳴り、ツアーコンダクターさんによる案内放送が始まりました。予想はしていたことですが、途中駅では、大宮駅以外は一切ドアは開かないとのこと。あと機関車交換は函館ではなく五稜郭で行うとのことでした。その間に列車は苗穂を通過。おそらく、幻の形式となるだろうキハ285が見たかったので、通路側の窓から見送りました。せっかく作ったのだから、最高速度は120km/hに抑えて振り子機能も停止した上で臨時特急にでも使ってくれれば乗れるのですが。性能をフルに発揮できないとしても最新鋭の技術を結集した新型気動車にはぜひとも乗ってみたかったです。

イメージ 1

列車は淡々と千歳線を進んでおり、いつの間にか雨模様の天気となっていました。予想に反して南千歳は通過し、先ほどレンタカーで訪れた景色やウトナイ湖周辺の景色を眺めていると、苫小牧の貨物駅う通過おそらく往時はもっと広大なヤードだったのだろうなと連想させる更地を眺めながら札幌から約1時間で苫小牧、1分ほどの停車で動き出しました。この後は寝台特急としての運転時と同じ程度の速度で走り、登別、東室蘭と足を進めていきました。こちらは、そろそろシャワールームの利用時間なのでまずは娘を送り出して、こちらはラウンジカーで鷲別や東室蘭の構内の様子を眺めておりました。東室蘭では、到着と同時に札幌行きの「すずらん」が出発して行きました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
「すずらん」を見送り

室蘭に分岐する路線を見送ると、そろそろ自分のシャワーの時間なので部屋に戻りタオルやシャンプーを持ってシャワールームへ。「北斗星」は2,3回利用したことがありますが、「カシオペア」のシャワーは初めてなので、ちょっとワクワクしました。結局使い勝手は「北斗星」のときとあまり変わらなかったのですが、この季節はシャワーを浴びるだけでさっぱりするのでありがたかったです。

イメージ 5
使う前に1枚

シャワー使用中に、どこかの駅に停まり気動車とすれ違う音が聞こえてきました。あとで、時刻表を見たら伊達紋別で下りの「北斗」との交換のようでした。シャワーから戻ると、列車は洞爺に到着するところ。時刻は19:00ごろで夏至に近い時期の北海道ですが、そろそろ日が暮れてきたようです。

イメージ 6
19:18頃 大岸~礼文あたりを走行中か?

しかしながら、この日の夕食時刻は19:50~なのでまだまだ時間があります。秘境駅と言われる小幌も近いのでまたラウンジに行ってみることにしました。

小幌駅前後のトンネルでは合間の切れ目で断崖絶壁が少しだけ見えて絶景でしたがカメラでの記録は無理でした。長いトンネルを抜けると静か利益を通過、直線の線路を快調に飛ばし長万部に停車。ここでは構内照明にレールが光る写真を撮りたかったのでラウンジで粘ります。もっとも、ラウンジに居る乗客は少なく、多客臨として運転していた時よりも比較的静かな印象でした。

イメージ 7
静狩-長万部
イメージ 8

イメージ 9
長万部駅構内

こんな感じで雑誌「旅と鉄道」的な写真を撮っておりました。時刻は19:30近く、流石に空腹になってきました。部屋に戻り食事タイムを待ちます。そうこうするうちに列車は八雲を通過。

(つづく)

戸塚大踏切の今

昨年3月に廃止になって1年と4ヶ月、舗装は剥がされて跡形も無くなってしまいました。

イメージ 1

イメージ 2


砂利の色が違う箇所がそうです。

【追記】カシオペア岩手号 案内チラシ

ごめんなさい。このツアー明日28日から受付開始でした。

これ、ホームページでは知ってましたがチラシを入手したので紹介します。

イメージ 1


この値段ならば展望席、と思ったけどおそらく売り切れでしょうね(この倍位する札幌コースが売り切れてましたから)。
食堂車の利用はできませんとあるので、パブタイムも無しでしょうか?

貨物繁忙期はEH800を借りられないらしいので苦肉の策でしょうかね。

JR東海から画期的な切符発売

このプレスリリース見たときには、びっくり。なんスか、このオタ寄りな便利切符は、大歓迎じゃあないですか!


http://trafficnews.jp/post/55211/

お得感もあるけど、こういう切符はいちいち切符を買い足さなくて良いのが最大のメリット。時刻表見ながら臨機応変に行程変えられるので、周遊券みたいで自由度があってたのしみです。

駅の階段に伊豆クレイル号の装飾

何かえらく力入れてますね。座席の売れ行きは盛況なようでなによりです。

イメージ 1

小田原

これ、人が途切れるのを待って撮るので昼間は難しいかも。そんなこともあって真正面からは避けました。

EF81 133「カシオペア紀行」

何とか運転期間中に撮りたかったので、圏央道経由で栃木県の南端まで行ってきました。しかしながら、もっと早く出れば真岡線のSLも撮れることに気づいたのは真岡線に着いているべき時間のことなのでどうしようもなく、毎度ながら詰めの甘いことになりました。
動画のところでも書きましたが、先行の快速が15分ほど遅延していたので、のんびり構えていたところ遠方に青白くないヘッドライトが2灯見えたので慌てて動画とカメラをスタンバイ。狼狽え気味の撮影と相成りました。

イメージ 1

右側の道路も写ってしまったのでトリミングしてます。しかしこれじゃあ、サイドの流れ星が全然見えないですね。場所を選ばないと・・・。しかも、所定時刻ならば夕陽が射していたのに、この時刻は雲の中でした。帰途は幸手迄下道を走り、圏央道から東北道にスイッチ、久しぶりに首都高を通ったら千住大橋辺りで花火大会を開催中で高速道路からもチラチラと見えました。往復ともに渋滞に遇わずスムーズでしたが往復300kmはさすがに疲れました。

2016/7 東北本線 古河-野木

【動画】EF81 133「カシオペア紀行」

遅ればせながらようやく撮影してきました。当日、この場所に着いたのは通過予定の約20分前。しかしながら、一向に下り列車が来ないと思い「JR東日本アプリ」の列車位置情報を確認すると先行の快速が15分遅延とのこと。
やっと来たと思えば先行快速を古河で待避させたので、練習無しでいきなり「カシオペア紀行」でしたが、遅延のおかげで素晴らしい速度で通過して行きました。


コンデジの動画機能で撮りましたが、静止画と動画で画角が違うことを忘れたので変なアングルになってしまいました。

583系回送列車

7/22~7/23にかけて走った「583系で行く青森の旅」。過去の実績だと、一旦横浜よりも西側のどこかの駅まで行って折り返してきて上り列車で横浜駅に送り込まれるので、下りならば日暮れ前に撮れるだろうとヤマを張って待機していたら、外しまして暗くなったころにやって来ました。

イメージ 1
画像補正してもこのレベル(ISO6400だし)
イメージ 2
後部側も何とか撮りました。

この場所、背丈と同じぐらいの高さのフェンスがあるので、バリアングル液晶大活躍でした。
まー、新鶴見に停車中の情報を見た時点で大船かどこかに移動した方が正解なんでしょうね。

PANASONIC LUMIX DMC-GF6 東海道本線(貨物線) 戸塚駅付近

続583系送り込み回送

てっきり国府津で折り返しと思ったら茅ヶ崎返しでした。
2,3枚撮っていたら出発してしまったので見送りました。

イメージ 1

茅ヶ崎

583系送り込み回送【画像なし】

先ほど戸塚付近の貨物線を下って行きました。曇っているので思いの外暗かったです。折り返しはかなり先なのでしょうか?

みなとみらい線 ピカチュウ大量発生チュウ!

このようなラッピング車両と遭遇。夏休みだからですかね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

終電一本前の「こだま」

今日は中華街でお世話になった上司の引退お祝いの会だったので新幹線で帰ります。元町・中華街~菊名~新横浜~小田原と移動中ですが、元町・中華街~菊名と菊名で東横線を降りて新横浜で新幹線に乗るまでと新横浜~小田原の所要時間がほぼ三等分という現実。時間を無駄に使っているのか?新幹線が慌ただし過ぎるのか?

イメージ 1

イメージ 2

【夏休み課題?】名鉄ミュージックホーンをリアル体験の予定

巷では騒音問題とかで廃れ気味?なミュージックホーンですが、地元の小田原駅では今もロマンスカー入線時に高らかと鳴らしております。
とある日の小田原駅にて、その光景を見掛けたので成り行き上ウチの娘に名古屋では別の音色のミュージックホーンがあることとその俗称を教えたら大ウケでした。ということでこの夏休み期間に名鉄に乗りに行く予定と相成りました。

イメージ 1

2015/6 名鉄名古屋 この車両にもミュージックホーン付いていたと思う。

スケジュール未定ですが、交通費を抑えつつもそこそこ時短効果も狙って普通列車に乗りつつ部分的に新幹線ワープを使う予定。周遊券で昼間の東海道移動時に新幹線ワープやってたことを思い出しました。

【追記】
ダイヤ情報の付録が名古屋周辺の貨物時刻表というのも背中を押してます。

旅行記 カシオペア紀行に乗る旅 5

【ツアー受付】
南千歳から乗った快速「エアポート」が札幌に着くと、曇天だった南千歳とは打って変わって天候は晴れ。この時は、天候が回復したのだと思ってました(後でそれは思い違いと気づくことに)。ホームの端から待機するキハ261系の編成をパチリ。

イメージ 1
カゲロウ凄い

まずは、ツアーの受付を済ませておこうと、コンコース指定の場所に向かいます。すると、デスクが設えてあって、びゅうトラベルサービスの担当の方がにこやかに応対していました。ここで、封書に同封されていた申し込み控を私、オプションの食事の確認や説明などを聞き書類を渡されます。今回は団体列車なので切符は無くて、首から下げるフォルダーにツアーメイトか列車の個室番号とかが記載されていて、これを見せて有人改札を通ってくださいとの説明でした。
手続きを済ませたらお土産の購入に向かいますが、主だったお店はよさこいソーラン帰りと思しき人たちで大盛況。ふと思い当たって地下街に向かいジェラート屋さん隣接のお土産屋さんを見つけるとややこちらは空いていたので買い物を済ませ駅に戻ると発車の20分ほど前でした。駅の電光掲示板には我々の乗る「団体 16:38 上野 4番線」の表示をみながら有人改札から入場しました。

イメージ 2

【列車入線】
ホームに上がるとファイターズ大谷選手のラッピングされた電車がちょうど停まってました。

イメージ 3

そして案内放送がありいよいよ「カシオペア紀行」入線です。ホームの桑園側には多くの撮影者が見守る中をDF200に牽かれてE26系編成が入線してきました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

札幌では入線~出発が8分しかないため、さっと写真をとって乗りこむともう発車時刻です。そして、16:38に多くのギャラリーが見守る中を発車。上野駅に向けての長い旅が始まりました。

(つづく)




湯河原花火大会

三連休最終日は、恒例行事となった湯河原の花火大会見物に行ってきました。とはいっても、メイン会場ではなく、東の方の海岸から。
真鶴駅から徒歩10分強、気が急いていたため到着してから三脚を忘れたことに気づきました。とはいえ、着くや否や打ち上げスタートだったのでセッティングする間もないからなくても同じか。

イメージ 1
初めは防波堤越しに見てましたが。

中途でトイレを探す羽目になり奥の方へ移動。すると、真ん前に障害物無し、左方から波の音が聞こえる好位置を発見。

イメージ 2
正面の建物は湯河原沿岸部のショッピングセンターあたりか。

この2枚はミラーレス一眼(Panasonic LUMIX DMC-GF6)で撮影。

イメージ 3

コンデジ(SONY DSC-WX500)でも撮ってみました。この場所は街灯の近く以外は真っ暗なのでカメラのセッティングを変えるとかそんなことはできずPモードで撮ったまま。結果的にピントの速さとかも含めミラーレスの方が撮りやすい感じでした。しかし、全部で100枚ぐらい撮って、何とか見られるのは10枚程度、歩留まり悪いです。


営業を開始した伊豆クレイル号

昨日7/16の夕方営業初日の「伊豆クレイル」号上り列車を撮影しました。

イメージ 1

この後は、海岸に行って暮れなずむ日を見た後に戻って来て「マリンエクスプレス踊り子」を。

イメージ 2

二形式とも高運転台特急型の系譜でした。

東海道本線 真鶴-根府川

旅行記 カシオペア紀行に乗る旅 4

【ノーザンホースパークへ】
この後、千歳の方に行こうと移動していると「ノーザンホースパーク」の案内看板がありました。名前は知っていたけど、思ったよりも近くにあったので寄ることにしました。

構内は馬車が走り
イメージ 1

乗馬体験をやっていたり(うちの娘は恥ずかしがって乗らず)
イメージ 2

競走馬がいたり(結構活躍している子もいた)
イメージ 3

ポニーを間近に見られたり
イメージ 4

色々と楽しそうなのですが、いかんせん時間が足りない・・・。ついでで寄るところではないですね。今度じっくりと来なくては。ちょうど修学旅行生が到着してざわざわした感じになってきたので、それを潮に退散してきました。

あとは帰りがけの駄賃にこんなのを撮って(北海道らしい景色を狙ってみたのですがいまいちな)、
イメージ 5

せっかくなので乗った車も。
イメージ 6

イメージ 7

撮影後はレンタカー屋さんに戻り車を返却。今回借りた軽自動車はきびきび走ってくれて十分満足でした。駅までの送迎バスを待っていると着陸態勢の航空機が見えたので一枚撮影。

イメージ 8

快速「エアポート」に乗るために改札口を入るとキハ40単行の夕張行きが入ってきました。

イメージ 9

ホームの売店では、元祖レールウェイライター氏が絶賛した「サーモン寿司」を売っていたので入手。久しぶりの対面です。但し、札幌までは30分ほどなので後の楽しみにとっておくことにしました。札幌に着けばいよいよこの旅行のハイライト「カシオペア紀行」への乗車が待っています。
札幌に着くと、よさこいソーラン祭りの余波か、衣装を着た人たちを大勢見掛けました。でもまずは、びゅうトラベルサービスから指定された受付場所に向かいます。今回は団体列車なのでその手続きをしないと。

(つづく)

鉄道コレクション Lucky Drop

駅のニューデイズで購入しました。

イメージ 1

イメージ 2

E6系こまちでした。

イメージ 3

6種類ラインアップがあるそうです。

ただねー、何が出るかは運任せってのは・・・。Bトレインショーティと違って中身被ったら使い道ないじゃん。
次回は中身がわかる仕組みにしてほしいです。

旅行記 カシオペア紀行に乗る旅 3

おさぼりしていた6月の旅行記の続きです。弊方何事も長続きせず万事がこんな調子なのでご容赦を・・・。

【6月の北海道の夜明けは早い】
AM3:00ぐらいでしょうか。ふと目を覚ますと、空が真っ赤に焼けているのを見ました。部屋が東向きなので明けていく様子が見えそうですが、もうひと眠り。そういえば、夏の旅行で夜行急行「大雪」の座席車で早々に夜が明けて眠れなかったことがあったっけ・・・。
そして、AM7:00、こんどはちゃんと起きだして空模様をチェックすると前日とは打って変わって曇り空。天気予報も下り坂のようです。この日は電車で移動して植苗駅辺りで下りのカシオペアを撮影後、近隣の観光地をまわる予定でしたが雨が降ったら目も当てられません。バイキング形式の朝食を摂った後に、近隣のレンタカー屋さんを探し、駅レンタカーで軽クラスの空きがあったので予約、千歳に居ると伝えると南千歳が最寄駅なので送迎してくれるそうです(空港駅まで行かなくて済んだので助かりました)。
駅でピックアップしてもらい、事務所にたどり着いた場所は駅から10分程度で歩けそうでした。もっとも、キャスターバッグを引いて歩く気にはなれないので助かりました。

【レンタカーで行動】
貸してもらったのは、スズキのワゴンR。後で見たらS-エネチャージという低燃費仕様でした。結果的には50kmぐらい走行してリッター25kmぐらいの燃費でした。さすがは軽自動車だけあります。
まずは植苗駅方面を目指すため国道36号を目指します。が、ナビをセットしていなかったことに気づきちょうど路肩が広い個所で一時停止。すると頭上から轟音が聞こえて、千歳空港にアプローチする航空機が見えました。そういえば、ここは空港のすぐ近く、とはいえ長く居られる場所ではないので再スタート。

イメージ 1
着陸態勢!

国道を暫く南下すると、線路と遠ざかっていくので国道を外れなるべく線路沿いを進みます。そして踏切に差し掛かると牧草地が広がっている箇所にでました。もうあまり猶予がないのでこの辺りで撮影することに決めて列車を待つことにしました。

こんな感じで先行する「すずらん」や普通列車が来ました。

イメージ 2

イメージ 3
千歳線 植苗-美々

そして、いよいよ次が本命。軽い緊張が走ります。

イメージ 4

おおお、屋根の高さが揃って格好良い!
この後少し撮って撮影の部はおひらき。同行した娘のために付近の観光地を目指します。

(つづく)

手宮貨物線跡を横目に行く快速エアポート

南小樽から分岐していた手宮貨物線は結構明瞭に残っていました。

イメージ 1

小樽ー南小樽

右側の一段低い箇所がそうです。

小樽運河

時刻は18:22日が長い季節なので、こんな感じに撮れました。

イメージ 1


が、せっかく灯火が反射してきれいなのでちょっと暗めに写すととあら不思議。

イメージ 2


画像処理ではなく撮って出しです。

保存されていたアルファコンチネンタルエクスプレス

千歳空港の東方の牧場地帯を走っていたら道路脇に金色の車体。娘が気付いたお陰で見逃さずにすみました。

イメージ 1

敷地外の公道から撮影

とある牧場で管理しているようですがレンタカーの返却時間が迫っていたために2,3枚撮って時間切れ、後ろ髪を引かれつつ次回の課題が出来てしまいました。

昨日の札幌

貨物機が旅客列車を牽いて来ました。

イメージ 1

ただ今の天気

激しく雨です。

イメージ 1


さて、どうするか。

小樽

休暇を利用して小樽に来ました。

イメージ 1

風情あるホームの佇まい

イメージ 3

石原裕次郎さんが居ました?

イメージ 2

ランプの飾られた駅

イメージ 4

風情ありますねえ。

イメージ 5

イメージ 6

城北線のDC

JR東海から譲渡された車両らしいですが詳しいことは分かりません。また、乗り鉄できずに涙を飲みました。仕事のついでではやはり無理があるようで。

イメージ 1

枇杷島

近鉄名古屋線広告ラッピング電車

遠目に見たときはイベント車両かと思いました。「名四コンサルタント」と書いてあります。

イメージ 1

関西本線八田駅から