DD51貨物最後の?牙城

名古屋に用事があり前後の時間に周辺でテツしてました。

イメージ 1

八田にて。ちょっと上にずれた。

イメージ 2

同じく八田。

イメージ 3

枇杷島にて

更新色であろうとエンジンの咆哮と油煙の匂い、メカニカルな台車の響きは堪能できるので気にしません。
熊さんに駆逐されるまで追い続けたいですね。
スポンサーサイト



新富士駅

所用のためこだまに乗って西に移動中。

イメージ 1

モノクロームの185系

昔風に撮れるかと思いきや、なんか違う。

イメージ 1

小田原

画像がきれいすぎるから?かつての高感度フィルムはもっとザラザラ感がありました。
このカメラ、30年前の自分に貸してあげたいなあ。

梅雨の合間

晴れると夏の日差しですね。

イメージ 1

戸塚

赤色のボディがこの季節に似合います。

正方形フォーマットその2

ついつい乱用してしまうのは悪い癖か?

イメージ 1

戸塚

同じ場所での縦横2:3の画像はこんな感じです。

イメージ 2

横須賀線の特異な車窓風景

ブラタモリ放映記念?

イメージ 1

横須賀付近

国府津での増結風景

昼間もあるとは知りませんでした。この普通列車先行のスーパービュー踊り子遅延の影響で4分延ですが、戸塚まで特別快速から逃げ切らないと行けないので回復運転が半端ない感じです。

イメージ 1

旅行記 カシオペア紀行に乗る旅 序章2 旅立ちまで

【申し込み完了】
旅程に支障がないことを確認できたのでびゅうトラベルに電話を入れます。確認が終わると、オプションはどうしますかとの問い合わせがありました。なんと、ダイニングカーでの夕食、朝食(時間限定で)とシャワールームの理由も今なら申し込めるとのことでした。せっかくなので全部ありでオーダー。キャンセルした人はフルセットで申し込んでいたのかしら?
さて、このカシオペア紀行のツアー、やや高めの料金設定との前評判でしたが、今年2月~3月にかけて、一般売りの寝台券を毎回取れなかった身としてはそんなことを言っている余地はなく、まさに「人参をぶら下げられたお馬さん」の心境でした。元々カシオペアの一般発売は少ない(らしい)ので空振りやむなしと覚悟してましたが、ほぼ毎日のように早起きしてみどりの窓口に申し込んで、夕方に残念通知を聞く虚しさを経験してしまったため、行かないという選択肢はありませんでした。
さて、これで何が何でも出発日の午後までに札幌に行かなくてはなりません。

【手配に四苦八苦】
今回のツアーは珍しく片道だけの旅程なので、往路の足を確保しなくては行けません。6/13は月曜日ですが、たまたま仕事は公休日でした。とはいえ出発は、乗車前日の6/11土曜日にせざるを得ないので、北海道新幹線での移動ではまるまる1日つぶれてしまうとただ行って帰ってくるだけになり、この時点で残念ながら見送ることにしました。
となると飛行機で新千歳から北海道入りとなるのですが、すでに出発まで2週間を切っているのでドラスティックな早割は期待できなさそうです。羽田発では4社あって、結果的にまだ乗ったことがないエア・ドゥにしました。スカイマークが一番お得感がありますが、福岡便で何回かお世話になったことがあるので、初乗りの方にしました。成田だとLCCが就航していて驚くような料金設定なのですが、我が家から成田は遠すぎるので次の機会にしました。
お次は宿泊手配ですが、札幌の宿が全然空いていないようでした。有ったと思うと高額だったりして決められません。これはもしかすると学会か何かが開催かと、札幌での行事を検索したら、なんとよさこいソーラン祭りの真っ最中でした。
もしかして、これが理由で前の人はキャンセルされたのでしょうか?
結局、千歳駅近くのビジネスホテルに空きを見つけ予約完了。一応往路の行程も確保できたので、あとは出発の日を待つばかりとなりました。

(つづく)

紫陽花とEXE

昨年の画像ですが。

イメージ 1
箱根登山鉄道 入生田付近

同時発車

宇都宮線の踏切事故の影響で湘南ライナー5号は7分遅れてこだま805号と同時発車でした。

イメージ 1

東京ー有楽町

運用通りに流れれば明日の踊り子116号はこの塗装が先頭か。

EH500を正方形に撮る

最近のコンデジは縦横比が選べて面白いです。

イメージ 1

戸塚

露出補正+のまま撮ってしまった。

伊豆クレイル号運転開始準備中

始発駅小田原にラウンジを作るそうで、だいぶ出来上がって来たようです。

イメージ 1


下りホームのKIOSKは新装開店。

イメージ 2


女子向けの企画列車のようですが、美味しい料理とお酒を楽しむ列車らしいので飲みテツも良い?らしい。

旅行記 カシオペア紀行に乗る旅 序章

先日ご報告したようにキャンセル待ちに当選?して6月の北海道に行ってきました。その顛末を連載で投稿します。駄文ですが、お付き合い頂けたら幸甚です。

【申し込み】
団体臨時列車として運行されるカシオペア紀行の具体的な内容は4月下旬頃に発表され、申し込みは連休明けの受付開始となってました。
そしてその当日はあっという間に席は埋まり、出遅れた当方はキャンセル待ちを申し込むことに。どうせなら、ダメ元で上野発下り便、札幌発上り便両方を申し込みました。
そして時は過ぎ、気付くと出発まで2週間程となってました。やはり、キャンセルはでないよな~と思っている矢先に携帯に着信がありました。
なんと、びゅうトラベルサービスからで上り便に空きが出たとの連絡でした。検討をして夕方には回答をしなければなりません。さあ、どうしよう?答えはほぼ決まっていますが念のために前後のスケジュールを確認する必要がありました。
(つづく)

羽田空港のペッパー君

ANAの案内役をしてました。

イメージ 1

快速エアポート

この顔は東海型のバリエーションっぽくて好きです。

イメージ 1
2016/6 千歳線 千歳

宮オオ185系C2編成

まだこの色が走ってました。なんか検査期限切れで終わってしまいそうな感じなので動向を見守るつもりです。

イメージ 1

小田原

機内から見た津軽海峡

左側に少しだけ見えているのが大間崎、翼の下あたりが函館です。

イメージ 1
2016/6 Air Do 機内から


紫陽花が咲き誇る道端で

御殿場線 上大井-下曽我

イメージ 1

EF66 26

裏被りしようがとにかく写します。後で後悔しないためにも。

イメージ 1

戸塚

横須賀駅の踏切

横須賀駅の久里浜寄り、トンネルとの間にあります。

イメージ 1

しんかんせん型定規

駅のコンビニで売ってました。他にはE5.N700とドクターイエローを見かけました。

イメージ 1

羽田空港 離陸するANA機

先日の土曜日の昼間です。第2ターミナルで搭乗手続きを済ませ改めて電光掲示板を見ると搭乗予定便は機材の都合で15分遅れとの表示。ということは、少なくとも15分は展望デッキに行けるよねってことで見て来ました。
今回は荷物を軽くするつもりでミラーレス一眼を携行しましたが、流石に晴天の屋外は液晶画面が見づらくてちょっと難儀しました。

イメージ 1

この後、ホットドッグショップを見つけてつい寄り道。次回はゆったり来たいと思います。

伊豆クレイル号1/10模型展示

車両センターで作られたのでしょうか?細かくつくりこまれています。

イメージ 1


あっ、台車とか突っ込まず大人の対応しましょうね。
素材とか何使っているのでしょう?気になります。

「スーパーとかち」千歳駅通過

空気が澄んでいるからでしょうか?あちらは夕陽の斜光線がきれいに感じます。

イメージ 1
2016/6 千歳線 千歳駅(南千歳側)

ダイニンクカーで迎える朝

今朝の東北本線白石付近を走行中の様子です。

イメージ 1


なかなか気軽に行けないレストランですが永く残してほしいとおもいます。

DF200 貨物列車

千歳空港近辺ですが、原生林のようなところや牧草地も見られます。

イメージ 1

千歳線 植苗ー美々

繰り上げ当選みたいなもの

この週末北海道に来た理由はこれ。

イメージ 1


団体臨時列車として運転を再開したカシオペア号。そのカシオペア紀行のツアーば瞬く間に満席となりダメ元でキャンセル待ちを入れたら、なんと上り便に空きが出たとの電話がありました。いまや寝台列車なんて乗りたくても乗れない存在なので行くことにしました。
しかしながら、ここ最近は色々と慌ただしく、旅行中は携帯の充電が死亡するとかで、この記事を当の列車内で書いている始末です。
今回のツアーは片道分だけの旅程なので往路の足は自分での手配でしたが、ちょうど札幌のよさこいソーラン祭と重なって宿探しに難儀しました。空きが出たのはそんな理由だったのかもしれません。
自由度が少ないパックツアーと言われますが、宿と交通手段手配を全てやってくれるので、私のような横着者には有り難かったりします。フリープランのツアーならばまあまあ自由度ありますしね。

一応トレインビュー

千年駅から数分、蛍光灯の列は駅のホームです。

イメージ 1


やたらと宣伝を見掛けるので夏限定クラシック買ってしまいました。

ど定番?

撮影クラシックに海鮮料理

イメージ 1


ベタすぎですかねー。
札幌はよさこいソーランで高い宿しか空いてなかったので、千歳に宿を取り空港のターミナルビルを徘徊してます。

新千歳エアポート

本日ここに来ております。良い天気です。

イメージ 1

イメージ 2

ハローキティジェット

イメージ 3

スーパー北斗ですかねえ。

イメージ 4