ある意味ナイスタイミング

上り列車に乗っていると貨物列車と並走。駅停車中に先行されたものの徐々に追い上げて機関車と並びました。車内は空いているので、撮影してみますか。
で、

イメージ 1


あ゛!
速度差を考えると、ここから綺麗にカマを撮れるのは1秒弱、なのに凄く良い?タイミングでポールが被りました。
これはもう笑うしかないわー。
スポンサーサイト



水田の水鏡にロマンスカー

1週間ほど時間が経過してしまいましたが(汗)。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

小田急線 開成-栢山 2016/5/22

青帯同士 JR東海-小田急

いつでも見られそうですが、小田急8000形に限れば案外チャンスは少なそうです。

イメージ 1


新幹線の車掌さん、前方監視に余念がありません。この車体形状では大変でしょうね。

カラオケのあと

駐車場に戻ってくると、EF64がやってきました。

イメージ 1


35mm換算で720mmだそうです。今どきのコンデジは侮れませんね。

最後?の関東遠征

多くの方が記事に書かれていますが、仙セン485系を使用したY157記念列車が東海道本線の根府川までやってきました。となると、海バックでと行きたいところですが、多くの人出が予想されたのと曇り空だったので予定変更。しかしながら、時間を読み間違え往路の列車は信号待ちの最中に走っていくのが垣間見え・・・orz。
気を取り直して、某レジャー施設駐車場に向かいます。撮影のついでにカラオケか?カラオケのついでに撮影か?どっちが主体だか分からないけど、着いてしばらくすると遠方から見慣れた赤とクリーム色が近づいてきました。
この見慣れた特急色の485系が近々見納めとは。東北特急に慣れ親しんだ身としては寂しい気がします。

イメージ 1

あとになって気づきましたが、このツアーの記念品に「kitamura」のトートーバッグがあって、ちょっといいなと思いました。さーて、歌いに行くか!って、カラオケ行って戻ってくると今度は都営地下鉄大江戸線の甲種輸送列車の時間が近いという絶妙なタイミングなのでした。

EF66 0番台との並走

今週月曜日の出来事ですが、東海道線下り列車に乗っていたら、平塚を出たところでEF66 0番台と並びました。運用状況を見たらEF66 33が5053列車に充当されてました。

イメージ 1
ブレまくりですが(平塚-相模貨物)

この列車、相模貨物でドカ停するので減速中、あっという間に後方に見えなくなりました。

そういえば、NEWDAYSで「あさかぜ」のマーク付きビールを見つけたのでつい購入。
イメージ 2
たしか、御徒町

まだ、「ゆうづる」だけ見つけられません。

尾久駅でOM04

架線柱が少し煩い感じですが、ここは夕方になると良い光線具合です。が、1年前と違って誰もいない環境でした。

イメージ 1

2016.5.

キハ181「はまかぜ」スタートダッシュの爆煙

姫路までは東海道・山陽本線を走る特急「はまかぜ」は前後を走る新快速と互角の走りを要求されます。まずは、スタートダッシュが肝心とばかりに爆煙を残して出発して行きました。

イメージ 1
2004/1 大阪

この日は、地下鉄御堂筋線沿線の訪問先に午後から訪れるため、昼前の新幹線で新大阪着、地下鉄には乗らず在来線で大阪駅まで移動してきました。せっかくなので移動の間に見る鉄して行こうとの目的でした。でも、本当はキハ181の高速運転を体感したいところですが時間的な猶予が無く見送ったことでした。



「あさかぜ」

まだまったりと撮ることができたころです。

イメージ 1
2003/8

昨日のEF81

前の記事の続きです。
カシオペアの編成組成作業は程なくして修了。DE10が単機で帰って行きました。

手前まで来たので1枚。油煙の汚れが殆どない綺麗な車体でした。

イメージ 1


先ほどのEF81通過から10分くらいの経過なので東北回送線踏切に行けば間に合うかも。しかし、この日は暑く移動に閉口しました。踏切に近づくと遮断機が降りていてEF81がすぐやって来ました。

イメージ 2


後部はモロに逆光で液晶画面が見えずあてずっぽうで撮りました。
開いている踏切からの撮影

イメージ 3


どうやらハンドル訓練に偶然タイミングが合ったようでした。
今さらですが、漸くローズピンクになったEF81 81を間近で見ることができたのでした。

予期せぬEF 81 81との遭遇

今日は私用で都内に行ってました。せっかくなので尾久駅に寄ってみると、分割されたカシオペア編成と廃車待ちの24系が遠望できます。今日は撮影するつもりではなかったのでスナップ用のコンデジのみでしたが、様子を記録することにしました。

イメージ 1


近くで見ようと駅北側の踏切に向かいます。ちょうど歩道橋があるので上に上がると、DE10が動き出してカシオペアの組成を始めました。

イメージ 2

イメージ 3


そうこうしていると上り線をEF81 81が通過しました。

イメージ 4

イメージ 5

が、前も後ろも失敗。再チャレンジしたいけどカシオペアの組成は継続。さて、どうしたものか。

つづく

続 水鏡

先週電車内から見た様子ではそろそろ沿線の田んぼも水を張っていたようなので、買い物帰りに様子を見て来ました。まずは、線路の西側から近づいていくと、ちょうど電車が通過して夕陽をキラキラと反射させてました。

イメージ 1

当初は東側からこんな感じで朱く染まる空を入れるつもりでしたが、方針変更。

イメージ 2

この日ばかりはステンレス車を心待ちにしてました。

イメージ 3

鋼製車ではまた違った感じですが、それは別の機会に。

小田急線 開成-栢山 2016年5月

小田急線水鏡

今日の夕方、開成方面を通るとこの様な情景に出会いました。

イメージ 1

小田急線 栢山ー開成

日没近くなると富士山のシルエットがはっきりとしてきました。こちらは水田の逆さ富士で。

イメージ 2

ローアングルのEF66 100は精悍に見える?

背景のホテルの建物を隠したくてローアングル気味に撮影すると、いつも優しい顔立ちのEF66 100番台が精悍に見えたような気がしました。ちょっと手前に柵が入ってしまいましたが(汗)。

イメージ 1
2016/6 根府川-真鶴

駅のホームからだとこんな感じ。

イメージ 2
2015/6 小田原

ところで、1枚目の画像、事故の影響で40分以上列車が来なくなって閉口しました。この日は真鶴駅から徒歩で来たので鉄道が運休になると身動きが取れませんでした。お天気が良いので海をぼんやり見てましたが。

カゲロウ

条件次第では3月でも結構出るのですね。今は亡きEF66 24が来ました。

イメージ 1

近づけばこの通り。

イメージ 2

2015/3/26 辻堂

月のきれいな夜です

ベランダで撮っていたら結構寒かった・・・。
AM1:00のアメダスの気温では11.7℃、道理で寒いわけだ。

イメージ 1
トリミング&明度、コントラストいじってます。

今日のLSE

東海道線の遅延トラブルの影響で長めのホーム滞在。ちょうどやって来ました。

イメージ 1

小田原

こちらは健在な方の編成です。事故で破損した編成はどうなるのでしょうね?

東海型の現代版?

個人的にはそう思っています。幌付きがお気に入り。

イメージ 1

国府津駅にて

SANKI コンテナ

このキャラクター結構好きです。

イメージ 1


あ、柱に掛かったぁ~。

伊豆クレイル号

国府津駅にて試運転のために待機中を見掛けました。

イメージ 1

イメージ 2

上り列車内から

乗ったら楽しそうな列車のようですが、切符入手の難易度はどうなのでしょうか。

追記
この写真は本日ではなく一昨日のものです。

側面輝く

GW中のE259系アルバイト運用も終盤。箱根の山を後に帰途を急ぎます。

イメージ 1
2016/5 鴨宮-国府津

御殿場線の珍客

今年も修学旅行臨がやって来ましたが2日間だけのため、行けたのは夕方の列車のみでした。

イメージ 1

イメージ 2

駅舎越しに

イメージ 3

開いている踏切からの眺め

イメージ 4

あさぎり号?

イメージ 5

後方は東名高速の照明灯

御殿場線 松田駅

東京メトロ16000系の先頭に立つEF200

個人的にはこういうアングル好きかも。それはさておき、せっかく来てくれたEF200、いつ見てもお顔が汚れているのが気になります。

イメージ 1
2016/5 真鶴-根府川

くねくね


真鶴付近のカーブ区間を山の上から俯瞰してみました。ドラマ「鉄道公安官」のオープニングにもこの付近が登場しているらしいです(但し、もっと左の方から撮影しているようです)。

イメージ 1
後方は伊豆半島
イメージ 2

イメージ 3

シャッタータイミングが合わなくて微妙だったので後続の普通も撮影。

イメージ 4

イメージ 5

10両編成がこれほど短く見えるとは!東海道貨物おそるべし。

1982年11月早朝の会津線湯野上駅

ここのところ、「仙セン485系引退惜別特集」を自主的に実施していて、ずっと古い485系の写真を載せてました。そのため、古い写真をあさっていたらこんな画像を見つけたので、485系をちょっと一休みしてこちらを紹介。

イメージ 1
1982/11 湯野上

ここへは、前夜の上野発急行「ばんだい11号」で会津若松まで来て会津線の普通列車に乗り継いで降り立ちました。目的はこの駅ですれ違う急行「いなわしろ(会津田島~仙台)」、キハ52単行列車に乗るため。
あと10日ほどで消えてしまう単行急行に乗ってみたかったのです。会津若松では、日中線に向かう旧客編成もいて後ろ髪をひかれたが、単行急行への物珍しさが勝ちました。
写真に写っているのは、会津若松から乗ってきた普通列車で手前からキハユニ26(たぶん)、キハ55、キハ48だと思います(メモを取ってないので詳細不明)。
そういえば、この時以来ここへは行っておりません。藁葺き駅舎になり、猫駅長もいるそうなので行ってみたいと思う今日この頃です。

イメージ 2

イメージ 3



帰省ラッシュ並み

東海道線普通列車が大船でトラブル発生。後続の湘南ライナーを先行させたために乗客が詰め掛け通路まで超満員。帰省ラッシュの特急列車みたいになってます。かつて、ラッシュ時に185や153の普通列車がありましたが、当時の混雑はこんな状況だったのでしょうか。
185系が好きな私でも乗りたくない状況です。早く帰りたいから乗ってますが、同じく185系を使う貨物線経由のホームライナー小田原に抜かされてしまいました。

上野駅で見た485系特急「あいづ」

最後まで上野駅に顔を出していたのに縁遠い列車でした。一度会津への家族旅行で検討しましたが、当時は土曜日は半ドンのため、上野発13時台(当時)はちょっと不可能でした。
結局乗れたのは、1996年の「ビバあいづ」とか2010年の快速あいづライナー(但し583系代走)だけ。しかし、磐越西線に行くと格好の被写体なので撮影だけは結構しておりました。

イメージ 1
1982/10 上野(ナンバーはクハ481-314と読めました)

以前に、同じ日同じ場所で撮影した画像とは1コマ違いです。後方の郵便車のほうが気になってしまいました。
「あいづ」というと磐越西線の有効長の都合で当時は9両編成で、仙台運転所の担当でした。しかしながら、混雑する「ひばり」に9両編成を入れることを回避するためか、常磐線の「ひたち」と運用を組みあわせて常磐製経由で所属区との行き来をしていました。年代を遡ると「ひばり」に9両編成を使用して入出区していた時期もあったようですが、需要の増加でこのようになったみたいです。


485系1000番台「つばさ」

電車特急に絵入りマークが付いた昭和53年10月の改正当時、中学校の鉄好きな同級生たちと評定し合っての一番人気はこの「つばさ」でした。但し、設定本数は1日3往復だったので、意外と撮れる機会は少なかったです。それなのに、前側は撮り逃してしまったようで後追いだけを撮影していました。
※パンタ付きのモハ484が手前側なので、秋田行きを後方から撮ったようです。

イメージ 1
1982/5 東北本線 白岡-久喜

※手違いで編集前の画像を出していたので差し替えました。

ドリームジャンボ車内広告

こ、これは


イメージ 1

【追記】
このロボットの名称は「ジャンボリオン」だそうです。早とちりな私は某アニメのロボットと勘違いしてしまいました(笑)。それはさておき、熊本支援にもなるならば久しぶりに買ってみますかね。

自分とは縁が薄かった485系特急「やまばと」

上野~山形間に1日3往復の設定でした。しかし、ウチは両親が宮城出身だったために、帰省の際にも乗る機会はまずなく、見るだけの列車でした。昭和53年10月改正以前は、盛アオや仙センの485系が使われていたので200番台やボンネットも見た覚えはありますが、記録には残せておりませんでした。昭和53年10月改正で秋アキの担当になり485系1000番台に変更となりましたが、個人的には当時一番好きな車両だったので、来れば必ず撮っておりました。485系の魅力1つに初期型から最新型まで混結できて外観がバラエティに富むことですが、その一方で1000番台で統一された編成にも魅力を感じておりました。

イメージ 1
1982/5 東北本線 久喜-白岡