暮れなずむ中を

連休初日の午後に真鶴の方に行ってみましたが、なんと天気は雨降り!諦めて地元に戻ってくると何とも言えない空の色だったので御殿場線の踏切に寄り道。

イメージ 1
御殿場線 下曽我-上大井

風向きのイタズラなのか?ずっと箱根の山にまとわりついていたような感じの雨雲でした。南側と東側では見事に天気が違っていて雷もなっていたのは驚きでした。
スポンサーサイト



仙セン485系引退ですか

ま、まさか先輩583系よりも先に引退してしまうとは・・・。あちらは電装系含めて大規模修繕したおかげで延命ができているのでしょうかね?
宮城県に両親の実家があったために、おそらく一番多く乗った国鉄特急が「ひばり」号だと思います。
その「ひばり」を郡山-仙台間とはいえ最後に最後にリバイバルしてくれるのは仙台支社からのはなむけの気持ちなのでしょうね。
そんなわけで、現役最後のころの「ひばり」号の写真で往時の活躍をしのびたいと思います。

蓮田で降りて田園地帯に向かって線路沿いを歩いている途中に遭遇し慌てて撮った状況のようです。この連結器カバーだとおそらく盛アオ車ですね。でも、いま仙台にいる車両は新製配置が秋田とか青森のようなので案外この中にいたのかもしれませんね。

イメージ 1

その列車の後部側。背景の家並みになんとなく見覚えがあります。今もあまり変わっていないのかも。

イメージ 2

1982年6月 東北本線 東大宮-蓮田

昔日の京王6000系

高尾線から滑り込んできたのは、5ドア車の編成。

イメージ 1

後部は前パン装備の3連が入っていました。

イメージ 2
1995年8月 北野

京王線上り「馬急」新線新宿行き 1995年

6000系由来のデワ600が廃車されてしまったようなので、昔の6000系の写真で惜別です。

イメージ 1
東府中

カーブ進入「湘南ライナー」

ああっ、ここでゴハチ牽引の20系「銀河」とか撮ってみたかったです。

イメージ 1

大船

改修終わり綺麗な小田原城と185系

お城の方は5月1日にオープンだそうです。

イメージ 1

あの頃の君はまだピカピカだった24系25型「あさかぜ」

30年前の1986年5月に乗った特急「あさかぜ1号」。24系25型への置き換えは1978年(富士やはやぶさでは1976年)なのでまだまだきれいな車体でした。

イメージ 1
途中停車駅で(広島かなあ?)
イメージ 2
車中の様子

防府までだったんですけど、食堂車付きが良かったので「あさかぜ1号」にしました。

東北本線 貝田駅 海抜185m

あの当時は有人駅だったのですね。

イメージ 1
1981年7月

新緑の箱根登山鉄道

来週からが行楽の本番でしょうか?創造したよりは電車は空いてました。GW前の静かな箱根です。

イメージ 1
強羅-彫刻の森

大宮駅への先着案内

いつの間にか横暇駅にこんな案内盤ができてました。

イメージ 1

ED71の花形運用を撮り損ねる(1981年夏)

確か当時の雑誌でそう書かれていたような・・・。この車運車を連ねた貨物列車は急行仕業だったと記憶しています。時は1981年7月、盛夏真っ盛りの沿線を早朝から徘徊してようやく撮影場所を見つけて落ち着いて間もない頃のこと。暑さと疲労でヘトヘト状態の時に峠を登ってくるモーター音に振り替えるとED71が目前に迫っていました。慌ててカメラを構えるものの、単焦点の望遠レンズだったのでこのありさま。

イメージ 1
ド逆光だったので補正しまくりました。
イメージ 2
ああっ、せっかくの重連なのに~。
イメージ 3
行ってしまいました。

こんなわけでせっかくのED71重連を撮るチャンスをフイにしてしまいました。
ところで、この場所は下りの寝台列車に乗ると福島市の夜景を見下ろせるお気に入りスポットです。しかし夜景を眺められるチャンスが減って寂しいです。

ネット募金

皆様から頂いた「ナイス」がTポイントとして蓄積されていました。先ほどPCを開いたらネット募金の画面が出てTポイントでも可能とのことでしたので、活用させていただくことにしました。

イメージ 1

ありがとうございました。

早期の余震の終息と復興を祈念致します。

東海道旅客線を迂回する貨物列車

時々貨物線保守のためにやっておりますが、昨日がまさにそうでした。右際の横須賀線を待っていたら通過しました。

イメージ 1

戸塚

Y157記念列車、今年は485系

Y157、横浜セントラルタウンフェスティバルというイベントだそうな。今年で横浜開港157周年だそうです。昨年は583系でしたが今年は485系(おそらく仙台車)を使うそうです。

イメージ 1

虹のアーチをくぐる

強風と強い雨ふりだった午後、車を東の方向に走らせていると、後方の西の空の雲が切れて日が射してきました。すると、前方には虹が登場。目的地のショッピングセンターの立体駐車場に着くと新幹線の線路と虹が同じ方向でした。ただし、まだまだ強い雨と風で屋根のない最上階には行けないので線路とほぼ同じ高さのこの位置で撮影。虹の色が薄いのでかなりアンダー気味で撮りました。

イメージ 1
2016/4 東海道新幹線 新横浜-小田原

さて、それでは買い物に行くとしますか。

【追記】
前に同じような経験したなあと探したら2年前でした。
タイトルも似ていて進歩なし。なんだかなあ。

特急「しらさぎ」青色の485系

その出で立ちから「あおさぎ」と呼ばれていたっけ。

イメージ 1
2001/11 北陸本線 新疋田

東京駅進入

イメージ 1

ついでにロゴも流します。
イメージ 2

【追記】
出張時に落ち歩くコンデジ、私の腕ではこれが精一杯かな。

新幹線発祥の地 鴨宮

500系がいてN700系がいないということは、デザインしたのは結構前なのかもしれません。

イメージ 1


近くのショッピングセンター敷地内の桜はこんな感じでまだたくさんの花をつけていました。

イメージ 2

山北D52ライトアップ

桜祭りの時期限定でしょうか?照明に浮かび上がっていたので目に留まりました。

イメージ 1

東急8500系

登場から40年以上経つそうですが、今でも元気に活躍中で、短時間に3編成見掛けました。今では、有り難くないあだ名を付けられているようですが、登場時は使用線区も相まって洗練されたイメージだったかと。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


個人的には高速走行中の勇ましいモーター音が好きです。

10年前の大阪で見た列車たち

今から約10年前の2006年5月、大阪に仕事で行く用事があり、しかも時間の都合で前泊せよとの指示で、前日夕方に出発し新幹線で新大阪を目指しました。が、あろうことか、新神戸まで乗り過ごしてしまいました。
仕方がないので、地下鉄で三ノ宮駅に移動し、在来線で戻ろうと考えました。ホームに上がるとエンジンの音を唸らせて列車が入ってきました。特急列車とのことで追加料金は要りますが、ゆっくり座りたかったので乗車。結構な速度で快調に走り大阪到着。降りて改めて列車を外から眺めました。

イメージ 1
前面にはこんなマークがついてました。
イメージ 2
隣の青い列車が気になるので先頭に行きました。
イメージ 3
このあとは別のホームに行くとこの列車が居ました。
イメージ 4

仕事じゃなければ、このままどちらかのブルトレに乗りたいと思いましたが、そうもいかず思いとどまりました。
10年ひと昔とはいいますが、すべて鬼籍入りしてしまいました。

茅ヶ崎で並ぶ185系

踏切安全確認の影響で抑止されている下りライナーと上り回送列車の離合。

イメージ 1

EF65 2076

カラオケに行った帰途、駐車場まで来ると良い頃合い。少し待つと入線してきました。

イメージ 1

御殿場線山北駅で夜桜見物

先日の嵐に持ちこたえた桜を見て来ました。

イメージ 1
架線柱が前面に掛かってしまった。
イメージ 2

イメージ 3

撮影後は桜祭り会場の鉄道公園に出店されている屋台に行って色々と食べておりました。昨年の当ブログに書いたえびせんべいも忘れずにゲット。こちらは家でおいしく頂くことにしましょうか。

東北本線を走る115系非冷房車

485系の特急列車の合間に撮ったようです。紺地に白文字の普通幕、見なくなりましたね。

イメージ 1
1982/5 東北本線 白岡-久喜(当時)

前後のコマからすると、新白岡駅の少し久喜寄りのようです。ちょうど圏央道を潜る辺りが立ち位置かな~と思います。34年経過していますが、今もそこそこ雰囲気がありますね。

D5270 今年も山北に春が舞い降りた

イメージ 1

山北

小田急EXEデビュー20周年記念ステッカー

出るときは結構注目されていたと思うのですが、塗色のためかビジネスライクな内装のためか人気が薄いようです。

イメージ 1


しかしながら、平日夜の通勤ロマンスカーに乗るならこの車両が一番良いと思います。
VSEのシートに知らないおじさんと並んで座るとか凄く避けたいシチュエーション。相手の方もおそらく同じ思いかと。LSEはシートが草臥れていることが多いし、MSEの内装は好きですが帰宅時に乗り合わせることがなくて不明。
箱根のレジャーと通勤ロマンスカーの両立はむずかしいということでしょうか。

改正後も活躍する185系ブロック塗装車

付属編成の方ですが、C2編成が「湘南ライナー5号」に運用されていました。

イメージ 1

検査の有効期限が切れたらどうなるのでしょう?定期運用は余裕がありそうだし、波動輸送用は十分足りてそうだしで、先行きが少し心配。

大磯の桜とEF6627

東海道線大磯駅構内には立派な桜並木があります。角度的には貨物列車の方が良いのですが、昼間は本数が限られていてタイミグが合わないな~と思っていたら手元の薬が切れかけていて医者に行くことになりました。診察が終わるタイミングと上り貨物列車の時刻が良いタイミングだったのでちょっと途中下車。
ただし、旅客列車だとこんな感じの位置関係。

イメージ 1

この日は駅の向こう側で保守作業を行っていたためか汽笛が聞こえてきて少しの間を置いて列車がやってきました。先頭はなんとEF6627でした。

イメージ 2

なるべく桜を入れたかったので後方に下がったら歩道橋が上に掛かってしまいました。とはいえ、来春にこの場所で0番台にお目に掛かれるかは分からないので、この場所で27号機に会えたことに感謝しましょうか。

戸塚駅 柏尾川の桜

桜の名所、戸塚柏尾川の桜は今がピークでしょうか。ちょうどやってきたN'EXと一緒に撮りました。

イメージ 1
戸塚