さらばあぶない刑事

見に行っちゃいました。

イメージ 1

【追記】
終わりの方でDLに牽かれた貨物列車が登場して思わず反応してしまいました。
懐かしいゴールドのレパードも登場して萌えてしまいました。
スポンサーサイト



国鉄テイスト?

185系車内にて

イメージ 1

イメージ 2

EF200+フクツー

54レ、所定はEF210牽引ですが、結構な頻度でEF200が先頭に立つことがあります。

イメージ 1

ホームの先端に行くのが億劫だったので、横着してこんな撮り方してました。もちろん黄色線の内側からです。

「フクツー青春引越便」と書かれたコンテナがあるのですが、それを見る度に腹痛を連想してしまうのは私だけでしょうか。

想定外の天理臨583系、しかし・・・

昨日のことですが、ちょうど上りの貨物列車が通るので待ち構えていたら、数名の同業者登場。しかし、やって来たのはEF210だったので、この後になんか来るらしい様子で検索したら天理臨が来ているらしい。

で、ホームで待機すること30分。次の上り列車は反対側ホームなので乗車する人たちはこっちには来ないだろうと高をくくって待機していたら三灯のライトが遠方に見えてきました。が、速度が遅く中々近づいて来ず、LSEが横を追い越していくのが見えた。

イメージ 1

で、ようやく近くに来たと思ったら視界を塞がれた。えっ!と思ってみると塾帰りらしい子供が携帯(通話)に夢中で白線(いや黄色線か)をはみ出していた。慌ててアングルを変えるも、このカメラは夜はAF遅いんだよな~。てなわけで、AFが迷って慌ててワイド側に切り替えたもののピントが来てません。

↓シャープネス掛けてみました
イメージ 2
後ろ側もピン甘
イメージ 3
2016年1月 東海道本線 小田原

人が多いホームの中央付近に居たので視界に人が入ってもしょうがないけど、子供のうちから携帯での通話に気を取られてホームの端っこに出るとは先が思いやられます。しかも、通話の相手はその子の親らしい。
583系が手前の通過だったら危なかった。1本向こう(貨物線)の通過で良かったです。

余談ですが、以前伊東臨の回送をこのカメラで撮った時も、AFが乱れ(その時は自分のヘマ)たので、かなり583と相性が悪いらしい。

渋谷の日常風景

イメージ 1

イメージ 2

2016.1.

来たぞ我らのウルトラ6兄弟

東京駅グランルーフの階段にペイントされてました。

イメージ 1

電車ウォッチが出来るスタバ

そんなこともあってか空席殆どなし。八重洲北側のサピアタワー内。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

位置的に東北上越新幹線が一番よく見えそうです。

廃止直前の房総急行

昭和57年(1982年)11月のダイヤ改正は房総急行も終焉でした。房総急行はヘッドマークを装着しているので撮りに行くと(ネガのメモによると10月に撮影したことになってました)、改正間近のためかグリーン車は外されヘッドマークもなく寂しい姿でした。

イメージ 1
1982年10月 錦糸町?

ヘッドマークがつかなかった理由は盗難されたから、というのを今頃になって知りました。

国鉄時代の101系と165系の離合

元画像は傾いていたので101系がやってきて焦っていた?らしいです。

イメージ 1

一コマ前はこの画像(ぶれてます)。

イメージ 2

1982年10月 たぶん錦糸町

ラストが近い房総急行を撮ろうとしたら101系がやって来て被ったといったところでしょうか。

真鶴で見た蜃気楼?

先日の降雪で雪化粧した丹沢の山を海越しに見たくて真鶴に行きました。

イメージ 1

ふと景色を見ると蜃気楼のようになっていて驚きました。

イメージ 2

帰途はきれいな月を根府川で撮りました。

イメージ 3

ちょっと傾いてしまいましたが。

往路、東海道線の旧線のメガネトンネルの側壁が下から見えておりました。冬のうちに再訪しておきたいと思います。

根府川 ここは海至近の駅

下り列車が到着

イメージ 1

ダブルパンタで走っていた485系「ひばり」

屋根周りの機器類の多さから直流特急型よりも交直流特急型の方が勇ましく見えました。

イメージ 1
1982年5月 蓮田-東大宮

8つのパンタグラフを上げて走っていたころの189系「あずさ」

当時の国鉄特急の多くはダブルパンタで壮観でした。結局は1ユニットに1つずつでよいことになって半減してしまったので案外この姿を記録してませんでした。

イメージ 1
1980年7月 八王子

理由はともあれ、見た目にはこっちの方が格好良いです。パンタグラフをたくさん上げていると架線の摩耗とかが激しいので仕方ないのでしょうけど。

185系ブロック塗装の組み合わせ

今日の踊り子105-106号は順当に流れればこのペアの予定。
2.3年前までは見慣れた日常だったのですがねえ。いつの間にか珍しい存在に。

イメージ 1

小田原

参宮線鳥羽駅で見たスロフ62

1982年3月に訪れました。近鉄で賢島から鳥羽に移動してここから参宮線で多気に向かう途中でした。
ホームに下りたら、旧型客車のオールグリーン編成がいたらしく、しかも当時基調になりつつあるグリーン車の帯付きということで撮ったようです。
しかし、自分のことでありながら当時の行動パターンが謎で、せっかく鳥羽まで来たのに撮ったのはこの車両と駅舎だけで、この団臨編成に機関車は繋がっていたのかどうかもいまとなっては不明です。

イメージ 1
1982年3月 参宮線 鳥羽駅

いまこんな列車が走っていたらグリーン帯があろうとなかろうと、垂涎ものでしょうね。おそらく牽くのはDD51でしょうし。でも、当時は特段珍しくなかったのでしょうかね?それとも、乗り換え時間がわずかでこれを撮ってそそくさと列車に乗り込んだのか?今となっては不明です。

今朝の富士山

イメージ 1

東海道線車内から

雪化粧した丹沢と東海道新幹線

イメージ 1

成田エクスプレス雪の中を走る

すでに雨に変わってましたが。

イメージ 1

戸塚ー大船

コデとコキとPF

先日の伊豆箱根鉄道大雄山線車両の甲種輸送でのひとコマです。
コデ165は大雄山線の事業用車両でここまで車両を牽引してきて、JR貨物のEF65PFに引き継ぎます。
JRと大雄山線の連絡線は架線が張られていないため、コキを控車として使用します。両車が並んだところを写しました。

イメージ 1

イメージ 2
2016/1 小田原


DE11回送

突然やってきたのですが、何とか記録しました。相模貨物駅の入換機の交替のための回送らしいです。

イメージ 1
2016/1 戸塚

カシオペア 長い旅の始まり

尾久車両センター南端の踏切は時折車が通る時と頭上の高架を電車が走る時以外は比較的静かだった。そして、15時25分タイフォンが鳴り響き、一拍遅れで機関車のホイッスルが応えると、夕陽に輝くシルバーの車体が動き出した。その車体が徐々に徐々に大きく見えてくると、踏切の警報機が鳴りだした。

イメージ 1
2016/1 尾久-上野

この光景、動画で撮りたいなと思った瞬間でした。さらに近づいてくると、こんな感じ。

イメージ 2

この運転技術を将来に継承して行かないのはなんとも惜しい。

南武205系廃車?回送

昨日、国府津で上り列車から見掛け、結局戸塚で追いつかれました。

イメージ 1

イメージ 2


先日ファイナルランした編成ですね。JRさん仕事早いですね。
不活動資産の処分を怠っていたら、職場ならば大目玉ですから当然といえば当然か。

久々のEF6627

24時間ほど前の目撃ですが。

イメージ 1

小田原

御殿場線とイルミネーション

このネタで何度も恐縮ですが、あの「上曽我踏切」から松田山のイルミネーションが見えることが分かり夕方ちょっと撮影。

イメージ 1
御殿場線 上大井-下曽我

ちょっと、遠すぎましたね。架線柱との位置関係も微妙ですが、この場所だと目にも後ろにも行きようがなかったのでした。

伊豆箱根鉄道5000系甲種輸送

車両を伊豆箱根鉄道からJR貨物に受け渡す一通りの作業が済んだところです。

イメージ 1
小田原駅

松田山のイルミネーションを列車から見上げる

毎年クリスマスシーズンになると開催される松田山のイルミネーションですが、昨シーズンから成人の日の三連休にも点灯されることになりました。この日はちょうどLSE「ホームウェイ」の後展望席が取れたので、特等席からイルミネーションを見ることができました。

小田急ロマンスカー車内から
イメージ 1

前日は、あの上からこちらを見おろしていました。

週末パスでの日帰り旅行-3

蕎麦を食べた後は上田駅に戻ります。電車まで少し時間があったのと寒いのとで、駅構内にあったTully's Coffeeショップによります。上諏訪駅構内や甲府駅ビルでもタリーズは見掛けたことがあり、この方面によくみかえるような気がします。
上田駅ホームに降りると、結構な待ち客がいるので立ち席覚悟かと思ったらボックスシートに相席で着生機で来ました。車両はしなの鉄道カラーの115系、田中まで10分ほど乗車して、15:30到着。木造の雰囲気の良い駅舎でした。

しなの鉄道 田中駅
イメージ 1

温泉はと駅から右手の方を見るとS口核になりました。入口は2階なので、デッキに上って振り返ると駅構内が見えます。

イメージ 2

そして、この温泉施設ゆ~ふるtanakaにて1時間ほどゆったりとした時間を過ごしました。ところで、露天風呂に入った際に寒暖計があったので見たらなんと2℃でした。ところで、施設内に食堂があって、メニューに惹かれたのですが今回は時間がなく諦めです。
入浴後は上田に戻ります。やって来た電車は2両編成。ほぼ同時に、長野色の115系軽井沢行きも来ました。ワンマン運転なので、後部の窓から115系を見送りました。

イメージ 3

イメージ 4

上田に16:47着。実はこの10分ほどあとに「ろくもん」が来ていたのですが、この時は気づかず見逃しました。駅改札口横では、お土産コーナーがあったので、1合瓶入りの地酒と169系をデザインしたタオルを購入しました。
そのあとは、上田17:18発の新幹線「あさま」で帰京です。この時期、この時間帯の上り列車は空いていると予測されたので、帰りは自由席、しかも上野駅までにして特急両機を少しだけ節約です。

上田駅には甲冑が飾られていました。

イメージ 5

帰途もE7系の編成でした。

イメージ 6

乗った車両は1両に5名ぐらいしか乗ってなくて静寂に包まれてました。しかし、それもつかの間、軽井沢から乗客が増え少し賑やかになります。そして、淡々と進み、上野18:50着。1年前ならば、北斗星の入線しているころの時刻ですが、今ではそんなことはなく夜行列車の玄関口の役割を終えつつある地表ホームを抜けて高架ホームから東京駅めざします。東京駅はミチテラス開催中なので、混雑を避けて駅前広場からちょっとだけライトアップを眺めて東海道線で帰途につきました。

イメージ 7

次回は、もっと週末パスを活用して地方私鉄をめぐる旅をしようかと考えつつ庫内の旅を締めくくりたいと思います。

(おわり)





ロマンスカー乗車

本日、所用での帰途に小田急ロマンスカーに乗車。車両はLSEだったのですが特等席に空きがあったのでゲットしました。

イメージ 1

窓曇ってますが。

山の上から小田急ロマンスカーを見おろす

遠目にはMSEに見えますがどうなのでしょう?

イメージ 1

開成ー新松田

お山の上では三連休限定でイルミネーション開催中。

イメージ 2

近鉄志摩線内で見掛けたビスタカー(1982年)

なーんでこんな遠くで撮ったのだか?

イメージ 1

二階建て部分をアップしたかったようです。
イメージ 2

1982/3 近鉄志摩線内