元485(489)系と24系(25型)の断面

電車特急からの改造車ということで断面形状の違いが分かるように撮ってみました。

イメージ 1
2014年9月 東北本線 上野
スポンサーサイト



大糸線内を往く急行「白馬」

金沢から松本まで走っていたDC急行でした。

イメージ 1
1980年3月 大糸線 撮影地失念

2007年北斗星のスナップから

当時の「北斗星3号」の札幌到着は確か11:15頃。札幌にお昼前に着こうとすると結構便利な時間帯でした。
飛行機だと同じ時間帯に着くように逆算していくと、千歳空港駅発10:30頃の電車に乗りたいので羽田空港発8:30頃でチェックインとかを考えると当時住んでいた横浜市内の最寄り駅を7:00頃出発となるので、5:30~5:45に起きて支度が必要・・・朝の弱い自分としては「ならば前夜発の夜行もありか」とちょっとこじつけて「北斗星」の寝台券を買ったことがありました。
11月の連休が終わった直後の日曜日の出発でしたが、B個室は取れず開放寝台に乗りました。

上野駅ですが、ホームに撮影者はほとんどいません。
イメージ 1
シャワーも難なく券を入手
イメージ 2
せっかくなので、パブタイムを利用しました。背景は郡山駅。
イメージ 3
グランシャリオの案内です。
イメージ 4

このころは、食堂車存続大丈夫かな~って心配したくなるような利用状況でした。ただし、そうそう札幌に用事はないので、ビジネス利用はこの時だけでしたが、ゆったりと移動できるので意外と疲れなかったです。
でも、向こうで合流した同僚には絶句されました・・・。

2007年11月「北斗星3号」での記録。

20系を使った寝台急行「新星」(1890年9月)

「新星」号は初めて乗った寝台列車でその時は10系客車でした。その思い出の列車が20系に変わってぜひとも乗りたかったのですが、実現しませんでした。
イメージ 1
1980.9. 東北本線、大宮


停止位置を見誤り、こんな遠くでの撮影になりました。当時はズームレンズは持っていなかったし、この明るさでは標準レンズを使うしかなかったようです。それにしても、早朝の大宮駅にこれだけの撮影者がいたのは驚きです。

遅れサンライズ

上り列車を降りて改札口に向かおうとすると、通過列車の案内放送が聞こえたので逆戻り。ダイヤ上は通過列車は来ない時間なので何が来るのかと思ったらこれでした。

イメージ 1

戸塚

所定から4時間位の遅れでしょうかね。

1982年455系急行

1107Mとあるので、「まつしま」号でしょうか。

イメージ 1
1982/6 東北本線 東大宮-蓮田

20年前の夏の景色(中央東線)

1995年の夏休み、なぜかその頃はチャリ鉄がマイブームでして、ロードレーサーを輪行袋に詰めて山梨県に向かってました。「特急かいじ」~中央線普通列車~小海線と乗り継ぎ、降り立ったのは甲斐小泉駅でした。
ここで自転車を組み立てて出発。目指すは中央本線のどこかの駅で明確には決めてません。但し、標高差を考えれば概ね下って行く行路になるはずです。ちょっと怠惰なチャリ鉄開始。

まずは、八ヶ岳を背景に1枚、とはいえスタンドを装備してないので愛車は横倒しのまま(汗)。
(スタンドって輪行の時はちょっと邪魔なんですよね。)
イメージ 1

地図も見ないであてずっぽうに下って行くと中央本線の線路に出くわしました。長坂-小淵沢の間でしょうか。ここが富士山の見えるスポットとはこの時は露知らず。
イメージ 2

標高が下がってくるにつれて、涼しい気候ではなくなってきて、へばって来たのか?投げやり気味な1枚。
イメージ 3

この日は臨時急行アルプスの運転日。撮影できそうな場所を捜索中に「あずさ」が通過。↑の場所に戻るには坂道を上る必要があり戻る気ゼロ。

イメージ 4

結局、場所を決めきれずに時間切れ・・・。アルプスが来てしまった。
イメージ 5

標高が高いので涼しいのですが、真夏の日差しは侮れません。このころには結構へばっていたように思いました。この後は韮崎駅まで走ってお開きにしました。
真夏であっても、行程を事前リサーチして暑さ対策をきちんとしておけば問題ないんでしょうけど、思い付きで実行に移してしまいました。でも、車で動くのとは違う感じで景色を見られるのでこれはこれで楽しかったです。
なお、小海線はキハ110系列に置き換わっていたため、この時は全く撮影をしてませんでした。

1995/8 中央本線 長坂近傍?

一日遅れで北斗星グッズをゲット

24日に上野駅に寄ったらNEWDAYSに貼り紙があったので釣られて買ってしまいました。

イメージ 1


14.15番線ホームと改札口の間にあるワインショップ?にも貼り紙があったのですが、寄りそびれました。こちらならば記念のアルコール類があるかもしれません。

8/24上野駅

ちょっと寄ってみました。13番線ホームは結構賑わっておりましたが、大きな鞄が目立ちこれから北海道に行く人と見受けられました。

既に北斗星の札は外されてました。

イメージ 1

待合コーナーの五ツ星広場は殺風景になってました。

イメージ 2


まだカシオペアは半年は走るのにこの状況は・・・。ちょっと悲しくなりました。それとも、将来のクルージングトレインに備えて改装でもするのでしょうか?

少し前の寝台特急(1999年の「さくら」)

中途半端な画像で恐縮ですが・・・。大船駅に進入する上り「さくら」です。

イメージ 1
1999年秋 東海道本線 大船

非営業ではありましたが、食堂車オシ14がつながっておりました。

天気は下り坂

頭上は雲が垂れ込め薄暗くなった中をリゾート特急が都会に戻っていく。

イメージ 1
2015/8 東海道本線 根府川-早川

中央・総武緩行線に転じたオレンジの103系

運転席後方に戸袋窓があるようなので、非ATC高運転台ということになります。
1982/10 錦糸町

イメージ 1

1両貸切状態

まあ、終点間近ですからねー。但し、ここまで空いているのは初めてかも。

イメージ 1

185系車内

東北本線 久喜駅付近での「ひばり」

今から33年前1982年5月東北本線久喜駅近辺で東北特急を撮ってました。

イメージ 1
1982/5 東北本線 白岡-久喜

で、なんだか見覚えあるなあと思ったら、先週もこの左側の側道を歩いておりました。

イメージ 2
2015/8 東北本線 新白岡-久喜

見比べると両方とも、右下に「c1」と書かれた信号設備か何かのBOXが写ってました。

485系や583系がひっきりなしに通るという体験をもう一度してみたいです。

ちょっと前の寝台特急(単独運転の「はやぶさ」)

ちょっと遠目でシャッター切ってますが、1999年秋の撮影です。
このころは年1回程度は九州に出張に行っておりましたが、往復の交通手段の選択肢としては食指が動きませんでした。食堂車でも営業していたら別だったんでしょうけどね。

イメージ 1
1999年秋 東海道本線 戸塚(-大船)

ひとあし早くお別れ?「北斗星」

昨日の記事の続きです。推回を見送った後は、混雑しているだろう上野駅は避けて田端駅のカフェで休息ののち、京浜東北線で北上します。激しくはないものの雨は降っているようです。
念入りにダイヤを調べ被りがないと予測される川口駅に降り立ちます。通過まであと10分ほど、ホーム先端側には20名ぐらい集結してました。そして、京浜東北線北行電車の接近表示が点滅している中を「北斗星」が通過して行きました。その差は1分弱ぐらい、少しダイヤが乱れたらと思うとドキドキでした。

イメージ 1

イメージ 2
私が見た最後の北斗星はこの景色になってしまうのでしょうか。

関東地方であれば、水曜、金曜、日曜日に見ることが可能ですが、おそらく都合がつかないのでこれが最後になりそうです。あとは最後まで無事に走ってくれることを祈りつつ見守ろうと思います。

思えば高度成長期などに寝る間も惜しんで全国を駆け巡ったビジネスマンには欠かせない存在であった寝台特急列車。今ではそういった用途はほとんど無いとは思いますが、日本の産業を支えた功績として何らかの形で残してほしかったと思います。

「北斗星」推回のお見送り

いよいよ最後が迫ってきた「北斗星」ですが、自分のスケジュールを考えるとおそらくラストチャンスとばかり行ってまいりました。がしかし、かなり激しい雨降りのため、当初考えていたのとは全く違う行程で動くこととなりました。
まずは、傘が不要なこの場所で推回の「北斗星」を待ちます。

貫通路を開け放っての推回は「北斗星」でラストか?
イメージ 1
食堂車のサイドビュー
イメージ 2
やばっ、このままでは露出が逝っちゃうとか考えながら、とっさに切り替えができずやっぱりやらかしました。
なもんで、白黒に変換して画像補正で救済してみました。orz
イメージ 3
↑暗さに引っ張られて1/40secでシャッター切れて明るく飛んでしまいました。

撮影を始めてからこの設定じゃダメじゃんと気づく有様では・・・。まあ、しゃあないか!

推回待ち

信号が黄色に変わりました。

イメージ 1

伊豆・三津シーパラダイス

ちょうど夜間営業中とのことで寄ってきました。

着いたらイルカのショーが始まったばかりでした。
イメージ 1
ショーに出ていたイルカを至近で見られました。
イメージ 2

イメージ 3
こちらの水槽、見た目で体長30cm位の鮫がいました。
イメージ 4

滞在約1時間半と慌ただしかったですが結構楽しめました。伊豆長岡から近いと分かったので、次回はゆっくり見に行こうと考えております。

伊豆のリゾート特急には海が似合う

海を背景に185系を撮ったほぼ24時間後、こちらの方面に用事があったのでついつい寄り道してきました。

イメージ 1
2015/8 東海道本線 早川-根府川

東京を15:30に出発した「スーパービュー踊り子11号」車内の乗客が少ないように見えるのが気になります。お盆休みの終盤の土曜日夕方に伊豆に着くようでは需要がないということでしょうか?
この後は、なぜかそのまま西に向かい、伊豆半島を横切って沼津市まで行ってしまいました。駿河湾の暮れゆく様子がきれいでした。でも、せっかくなのであと6時間ぐらい早く来たかったです。

イメージ 2
静岡県沼津市

カシオペア曇天を往く

さすがに3日連続だとしんどくなってきてました。体力が落ちたのか、連日炎天下を屋外で過ごしたためか?この日は、帰途のことを考えて久喜で降りました。天気は曇り模様、向こう側の道路は舗装工事中(ほとんど終わって片付け中でしたが)。そんなわけで、上り線側から狙ってみました。ただし、こちらから撮ると、タイガーロープと杭が目立ちますね。但し、こちら側からだと動画を撮っても風切り音があまり入らないのは良いかも。

イメージ 1
2015/8 東北本線 新白岡-久喜

久喜付近は住宅が植えてきましたが、まだまだ田畑が残っている場所もあります。

海をバックに

夕方この場所に行くと山側から日が射してました。17:00近い時刻ですがまだまだ日が高いです。

イメージ 1

普通列車を追いかけるように上り特急列車が通過。この塗色は、こういう景色を通ることを考慮してデザインしたのでしょうか?海との対比が鮮やかです。

イメージ 2

2015/8 東海道本線 根府川-早川

薄曇りの中を往く北斗星

北斗星の運転日はさすがに混むだろうと考え早めに行動。しかし、通過2時間前にはちらほらとスタンバイしている人を見掛けました。ただし、待っている間に次第に雲がかかって来て通過15分前ぐらいには太陽は完全に雲の中。とはいえ、その時間では人が増えて移動は難しそうだったので、当初の場所で撮ることにしました。

イメージ 1
2015/8 東北本線 野木-間々田

来る時は間々田駅から歩いてきました。しかし、ここの場所はお隣野木駅との中間地点なので、帰りは野木駅に歩いていきました。
野木から地元までは上野東京ラインの普通列車で3時間弱。節約して普通車に乗ったら宮ヤマのE231系初期車が来てしかも東京からはラッシュに突入。正しい姿勢で長時間座ったのでお尻が痛くて大変でした。往路はラッシュに無関係なので普通車でも余裕でしたが、帰途に普通列車のグリーン料金\980はケチらない方がよさそうでした。

夕暮れ時のカシオペア

今年のお盆休みは寝台特急を撮っておりました。毎日こちらに繰り出すのはさすがにしんどかったですけど、来年はおそらく見られないと考え出かけました。

イメージ 1
2015/8 東北本線 古河-野木

とか言いながら、場所を決めきれずにいたらやって来てしまい慌てて撮影。もうワンスパン向こう側で撮っていれば、左奥の建物は視界の外だったのですが・・・。右側の道路も入ってしまいました。
帰りは上野東京ラインのグリーン車にしました。あまりに暑かったので、アルコール入り飲料とかついつい買ってしまい結構な出費になりました。ラッシュの時間帯にかかるので東京か品川辺りからは立ち客も出ました。

今や主役はキンタロー?

お盆休みを利用して埼玉県~栃木県界わいに出没しましたが、キンタローに頻繁に出会ったような気がします。

イメージ 1
2015/8 東北本線 古河-野木

新宿京王デパートで鉄道フェスティバル

残念、明日13日~だそうです。

イメージ 1

ドクター東海

御殿場線に珍しいお客さまが来てました。

イメージ 1

中間の台車

イメージ 2

国府津

ディナータイムの始まり

暮れなずむ時刻のディナーは格別なことでしょう。

イメージ 1
2015/8 東北本線 野木―間々田

JRさん、この車両でグルメ列車やりませんか?

モモタロー栃木に遠征中

はて?こちらに鬼ヶ島はあったっけ?
ところで、東北本線も北上していくと線路を仕切るフェンスも柵もない個所が残っているのには驚きました。

イメージ 1
2015/8 東北本線 野木-間々田

仕事熱心なEF6627

昨日の帰途、東海度線を下っているとEF6627が上っているとの情報を知りました。暑さでバテバテだったのでスルーのつもりでしたがうたた寝したおかげで体力復活。気を取り直して途中下車して待ち構えていると、ための旅客線に通過列車の案内放送が流れました。こんな時間に何か来たっけ?と思う間もなく上りのスーパービュー踊り子号が登場、しかも側面に他の列車をヘッドライトを輝かせてました。
万事休すかとおもいきや、流石に特急は速くスーパービュー踊り子の後方からEF6627が姿を現しました。

イメージ 1
2015/8 東海道本線 大磯

スーパービュー踊り子通過の直後に来たので、連写4コマ目で何とかこんな画像を記録できました。
お盆休み期間にも関わらず東へ西へ駆け巡るEF6627、いつからお休みするのでしょう。