東京駅地下C62 15の動輪

東京丸ノ内のKITTEI 側にありました。以前とは場所が変わったように思いますがどうだったかな。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

スポンサーサイト



信濃町

中央線が接近していたので、手前の総武緩行線が走り去るのを待っていたらその向こうをライナーの送り込み回送が通過中でした。

イメージ 1

エナジードリンク?

前々から気になっていた、このドリンクを東京メトロの駅でゲット。

イメージ 1


おっさんが飲んでもしょーがないので、家族のお土産ですね。

国立競技場跡地

なんか廃線跡めぐりしている気分に近い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

夜行列車がよく似合う上野駅13番線

個人的には座席夜行の方が合いそうに思います。
今こそキレイに改装されていますが、かつての夏休みに夜行急行の自由席を待つ列に並んでいると、薄暗く蒸し暑いホームと頭上からの走行音が響いて来て入線が待ち遠しかったです。今はホームも列車もキレイになって当時の面影すらありません。

イメージ 1

2015.1. 上野

7月は形式70,700,7000月間・・・EF70

最初からこういうタイトルにしておけばよかったのですが・・・。ところで、今日取り上げるEF70は活躍の末期ぐらいに北陸本線で見かけました。しかし、1灯ライトの方は撮っていたのに、2灯ライトのほうはカメラさえ向けていなかったようです。

今庄で留置中。乗っていた普通列車が特急を退避している間に撮影
イメージ 1

武生で雷鳥との並びを。
イメージ 2

以上、1981年3月北陸本線で撮影。

7月は700系(形)月間

大師線で余生を送るところを撮影していたようです。

イメージ 1
2005/10 京急川崎

7月は7000系(形)月間-4

副都心線と東横線が直通運転を開始して以来、横浜市内でも見られるようになりました。

イメージ 1
2013/6 東横線 武蔵小杉-新丸子

今週は河口湖

イメージ 1

大都会名古屋駅を走るDD51

かつて出張で名古屋を訪れた時に、突然DD51が牽く貨物列車が現れて驚いたことがあります。今ではネットで通過時刻は調べられるので不意を突かれることは無くなりましたが、DL好きとしては見逃せません。

イメージ 1
2015/6 名古屋

久しぶりに江ノ電乗車

昨日は、定時退社励行日ということで明るいうちに帰宅の途に。ならばと、鎌倉に向かうも着くころには薄暗くなっていたので、乗り鉄に切り替えて全線を通しで乗車してきました。

イメージ 1

車止めのカエルさん、麦わら帽子とサングラスで夏の装いでした。

都会の電車はキレイだね

表参道

イメージ 1

青の時間

有楽町のビル群を背に常磐線直通のE231系が入線。

イメージ 1
2015/7 東京

フジサン特急

リゾートやまどりと下吉田で交換して来たのは、富士急ハイランドのアトラクション?かと見まごうフジサン特急です。賛否両論色々とあるようですが、私はこのユニークな外装は嫌いじゃないです。

↓線路わきの側道からこんな感じに撮れます。
イメージ 1

イメージ 2
2015/7 富士急行 下吉田-月江寺

いよいよカウントダウンが始まった?北のブルートレイン

7/22朝、ラジオのニュースで「本日北斗星の最終列車の切符が発売される」ことを告げていた。
昼休み、ネットのニュースに「寝台券が瞬時に売り切れ」と伝えられていた。
ああ、本当にあと1か月なんですね・・・。

などといって、青森行きの寝台急行を設定・・・なんてサプライズはないかしら。

イメージ 1
2015/7 東北本線 尾久-上野

外回りの移動の合間に、西日暮里で降りて推進回送を見送ってきました。こんな時間にブルートレインを見掛けると北のブルトレよりも西に向かうブルトレ(さくら、はやぶさ、みずほあたりか)を思い出してしまいました。
北斗星も3往復、2往復の時代は16:50発があったので違和感はないはずなのですが、夕方のブルトレだと九州方面の印象が個人的には強いです。

振り返れば、こんな感じ。小型なミラーレスのおかげで柵を何とかかわして(右側に少し入ってしまいましたが)客車を押していくEF510を捉えることができました。

イメージ 2

このカーブしている先に西日暮里駅があり、新幹線ができる以前にはホームから夜行急行の推回を撮った覚えがあります。ところで、左手のマンション、鉄的には眺めがよさそうですね。

敬遠席?

あの事件以降に新幹線乗るのは初めて。いつも愛用のこの席に座ってます(といっても2号車ですが)。

イメージ 1


不審者来たら、やっつけるしかないな。いや、自分が間違えられないようにしないと。

とにかく、平和が一番です。新幹線は休養とくつろぎの場所ですので。

炎天下を往く寝台特急

都内での打ち合わせに移動中、少し時間があったので乗換駅で一旦下車。街中を歩いていたら目の前を青い列車が通り過ぎました。

イメージ 1

東北本線 尾久ー上野

さすがに陽炎でボヤボヤの画像をカメラのピント補正機能で修正。最近のカメラの機能は侮れません。

和菓子を思わせる配色のリゾートやまどり

ホリデー快速の少し後に現れたリゾートやまどり。どうしてもこの車両を見ると、小倉味、抹茶味を連想してしまいます。豪華なシートなのに普通車扱いなので、ぜひとも乗りたい車両です。

イメージ 1
2015/7 富士急行 月江寺-下吉田

シンボルマーク復活

山中湖からさらに足を延ばして下吉田へ。ホリデー快速にこの編成が入ってました。

イメージ 1
2015/7 富士急行 月江寺-下吉田

富士山は完全に背後の雲の中でした。この2時間後にはくっきりと姿を現しておりましたが・・・。

塔ノ沢温泉 箱根湯寮

給水管のトラブルで家の風呂が使えないトラブルがあって、土曜日はひと風呂浴びに箱根に出没。車で行くと近いのですが、湯上りの一杯を楽しめないのが難点。ここは小田急系列なので箱根湯本駅から送迎をしてくれるのですね。電車で行くのも良い案かもしえません。

イメージ 1

森の中の露天風呂は涼しくて心地よかったです。

山中湖畔にて

体感では25~26度ぐらいかと思っていたら、気象データでは27度を超えていたようです。でも、下界に比べたら涼しかったです。

イメージ 1
ワンコにはそれでも暑いようです。

足柄SA下り線

立ち寄ったら、こういう像が飾られていました。

イメージ 1

イメージ 2

エヴァンゲリオンの舞台は近くだもんなあ。

夜の真鶴駅

花火大会を見た帰り道。

E233系の沼津行を見送り
イメージ 1
やって来たのは上野東京ライン上野行
イメージ 2

夜21時台だけど電車は結構混雑。多くの人が小田原で降りて小田急線に乗り換えてました。


湯河原花火大会

昨日は、花火を見て来ました。開催場所は湯河原なのですが、海を挟んで見えるだろうと真鶴へ。三脚も持たずにミラーレスで手持ちで撮っておりましたが、なぜかシャッター速度を1/15secに設定してしまい、ぶれた写真を量産してました(笑)。

イメージ 1

イメージ 2

タイミングによってはこんな写真も、図鑑か何かで見た天体誕生みたい。
イメージ 3

海岸で見る花火大会は風が涼しくて気持ちよかったです。

みちのくの韋駄天急行 くりこま(6号)

仙台-青森間を特急と遜色ない速度で走る電車急行「くりこま1号、6号」は周遊券旅行では結構重宝しました。特に上りの6号は急行「たざわ4号」を瀬峰で追い越すダイヤでした。

イメージ 1

イメージ 2
1981年7月 東北本線 青森

親の実家が宮城県松島町なので、この急行は子供の頃から時々見ておりましたが、何かの書籍で特別な存在と知り、特に敬意を持って見送っておりました。


サマーホリデー湘南箱根号

当地には珍しいE257系500番台がやってきました。しかし、雨が時々降る不安定な天気で結局は石橋の方には行かず仕舞いでした。

イメージ 1
2015/7 東海道本線 鴨宮-国府津

前面表示は「快速」でした。この天気と箱根大涌谷の噴火では利用状況はどうだったのでしょうね。

7月は7000系(形)月間-3

形式7000を名乗る車両は相鉄にもいます。
イメージ 1

イメージ 2
こちらは新7000系

イメージ 3
相鉄いずみ野線 ゆめが丘

急行「ちどり」のサボ

広島と米子を結んでいたディーゼル急行ですが、夜行列車も走っていたのが珍しく感じました。この写真は、広島から(正確には岩国始発、広島から急行「ちどり」として運転)夜通し走って来て、さらに快速となって鳥取を目指す列車を米子か倉吉で写したものです。残念ながら私が乗ったのは、米子~倉吉で夜行ちどりとは関係ない区間でした。列車の先頭を撮影していないのは、早朝で眠くて横着?したのかも。
おそらく、キハ58系で代わり映えしないことも手を抜いた理由と思います。

イメージ 1
1980/7 米子or倉吉

その「ちどり」の次のコマが倉吉駅舎でした。タクシーの車種が懐かしいです。

イメージ 2

迫力のDD51重連

先日所用で名古屋に行った時のことです。用事が終わって後は帰るばかりとなった午後のひととき、ほどなく関西本線関連の貨物列車がやってくることが分かり、急いで下りの東海道本線に飛び乗ります。とはいうものの、清州まで行くと時間切れになりそうだったので枇杷島で下車。
まずは四日市方面を目指すDD51単機のタンカートレインが通過。その数分後にDD51重連で稲沢方面に向けて列車が通過して行きました。

イメージ 1
振り返ると
イメージ 2

更新色であろうが、架線の下を走ろうが、この迫力に痺れました。

2015/6 東海道本線 枇杷島

臨時急行「けせん」

今となっては調べようがないのですが、確か夏休み期間だけ走った臨時列車だったと思います。

気仙沼線を乗り潰して気仙沼へ行き、ここからこの臨時急行に乗車。北上で途中下車して駅構内の食堂(カフェ?)で夕食を摂りました。

気仙沼に佇むキハ58系2両編成
イメージ 1
横サボ
イメージ 2
デッキ付近
イメージ 3
1982年7月 気仙沼

どうやら、盛岡から盛線の吉浜まで直通していたようです。