6月は6000系月間-5 地上駅時代の布田駅

6月もあと数分ですが、もう一度京王6000系を。

急行灯を点灯して新宿に向かう急行列車。
イメージ 1
その列車の後ろ側。この車両はクハですが回生制動時の離線対策でパンタを装備してます。
イメージ 2

後方に見える大きなマンションから布田だろうと推定しました。2002/5撮影。
スポンサーサイト



120km/hの並走

東海道線、横須賀線ともに数分遅れで来たために、戸塚~大船は全力疾走。ポイント制限を抜けたE217が猛然と追い上げてきて東海道線のE233と並走し2列車のモーターの爆音が反響してました。
そして大船の手前のカーブ区間で高速運転は終了。

イメージ 1

カーブ区間に入り減速後の横須賀線の様子。スマホで撮影。

6月は6000系月間-4 東京メトロ6000系

この車両、子供のころから居るよな~と調べてみたら、試作車は1968年デビュー量産車は1971年から登場したらしい。近未来的でカッコ良いなあと子供心に思いましたが、高校生ぐらいの時は非冷房車でいただけないと思ったりしてました。とはいえ、今も活躍が見られるのは喜ばしい限りです。

イメージ 1
2010/8 小田急線 新百合ヶ丘(たぶん)?
探したらこんな画像しか見つけられませんでした。真面目に撮っておかないと。

山に分け入るロマンスカーMSE

ここは中央本線か?と思わせるような山岳風景の中、MSEが通過して行きました。

イメージ 1
小田急線 新松田-渋沢 2015/6

この辺りでポツリポツリと降り出した雨が、暫くしたら大雨になるとは思いもよりませんでした。

見事な夕焼け

昨日の夕方にきれいな夕焼けを拝めました。

イメージ 1

2015.6.27. 小田急線 富水付近

天候回復

青空が見えてきました。

イメージ 1

14:22 東海道線 小田原ー早川

185系OM08編成の今

数ヵ月前はたくさんの人にカメラを向けられたであろうOM08編成、今は静かな日々を送っているようです。まだまだツヤツヤピカピカのお肌なのですが、かつての人気者と気付いてもらえてないかも。

イメージ 1

2015.6.小田原

札幌ラーメン味の時計台 赤味噌ネギラーメン

昨日同僚と話をしていたら無性に食べてくなって帰りに寄りました。
戸塚駅横のショッピングセンターにお店があるので行きやすいのです。

イメージ 1


今では札幌ラーメンの店も色々と選択肢が増えましたが、駅至近にあって手軽に札幌ラーメンを味わえるので嬉しい存在です。

2009/11の夜遊び 小田急線にPFが来た日

最近はとんとご無沙汰ですが、小田急線車両の甲種輸送があるとEF65が入線してきます。
ただし、この時は出遅れて到着した時は御殿場線に帰る直前でした。

新松田の駅から一旦渋沢側に引上げ折り返して御殿場線に向かうところ
イメージ 1
前方に御殿場線との短絡線が照らされています。
イメージ 2

って、これじゃあ小田急線に来ているか分かりませんね。

新松田駅の様子。踏切が開いている時に撮りました。
イメージ 3
PFが去った後の様子。この日はEXEを運んできました。
イメージ 4

この一連の作業が終わる時刻はAM1:00頃、最近甲種輸送がないから良いものの、今あったら体力的に辛くて行かないかもしれません。ちなみに、小田急から出すときはAM3:00だったかでなおのこと無理です。

キハ281にはアルプスの牧場のチャイムが付いていた

昨年秋のことですが、函館~大沼公園でスーパー北斗にちょい乗りしました。すると、発車直後の放送で懐かしいメロディーが流れました。
かつてキハ58の急行で旅したときに聞いたアルプスの牧場というチャイムでした。
しかしながら、意表を突かれたので録音できず惜しいことをしました。

新鋭の気動車で聞く懐かしいメロディーはなかなか新鮮でした。北海道に行くときの楽しみがふえました。

イメージ 1

函館にて

あれから13年    と2日 思い出のやまびこ号

ちょうど20年目の節目の年だったからか?「思い出のやまびこ号」が2002/6/22と6/23に運転されました。駅で何気に照会すると、仙台~郡山で空席があったので乗りに行ってました。

仙台では4番線の着発で往年の特急と一緒でした。
(手元の昔の写真を見ると上りの「ひばり」が4番線発でした)
イメージ 1
シールではなく方向幕が装着されてました。
イメージ 2
側面のJRマークはマスキングされてました。
イメージ 3
JNRマークはアルミテープで表現、愛称幕はシールではありません。
イメージ 4

伝説ともいえる2001年4月の583系はつかりのリバイバルから1年2か月後の運転でしたので、かなり本気度の高い思い出のやまびこ号でした。

以上2002/6/22 仙台及び福島にて

あれから33年   と1日

6月23日は東北新幹線開業日。ならば往時(開業間もない頃)の200系でもと探したのに見つけられず・・・。はああ、案外撮っていないものだなあ。スキャンしてないネガにあるかもしれませんが億劫なので、1日前のこっちにします。1982.6.22.の上野駅での在来線特急やまびこ号。

イメージ 1


ほぼネガ一本やまびこで占められてました。
今やこの四つ目の481も風前の灯火かあ。奥に居る20系はおそらく十和田4号です。

東海道本線沿線で見る紫陽花

イメージ 1
国府津-鴨宮

EF66 27 今年二度目の対面

今注目のEF66 27、最近の運用を追っていくと日曜日の午後に近場を通ることが確定。それでは、と思っていると昼頃から本格的に雨が降り出した。でも、逆に高度のあるこの場所は雨で煙って敬遠されるかと思って行ってみると案外視界はクリア。しかも、私よりかははるかに熱心な人たちが10名弱ほど来ておられました。

イメージ 1
東海道本線 早川-根府川

雨の日の踏切待ち

風祭駅横の踏切を通ったその時に現れたのは、MSEのロマンスカーでした。

イメージ 1

イメージ 2

2015.6. 風祭

小名木川貨物線を往くDD51

時々総武線から見掛て気になっていたDD51の貨物列車。こちらの方に行く用事があったので友人と寄ったのは確か2000年?の8月下旬か9月。猛烈に暑い日でした。トラスに隠れていまいちですが運河を渡るDD51です。

イメージ 1
新小岩-小名木川?

この小名木川貨物駅が廃止になって、その少し後には鹿島線の貨物運用も廃止となり首都圏ではDD51を見る機会が激減してしまいました。八高線などは安泰と思っていたのですがね。JR北海道のDD51も先行きが微妙、関西本線のDD51もいつまで続くことやら・・・。

6月は6000系月間-3 京王高尾線15周年記念列車

確か、駅か車内の掲示か京王の広報紙での告知だったと思います。今だったら大騒ぎでしょうけど、この時ここで撮っていたのはたぶん自分だけ・・・。10周年記念列車は5000系でしたがその時は見る鉄でした。
ああ!しかしこれではヘッドマークが全然わかりませんね。横着して撃沈、放置プレーだったネガです。

イメージ 1

イメージ 2
1982/10 京王高尾線 狭間-めじろ台

6月は6000系月間-2

バリエーション豊かな京王6000系でしたが、パンタ付き先頭車が一番好きでした。障害物が写っていても撮ってしまいます。

イメージ 1
1983/3 京王線 南平-平山城址公園

東北回送線 王子街道南亘り踏切

前方に尾久の車両基地、後方に田端機関区、さらにその向こうに新幹線の車両基地。鉄にとってはなかなかの魔境地帯です。

踏切の名称です。
イメージ 1
奥の青いのをアップにすると。
イメージ 2

6月は6000系月間-1

ほとんどこじつけなのですが、日付ネタだと絶対出てこないので散発的に紹介していきます。
京王6000系は、デビュー以来自分にとってはヒーローでした。この時は府中市在住の小学2年生。日常見掛ける鉄道といえば京王線か西武多摩川線でしたが新しもの好きな小学生にとっては吊りかけ旧型電車ばかりの多摩川線は残念ながらアウトオブ眼中(今思えば超もったいないことですが)で、専ら興味対象は京王線でした。
いよいよ6000系がデビューすると、同級生による休日のお出かけでの目撃報告に色めき立ったものでした。
さて、今回紹介するのは今は過去帳入りとなった地上駅時代の調布駅で撮った写真です。

相模原線からの上り列車が待機中。
イメージ 1
進路が開きそろそろと進入。急行灯が点灯してます。ケツ切れが残念ですが。
イメージ 2
2002/5/29 調布 NIKON PRONEA-S

このネガに写っている6000系はすべてえんじ色の帯でした。そろそろ塗り替えが始まるってんで慌てて撮りに行ったのでしょうか?理由を全然思い出せないのですが、今となっては思い付きとはいえ撮っておいてよかったと思っています。

平塚七夕まつりの案内ポスター

今年もそういう時期になったか~。

イメージ 1

合歓の花に見守られながら(小田急線酒匂川橋りょう)

酒匂川の堤防の上の遊歩道に紫陽花に覆いかぶさるように合歓の木がありますが、今週行ったら花が咲いてて甘い香りを漂うわせていました。

イメージ 1
天気の良い日はここに木陰が作られます。
イメージ 2
小田急線 新松田-開成

北斗星 長い旅のエピローグ

長躯、札幌から駆けてきた寝台特急「北斗星」は尾久に戻ってつかの間の休息に入ります。そして、先頭で列車をエスコートしてきた機関車も切り離されてねぐらに帰って行きます。

イメージ 1
2015/6 尾久 SONY CYBERSHOT DSC-WX300

紫陽花とブルートレイン、最後の出逢い

梅雨の合間の朝の出来事。

イメージ 1


上野ー尾久 !2015.6


【追記】
予告通りであれば今シーズンが最後の出会いとなりますが、紫陽花からすれば、来年もまた来てほしいと思っているはず。.

紫陽花の咲く通り道(入生田)

ここは線路わきに紫陽花が咲くのでちょっと行ってきました。しかしながら、厚木の事故でロマンスカーが運休になっていることを失念していて、着いて少し待つとちょうど再開したばかりの上りスーパーはこねが通りました。

イメージ 1
この小道は駅入り口に通じるので時折人が通るのですが、この時は偶然誰も来ませんでした。
イメージ 2
まあ、人が来たらその時は撮るのを諦めるかアングルを変えるかしないといけませんね。

2015/6 箱根登山鉄道 入生田付近

京王多摩センター駅からの眺め

今日は、家族サービスでこちらのテーマパークに行ってました。

イメージ 1

京王相模原線の「区間急行」に乗りました。事実上、調布以西は普通列車なのですが、線形の良さと駅間が長いので結構俊足でした。

イメージ 2

ホームからは小田急多摩線と多摩モノレールが一緒に見られるのですね。

イメージ 3

スケジュールの都合で鉄道はスナップ程度しか撮っておりません。撮影した大多数はテーマパーク関係でした。まあ、それはそれで結構楽しかったりするわけですが。

485系やまがた号チラシ

昨日駅でこんなチラシを見掛たので貰ってきました。

イメージ 1

7/3の夜に横浜発、翌朝仙台から仙山線経由で山形まで行くそうです。仙台の485系編成を使うのでしょうか?海峡号の復活もそうですが、この時期はイベントが多いようです。

小田急箱根高速バス

都内からの帰途に高速バスで帰宅中。新松田の近くにバス停があるので、そこまで行く予定です。

新宿を出てすぐの車窓

イメージ 1

快速海峡 1日だけ復活ですか

青森県・函館観光キャンペーンの一環で7/4に走るそうです。
キャンペーンは3か月(7/1~9/30)続くらしいので、青函連絡船記念運航の時のように期間中の間には、せめて週末だけでも走らせてくれればな~と思います。それとも、まだまだサプライズはあるのかもしれませんので、楽しみにしておきましょう。

1996/2当時の海峡号です。(再掲)
イメージ 1

古いネガを探しましたが驚くほど撮っていませんでした。昼間でも客車列車の旅ができる良い列車だったので乗り鉄では結構お世話になっているのですがね~。

まあ、海峡を頻繁に走らせるのは新幹線の準備とかで無理だとしても、485系3000番台ではつかりとか、24系が残っているならば(青函区間だけでも良いから)日本海とか走ったらいいな~と妄想しておきます。

東海道新幹線 三河安城駅

こだま号に乗ると大概は後続に抜かれるために5分程停まります。

上りホーム東京側
イメージ 1

通過待ち一本目・・・ではなくて対向通過列車でした。
イメージ 2

追い越していくのぞみ号?
イメージ 3

高い建物が増えたように思えます。
イメージ 4


出張ではいつも見るだけですが一度だけ仕事で降りたことがありました。「あのクルマとは違う」のキャッチコピーで大人気だった某高級車が出たての頃に、そちらの自動車メーカーさんを訪問しました。
スケジュールの都合で一泊して翌日は名鉄の新鵜沼に行ったことを思い出しました。
ディアマンテ、格好良かったですがぺえぺえの社会人には敷居が高くて見るだけでした。友人たちと、でもあっちのクルマに似てる!とか言ってました。この時代のクルマは色々と面白い車があったなあと慨嘆するばかりです。