メトロはこね

箱根登山線は6両までなので、小田原で編成の分割または併合を行います。

イメージ 1

小田原に待機していた10~7号車がホームに据え付けられます。

イメージ 2

箱根湯本発の6~1号車が入線

イメージ 3

連結の段取りに。

貫通幌の接続とか興味深く見ることができました。地下鉄直通のロマンスカー、メトロ線内ではまだ乗ったことがありません。町田迄ならばあるのですが。
幌の接続というと国鉄急行型の印象が強いですがあちらは手動操作でしたね(遠い目)。

2014.10. 小田原
スポンサーサイト



今日の踊り子105号

今や貴重になってしまったオールブロックパターン塗装です。

イメージ 1

これでは全体が見えませんね。

イメージ 2

連結部のアップです。
側面潰れて見辛くて恐縮です。

2014.10.30.小田原

この編成が追っ掛けられる対象になるとはねー。

本日のトラブル

朝起きて、コンタクトレンズを入れようとしたら、!なんか変。

イメージ 1

ギョエー、割れてました。

というわけで視界が悪いです。今からコンタクト屋に行って来ます。

新得に静態保存されていたD51 95

C623ニセコ号に乗った翌日は新得を訪ねておりました。
 
イメージ 1
1995/11/4 新得
 
よく覚えておりませんが、歩いて行ったので駅の近くかと思います。

同時発車

上野駅19:00、二本の特急列車が動きだしました。

イメージ 1

2005.9.上野

19時発は仙台行き特急ひばりの最終便の発車時刻だった時がありました。特急ひたちと旅立った往時の485系の競演は子供の頃に見たことがあります。車両は変われど、在来線特急全盛期を思わせる光景が今でも見られのは嬉しいことです。

かつて東海道線に入線していたE351系

小田原駅に今でもE351系の停車目標があることに気づきました。
 
イメージ 2
遠方に見えるのは小田原城
イメージ 1
アップにするとE351系の文字
イメージ 3
おはようライナーに運用していたころ(東戸塚-横浜羽沢) 2006/2

江ノ電沿線散策-3

長谷駅から海の方に向かうと「ビスケット」というお店が目に入りました。看板には「卵、バターを使わないビスケットはいかがですか」と書かれてます。
 
イメージ 1
左側のお店です。(右も気になるがこちらは次回に)
イメージ 2
看板のアップ
せっかくなので、中に入るとビスケットのほかにケーキもありました。海岸で食べるつもりでいくつかビスケットを購入しました。いい感じのお店なのですが、レジに「11/3で閉店」との気になる文字が・・・。「ええ~それは残念!11/3までにもう一度来れるかなあ?
 
気を取り直して海に向かうと、こんな感じでした。
 
イメージ 3
由比ヶ浜の辺りです。
イメージ 4
向こうの方は逗子かな?
 
海でひとしきり遊んだあとは江ノ電散策に戻ります。このつづきは別の機会に。

江ノ電沿線散策-2

長谷駅の方に戻ると今度は300形がやってきました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
振り返ると後ろ側は1000形でした。
 
画面には写ってませんが、長谷駅は大盛況。大仏や長谷寺に後ろ髪をひかれつつも混雑に恐れをなして、海岸の方に向かいました。
 
(続く)

江ノ電沿線散策-1

昨日は子供と江ノ電全駅訪問の続きをするために鎌倉に行ってました。前回はGWだったのでおよそ半年が経過してました。
 
イメージ 1
横須賀線を含め乗り降りするのでフリーパスを使いました。
 
まずは、長谷まで行き御霊神社をめざします。その途中、家の間を縫って走ってきたところを1枚。
 
イメージ 2
極楽寺-長谷
 
神社にお参りして振り返れば、鳥居の向こう側に踏切が見えます。
 
イメージ 3
鎌倉行が通過。 (極楽寺-長谷)
イメージ 4
長谷で交換した藤沢行が通過。
 
容量の関係でここで一旦切ります。

371系ラストランですか

すでに色々なところで書かれておりますが、11/30で最終運転とか。
もう少し走ってくれるかと思ったので、残念です。
こちらに引っ越してきてからは、何度か撮りにいきましたが、もっともオーソドックスなこの場所の写真で。
 
イメージ 1
2009/8 御殿場線 山北-谷峨

小田急線酒匂川橋梁

夕日がきれいなのでここに寄ってみましたが、時すでに遅し、わずかな残照が橋梁を照らしている状態でした。
 
イメージ 1
 
しかしながら、こういう時に限って列車がなかなか来ない・・・。
 
イメージ 2
橋梁にもう日は当たっていません。
イメージ 3
すると夕焼空を車体が反射してきらり1
 
この1本前の3000形ではこれほど光らなかったので、このEXEならではの光景だったようです。
 
小田急線 開成-新松田 2014/10 

横浜でも木が色づいてきました

貨物列車が来る時間帯だったので、色づいてきた木を入れて写しました。
 
イメージ 1
大船-戸塚 2014/10 SONY Cybershot DSC-WX300

磐越西線485系2003年

SL会津白虎号通過後は撮影者があっという間に激減、当方はそのまま留まり特急あいづ(まだ快速にはなっていなかったと思います)を待ち受けてました。こちらはフィルムカメラで撮りました。

イメージ 1

磐梯町付近 2003.6.
MINOLTA New X-700

今夜のホームライナーにOM08

火曜日にOM09を見て
水曜日にOM04を見たので
今夜はOM09かと思いきや
OM08が来ました。

イメージ 1

中身は他のOM編成と変わらないのですが。枕カバーは布製でした。

磐越西線 関都ー川桁 C57180

またもやSLネタで恐縮です。磐梯山の麓を行くC57を撮った後は、猪苗代に宿泊し翌日は郡山から会津若松(七日町?)に向かう列車を撮りました。はじめは自分だけだったのですが通過時間が迫ると撮影者が増えてびっくり、皆さん追っ掛け組のようで、あっという間に撤収していきました。

イメージ 1

左側の標識を失念してました。
2004.11. Olympus CAMEDIA E-100RS

この日の磐越西線は、485系の快速フェアウェイの延長運転や583系の快速白虎の運転もあって、結局一時間近くこの場所におりました。家族旅行の合間だったので、線路脇に家族を長い時間付き合わせてしまい、今さらながら悪い父ちゃんだったなあと反省しております。

リゾートやまどり

先週のことですがいきなり目の前に現れてびっくり、修学旅行専用列車でした。横須賀線に転線していったので目的地は鎌倉でしょうか?
しかし、この色とテカり具合は羊羮かういろうを思い浮かべるのは私ぐらいでしょうか。

イメージ 1

イメージ 2

戸塚 2014.10.

SL磐梯会津路号 郡山行き2004年秋

この頃は磐越西線の魅力にはまっていたようで翌年も行ってしまいました。

イメージ 1

猪苗代ー川桁 2004.11.?
Olympus CAMEDIA E-100RS

SL会津白虎号2006年

こちらはD51498での運転でした。磐梯町近くのカーブが多い場所なので、汽笛が右から聞こえたと思うと今度は左から聞こえたりとなかなか楽しい場所でした。しかしながら、蒸気機関車なのに煙のことを忘れて撮っている有り様でした。

イメージ 1

2003.6. Olympus CAMEDIA E-100RS

SL磐梯会津路号

かつては月1回ほど郡山ー会津若松にもSLが走っていましたが、いつの間にか設定されなくなりました。

イメージ 1

2003.6.川桁

同日にC57とD51で二本の列車が走った時の記録です。

C57というと、室蘭本線を定期旅客列車を牽いて走った135号機を思い浮かべます。もっともあの時は小学生だったのでテレビの報道番組で見ただけでしたが。
その映像が見たくて検索をしていたら、
さよなら列車ではないものの終焉の頃の映像が見つかりました。確かNHKの番組だと思いますが、走行中の動輪の様子等多彩なアングルで撮影された見応えのある映像でした。

風祭水車踏切-2

先ほどの上り列車のLSEは隣の駅(箱根板橋)で下りのロマンスカーと交換します。少し待つと、今度はVSEがやってきました。
 
イメージ 1
そういえばローアングルであまり見たことがなかったかも
イメージ 2
入れ替わりに小田原行き普通列車が出ていきます。
「水車」は見当たりませんが、このススキのある下側に川が流れております。
 
イメージ 3
上側から踏切を見ます。
 
向かって左側(下りホーム)のすぐ下を通路が通っており、そこからローアングルで撮ってました。
 
イメージ 4
箱根湯本行きが来ました。後方の建物は「鈴廣」さんのかまぼこの里です。
 
箱根登山鉄道 箱根板橋-風祭 2014/10

風祭水車踏切-1

昨日は月に一度の子供の習い事、子供を預けている間は2時間ほどのフリータイムなので、箱根登山鉄道沿線を散策しました。電車に乗り小田原から二つ目の風祭駅で下車します。この駅の小田原側に小さな踏切があるのでちょっと撮影してました。
 
イメージ 1
箱根湯本行きが入線
イメージ 2
ロマンスカーLSEと行き違い
イメージ 3
踏切名を示す標柱とともに
イメージ 4
箱根登山鉄道 箱根板橋-風祭 2014/10
 
この週末は、「小田急ファミリー鉄道展2014」があったことをすっかり忘れておりました。Orz

元小田急車のフジサン特急にようやく会えました

平塚で甲種輸送を見送って以来の再会でした。
(※甲種を見送ったのは辻堂ではなく平塚でした。謹んで訂正いたします。)
 
イメージ 1
富士急行 月江寺-富士山 2014/10

快速 山梨富士

夕日に輝いていました。
 
富士急行 富士山-月江寺 2014/10
 
 【追記】
この辺りは4種踏切が多いのか?ここに来るまでに数回のタイフォンが聞こえましたので、動画向けの場所とも言えます。あと、左方向に45度振ると富士山が見えますが、この時は山頂が雲隠れしてました。

こんな場所からトワイライトエクスプレスを撮影(1995年)

1995年11月、C623ニセコ号の最終列車を見送った後は、ひたすら乗り鉄の旅でした。
前夜は帯広に泊まり、朝の特急で新得下車、付近を少し散策後にもはや幹線ではなくなっていた根室本線を普通列車で滝川まで乗り今度は岩見沢に向かいます。岩見沢からは苫小牧まで室蘭本線乗車。確かキハ40単行列車でした。苫小牧からは夕張線に乗るために、スーパー北斗に南千歳まで乗車、乗車時間が短いこともありますが、席には座らず先頭車に向かいます。幸い先頭部には誰もいませんでした。その目的はこれ。
 
イメージ 1
スーパー北斗車内から(苫小牧・南千歳のどこか) 1995/11
 
今じゃ踏切事故時の安全対策で先頭部は立入禁止、対向列車も来年には廃止で、まさかこの風景が見られなくなるとは当時は思いもよりませんでした。

大阪駅で見たなは・あかつき

大阪に泊まる用事があったので、宿に行く前にちょっと寄り道したようです。

イメージ 1

2006.5. 大阪 MINOLTA Dimage Z5

この時点では廃止なんて考えもしなかったので、雨降りもあって適当に撮っていたようです。

京阪京津線1997年秋

地上区間を走る最後の頃の訪問でした。

イメージ 1

蹴上付近

初めて京都に行ったのは中学校の修学旅行、市電廃止から約半月後であちらこちらで線路を撤去している真っ最中でした。そんな光景を眺めながら市内観光をして夕方に京阪三条駅近くの宿に入ります。なんと、目の前の路上が併用軌道になっていて驚きました。京阪京津線の存在を知らなかったのでした。
そんな思い出があったので、1997年秋に京都を訪れたのでした。

光るススキの向こう側に

電気機関車が待機してました。

イメージ 1

横須賀線車中から(新川崎付近)

車内から眺めた奥羽本線赤岩駅 1985年

1985年3月、東北新幹線は上野開業を迎えました。このダイヤ改正で東北に残っていた急行「まつしま」、「ざおう」、「あづま」、「ばんだい」が消えてしまうということで、南東北を訪れました。
上野からは、特急格上げ予定だった急行「なすの」と普通列車を乗り継いで、福島から米沢まで急行「ざおう」に乗り、旧型客車の普通列車で福島に戻るという行程で旅行中でした。
 
イメージ 1
車窓から前方を望むと重連でした。
イメージ 2
いくつもの分岐器が見えます。当列車は本線から分かれてスイッチバック駅に進入中です。
イメージ 3
駅舎が見えました。赤岩駅です。
イメージ 4
今度はくねくねと後退でスイッチバック駅の引上げ線に入ります。
ちょうど2枚目の写真の場所を逆側から見ております。
 

東海地区で活躍していた117系 1985年

6両編成で写っているので、投入されてからさほど経っていない時期だと思います。
 
イメージ 1
名古屋 1985/3

Bトレインショーティー パート9

NEWDAYSバージョンが出てました。

イメージ 1


485系-3000番台欲しさに一個買ったら宇都宮線仕様の205系の中間車でした。大人買いすれば全部揃いますが、この宝くじ感覚が好きなんでバラ買いしてます。