鉄的横浜らしい景色 【画像追加】

やはり京急ですかねー。

イメージ 1

ちょうど2000系が来ました。
 
(追記)
ありゃりゃ、写りが酷いので別カメラで撮った画像を追加。
 
イメージ 2
ミラーレス(PANA DMC-GF2)で撮影
 
コンデジだとこういうシチュエーションは難しいのかな?(腕の問題という話もありますがね)

横浜みなとみらい

久しぶりに来ましたが、いつもながら多くの人でにぎわってますね。

イメージ 1

気が付けばもう夕方

イメージ 2

イメージ 3

ご飯を食べたら日が暮れてました。
コンデジを歩道橋の手摺に押し付けて撮影。

日が短くなってきたことを実感。

修善寺直通の踊り子号

三島駅では、ホーム途中から分岐して伊豆箱根鉄道駿豆線への連絡線があります。このため、ホームには車両接触回避のための欠き取りがあります。

イメージ 1

下り105号

イメージ 2

上り110号

街中がせせらぎウォークぶらり~

三島商工会議所とJR東海がタイアップしたウォーキングイベントに参加してました。三島市はきれいなせせらぎが多く気持ちいい場所でした。コース中で駿豆線と出合う場所もありました。

イメージ 1

伊豆箱根鉄道 三島広小路ー三島田町

踊り子乗車中

おはようございます。
これから三島に行ってきます。さすがは三連休、修善寺編成の自由席が満席に近いなんて初めて見ました。指定席は満員御礼だそうで。

イメージ 1

江ノ電にハナヤマタのヘッドマーク

帰宅時にちょっとだけ寄り道して乗り鉄してきました。降りてからこんなマークが付いていることに気が付きました。

イメージ 1

イメージ 2

藤沢

(追記)
今調べたらハナヤマタというアニメの絵柄でした。

上野オリジナル 限定販売

たぶん食堂車で呑めるやづではないかと。1ヶ月前の画像前なのでもう売ってなかったら済みません。

イメージ 1

2014.8.

岩手県で撮影、ゆうづる13号

アルバムからのスキャンです。保管が良くなかったらしく、前から2両目の客車の辺りが変色してます。この写真もネガが行方不明なのでした。

イメージ 1

渋民ー好摩 1981.7.

渋民駅にはレンタサイクルがあり大活躍でした。このあと、客車列車と気動車混結の名物列車を待ったのでした。

EF65PF+空コキ

この日は荷なしでした。

イメージ 1


東戸塚ー戸塚 2014.7.

常磐線客車普通列車仙台行き 1982.5.

確か18切符の最後の1枚を消化するため未乗だった水戸線乗り潰しを実行だと思いました。この時の18切符は怪しい記憶だと5/10怪迄使えたのでした。
上野12:36?発の仙台行きに乗ると、友部で客車普通列車小山行きに接続していたのでこの行程を取りました。

イメージ 1

この頃はRJ誌の列車追跡シリーズに憧れてました。車中から前方を撮影。

カーフェリーの航送風景

先週東京湾フェリーに遊覧乗船した際のことです。遊覧乗船は往復乗船で対岸では降りられない条件で割引を受けられる制度です。金谷港では車の積み降ろしを見ておりました。

イメージ 1

バスが船に乗り込むところです。

連絡船に車両を積む時もこんな感じだったのでしょうか?青森では羨望の思いでホームから車両積み降ろしを見てました。

急行八甲田

周遊券ユーザーには愛用の列車でしたね。客車急行列車の中では俊足で、好きな列車のひとつでした。

イメージ 1

藤田ー貝田 1981.7.

盛岡にいたキハ51

アルバムのメモには廃車と書いてありました。どうしてそのように判断したかは不明です。

イメージ 1

1981.7.

横須賀線名物田浦のトンネル

「田浦では先頭1両目のすべてのドアと2両目1番前のドアが開きません。」

イメージ 1

イメージ 2

2014.9.

このドア扱いのために田浦スイッチなるものがあります。

みなみ東北弾丸ツアー 【最終章】 寝台特急あけぼのの旅

酒田を出ると早速車掌さんが切符のチェックに来ました。そうこうするうちに列車はふたたび最上川を渡り、余目に到着。もうお休み放送は終わっているので無言で停まり無言で発車。夜も更けて来たのですが、EF81の活躍は長岡迄なので機関車の様子を見に行きました。見た感じでは車内はざっと5割程度の乗り具合でした。

イメージ 1

先頭では136号機が奮闘中。

イメージ 4

上段寝台を見上げて1枚。

寝る支度をして、ふと外を見ると間島ー村上の交直セクションを通過中。とはいえ、客車列車なので車内には特に変化はありません。ベッドに入りうつらうつらしていると新津に到着。ここからの信越本線は速度が上がったようです。


暫くして、長く停車しているような感覚を半分だけ覚醒したような状態で感じておりました。汽笛の合図も聞こえて来ます。しかしながら、降りて見に行ける訳でもないのでそのまま寝ておりましたが、再度動き出した時に目が覚めてしまいました。確かこの辺り宮内駅で下りあけぼのとすれ違うので起きてみれば宮内は通過してしまったようです。諦めて寝ようとしたら、2つのライトが現れてこのタイミングですれ違いました。これで安心して眠れるのであとは夢の中。

ふと、目が覚めるともう夜が明けてました。時間的には鴻巣辺りを走っているようです。上り列車の上野着は早いので手早く洗面と身支度を済ませます。そして、あっという間に大宮到着。まだ六時前なので放送は入りません。E231,233系を見ると帰って来たなと感じました。
6時を過ぎるとオルゴールが鳴りおはよう放送が始まりました。しかしながら、我が子は起きないので起こして支度をさせま赤羽を通過するとす。あと10分ほどで上野。名残を惜しむように車内を見回すと、もう到着です。

イメージ 2

イメージ 3

寝台車から上野駅を眺める体験、あとどの位できるのでしょう?

以上で早回り旅行はほぼ終わりです。ここまでお読み頂きありがとうございます。しかしながら、自宅に着くまでにもう一波乱あったので、その事をオマケ編で紹介します。

国鉄角館線乗り潰し1981年の記録

田沢湖線の客車普通列車を角館で降りて、角館線に乗り継ぎ。駅舎を外から撮ったということは入場券も買ったはずなのですが。(;o;)
行方知れず。

イメージ 1

イメージ 2

1981.7. 角館線松葉

終点松葉は何もない駅でした。チャレンジ二万キロキャンペーンが始まった頃で各地でチャレンジャーを見掛けましたが、当時の自分の性格ではその流れに乗りませんでした。参加していれば飽きずに完乗していたかも。
この日の夕方には鷹ノ巣から阿仁合線乗車。後年線路が繋がるとは思いもよりませんでした。

1981年夏、田沢湖線客車普通列車

33年前の東北旅行、上野を急行津軽1号で旅立ち、翌朝の大曲で下車。我々を待っていたのはDE10先頭の旧型客車編成でした。当時はまだ非電化の田沢湖線でした。この様に朝夕のラッシュ時だけ客車普通列車が走っている区間は結構あって、乗り潰しの際はなるべく乗れる様にスケジュールを組みました。

イメージ 1

大曲 1981.7.21.

あけぼの4号1981-7-21鷹ノ巣

雨降りの日なので昔のこんな写真でも。

イメージ 1

激しく雨か降る中をあけぼのが到着。

イメージ 2

上野に向けて出発していきました。
クロスフィルターを買ったばかりで乱用しまくってました。(^-^ゞ

このあと雨はさらに激しくなり、少しあとに着いた青森行きいなほは二時間近く抑止。そのあとの急行しらゆきを待っていた我々はさらに待ちぼうけでした。

東京湾フェリー遊覧乗船

久里浜から浜金谷に向かっていると案内放送が入り、前方を横切っていくLNG輸送船の説明が入りました。さすがに巨大です。
 
イメージ 1
伴走のタグボートは出港して東京湾出口付近まで乗船している水先案内人が乗り移るための船だそうです。
 
流石は浦賀水道、多数の船を見掛ました。
 
浜金谷に近づくと海鳥が寄ってきました。
 
イメージ 2
 
何だろうと思ったらエサをくれる観光客目当ての様です。
 
イメージ 3
偶然エサをキャッチした鳥が写ってました。
 
次回は千葉側を散策するプランで来たいなあ。

いなほ4号川部駅通過_1981-7-22

撮影した時のネガは行方不明ですが紙焼きしてアルバムに貼っていたのを見つけました。アルバムごとスキャンして該当部分を切り出してみました。
 
イメージ 1
1981-7-22 奥羽本線川部
 
青森から普通列車で来て、黒石線往復→五能線乗車と乗り潰し行路の途中です。
食堂車付き12両編成は、当時の485系としては標準的な姿でしたが、「いなほ」をこの編成で撮ったのはこれだけのような気がします。

ちょっとフェリーで船旅

久里浜港に来てます。今から遊覧乗船で浜金谷まで往復してきます。
船内はWIFIが飛んでいます。今日は波が穏やかです。

イメージ 1

イメージ 2

ライナー185系の並び

昨夜はダイヤ乱れの影響で番狂わせ!あおもり号583系は読み違いで途中駅ですれ違いとなってしまったので、あきらめて帰宅。小田原では平常時は見られない185系の並びを見掛けました。

イメージ 1

右はホームライナー小田原21号で到着した編成、左は湘南ライナー5号で到着した編成です。

イメージ 2

進入時の画像

583系送り込み

ついさきほど、東海道上り旅客線の戸塚ー大船ですれ違いました。京浜東北の事故でダイヤが乱れており、今日はあきらめました。

クハ481-200番台 特急やまびこ

目の前を通過した列車を振り返って撮影。なぜかこの貫通型のやまびこは記録が少なかったです。

イメージ 1

蓮田ー東大宮 1982.5.頃
かなりトリミングしてます。

やまびこ廃止が近付いたこの時期はほぼ毎週東北本線を撮っておりました。今の自分からは想像もつきません。

世の中何が幸いするかわからない

東北本線を写した古いネガから。

イメージ 1

白岡ー久喜(当時) 1982.5.
後部を撮ったコマから1107Mと読めたのでおそらく「まつしま・ばんだい」。

よく見るとネガの右側にキズがありました。自分の撮影が下手くそだったお陰で列車の部分はキズを回避できてました。
こんなこともあるのですねー。

奥中山で見た583系はつかり

明日は横浜に583系が来ますね。そんなわけで昔の583系の写真を紹介します。
しかしながら、せっかく十三本木峠迄行ってこの様などこで撮ったか分からないような写真を何も考えずに撮っておりました。可能ならば再履修したいです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

御堂ー奥中山 1990.7.頃

再掲の画像もあるかもしれません。

北斗星出発待機中 別の画像

こちらは対向ホームから撮影です。

イメージ 1

先頭近くは立入禁止になってました。あけぼの廃止フィーバー以降だと思いますが。この写真は、そのロープの後方からコンデジを高くかざして撮影。

イメージ 2

先発のスワローあかぎと一緒に。前面液晶が不調なのか?ス ローあかぎになってました。

イメージ 3

先頭の方を望みます。

北斗星出発待機中

都内に用事があったので帰途に様子を見て来ました。いつもは対向ホームから撮って退散ですが、今日はホームの様子を見学。

イメージ 1

13番線ホームを見下ろす場所から。人波が途切れるのを待って撮影。
上野から旅行に出るときにいそいそとこんな景色を見たような。

イメージ 2

特急電車からの転用を物語るクーラーを撮影しました。食堂車には発車前から列ができてました。シャワーカード購入ですかねえ?

青函越えられなくても良いから何らかの形で存続してほしい列車だと改めて思いました。

雨降りの夜

水滴の乱反射がちょっとした異空間を演出?

イメージ 1

大船

ロクヨンの牽く臨時列車 中央東線1983年

おそらく、臨時のアルプスだと思いますが今となっては定かではありません。

イメージ 1

高尾ー西八王子 1983年頃

自分の中では今もロクヨンは山用機関車なのです。