下り「北斗星」推進回送 尾久→上野

東北、奥羽、常磐、上越、信越・・・各方面の夜行列車が健在だった時に見に行っておくべきだったと、思いを馳せながらの1枚。
 
イメージ 1
尾久→上野 2014/7 NIKON COOLPIX P310
 
本当は夕陽がきれいなので画像ソフトで補正してみたら車体がまっ黒・・・諦めました。
スポンサーサイト



大船駅東京寄り2004年の風景

また暑い日が戻って来たようです。今朝はクマゼミが鳴いていることに気付きました。しかし、元々は関東には生息していなかったクマゼミを関東で見掛けるようになったのはいつ頃からなのでしょうか?
さて、こちらのマンションも私にとっては気付いたら建っていたという感じです。大船駅の東京寄り、背景に大きなマンションが建っています。発売時、確か飯島直子さんがイメージキャラクターで広告に出ていたと記憶してます。先日、10年前の写真を見ていたら既に建っておりました。

イメージ 1

2004.1. 大船

まだ新しそうなので新築直後だったのか?記憶の中ではもっとあとのことだと思い込んでいました。記憶とはあてにならないことがありますね。

開業50周年

こんなステッカーがデッキに貼られてました。こだま号三島行、乗った車両では乗客数が片手ほどです。

イメージ 1

箱根そば 夏の名物 豆腐一丁そば・うどん

お店の前を通ったら看板が出ておりました。近日中に食さねば。

イメージ 1

東横線横浜駅地下化直前

みなとみらい線開業の前日か前々日の様子を撮ってました。

イメージ 1

2004.1. 横浜駅東方

10年前の大船駅での画像

ちょっと角度が異なりますが、同じ場所で撮った113系の画像を発掘しました。
イメージ 1

2004.1.

昔の話になりますが

113系の時によくこんな風景を撮ってました。

イメージ 1

これは今日の大船

153系の残党サハシ165-50番台

八王子から新宿に向けてラストスパートに入る急行アルプス、そのビュッフェ車にカメラを向けました。この台車は153系改造車の証。本家、153系からビュッフェが消えたのは何時のことだったのか?自分は見たことがありません。

イメージ 1

1980年頃 八王子

結局、日本では食堂車やビュッフェは廃れてしまう訳ですが、もしこの供食体制が続けられていたら185系にもビュッフェが作られたのでしょうか?
歴史にifはありませんが、サハシ185登場していたら、サハシ165からの改造車も出てきたかもしれません。

1986年秋 長野県の鉄道風景

間もなく169系から189系に替わると聞いて、急行「妙高」で夜明かし。横川→軽井沢間はEF63が連結される側のデッキで過ごしました。
 
イメージ 1
1986秋 横川or軽井沢
 
長野到着後は、松本に出て急行「アルプス」の増結を目撃。こちらも、急行型での定期列車は間もなく消える時期でした。
 
イメージ 2
松本?

185系湘南ライナー5号到着後の回送列車

Youtubeの不調で再生がうまくいかないようなので公開を見合わせていました。
 
方向幕の灯りのが流れていくところを撮りたくて、スマートフォンの動画で185系の回送列車を撮影しました。
 
小田原 2014/7

猛暑の中、ギラギラの太陽に照らされてMSEが往く

猛暑の真っただ中、愛犬の薬を引き取りにお買い物。道中に小田急線の踏切があるので、いつもならばちょっと寄り道するのに今日はその気になれず1枚だけ撮ってきました。ちょっと沿線に立つだけで干からびてしまいそうです。
 
イメージ 1
小田急線 富水-蛍田 2014/7

大船に進入する185系

子供の頃は親戚の家から深夜に通過するゆうづるを見送っていました。また、瀬戸大橋開通の頃に尾道の山上のホテルから山陽本線を見下ろした時に九州ブルトレが通り、どちらも方向幕の灯りの行列が印象的でした。

イメージ 1

車両は違えど、私にとっては旅情を感じさせる風景です。

急行列車のタブレット交換風景

今は見られなくなった昭和の風景です。

イメージ 1

徳島本線の「よしの川」号乗車です。

イメージ 2

こちらは停車駅での風景。

イメージ 3

通過駅での受け取り。江口と駅名標にあります。走行中に恐る恐る撮ってますので見辛いのはご容赦を。

通標を置いて行く時の渦巻き状の装置は撮りそびれたみたいです。

1982.3.徳島本線にて

東北本線奥中山付近の583系1990年頃

この頃ははつかり号の定期運用もあってそこそこ頻繁に走ってました。

イメージ 1

東北本線 奥中山ー御堂 1990.7.?

似たような写真ばかりなので過去のものとだぶっているかもしれません。

真っ赤な箱根への案内人

今日はまた一段と暑いですね。向こうにみえる赤い電車で涼しい高原に行きたい気分です。

イメージ 1

1978年EF15?貨物列車

この写真、「立川ー高尾間各駅停車」の標識や信号機の「本短絡」表示から立川駅と判断しましたが如何でしょうか。
大変貌を遂げた今の立川駅からは想像がつかない光景が広がっています。

イメージ 1


イメージ 2

1978.9?頃

高らかに唸るMT54

モハ185のデッキ乗車中です。
ここは音鉄的には居心地の良い場所なのです。特急仕業に比べれば大人しいかもしれませんが、直線区間を高速で駆け抜けて行きます。

イメージ 1

スマホなので写り甘いですが。

(追記)
やけに走りが熱いと思っていたら4分延で運転中でした。

豊田電車区廃車待ちの旧国

青梅、五日市線で使っていた車両ではないかと思いますが長いこと留置されてました。

イメージ 1

1978.8?頃

スマホのカメラvs新幹線

架線柱ワンスパン分シャッターのタイムラグがありました。iPhoneだとまた違うのかもしれませんが。

イメージ 1

小田原―熱海 2014.7.

立川機関区所属EF15 78

いとこ達と青梅鉄道公園に遊びに行った帰途に撮ったようです。同じネガの前半は鉄道公園でのスナップばかり写ってました。
 
イメージ 1
この感じだと電車内から撮ったようです。 1978/8?
 

湯河原花火大会

本日開催のために見に行ってきました。しかしながら、帰宅の混雑を避けるために、真鶴駅から国道を歩いて見える場所まで移動して立ち見してました。とはいえ、打ち上げ会場まで1kmぐらいだったので迫力の打ち上げ音でした。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
手持ちで何枚か撮ってみました。
Panasonic DMC-GF2

山陰本線1980年夏

電化工事が始まった中を客車普通列車と特急「やくも」が交換。
 
イメージ 1
直江 1980/夏

伊豆箱根鉄道の甲種輸送

小田原から出ている伊豆箱根鉄道大雄山線の車両は、検査を三島の駿豆線大場の工場で行うために、甲種輸送で運ばれます。しかしながら、小田原駅構内のJRと大雄山線の連絡線は架線が張られていないために、コキを控車代わりにして入換作業を行います。
このため、相模貨物駅で入換用の編成を仕立てて小田原まで行き入換作業後に三島に行く工程となります。昨7/18は大雄山→大場で車両輸送があった関係で、相模貨物→小田原間を空コキ編成が走りました。
 
イメージ 1
国府津にて
 
本当は小田原の入換作業も見たかったのですが時間が取れずに断念しました。
ちなみに、三島から大雄山に戻すときには、小田原の連絡線が貨物下り線側にあるために、三島から相模貨物駅に一旦行って、(たいていは翌日に)ここで折り返して小田原に行き車両を受け渡します。
 
イメージ 2
今年3月に見た小田原への車両輸送です。偶然にも同じカマでした。
 
大雄山線内は旧型車両を改造した事業用車が牽引、駿豆線内は凸型の電気機関車が牽引とフルコースを見るとなかなか見ごたえがあります。

今日見たちょっと不思議なモノ

国府津駅に朝の一仕事を済ませた215系が到着。

イメージ 1

列車の前方にある「8番出」の信号機、雪国のように深い庇が付いてます。

爆音拝聴特等席

ちょっと冷房の効きがわるいですが、お陰で独占状態です。

イメージ 1

ここはモハとモハのはざま、いい感じにハモってます。

北海道全線フリーきっぷ30,650円

往復の鉄道利用が苦にならない人向け。

イメージ 1

今日見たMAX

朱鷺色にはなかなか逢えず。

イメージ 1

東京

7日間10,290円

なにげなくパンフレット貰ってました。
普通列車だけで大旅行とか、ちょっとムリそう。そんな訳でこの切符は使ったことがありません。

イメージ 1


単純平均ならば1日¥1,470でなかなかのコストパフォーマンスですが7日連続というのは、勤勉とはいえない会社員でも敷居が高いです。
片道¥740以上の区間を7往復とか、定期券みたいでテンション下がりそう。

国鉄テイスト?

方向幕のフォント

イメージ 1

号車札や車番プレート

イメージ 2

窓のロックレバー

イメージ 3


185系の車内外にて

自由席の青札もそれっぽいけど、いつから付いていたっけ?
※窓は停車中にちょっとだけ開けて撮りました。

2002年の記録から 山手線リフレッシュ工事

どちらの車両もいなくなってしまいました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

東京