家族旅行中

諏訪湖に来ています。
宮脇俊三氏は著書『時刻表2万キロ』の中で、五月の連休後は日も長く気候も良いのに人が少なくて旅行のベストシーズンと記していました。正しくその通りで湖畔を歩いていると心地よい風が吹いておりました。

イメージ 1

イメージ 2

遊覧船内で

イメージ 3

湖畔の水鳥

イメージ 4

昭和3年建築の片倉館

イメージ 5

夕食時に日没を拝む

イメージ 6

宿からの湖畔の夜景

去年の宿が気に入ったのでリピーターです。
スポンサーサイト



相模線寒川付近

昨日は神奈川県県央部で打ち合わせがあり、帰途は同僚が気を利かせてくれて途中の最寄り駅で下してくれました。ナビで探した最寄駅が相模線寒川駅でした。夕刻のラッシュに入りつつあり、駅周辺の道路は混雑気味だったので、駅至近まで来たのでそこから歩くことにしました。踏切まで来ると夕陽でいい感じに染まっていたので、ちょうど来た電車を1枚。
 
イメージ 1
時刻は18:00近く、駅手前のポイントに差し掛かります。
イメージ 2
1枚目の奥の方が開けた感じだったのでそちらに向かい茅ヶ崎行を撮ります。
イメージ 3
更に先に進み川を渡るところを後追いで撮影。
 
結局1駅歩いて隣の香川から電車で茅ヶ崎に出ました。東海道線沿線から数キロ外れるとまだまだこのようなところがあるとは知りませんでした。
しかしながら・・・、寒川駅から反対側に行くと廃線となった西寒川支線があったことを今思い出しました。あっちも見たかったなあ。
 
2014/5/30 相模線 香川-寒川にて

185系OM01編成

昨夜のホームライナー小田原21号の後回送列車です。この編成、来週は走ってくれるでしょうか?

イメージ 1

2014.5.29. 小田原

今日のOM01

ホームライナー小田原21号で運転中です。せっかくのトップナンバー編成なのでこの列車に乗車しました。
但し、座った席のリクライニングが壊れていて、立ち上がると元に戻ります。orz
かつての簡易リクライニングシート車を思い出しました(少し違うけど)。

イメージ 1

うーん、スマホのカメライマイチ。

15年前の大船で

右の空港特急は世代交代済み、左の逗子行きは今はなく、車両自体もまもなく引退とはねー。

イメージ 1

1999年頃

トワイライトエクスプレス廃止ですか

今日のヘッドラインニュースを見てびっくり!ある程度予想はついてましたが来春に廃止だそうです。これほどの人気列車をあっさりと切り捨ててしまうのだから、心底夜行列車をやめたいのでしょうね。色々と車両の維持は大変らしいですが、トワイライトエクスプレスって看板列車じゃないの?

イメージ 1

大阪 2013.10.

今夜(2014/5/27)のホームライナー21号はOM01編成でした

今夜、新宿→小田原で運転された「ホームライナー小田原21号」にOM01編成が使用されてました。ダイヤ改正以降は運用が激減した185系7連、ストライプ塗装に塗り替えという情報もあるそうなので、とりあえず本日時点の様子を記録しておきました。久方ぶりにみる200番台トップナンバー編成、次にいつ会えるか分からないので。
 
イメージ 1
到着直後の最後部(Tc185-301)
 
このあと、各車のナンバーを記録。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
200番台のナンバーは車体中央に表示されているので、ブロックパターン塗装の塗り分け位置が車種でこれだけ違っていることに今更ながら気づきました。週に2,3回は見ているのになんてこったい!

福島ー金谷川の後補機仕業に就いていたED71

これを目当てでここに行きました。

イメージ 1

本務機はEF81

イメージ 2

ED71が列車を押し上げて行きます。

EF81がこの6年後に北斗星の機関車で抜擢されて脚光を浴びるとは、この時は想像すらつきませんでした。

南福島ー金谷川 1982.11.

真鶴半島(2014/5/24)

先日も磯遊びに行ってきました。
 
イメージ 1
沖合を遊覧船が通りました。
イメージ 2
東映のオープニング風にザッパーン。
イメージ 3
水中に魚の群れ
イメージ 4
この日もトンビが多数舞ってました。

旧型客車列車(1982/11/14)

またこんな列車で旅をしたいですね。
 
 
イメージ 1
某誌にならってこんな写真を 東北本線列車内(高久-黒磯)
イメージ 2
むき出しの貫通路 黒磯
 

高所からの東京駅夜景

少し古い話ですが、高校、大学時代の鉄友と久しぶりに飲もうということで、まずは上野駅集合。
 
イメージ 3
プレイベントは、ちょうどこの日走った臨時列車
 
そのあとは、双方の帰途を考慮して東京駅周辺でで飲んだはず(たぶん)。しかしまだ話足らずにもう1軒と二人で見上げると、ビルの途中にテラス席が見えたのであそこに行こうということになりました。で、そのテラス席とは、オアゾにある丸ノ内ホテルのバーらしい。素面だったら尻込みしたかもしれませんが、この時は好奇心が勝りました。幸い平日なのでカップルも少なかったようで、東京駅を眼下に見る特等席に着席。
あとは、場の雰囲気に合わせて大人らしく静かに飲んでました・・・。いや、違うな。ちゃっかり、こんな写真撮ってましたから(笑)。まあ、こういうところで騒いだら超恥ずかしいので、せっかく来たのだからという感じで2,3枚撮って、あとは大人のフリしてました。
 
イメージ 1
ちょうど眼下が中央線のシーサスクロッシング
イメージ 2
200系を流して撮っている大人がいるだろうか?
 
2009/11 上野(1枚目)、東京(2,3枚目)

今日の田園夕景

先週の光景(↓)に気を良くして言ったら、あらら風が強い・・・。
 
イメージ 1
ならば水面に写る太陽を入れてみました。
イメージ 2
デジカメの時計で18:15、間もなく日が沈みます。
 
撮影時の設定が明るすぎに思えたので、暗めに補正しました。左上にうっすらと富士山が見えてました。 
2014/5/25 小田急線 開成-栢山

聖地?田町の今

先日、田町にて打ち合わせがあった帰途、同僚は買い物があるとのことで別行動になったので久しぶりにここに寄りました。特に何か来るわけでもないので同業の方は見当たりません。

イメージ 1

今やホームドアの設置とかでこの様な感じに。

イメージ 2

イメージ 3

ここに人が集まるとしたら185系さよならの時なのかなあ?

時刻は17:40頃、富士・はやぶさが走っていたらなあと思います。この明るさなのであと30分ほど留まって撮っていたかも。

サシ481の回送運転台

ひばり最終日の食堂車からの風景。

イメージ 1

1982.11.14. 1005M車内

在来線で現役の電車特急のサシの乗車体験は2年後の鳥海が最後でした。
学生の身分ではなかなか食堂車に行くチャンスはなく、あれよあれよという間に消えてしまいました。

サイドビュー

背景は仕方ないですが、ここは撮りやすいです。

イメージ 1

検査上がりでまだまだきれいです。

応急的に座席車が連結された寝台特急紀伊

1982.3.名古屋駅で機関車付け替え作業中にDD51が客車に突っ込んで大破しました。衝突された列車は紀伊号、このために車両が足りなくなり、スハフ14が連結されることになりました。
ちょうど、紀伊半島方面に旅行していたので、帰途にこの列車のことを知りに乗りました。
亀山から横浜迄乗ったのですが、14系座席車の寝心地の悪さしか記憶に残っておりません。横浜では急いで反対ホームに行ってこの列車を撮ってましたが三月の早朝なのでなんだかよく分からない写真が残っているのみです。

イメージ 1

機関車次位

イメージ 2

出雲との連結側
元のネガから相当の補正を掛けてなんとか見られる画像にしました。

いなば・紀伊の時にいなばの方に座席車連結がありました。その時とは座席車連結位置が違う訳ですが、この写真を見て分かる方はなかなかの通だと思います。

下関あさかぜ 1986年

保管が悪く退色、劣化が進んでます。

イメージ 1

防府付近

ソフトで救済しようにもどんどん悪化するのでこの辺で妥協。

花輪線内の急行よねしろ

1984年のモノクロシリーズは時系列で紹介してます。どう繋がっているかと言うと、上野から八甲田で青森へ、鳥海乗車。新津で降りて磐越西線の客車列車で郡山。急行あづまで福島に行きまた八甲田で青森。急行むつで大館に行き、このよねしろに乗り継ぎました。

イメージ 1

進行方向の変わる十和田南だとおもうのですが。

キハ58系の急行列車、まだまだあたりまえで気にもとめてませんでした。停車時間を利用して入場券を買ったついでにでも撮ったようです。

旧客の室内

消えつつあるのでしっかり撮影してましたが、新系列客車の方は安心しきって撮りそびれました。12系はSL列車があるけど無人の車内は難しいでしょうし、14系座席車の方は北海道行くチャンスあるかなあ?

イメージ 1

1984年夏、磐越西線非電化区間にて

特急鳥海

上野ー青森間のいなほの後継でした。周遊券の範囲である青森ー新津で乗車。日本海の景色と食堂車を堪能しました。

イメージ 1

新津? 1984年夏

連接車

発車待ちの車内からLSEを狙うも、架線柱やら駅の上屋の柱やらあってなかなか思った通りにはなりません。

イメージ 1

NIKON Coolpix P310
ボックスシートの窓は額縁っぽく見えないですね。

ニコンのコンデジとは相性が良くないのか、この機体ではズームレバーが逆の動きをすることがあります。前使っていたP80はコマンドダイヤルが暴走してました。そんなつもりはないけど使い方が荒いのか?

下曽我駅でのすれ違い

先週、修学旅行臨が来た時の撮影です。

イメージ 1

2014.5.11.

消火器

こんな字体でしたっけ?『ぴそ』と読めてしまうとは、思考が逝ってますかねー。

イメージ 1


モハ185のデッキに立ち席中

(追記)
ド迫力のモーター音を聞くため、引き続きデッキに滞留中。今日は出せるところはきっちり最高速まで引っ張っている感じです。

田端での夜遊び 続編

5/1に行ったので既に半月以上経過。時間が経つのが早く感じる昨今です。

イメージ 1

遠方から24系客車が接近。

イメージ 2

前方を注視する姿に痺れました。

東北本線 尾久ー上野

田園風景の夕暮れ

帰るべく踏み切りに差し掛かると、ちょうど電車が通過。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

小田急線 開成ー栢山

電球色の照明が良い感じでした。

タイミングあわず

今日の踊り子110号はOM08らしいので、トンネル出口の真上までいそいそと来ると、爆音が聞こえてきてこれを撮るのが精一杯。お顔に電線が掛かってしまいました。
 
イメージ 1
東海道本線 早川-小田原

かろうじて海が見えます

今日は代走らしく青い車両がやってきました。
海は・・・・、背の高いマンションの左側にちらりと・・・(笑)。むかしだったら、もっとみえたのでしょうけど、この車両はいなかっただろうし。
 
イメージ 1
箱根登山鉄道 箱根板橋-小田原
 

桁下2.2m

なかなか圧巻です。
 
イメージ 1
東海道本線 小田原-早川

水田の水鏡に写る逆さ富士とロマンスカー

ここのところ、夕陽がとてもきれいなので富士山と夕暮れを見に少し外出。ふと、思い当たって水田の状況もチェックしました。小田急線の開成-栢山にある水田は水が張られ田植えの準備が始まっているようでした。
 
イメージ 1
列車はおりませんが、特徴的な雲と一緒に。
イメージ 2
上のコマより数分前ですが、ちょうどLSEが来ました。
なんと、このコマのファイル名がDSC3776.JPGでした。
イメージ 3
どうも空に露出を引っ張られて決めあぐねている内に時刻は18:49、今日は退散です。
 
約15分ほどの滞在でしたが、暮れなずむ富士山をカエルの鳴き声と水の流れを聞きながらゆったりと過ごせたひとときでした。数日後には、皆様の力作があちらこちらのブログにアップされることでしょう。

こちらはちょっと物悲しい電車の輸送

5/16のこと、東海道線車内から相模貨物駅で京急の甲種輸送を目撃しました。
その車内から今度は大船では横浜線用205系を従えたEF64が待機しているところを見かけ、せっかくなので見送りました。
さながら、新車を買っていままでの愛車が下取りで引き取られていくのを見送るような気分でした。
普段見慣れている車両が(おそらく)廃車の旅に向かう光景は物悲しいものでした。
 
イメージ 1
編成を全部入れようとしたらカツカツに。
 
イメージ 2
編成札は外されているようですね。やはり最期の旅なのでしょうか。
2枚とも戸塚にて