銀河20系で運行の頃

初めて20系に乗ったのは急行銀河の東京ー京都間でした。

イメージ 1

この当時は東京駅の機関車付近が立入禁止で撮影しておりません。

イメージ 2


イメージ 3

ナハネフ22の最後尾から

イメージ 4

早朝の通路で

1984.7.のことでした。

高校の夏休みの宿題で社会(地理)でレポート出せと言うのがありました。但し、旅行記はダメとのことで、当時取り沙汰されていた夜行列車全廃論と銀河の乗車記を絡めて書いた覚えがあります。勿論、反対意見書きまくりで、たぶん教諭が鉄道旅行好きなお陰で良い評価を頂きました。
35年経った今、この夜行列車全廃論が現実味を帯びてきたことに驚きを隠せません。今自分が高校生ならばどのような結論を下すのでしょう。
スポンサーサイト



重連でやって来た急行越前

1980年?の川口駅、越前がEF62の重連です。普段は単機で牽引と思ったのでこれは予期せぬサプライズでした。

イメージ 1


イメージ 2

後追いとりましたがこっちはピント大甘

続・もったいない話

瀬野八を訪問して、かの有名?なトンネルの上方から撮影をしてました。この場所は、上り列車の後押し機関車と下り列車向けの場所です。ダイヤを見ると間もなく、荷物列車が通過するようです。
 
イメージ 1
あれ~?青くないぞ
イメージ 2
走り去る列車ですが、固定焦点レンズなので列車部分のみトリミングしてみました。
イメージ 3
後押しの補機は青い方でした。
 
この当時茶色のEF58は2両だけ。状況的に考えれば、EF58 60の方だと思われます。
結局、こういう形でしか記録に残せていないのでした。
 
Canonet QL-17 G-Ⅲ 1979/7 八本松-瀬野

もったいない話

初めて宇部線小野田線を訪れた時のこと、なぜかこのクモハ42はこんな写真しか残せておりません。
 
イメージ 1
1979/7 雀田?
 
後日、再訪した時には全体を写してはいるのですが、そっちのネガは探せてません。

EF15?と EF65PF 重連

後ろは回送のようですが。

イメージ 1

クリーム色のホキ懐かしい。
1980年?頃、川口

西日暮里にて上越型EF58

機番は131号機、編成と時間帯からすると急行鳥海のようです。

イメージ 1


イメージ 2

今や模型で再現するとしびれてしまう編成ですが、当時はちょうど来たから撮ったという感じですかね~。
1980年?頃

名松線家城での交換風景

この時は、ありきたりの光景と思ってました。

イメージ 1

1982.3.

人気者の機関車が普通だった頃 EF58 89

昨夜アップしたゆうづる回送と同じネガにありました。川口から西日暮里に行き、尾久への推回を撮ってたようです。
以前にスキャナで読んだ画像を何気なく拡大して気が付きました。要は30年位ほったらかしだった訳です。

イメージ 1

イメージ 2

この当時は遮るものなかったらしいですねー。1980年?頃、西日暮里。
89号機は宇都宮所属で、お盆時期ではない東北筋の寝台+旧客の座席車となるとおそらく14系化前のおが4号と推定しました。

ところで、この89号機が茶色くなった時の遭遇は、昼頃に新宿を通る荷物列車を山手線車中から見たのでした。その時は雑誌記事に出る前だったので大層驚きました。

あけぼので青森へ!-4

昨年12/22-23の乗車記の続編です。済みません、ずっと更新サボってました。
 
水上を出たあけぼのはほどなく新清水トンネルに入ります。勾配緩和を目的として作られたこのトンネルのおかげで列車はスムーズに進んで行きます。トンネル駅の土合を過ぎてトンネルを抜けると土樽。かつては秘境駅の様な様相を呈していたこの駅もすぐ脇を関越自動車道が通るようになって秘境という感じが薄れたように思えます。いつしか勾配は下り坂に変わり関越道とともに越後湯沢を目指します。そして越後中里通過。この時間帯では無理ですが、もしスキー場の上部に居たらあけぼの号が駅を通過して岩原の方に向かう様子が俯瞰できることでしょう。新幹線との連絡駅である越後湯沢も深夜なので通過、新潟川の峠越えの基地であった石打も通過して行きます。
その後も六日町、浦佐、小出、越後川口と拠点駅通過すると、かつて急行よねやまで上越線を辿ったことを思い出しました。そして、いつしか列車は長岡に到着しました。ここでは機関車が交換となりますが、自分たちの寝台区画はホームの事務室のまん前で停車。これでは何も見えないので心置きなく眠りに就くことができます。
まさか、こんな深夜に他の車両に行くわけにも行かないので・・・。ベットに入ると切り離されたEF64が機関区に帰っていく音が聞こえてきました。
 
ふと目が覚めると、どこかの駅を出発したばかりの様な気配でした。時間的には鶴岡付近のようです。10分ぐらい走り余目に停車。回りの人は皆寝ているようで寝息ぐらいしか聞こえてきません。ドアが閉まると少し間があって前方から短い汽笛が聞こえ発車。このあたりの駅では無線連絡で出発合図をしているようです。次の酒田では貨物列車が停まってました。しかしまだ真っ暗なので日本海も鳥海山も見えません。象潟では改札口の近くに停まり、駅は今日一日の活動が始まっている様子がわかりました。しかし、この車両はまだまだ寝静まっている様子です。
 
イメージ 1
象潟に到着。
 
まもなく6:00、列車は羽後本荘に到着しました。ここからヒルネ扱いの車両があるので、十数名が下車。ホームでは放送をしているのが聞こえます。しかし、列車内の放送は秋田到着20分前とのことなので、放送のないまま停車、発車を繰り返しています。そして、6:20ごろにおなじみのハイケンスのセレナーデが流れおはよう放送がはじまりました。が、自分自身は逆に眠くなってしまいここで眠りに落ちてしまい、子供に起こされた時には東能代手前でした。 (続く)
 
 

2000年頃 京王線北野駅の風景

ダイヤ上だと同時発車だと思いましたが、何らかの理由で京王八王子行きが遅発でした。
 
イメージ 1
ここの同時発車は動画向けと思ってます。
イメージ 2
4連の高尾山口発特急
レンズが汚れていることに後で気が付きました。
イメージ 3
急行高尾山口行きが出発して行きます。
 
この当時仕事場で殆ど使わなくなって放置されていたDVカメラがありましたが、バッテリーは放電しきってくたくたな状態でいざという時に使えなさそうになっていました(満充電なのに5分で終了とか)。こういう機械はある程度動かさないとダメになるので、自分用のテープを買ってきてオフの時に手当たりしだい撮影していたら段々と元気を取り戻してくれました。ここ北野でも撮っていたと思うので見つけたらアップします。
ところで、せっかく復活させたDVカムは結局活躍の場が余りないままに次世代のDVD機に主役の座を奪われてしまいました。

東大宮まで回送されていたゆうづる編成

早朝の川口で色々と撮影をしていたら、予期せずゆうづる編成がやってきました。当時読んだ雑誌記事から、長躯東大宮まで回送される編成があるとの知識はありましたが、ノーマークでした。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
1980年? 川口付近

富士急追加

昨日の続きです。
 
イメージ 1
RAW現像しました。下吉田-月江寺にて

DD51+DD13拝島駅の風景【画像訂正・追加しました】

1977年か1978年の撮影です。
何の目的で行ったのか覚えておりません。一灯ライトのDD13、これくらいしか撮っていません。

イメージ 1
実はDD51とDD13は連結されてませんでした。
 
イメージ 2
DD51の後部から、後方の西武線の旧型車両が懐かしいです。

今の拝島ってこんな長閑な感じではないでしょうね。
 
いくら36年前はアバウトだったとはいえ、1枚目の写真はちょっとな~ということで差し替えました。

1/25富士急行

1/25は早川の近くに所用があったので貨物列車の運用状況をチェックしているとEF66 26が下り貨物列車に入っているとのことで行ってみると、通過時間を勘違いして到着と同時に66-0通過が目に入りorz。あちゃ~!
しょうがないので、市内に戻り買い物を済ませたら15時を少し回ったところ。このまま帰るのはちょっとと思いながら、ナビの行き先を富士吉田市にセットすると75分ぐらいで着きますよとの誘惑が。ここ数日暖かいから道路の凍結もないだろうということでそそのまま行ってしまいました。目的は↓これ。
イメージ 1
富士急行 月江寺-富士山 16:29頃
イメージ 2
あとうち
 
結局撮影場所を探すまもなく、ナビで至近の線路端探して到着。カメラを出すと同時に踏切がなりだしました。(1枚目の列車後方に踏切がある)
すぐに大月行きが来るのでそのまま待機しましたが、ちょっと移動すると富士山が背景に入りました。
 
イメージ 3
元京王5000系が来てくれました。16:37頃
 
予想はしてましたが、夕方で曇天ゆえに露出が厳しかったです。
でもパノラマエクスプレス引退の2/9までにいけるか分からなかったので、撮れただけでも良かったと言うことで。
 
 
 
 

まともな画像がありません301系

ああ、国鉄時代はさんざん見てたり乗ったりしてるのに~。

イメージ 1

2002.6.三鷹?

長崎空港のB747

仕事で長崎に用事があったのでしたが、計測器やら工具やらが必要でした。
かといって事前に送っておく猶予もなくて手持ちすることになったため、飛行機乗るの大変なので列車で行きますと言って、新幹線+なは・あかつきに乗車。
廃止1ヶ月前のブルトレで現地入り。
後から来た同僚を空港で迎えました。
その時撮ったのがこの写真です。
この時はブルトレ乗れてラッキーと思いました。

イメージ 1

2008.2. 長崎空港

帰りは工具類を送って飛行機にしたけど機材が何だったか全く記憶なし。しかも風邪引きでした。

南武浜川崎支線の101系

なんかショボい画像ですが見つけました。画像編集で明るく補正しました。

イメージ 1

2002.4. 尻手 FUJI Finepix A201

2連とは言え乗ってしまうと、昔中央線でお世話になった時を思い出しました。

入れ換え機DE10の命運は?

HD300なる後継機が続々と増備されている現状からするとそう遠くはない将来に引退とかなるのでしょうか?
地方交通線の貨物列車や旅客列車では撮影してますが入れ換え機としてはあまり撮ってないです。

イメージ 1

相模貨物駅、東海道線車内から、トリミングしてます。

EF66-0、HD300をエスコート

今夜の上り2088列車でHD300が回送されていると聞いたので見てきました。
牽引しているのは、EF66の33号機。
 
イメージ 1
暗かったので画像補正してます。
イメージ 2
 
いずれ入換機はこの機関車にとってかわられるのでしょうか?
 
2014/1/23国府津
 

大垣の朝 1981-3

大垣に着いて次の西明石行き?に乗り換える間だと思うのですが。

イメージ 1

この当時も乗り換え時間は少なかったような・・・。どうせ米原までと開き直って席は諦めたのだと思いました。
本当はこの編成を使う間合い運転の垂井行き乗りたかったけどスケジュールに余裕なしでした。

大型ヘッドライト、ヘッドマーク付き急行くずりゅう

古いネガの中から見つけました。でも、いつ撮ったのだろう?記憶にないです。

イメージ 1

1981.3. 北陸本線のどこか、敦賀?

まだこの頃はおでこの種別幕塞いでなかったのか。

現在の南武支線

浜川崎支線の旧国を紹介したので現在の姿も。先日撮った205系です。
 
イメージ 1
尻手にて
イメージ 2
八丁畷にて
 
101系時代も撮っているので画像を見つけたらアップします。
 
2014/1/14 FUJI Finepix HS30EXR

南武支線の17m車

たぶん、昔の武蔵中原の電車区での撮影です。せっかくの旧国なのですが、露出の設定が悪く画像補正も調整がうまくいきませんでした。
 
イメージ 1
1981.2.頃

冬の団体臨時列車ハイランドスケート号

千葉から富士急ハイランド迄走っておりました。千葉局の列車でしたので房総急行同様にヘッドマークが付いてました。
同級生たちと一度だけ乗ったことがありますが、さすがに徹夜でのスケートはキツかったです。

イメージ 1

1981.2. 八王子

四国のDC急行たち

以前に四国のDF50を撮りに行ったことを書きました。
 
この時のきっかけは、高校の同級生だったN君がかつて住んでいた四国のDF50が無くなるらしいので春休みに撮りに行きたいとのリクエストでした。普段寡黙なN君が鉄道好き知ったのはこの時が初めてだったので喜んでOKしました。しかしながら、自分は所属していたクラブの合宿が伯備線訪問だったので(それも現地集合現地解散という)、これにからめることとして。さらに廃止が近いとされていた福井鉄道南越線と福知山線の尼崎港支線も合わせて訪問するという欲張りなプランとなりました。とはいえ、すねかじりの身分でしたので旅費は極力抑えるために、徳島・鳴門ミニ周遊券をメインにして飛び出す区間は学年で使い切れなかった学割(年間8枚でした)を駆使して片道切符を購入することとしました。今考えるとはちゃめちゃな大旅行になりました。
行程を記すと、東京から大垣夜行に乗り米原から北陸線で武生まで福井鉄道訪問(南越線と福武線乗り潰し)後は福井から敦賀に戻り、敦賀からは、小浜、東舞鶴、綾部経由の京都行きというすごいルートの客車鈍行に乗り綾部下車。福知山まで行き待合室に宿泊。翌朝の始発列車で塚口に行き尼崎港支線往復。大阪に出た後は桜島線往復(可動橋だけ印象に残ってます)。三宮でポートライナー乗車、加古川で高砂線往復し、岡山で合宿参加。2日後の夕方合宿解散で岡山に戻り、宇野線と宇高連絡船で高松入り。とはいえN君との約束は翌朝だったのと高松駅待合室が深夜閉鎖だったので、中村行き夜行を使って高松-琴平-高松と乗って早朝の高松に戻りN君と合流。
その後は鴨川で撮影、坪尻駅訪問。その日と翌日は阿波池田YHに泊まってかずら橋と大歩危観光。次の日は徳島線、小松島港線乗って牟岐線で日和佐のYH宿泊。次の日は当時の牟岐線終点の海部まで行って高松に戻り、本州へ。大阪から銀河52号で東京に帰りました。
いまじゃ、こんなスケジュール組まないでしょうね、きっと。
 
四国でのメインはDF50でしたが、当時でも希少なヘッドマーク付き急行が走っていたので、出会うたびに撮ってました。しかし、当時は写っていればよいというスタンスでしたので、適当かつ残念な写真ばかりですが以下羅列します。
 
イメージ 1
坪尻(列車名不明)左に友人が写ってました。
イメージ 2
坪尻(急行土佐)
イメージ 3
坪尻(急行あしずり)キハ65先頭は珍しい?
イメージ 4
阿波池田付近(急行よしの川)YHの近所でした。
イメージ 5
高松(急行むろと)
イメージ 6
高松(急行いよ)
イメージ 7
高松(急行阿波)
 
怒涛のごとく貼りましたが、これでも急行うわじまは撮れてませんでした。またそのうちと思っていたら四国は急行王国から特急王国に変貌してました。でも、ヘッドマーク付きだとモチベーションが上がるのか、DC急行をこれだけ熱心に記録したのはこの時ぐらいではないかと思います。
 
この旅行中にはこんな車両にも出会ってました。
イメージ 8
多度津駅前の保存機です。
イメージ 9
土讃線?のどこかの駅ですれ違いました。
 
 
 

展望特急50周年トレーディングカード

↓の後新宿に到着したら何やら出店がありました。
 
何かグッズ販売かとみると・・・
トレーディングカード配布とあったので思わずもらってしまいました。
№4まであるうちの№3ということで、また乗らなきゃいけません(笑)。
 
イメージ 1
 

ただいま移動中

町田から新宿に行こうとしたら白いロマンスカーが来るというので席を取ったら先頭車。前から六列目なのでこんな景色が。
童心に帰ってしまい落ち着けません。
(^^)d

イメージ 1

京葉線スカイブルーの201系

国電5色で一番好きな色ですが、方向幕の白幕があまり好きではなくて、気がついたら廃止間際でした。

イメージ 1

2001.2. 海浜幕張

寝台特急さくら単独運転の頃

1997とか1998年頃だったと思います。
夕方だったのでヘロヘロのやる気なし状態で品川に到着。
もうすぐ通過だから撮っておこうてな感じでした。

イメージ 1


下りは夕方早く、上りはお昼近くに走っていた割にはきちんと写せておりません。いつでも撮れるからと言っているうちにはやぶさと併結され、気がついたら廃止されてました。

御殿場線上大井駅

国府津から二駅、ひょうたんが栽培されているのが有名です。

イメージ 1

駅舎

イメージ 2

国府津方向

イメージ 3

沼津方向
富士山がはっきり写るようにアンダー気味にしました。
ホームがかなり長いです。今でも東海道本線の迂回線として使うことを考慮しているのでしょうか?

そして、かつてRMにも出たことのあるスナック北斗星。

イメージ 4

イメージ 5

駅から徒歩一分位のところにあります。