2013年最後の夕暮れ

大晦日の今日は慌てて散髪に行ったついでに新幹線を撮りこれでおしまいと思いきや、夕方に買い物に行った帰り道には、息抜きで最後の夕陽を撮ろうと寄り道のはずが、箱根外輪山に落ちる夕日は思いのほか早くて夕陽との組み合わせは撮影できず・・・。どうも、ウチの近所は誘惑が多くていけません(笑)。
しかしながら、雲隠れしていた富士山が姿を現してきたので急遽ここに行ってみました。落日後は刻一刻と暗くなるので時間との勝負です。ロマンスカーVSE通過まで明るさが持つかなーと粘りつつ撮ったのが今年最後の撮影となりました。
 
4月に開設して以来、つたないブログですが多くの方にご高覧いただきありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
 
イメージ 1
夕闇に富士山のシルエットが浮かびます。
イメージ 2
電球色の照明が映えるVSEが走り去りました。
2013.12.31. 渋沢-新松田
スポンサーサイト



懐かしいX編成の呼称

X編成といえば、100系の2階建て食堂車を思い出してしまう私は食いしん坊でしょうか。
いまでは、N700Aの改造車に与えられる称号の様です。
 
イメージ 1
2013.12.29. 小田原 SONY DSC WX-300
 
イメージ 2
通過するのぞみにX40編成が運用されてました。2013.12.31. 小田原
FUJIFILM FinePix HS30EXR

371系ふたたび(2014/2)

昨日新幹線コンコースで何気なくもらってきた「さわやかウォーキング」のチラシですが、
イメージ 1
 
今日になって裏側にこんなお知らせがあることに気づきました。
イメージ 2
御殿場までいかないと見られないけど、見に行きたいなあ。

2001年に走ったロイヤルトレイン

ノルウェー国王が来日された際に東京→北鎌倉で走った特別列車です。
さすがにお召列車となると人がいっぱいで何とか隙間から撮ったのでした。
古いAPSネガをデータ化して発掘しました。
 
イメージ 1
清水谷戸トンネルを抜けてやってきました。緊張が高まります。
イメージ 2
手前に来てもう一枚。ああ、これじゃ御料車が見えないじゃないか。Orz
 
まあ、それでも撮りに行けただけでも良しとしなければならないでしょうね。
2001.3.28. 横浜-戸塚(東戸塚付近) NIKON PRONEA-S

東北新幹線の車窓から 275km/hの世界

先日乗った帰りのはやてでカメラを窓にくっつけるように置いてシャッターを押しました。

イメージ 1

ストラップに乗ってしまいカメラ傾きました。たぶん福島通過。

イメージ 2

これは何でこうなったのか?自分でも解りません。

新幹線通過動画

デジカメの動画機能で撮影してみましたため、手振れや音割れなどが出ている点はご容赦ください。
 
のぞみ168号
のぞみ237号(待避中のこだまもN700系)
 
キーンと連続音で聞こえているのはN700系の機器音です。この音を聞くとサシ481のMGの音を思い出してしまうのは私だけでしょうか。

N700系

この空力ボディは暗所とか逆光に映えるような感じがします。

イメージ 1

2013.12.29. 小田原

雪化粧した箱根に見下ろされながら撮っていたらすっかり凍えました。手を洗ったら水道水が温かく感じました。

入場券

連絡口で買ったら大型のタイプでした。

イメージ 1

2010/1北陸・能登廃止フィーバー@上野駅

まもなく4年が経過しようとしております。この時も年末に廃止発表があって余命3ヶ月、うまい具合に都内での合宿研修と言うのがあって、宿泊先から上野駅までは20分ほどの好立地のため、撮影行ってきました。
 
イメージ 1
対向ホームに電車がいるので13番線で撮影。
イメージ 2
能登編成がホームライナー運用から戻ってきました。
イメージ 3
ヘッドマークを交換
イメージ 4
出発待機中
イメージ 5
端正なボンネットを真横から

12/27あけぼの入線時の画像

いささかしつこいかもしれませんが、ミラーレス一眼の画像を貼ります。
 
イメージ 1
オハネフを先頭に推回されてきました。貫通ドアが開いてます。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
入線して来た後方でこの車両が出ていきましたが、あまり気づかれずスルーされてました。
 
イメージ 9
編成全景
 
イメージ 10
機関車のアップ。後方にグリーンのロープが見えます。
 
車両に接近しすぎないようにとの配慮なのか、機関車付近はロープが張られてました。
 
Panasonic DSC-GF2
 

松田山イルミネーションの下を通過するメトロはこね【動画】

ちょっと時期が外れてしまいましたが、松田山のクリスマスイルミネーションが見える酒匂川橋梁をわたる小田急ロマンスカーメトロはこね24号です。途中で青白く光っているのはパンタグラフのスパークです。
 
2013.12.21. 新松田-開成 SONY DSC WX-300
 
真っ暗な中でセッティングしたのでアングルもへったくれもありませんが・・・、ご高覧いただければ幸いです。

あけぼの編成 貴重な折戸

昨夜のあけぼの、4号車に入ってました。折戸の開く音って好きなんですよね。

イメージ 1

しかも白帯でした。

ホームの混雑状況、昨夜はこんな様子でした。こちらの14番線は10名位でした。

イメージ 2

入線数分前

かつて、北陸と能登の廃止が発表された後の1月中旬に撮りに行ったことがありますが、水曜日でもこれくらいいたような気がします。しかも、その後はどか雪で運休が多かったので早めに行っておいて良かったのかもしれません。

あけぼの 上野駅出発

デジカメの動画機能で撮影しました。手持ちなのでお見苦しい点はご容赦ください。
 
2012.12.27.上野駅、Panasonic LUMIX DMC-GF2
 

2013.12.27.上野駅13番線

こんな様子でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

東京ミチテラス

横浜から東横線、目蒲線 目黒線、三田線と乗り継いで大手町まで来ました。イルミネーションを少し見て来ました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

あけぼの 番外編

本日は仕事納め、納会の後の酔いざましに何故か上野駅を目指してます。
こんな景色を眺めに。

イメージ 1

星の寝台特急、あのCM良かったなぁ。

年末年始の荒天であけぼのの運休が予測されますなんて見たので行くことにしました。

あけぼので青森へ!-3

国境の峠越えの前に車内の様子をアップします。

イメージ 1

A個室の通路。電球の照明がいい感じ。

イメージ 2

B個室の通路。こちらは喫煙可の部屋もあるのか通路も少し煙たいです。

イメージ 3

2箇所ある内8号車にはテールマークが表示されてました。もう一方は白幕。でも、引きが取れなくて薄暗いので撮影は困難を極めます。ストロボ炊くならば深夜は避けましょう。

イメージ 4

冷水器懐かしい。

イメージ 5

イメージ 6

デッキの様子

イメージ 7

減光されてました。

イメージ 8

寝台の梯子

あけぼので青森へ!-2

発車まであまり時間もないので編成に使われている車両番号の確認は後回しにして乗り込みます。今宵の寝床は2号車の開放ハネです。車号はオハネ25 32、2段ハネで新製された車両ですが、のちに品川に配置された車両とは異なり上段寝台に昇降装置が付いたタイプです(後で車内見聞した際に撮影しました)。そのため、寝台側の窓が大きいタイプです。そうこうしている内に発車時間です。発車メロディが「ああ上野駅」に変わって初めて聞きます。そして、汽笛が聞こえると少し間があって、ガクンという衝撃とともに(Orz)列車が動き出しました。この号車では見送り風景が見られました。
そして、オルゴールが鳴り案内放送・・・、最後に「この放送を持ちまして明朝秋田到着20分前まで放送を中断すします」という旨の内容で締めくくられました。そのころには列車はスピードが乗っており、何やら床下のほうからゴトゴトという音が断続的に聞こえてきました。どうやら台車周りが不調の車両に当たったようです。それも高速運転時に出てくるようで、結局高崎あたりまでこの音が響いてましたが、なぜかその後は高速走行でも静かになってしまいました。何とも不思議でしたがおかげで睡眠不足は免れました。
 
イメージ 1
車内の様子です。
イメージ 2
デッキとの仕切り扉
 
落ち着いた処で、同行の娘と夜食を食べながら旅に出た祝杯(といってもソフトドリンクですが)をあげました。そうこうする内に大宮到着です。ここで、なんと緊急のご案内と放送が入ります。何事かと驚いて耳を傾けると↓で書いた通り、「山手線の遅れにより接続待ちで5分ほど停車」するという案内でした。
おかげでホームに降りる機会ができました。大宮だからさぞかし人がいるだろうと思ったら最後尾で写真を撮っていたのは1人だけ、拍子抜けしましたがおかげでゆったりとテールマークを撮れました。
 
 
イメージ 9
大宮での様子
イメージ 10
大宮ではゆったりとテールを撮影
 
大宮でも我々の寝台区画には相客は現れず今のところ貸し切り状態。といっても高崎から乗ってくる可能性もあるので今のうちに開放ハネならではアイテムの記録をしました。また、トイレに行くついでに深夜で寝静まる前に他の車両の様子も見ることにしました。
 
イメージ 3
上段寝台の様子
イメージ 4
斜めに見えている部材が寝台の昇降装置
イメージ 5
寝台昇降操作釦のフタ(15上下表示の左下のプレート)
イメージ 6
通路の様子、折りたたみ椅子が1つだけ開いてました(この画像は深夜撮影)
 
高崎に着いても相客は現れず我々の区画は貸し切り状態となりました。渋川を過ぎると、列車は昼間なら風光明媚な利根川に沿って走り1時間ほどで水上に到着。そのころには雪が積もっている様子が車内からも見て取れました。
 
イメージ 7
水上付近の車窓
イメージ 8
115系が休んでました。
 
水上は運転停車で小休止。いよいよ上越国境に挑みます。(続く)

583つばめ

2004.10.に、東海道線でこんなリバイバル?がありました。

イメージ 1

東戸塚-戸塚

あけぼので青森へ!-1 上野駅入線【一部訂正】

12/22にあけぼのに乗車した時の記録です。画像を整理しながら、年賀状書きなどもやりながらのアップとなりそうなので、連続でのアップではなく、散発的になることをご容赦ください。
 
なお、この時の撮影機材は、メインがミラーレス一眼(PANASONIC LUMIX GF-2)、スナップ用にコンデジ(SONY DSC WX-300)と動画用にビデオカメラの予定でしたが、日程と荷物の大きさを考えてビデオはあきらめて別のコンデジで動画撮影することにしました(NIKON COOLPIX P-310)。
ただし、急な思い付きで持ち出したために、上野で入線撮影後動画用のカメラは早々にバッテリーが終わってしまいました(汗)。
 
当日午後は地元でクリスマスコンサートだったので、あけぼのに乗るとはいえ上野駅に行けるのは発車間際。
たまたま3連休で臨時の踊り子号の運転日だったので、コンサート後は早めの夕食を済ませて飛び乗るような感じで踊り子に乗り込みました。このままだと上野到着は入線の1時間近く前になりそうだったので、東京駅で途中下車して今年初めての八重洲口グランルーフのイルミネーションをチラ見して食料調達。
(一旦乗ってしまうと、食料・飲料の調達が困難で兵糧攻め状態になってしまうと聞いたので)
用事を済ませて山手線ホームに向かうと電車にやや遅れがあり(渋谷駅での発煙の影響と後で知る)、ヒヤヒヤ
したものの上野に着いた時は入線時刻数分前でした。
出発ホーム13番線は混みそうだったので対面14番線ホームに直行。見た感じは13番線に50人ほど、14番線は20人ほどでした。着いて間もなく停止目標の看板を係員の人がセット、入線間近の様でした。一方16番線では折り返し21:00発となる「ひたち」の編成が20:57頃にようやく到着。「折り返し準備が整い次第出発します。」との
放送が聞こえてきてこちらも遅れが出ている様でした。
そして、13番線ではあけぼの入線のアナウンスが入り当方の緊張も高まります。そして:
イメージ 1
レディースゴロンとのオハネフを先頭に入線してきました。
イメージ 2
ミニ三脚+コンデジで動画を撮りながら、別のデジカメで撮影してました。
イメージ 3
先頭はこんな感じ。この日の牽引機はEF64 1031でした。
 
機関車の写真を数枚撮った後は、テールマークを撮るために、最後尾に回りました。14番線にもあけぼのを
撮るためにデジカメや携帯を構えた同好の士を散見しました。一眼レフを持った女性は鉄子さん?
 
イメージ 4
車止めの所からテールを狙います。
イメージ 5
発車案内盤とともに。後部はこの様にギャラリー多数。
イメージ 6
もちろん、方向幕も記録に収めました。
 
車両を背景にして娘の記念撮影を済ませると、いよいよ今宵の寝床に向かいます。 (続く)

青い森鉄道

シンプルすぎる701系もラッピングで印象が変わります。

イメージ 1


見馴れたためなのか、今ではこの車両好きになりました。嗜好が変わって来たのかも。

TOTO来日公演決定

S:\10,500、A:\9,500かあ、う~ん・・・。
 
イメージ 1
東京駅にて

はるばる四国から上京

東京駅グランルーフでイルミネーションを見ていたら眼下にJR四国のバスが登場。
行き先を確認したら松山行きでした。
 
イメージ 1
2013.12.22. NIKON COOLPIX P-310

新旧の青森駅

定点観測にはなっておりませんが、1984年当時と今の様子です。
 
イメージ 1
おそらくホームから真横に見える連絡船を撮影(1984-9)。この羊蹄丸は船の科学館で展示されてましたが惜しくも解体されました。
 
イメージ 2
1枚目とは別の日ですが、跨線橋から桟橋の方を写しました。但し船を撮ると言うよりかは手前の三線分岐を撮りたかった様です(1984-9)。
 
イメージ 3
1984-9当時の駅正面
 
イメージ 4
かわってこちらは2013-12-23の青森駅正面です。
 
イメージ 5
八甲田丸の位置は駅舎から遠いなと思ったら2つあるバースの内奥側だったようで、1,2枚目のホーム横手にあったバースは、地図によるとこのA-FACTORY(右手の建物)の横(この写真の奥側)にある長方形の切れ込みの様です。でもそうと知ったのは、帰ってきてからでした。それを知ってたらこの奥まで行くべきでした。
 
イメージ 6
連絡船乗り場へつながっていた跨線橋の現在の姿。
 
イメージ 7
跨線橋の上り口にこの様な札がありました。
 
う~ん、行く前に自分が過去に撮った写真を見ておさらいしておくべきでした。

DE10牽引のブルートレイン

といってもあけぼのの回送なんですけどね。

イメージ 1

イメージ 2

青森にて SONY DSC WX- 300

今日の小田急の車窓から

富士山は雲に隠れてましたが、最近の雨天の時に丹沢の山が雪化粧してました。

イメージ 1

秦野付近

実は初乗車、E5系

はやて40号で帰途についてます。8号車だったのでこまちとの連結を見ることができました。はやぶさは並びでの空席が3列の通路側しかないためはやてにしました。それでも停車駅の関係で前後のはやぶさとは所要時間にほとんど差がありません。

イメージ 1

イメージ 2

メモリアルシップ八甲田丸

青森では、青函連絡船八甲田丸を見てからアスパムにと考えてましたが、八甲田丸見学に二時間を要して時間切れ。
アスパムは次回となり、昼食してます。
やはり滞在5時間強ではあれこれ行くのはきつそうです。

イメージ 1

連絡船内で懐かしい車両に対面

イメージ 2

青森に到着

着いたら沢山の人があけぼのを写してました。回送が出発するまで見送ったら冷えきってしまったので駅近くにあったスタバで暖まり中です。
さてどこいこう。

イメージ 1

スマホで撮影

イメージ 2

SONY DSC WX- 300で撮影

下りあけぼのは碇ヶ関を出ました

あと、一時間で降りるのかと思うと名残惜しいです。

イメージ 1


陣場の近くのかの有名な橋梁の撮影地は数名の方が撮ってました。