京王5000系急行新宿行き

昔の画像から。高尾線開業15周年記念号のネガにあったので1982.10.?

イメージ 1

山田-めじろ台にて。
スポンサーサイト



入生田-箱根湯本

オフの時間は小田原から箱根湯本まで歩いてみました。

日が陰ってしまいましたが秋らしい光景を。

イメージ 1

食べ頃らしく、沿道の無人販売で売っているのを見掛けました、

車内から見たEH10 41

本日は休暇を頂き、所用が済んだので今からフリーです。では、移動中の電車より昔の画像でも。

1980.3.信州ワイド周遊券を使って旅行に出てました。本当は行きに使う予定だった中央西線経由のオプション券を、往路の気まぐれで飯山線経由にして余らせてしまいました。仕方がないので帰路に夜行急行きそを使って名古屋に出ました。特に当てもないので、延々と東京に向けて普通列車の旅を始めました。
寝不足で朦朧としながら見掛けたので慌ててシャッターを切りました。

イメージ 1

撮影場所不明。朝の様なので中京圏の駅でしょうか。

京王線雪景色

ススキの切通、冬の光景。

イメージ 1

2000.1.?

今朝の富士山(冠雪)

雪が降ったとは聞いていましたが漸く姿を拝むことができました。

イメージ 1

うっすらとしか見えてなかったのでアンダー目で撮ってみました。

青梅線のED16

いったい何を目的にいったのかまったく思い出せません。が、拜島でこんな写真を撮ってました。

イメージ 1

ED16が石灰石列車を牽いて来ました。

イメージ 3

4号機でした。

イメージ 2

八高線の側にはこれがいました。一つ目のDD13が懐かしい。

1978年辺りだと思います。

中央線電化区間を行くDD51高尾臨

て書くと大袈裟に聞こえますが要は八王子~高尾にそのままDD 51が乗り入れて来るわけです。
この日列車の存在を知ったのは、この時よりさらに数年前の中坊時代クラスメートからの情報でした。それ以来毎年の風物詩でしたが、大学生になると車で多摩川橋梁とかいってしまい中央線で撮ることが少なくなりました。↓は珍しく中央線内で撮ってました。

イメージ 1

高崎方面に帰って行く高尾臨
西八王子-高尾にて。1984.1.

単独運転の富士

14系との混結ではない24系だけで編成されていた頃の撮影です。1999年辺りでしょうか。
このころは大船に行くと何かしら撮影対象がやって来た様な気がします。

イメージ 1

大船にて。

ノスタルジックビュートレイン客車との再会

ノスタルジックビュートレインからリゾートしらかみに替わった後、50 系客車はSLみなかみに転用されていました。

イメージ 1

ノスタルジックビュートレインでは乗らず仕舞いだったために、ここではしっかりと乗りました。

1998.11.頃

高二時代のEF60 504

在来線の食堂車が稀少となったこの時期、白山から姿を消すと聞いて上野→高崎でお別れ乗車しました。そのあと、前橋に行ってみようと思い立ち電車に乗るとEF60が現れました。このカマは八王子にもいたので懐かしくて撮ったようです、

イメージ 1

新前橋かな?1985.1.頃

【訂正あり】上野に来ていたDC 急行ときわ

姿を消したのは1985.3.改正だったかと。

イメージ 1

×→リレー号懐かしい~。
正しくはリレー号でなくて白根でした。お詫びの上で訂正します、この塗装は懐かしいのですけどね。

イメージ 2

イメージ 3

土浦までお別れ乗車しました。

ススキきらめく

この時期になるとこの風景を撮りたくなります。但し、防火上の理由からかうかうかしていると瞬く間に刈り取られてしまうので空振りもありました。

イメージ 1

イメージ 2

OLYMPUS Centurion というレンズ一体型APS一眼レフを使ってました。
こういう時に、フィルムカメラでは好みの露出に設定するのに苦労したような。

1998.10?

久野の小径 小田急足柄駅からJT工場への専用線跡地

前々から気になっていたのですが、昨日近くを通ったのでちょっとだけ探訪しました。

イメージ 1

イメージ 2

足柄駅側の入り口、今は緑道となっているので看板が立っています。

イメージ 3

反対側の小田急側の様子。この奥に小田急の足柄駅があります。

イメージ 4

ほとんど埋もれてますが線路際だったことがこの柵からわかります。

イメージ 5

この様に今では住宅街を通ってます。

イメージ 6

と、小田原厚木道路とその下を通る道路で一旦途切れます。

イメージ 7

但し、向こう側にはまだまだ続いている様子です。この向こうが工場跡地でしょうか?背景の山は箱根のどの辺でしょうね。

イメージ 8

振り返るとこんな感じです。
この日はここで時間切れ、自転車で出直して来ましょう。
ちなみに、JTの工場は撤退していて前に見たときは撤去工事中でした。跡地にショッピングセンターが出来るとの話もあり、今後どうなっていくのでしょう。

高幡不動増結車切り離し1983年

まだ、高幡不動から先の駅が10両に対応してなかった頃のことだったと記憶してます。朝の通勤輸送から折り返してきた10編成の列車が高幡不動に着いて、2両を切り離して京王八王子に向けて発車といったところでしょうかね。たしか朝の9:00前後だったと思いました。

イメージ 1

1983.3. 高幡不動にて。

2003年8月の裏高尾

圏央道自体時々使うのであれこれ言える立場ではないですが、この場所の背景はかなり物々しくなったように思えます。
2003年当時は工事中で、まだEF64が健在でした。
 
イメージ 1
2003.8.10. 高尾-相模湖、 Olympus CAMEDIA E100-RS

列車追跡風撮影

とある鉄道雑誌に掲載されている列車追跡記事。後部から列車の前方を写した写真がよく掲載されていて憧れていました。今日乗ったメトロはこねでは後方の車両だったのでまさにそのような写真を撮ることが出来ました、

イメージ 1

渋沢-新松田走行中の車内より。

中央本線裏高尾界わい

ふみきりマンさまのTBを拝見していたら裏高尾の画像を発掘したくなりました。
 
イメージ 1
1983夏 高尾-相模湖
イメージ 2
1985.8. 高尾-相模湖(架線柱の外側から)
イメージ 3
フジサン特急惜別記念 1995.8. 高尾-相模湖
 

旅行記 1990夏東北めぐり-2

まずは、男鹿線ですれ違ったDD51+50系の画像を見つけたので貼ります。
イメージ 3
つくづく乗りたかったです。 
 
弘前からは、川部で乗り換えたか記憶が曖昧だが五所川原迄行き、津軽鉄道に乗車。とりあえず太宰治ゆかりの金木で下車しました。
 
イメージ 2
津軽鉄道にはこんなDLもおりました。ストーブ列車に使っているカマですね。
そして、斜陽館に行きましたが、何となく入りづらい雰囲気を醸し出していたように感じて(その辺の細かい状況は失念)、すごすごと引き返しました。そのまま、一駅先の芦野公園より列車の旅を再開しました。列車には風鈴列車のヘッドマークが付き、風鈴がたくさんぶら下がってました。終点津軽中里ではこの先にある十三湖にかなり心を惹かれましたが時間的にかなり大変そうなのであきらめて五所川原に引き返しました。
しかし、日本海を眺めたいとの想いは絶ち難く五能線で鰺ヶ沢を目指すことにします。ちょうどノスタルジックビュートレインが来るのでこれに乗車。30分ほどなので指定席ではなくて自由席にしたが、塗装が違うだけで中身は50 系そのものでした。
ノスタルジックビュートレイン撮影後は海岸の公園に行って暮れ行く夕日を眺めたはずなのですが・・・、写真を残しておりません(汗)。駅に戻ったら駅犬がいたので一枚撮らせてもらいました。
 
イメージ 1

このあとは川部迄戻り、奥羽線の普通列車に乗り換えて青森迄行き、駅近くのビジネスホテルに投宿。せっかく青森に来たのでご当地らしい夕食をと思いながらも結局店を探しきれずラーメンと炒飯の夕食となる。まあこれが結構旨かったので当りなのですが、魚とか食べたかったのは事実。斜陽館の件といい、今思えばなんか消極的な行動パターンだったと思いました。
次の日は最終日なので奥中山で撮影して、帰ろうと予定するのでした。

(つづく)

西武多摩川線甲種の詳細写真

以前紹介した西武多摩川線甲種の時(↓)のその他の写真をようやく見つけました。
 
なんと、飯田線の撮影に行った時のネガの後半に入っておりました。ということは、1982年5月頃の出来事となります。しかし、なにぶんにも31年前の画像、一体どのような手順で入れ替えを行ったかまったく思い出せなので、撮影順に画像を羅列して行きますので悪しからず。ところで、西武多摩川線武蔵境駅にこの様な立派なヤードがあったのは砂利取り線だった名残だそうで、かの多摩川競艇場は砂利を掘った跡地利用だそうな・・・(都市伝説じゃないよね?)。
この入れ替え作業、記憶では休日に行っていたと思いました。中央線の列車の合間を縫っていることや踏切を長時間ふさぐ作業になること(ここの道路交通量がどの程度か覚えてませんが、汗)、ギャラリーに小学生ぐらいの子達がいることあたりからの予測です。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
ここに写っている少年たちは今頃40代でしょうか。
イメージ 8
 
イメージ 9
こんな感じで特別快速が合間に通過したりします(↓の再掲)。
 
たくさん貼るために、画像の解像度を粗くしてます。見づらくて恐縮です。

E259系の並走(あと一歩)

今年からE259系によりマリンエクスプレス踊り子が走り出しましたが、そんなある日の11:00頃戸塚にいたら、相次いでE259系が下って行きました。
どうやら東京駅発10:30のマリンエクスプレス踊り子は戸塚を11:03ごろ通過で成田エクスプレス10号は戸塚着11:03なのでした。これはひょっとするとひょっとするかもと、2,3回ほど狙ってみましたがどうしてもタイミングがあいません。私が見たうちで一番ニアミスしたのは↓の画像でした。
 
イメージ 1
イメージ 2
2013.2.15. 東戸塚-戸塚にて(明るめに補正してます)
 
あと数秒どちらかが・・・なんても思いましたが、そうそううまくは行かないようで・・・。
 
 
 

宇高連絡船

沼津で救援車見た前日は高松におりました。

イメージ 1

1981.3. 高松にて。連絡船の貨車航送に欠かせない控え車と共に。

沼津区の謎の旧国(救援車)

1981.3. 四国からの帰途に乗った銀河52号は沼津に少し長く停まります、このときに撮影した牽引機EF58は前に紹介しましたが、同じネガにこんなのが写ってました。いや、写してました。が正確か。

画像から形式番号が読み取れないので判然としませんが、「クエ」とも読めます。もう一度スキャンし直しか。

イメージ 1

1981.3. 沼津にて。

【画像追加】1981年32年前と最近の戸塚駅を定点観測

今よりも空が広いような気がします。2013年の方はE259系同士の並びで撮ってました。厳密には定点観測にはなってません。

イメージ 1

イメージ 3


イメージ 2

イメージ 4

1981.7.&2013.3. 戸塚にて。

痛恨の現像失敗

高校生の時はフィルム現像を自分で行っていました。東北旅行のネガを現像する際に何を思ったのか、赤い電球を点けて現像タンクに詰めました。結果は、あーーー超悲しいことになってました。

イメージ 1


印画紙とネガでは取り扱いが違うのに気付いたのは現像後でした。

京急800系

横浜でエア急行から降りて後続列車の案内を見たら、「普通 品川 6両」とあったので少し待ってみたら期待通り800系がやって来ました。

イメージ 1

イメージ 2

2013.10.21. 横浜にて。

EF66 47 +フレートライナー1986年

晩年は下関にあってブルトレ専用機の様な使われ方をしていた47号機も国鉄時代は普通に貨物列車も牽いていたのですね。今、こんなのが来たら大騒ぎでしょうかね。

イメージ 1

1986.5. 山陽本線戸田付近にて。

この時はデカパンだったのかー。

八高線キハ35 900番台ステンレスカー

私が撮った時は朱色に塗られてましたので、コルゲートがなかったら分かりません。

イメージ 1

1984.冬、小宮にて。

イメージ 2

1986.5. 金子にて。

当時の八高線の列車密度だと片っ端から撮影してたのでうまい具合に記録を残していたようです。

京王線コアララッピング

調べたら多摩動物公園にコアラが来たのは1984年とあるのでその頃の撮影と思われます。同じネガに高尾臨が写っているので1月ぐらいでしょうか。

イメージ 1

イメージ 2

2枚とも平山城址公園-長沼にて。

5000系も撮ったはずですが所在不明です。PCの捜索しないと。

大目玉の113系

先のロクニと同じネガにありまがした。1986年にはまだまだ走っていたのですね。

イメージ 1

1986年、山口県内の山陽本線のどこか。

山から降りて来た山男第二の職場で活躍(EF 62荷物列車@山陽本線)

↑なんて出てきた頃は言われてました。

これはてっきり撮っていないと思っていたので、昔のネガに発見したのは嬉しいサプライズでした。まあ写りは平凡以下ですが(汗)。

イメージ 1

1986.5. 防府付近にて。

東海道、山陽本線からゴハチを追い出した張本人とはいえ、この機関車自体は嫌いではないのですが、就職したばかりで忙しくしているうちに荷物列車そのものが消えてしまいました。