夜8時ちょうどのあずさ

2号ではないし、頭にスーパーとか付いてますがあずさはあずさです。
明日会う現地担当者と話をしたら車両が古いからスーパーが付かない方がお奨めと言われました。
でも、韋駄天走りが好きなので「すごいあずさ」を選びましたが録音機忘れた~。

イメージ 1

2013.9.30. 新宿

昔を知る人間からすると2100でも松本に行けるなんて夢のようです。かつて2230発の臨時アルプスで大糸線目指したなあ。
スポンサーサイト



今宵ビジネストリップ

超多忙な後輩の代役で長野県に今宵行くことになりました。なわけで新宿へ移動中~。泊まりの出張なんていつ以来だろう?但し、忘れ物いくつかして、浮き足立っている感が否めないなあ。(-_-;)

地上駅時代の武蔵境で見掛けた西武甲種回送

雑誌にでも出ていたのを見て行ったのでしょうか。こんなコマがありました。

イメージ 1

かつては昼間に入れ替えやってたんですね。ほかのコマはちょっと探して見ます。
1980年頃?

1984年、喜多方

駅前風景。友達と会津観光に行った際に撮影。

イメージ 2

DD51の牽く普通列車で喜多方入り。

イメージ 1

廃止後でしたが日中線の駅名が残ってました。

イメージ 3

ジェミニが懐かしい。
1984春撮影

福塩線の旧国1980

福塩線に70系が走っていた頃の写真です。105系への置き換えが発表された時期だったかと思います。

イメージ 1

車両基地を見学させて頂いたら、こんな車両がおりました。メモを無くして詳細不明。

イメージ 2

府中駅訪問の証に駅舎を撮影。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

スカ色の70系目的で行ったくせに大して撮っていないのは何故?福山にて。

イメージ 6

往路の途中で撮った金光駅駅舎。
すべて1980夏撮影。

ススキ光る

架線柱がうるさいですが、鮮やかな車体カラーが映えます。

イメージ 1

2013.9.29. 箱根登山鉄道、小田原-箱根板橋にて。

上野口のDC急行いいで 廃止直前の姿

上野-大宮で乗車して録音したようです。1982.10.

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

このルートで新潟まで乗り通す需要はどのくらいあったのでしょうか?でも、喜多方からさきでは貴重な直通列車でしたか。

蒼い空と秋の風景

VSEを撮影したら車体の白さに引っ張られて空がいい色に。失敗作だけど載せちゃいます。

イメージ 1

後続の4000系だとこんな空の色。カメラ任せじゃだめですね。

イメージ 2

2枚とも、栢山-富水、2013.9.28.

黄金色の田んぼと富士山

イメージ 3

彼岸花とススキ

イメージ 4

すっかり秋ですね。気温は高いけど。

日光集約臨?155系

ちょっと出所を思い出せませんが、たぶん1980年頃に八王子で撮った写真かと思います。
自分の時はバスでしたが、3年下の妹達はこの電車での修学旅行でした。

イメージ 1


ベタンコ屋根が特徴的でした。

急行もりおか@松島の踏切

懐かしネタで引っ張り恐縮ですが。

従兄弟たちと遊びに行く川はこの踏切を通ります。待っていたらちょうど盛岡行きが通りました。

イメージ 1

1984.3. 松島-愛宕にて。

親の実家に遊びに行くと大概は1週間ほど滞在し、近所でこの様に遊んだり、従兄弟たちのお守り兼遊びに行くとか、近隣の観光地に連れて行って貰うなど、楽しく過ごしてました。
周遊券を愛用する様になってからは機動力が増して近郊のあちらこちらをぶらついてました。

今朝の富士山

歌にあるように頭が雲の上でした。次なる関心事は初冠雪かな?

イメージ 1

東海道線車中より

空を青くしようとアンダーにし過ぎたようです。カメラの画面だとちょうど良いのですが。f(^_^;

上野駅での風景1982.11.

十和田と同じネガからの画像をいくつか紹介します。

イメージ 3

今でも並べようとすれば可能な組み合わせですね。待機中のはつかり号とひばり号。

イメージ 1

EF62は越前?、EF58は能登か鳥海か?

イメージ 2

20番線に佇むゆうづる

20系急行十和田

1982.11.東北旅行の締めくくりは急行鳥海で上野に降り立ちました。
この様な早い時刻に上野に来ることはなかなかないため、駅に留まって撮影をしてました。ダイヤ改正が数日後に迫っていたこともありました。

ちょうど20系の十和田がいたので撮りました。カマはなんとEF81 95です。

イメージ 1

イメージ 2

1982.11. 上野にて。

20 系の十和田、結局乗る機会がなかったです。

おわびと訂正

先日、9/25投稿の「水戸線内EF80とのすれ違い1982.5.」はネガを見直したところ常磐線内での間違いと判明しました。
該当記事を訂正させて頂きます。しかし、31年前のこととはいえなんて早とちりなのでしょう!気を付けねば。

東京グランルーフ

そういえばオープンしてたので登ってみました。

イメージ 1

下から見上げたところ

イメージ 2

東海道新幹線とは植栽で区切られ姿は見えません。

イメージ 3

駅前広場がよく見えます。ツバメバスが多数いました。スカイツリー行きもあるのですね。

オープンしたお店がメインであって鉄的な視点では特にはという感じでした。

田町、品川界わい

少し前の写真ですが、旧田町区に特急色が停まっていると何となくほっとします。この付近も、かつては鉄道少年をわくわくさせた一帯ですね。

イメージ 1

2013.9.19. 新橋ー品川の車窓から。

【訂正】常磐線内EF80とのすれ違い1982.5.

まだ青春18きっぷがGW迄使えた時期、残った券の消化目的で水戸線乗り潰しに向かいました。
折角なので乗り潰しは常磐線も水戸線もうまい具合に客車列車に乗りました。常磐線内で同じく客車列車が対向で来たので撮影したようです。

イメージ 1

撮影場所不明、1982.5. 常磐線内で。こちらも向こうも客車列車でした。

EF80はほとんど撮影したことがなかったのでこの画像を31年ぶりに見つけたことは嬉しいサプライズです。

方向幕の燈火

二階の窓から東北本線の線路を眺めることができた母方の実家。眠れない夜は、夜行列車を眺めるのが好きでした。線路は川沿いを走りかなり見通しが利きます。ちょうど日付の変わる頃に上りの客車ゆうづる、下りの電車ゆうづるに八甲田が相次いで通過して行きます。
寝台列車はブラインドやカーテンが閉じられていますが方向幕だけは煌々と明るく旅客列車であることを主張しています。ハイテンポなジョイント音を響かせて特急列車が走り去ると松島で下りゆうづるを退避した八甲田がゆっくりと青森に向かいました。

今宵、大船駅で湘南ライナーの到着を眺めていたら、まさに方向幕の行列に出合い、子供の頃のあの光景とダブったのでした。

イメージ 1

2013.9.24. 大船

東北本線の荷物列車

東北本線、特に交流区間では客車列車が珍しくなかったためか私自身は殆ど撮影しておりませんでした。
数少ない記録は青森駅から歩いて数分の踏切からでした。

イメージ 1

1984.9. 東青森-青森にて。

直流区間や東海道・山陽本線では目の色変えて撮っているんですけどね。そもそもこの列車が荷物列車かどうかも怪しい?

ローズピンク417系とのスレ違い

臨時特急やまびこ51号の最後尾からの風景です。

イメージ 1

1984.3. 槻木ー岩沼だったような。

この417系をじっくり見たくて利府支線迄行ったネガはどこにいったやら?

少年時代の思い出 特急やまびこ

母方の実家は東北本線の近くでした。幅5mほどの川で従兄弟たちと遊んでいると轟音とともに鉄橋を特急列車が通過して行きました。

イメージ 1

イメージ 2

1979.3. 松島-愛宕にて。

続・曼珠沙華

イメージ 1
イメージ 2
赤い花には赤い電車の方がお似合い?
 
入生田-箱根湯本にて

西国分寺で見た懐かしいモノ

国鉄時代からあったものと思いますが未だに現役とは驚きました。

イメージ 1

対向ホームで

イメージ 2

本当は101,103系がお似合いなのでしょうけど。
2013.9.12. 西国分寺にて。

曼珠沙華

秋ですね。線路際に曼珠沙華が咲いていました。

イメージ 1

2013.9.23. 入生田-箱根湯本にて。

今日の山スカ

今日OM08に乗った目的は、↓これでした。横浜在住だった頃に散々見てたもののスカ線内では数えるほどだったので。

イメージ 1

送り込みの回送は大船-北鎌倉で撮り、逗子で折り返してくる間に鎌倉ー逗子に移動。しかし、遠方からタイフォン連発&ハイビームで登場!ああっ!

イメージ 2

踏切の棹が上がるのもどかしく後ウチ。

イメージ 3

時間前後しますが、大船を出ていくOM08、かなりの人気者です。

てなわけで人の居なさそうな場所ばかり行ってました。

特急紀伊の座席指定券

先日、部屋の片付け中に出て来ました。何故、寝台専用列車の紀伊で指定券があるかというと、とあるトラブルがきっかけです。
詳しくは、「紀伊号、名古屋、事故」で検索を掛けると出てきます。
この当日の朝南紀ワイド周遊券を携えて旅に出る予定でした。朝テレビニュースを見て唖然としました。旅行では名古屋を通るので、鈍行乗り継ぎで夕方に名古屋到着。まだまだ現場は復旧作業中で騒然としていて、操重車が潰れた14系を持ち上げ、傍らにはボンネットのひしゃげたDD51がいました。
はじめは、見慣れぬ光景に目が釘付けでしたが、だんだんと物悲しくなって来たのでした。幸い亡くなった方はいなかったようですが、だからといって許されることではないと思います。

この時の旅行では帰りの列車をどうするか決めていませんでした。途中、どこかの駅の掲示で紀伊に指定席連結と知りました。この事故でスハネフが足りなくなったのでしょう。そこで帰途はこの指定席に乗ることにして買ったのがこの指定券でした。

イメージ 1

深夜だったのでスキャナではなくデジカメで撮りました。

昨今いろいろなことがありますが二度とこの様な事故だけは無いように祈らずにはいられません。

OM08 乗車中

踊り子110号です。乗ってしまうと他の185系と変わらないのですが、42年前に乗ったあまぎで立ち席で眺めたはずの景色を逆回ししてる気分です。

鉄にとっての魔境、尾久

夜行列車撮影後、駅にやって来たら大好きなスロ62がおりました。

イメージ 1

1980.9. 尾久

ここを通るといつもわくわくしたことを思い出します。今は大分顔ぶれが変わってしまいましたが。

今日のOM08を踊り子130号でお見送り

今朝は大寝坊でした。踊り子103 号にOM08目撃とあったので時刻表の運転日から130号で返しと判断して、タイミングを合わせてお買い物に出陣。
しかし、最寄り駅1817では、まともに撮れそうにないので、面撮り後に出発を動画で撮りました。こういう時コンデジはありがたいです。

イメージ 1

小田原にて。

さて、明日は103号も130号も運転しないので、OM08どこに現れるのでしょうね。

583系がはつかりに定期運用していた頃

1990.7奥中山からの帰途、普通列車に乗っていると特急列車待ち合わせとの放送。折角なのでカメラを構えていると、相次いで上下のはつかりが583系で通過して行きました。

イメージ 1

イメージ 2

滝沢にて。
あの頃は労せず撮れたわけですが満足行く写真となると疑問符山ほどです。