最近、1ノッチ流しを目撃しての感想

通勤時には、ライナーの始発や回送で折り返して行く光景を時々見掛けます。特に185系は抵抗制御なので懐かしい音声を聞くことがあります。
一例を挙げると次の様な光景が展開します。
前方の出発信号が青に変わる
ブロア起動
発車ベル鳴動
短笛一声
ブレーキを緩開するエアの音、列車がそろそろと動き始め、(ノッチオフ)断路器のスコンという作動音
再度ノッチを投入して加速

といった流れを今でも見ることができます。但し、今は抵抗制御車が少なくなったためか必ずしも1ノッチ流しをするわけではありませんが、それなりの頻度ではお目にかかれます。
国鉄時代は東京から東海道線の113系に乗ると必ず目にする光景でした。
また、上野発の特急電車だとダブルで装備されたパンタグラフの音や食堂車の甲高いMGの音も加わって、自分にとっては在来線特急全盛期の象徴する音声でした。抵抗制御の電車は減って行く一方であり、こんな光景もいつかは昔話となってしまうのでしょうね。

イメージ 1

2013年版1ノッチ流しはこの車両で目撃 スマートフォンにて撮影
スポンサーサイト



特急しらさぎ予想外の出合い2002年

撮影は2002.12.25.の14:03となってました。年の瀬も迫ったこの日に急遽名古屋出張となり渋々出掛けたことを覚えています。名古屋に着いた直後に撮影したのでアポイントメントは15時だったのでしょう。実際、多忙な方との打ち合わせだったので少し待つことになり解放されて名古屋駅に戻ったのは19時近くでした。
しかしながら、確かこの時点ではしらさぎ号は青色塗装の485系に置き換えられていたと記憶してますので、思わぬクリスマスプレゼントとなりました。

イメージ 1


※米原迄は東海道線を走るので東海道線の書庫にしました。

身延線1981&2011

2年前に山梨に行った際に身延線の近くを通り、タイミング的にほどなく列車が通ることが分かり少し寄り道をしました。
後になって、30年前とほぼ同じ場所に行ったことが分かりました。

1981年は5月位だったと記憶してますが、八王子からは臨時客車急行アルプスで甲府に向かいました。同行者は高校の後輩と二人。アルプスの時刻が確か1時代ととてつもなく遅かったので後輩には早めに八王子の実家に来てもらい時間をつぶしてました。当時は高校生が深夜に外にいるのはちょっと怖かったこともあってその様にしてました。今なら撮影しながら待っていたかもしれませんが、八王子駅の線路配置や構内の明るさ等もやらなかった理由かもしれません。
さて甲府までの乗車では寝たらアウトなので最後尾から車窓を眺めたり、窓を開けて風にあたったりしてました。甲府では長い停車時間を利用して対向ホームから列車を撮影しました。

イメージ 1


時間は午前3時位なので身延線の車両はまだ眠りについてました。

イメージ 2


一番列車に乗りロケハンしながら選んだ先は東花輪ー甲斐上野の大カーブ、甲斐上野で下車しました。

イメージ 3


そこで撮った1枚です。どうやら寝不足でへろへろだったらしくまともなコマがあまりありません。同時に撮ったEF15貨物や165系の急行は気負ってないせいかまだちゃんと写っているのに!

そして、最近の同所です。3枚目との共通点はインカーブの『7』と書かれたキロポストです。一応同一箇所と考えられるのですが、架線柱が。新しくなり、道路が線路沿いにできて印象が変わっています。

イメージ 4

この列車が笛吹川を渡って来るところです。撮影は2011.5.奇しくも旧型国電を撮った30年後のことでした。

イメージ 5

汽笛

今乗っているE231系の汽笛がちょっと電気機関車の音色に似ています。甲高い音ではなく少し低めの音で、わりと好きな音色です。
なぜかこの車両電笛が聞こえてきません。まあ、いいけど。

ある父娘の休日@横浜

踊り子104 号で横浜に着いてからは桜木町に向かい、この様な列車を見せて、石油輸送の実例を社会勉強(笑)。

イメージ 1

いや、単に二人並んで撮影かも。その後は、クイーンズスクエアをウインドウショッピングしつつインターコンチネンタルホテルの方に向かい海に出ました。そこからは、こんな乗り物で山下公園迄プチ船旅。

イメージ 2

船内からはこんな眺めも。

イメージ 3

山下公園からはこのタワーに心惹かれつつ時間の都合で↓↓の地下駅から再びみなとみらいに戻って来ました。

イメージ 6

イメージ 4

この後は買い物して豆腐アイスで涼んでから桜木町経由で横浜駅に向かい帰宅の途につきました。

イメージ 5

ということで少し慌ただしいけど充実した休日でした。

踊り子104号

小田原→横浜36分ノンストップ。子供と二人この列車で横浜に向かいます。
本日はエクスプレスカラーのOM01 編成です。
MT54が快調に唸りテツにはたまりません。タイフォンもまさに国鉄型の音。

イメージ 1

イメージ 2

今日の推回1列車

自分が都内に行く頻度を考えると、今シーズン推回を撮れるのは最後のチャンスだろうということで、性懲りもなく足を伸ばしました。
日頃の運動不足解消のつもりで御徒町から上野公園通って鶯谷に歩いたら、キャー、時間ギリギリになってしまいました。

イメージ 1

イメージ 2

東北本線内でこの食堂車に乗ると、485系時代の活躍に思いを馳せてしまいます。

イメージ 3

今日ほど札幌目指す人が羨ましく思えた夕暮れはありませんでした。

1985板谷(続き)&交直流急行型

先日の奥羽本線の普通列車で撮影したと思われるネガからの別のコマを取り出して来ました。

イメージ 1

スイッチバック駅のスノーシェッド内です。少し明るく補正を掛けてます。大沢、峠、板谷のどの駅かは記録が残っておらず不明です。

イメージ 2

こちらはオープンなので赤岩とわかり
ます。この間に板谷の駅名標が写してあったので上り列車と分かりました。

ついでと言ってはなんですが、仙台駅での急行型です。先程とは別のネガで続きの撮影と思われます。

イメージ 3

快速と表示があるのでおそらく仙山と思われます。

イメージ 4

こちらが当日の本命、急行まつしま8号です。別のコマに発車案内が写してあり8号と分かりました。廃止まで後1,2週間ほどだったためか既にグリーン車が外されておりました。この時は、グリーン車が外された編成を見たら物悲しくなりました。そして、私が乗った現役最後のまつしま号となりました。

板谷越えの車窓

東北新幹線の上野開業で、455系の急行列車まつしまやざおう、黒磯ー仙台の客車普通列車が消える前に東北に向かいました。黒磯までは急行なすの、黒磯からは旧型客車の普通列車に乗って、福島ー米沢間に寄り道。奥羽本線で撮った一コマがこの写真です。

イメージ 1

1985.3. 記録をきちんと取っていなかったため上りか下りかすら分からず恐縮です。

このあとは、再び客車普通列車で仙台に向かい親戚宅に一泊。
翌日は、急行まつしまで帰京しました。

快速やすらぎの日光

彩野がこの塗装になって間もないころだったと思います。かなりの雨降りだったので日光行こうとした人は大変だったことでしょう。

イメージ 1

20t3.11. 大船

東戸塚定点観察(もどき)

先日185系デビューを撮った東戸塚近傍の最近の様子です。とは言うものの、引っ越してから四年半が経過しているため、写真がやや古いことをご承知おき下さい。

イメージ 1

下り伊豆を撮ったあたりです。確かにコメントを頂いた様にあまり変わっていないです。

イメージ 2

イメージ 3

その伊豆のあとうちに近い画像です。だいぶ駅寄りですが。

イメージ 4

あまぎに近いのはこのあたりかなぁ。このカーブに沿って左側に戸建住宅が建ったこともあって見通しはきかなくなりました。
今も時々電車で通りますが、パッと見は2008年頃とあまり変わっていない様に思えます。

スーパービュー踊り子とリゾート21は2008年、185系と富士・はやぶさは2006年撮影。

583系特急ふるさと

大学生の時に友達と会津周辺に旅行をしました。帰りは郡山から12系の臨時急行ばんだい(+確かざおう)に乗りました。乗った車両が最後尾だったこともあって貫通扉からいろいろと撮ったらしく、こんな1枚を発掘。

イメージ 1

1983.GW 確か白坂で退避中

なお、切符手配とプランニングは私の担当で、会津・磐梯ミニ周遊券を持って、臨時急行佐渡で小出降車、只見線に乗り継ぎ会津若松から磐越西線で猪苗代迄移動。ここからはバスで五色沼に向かい散策。夕方に猪苗代から会津若松に戻って一泊。翌日は会津若松を観光してから喜多方に行き、散策後に快速ばんだいで郡山。ここで急行ばんだいに追いつき乗り換えました。
非鉄の友人を只見線乗りつぶしに付き合わせた形ですが、学生ゆえに効率良く夜行で会津若松に行くには当時の最善ルートでした。実際、只見線にはどうみても乗りつぶし目当てに見えない方を見かけ、皆さん会津若松迄通しでした。
案外、パッと見は非鉄風の乗り鉄だったという可能性は否定できませんがね。

185系B1編成はグリーン車連結

元田町所属の7連は全てグリーン車を抜かれたと思っていたら、B1編成が残っていました。
ホームライナー小田原21号の後回送で目撃。

イメージ 1

2013.7.22. 回2252M@小田原

185系デビューの頃@東戸塚付近

最近、注目度の高い185系ですが32年前のデビュー当時は斬新な塗装が注目を集めてました。しかも過渡期ゆえに153系との混結も期間限定でともなるとミーハーな高校生は友人と二人いそいそと出掛けた先は開業間もない東戸塚でした。
あの時はまさか10数年後にこの近辺に住むとは思ってもみませんでした。

イメージ 2

185系の急行伊豆が来ました。

イメージ 3

と思ったら編成後半は色が違う~。

イメージ 4

てこと153系との混結編成ゲットでした。背景に東戸塚駅舎と周辺の様子が写ってますが今では想像ができないくらい何もない~。

イメージ 1

183系あまぎが来ました。ここは清水谷戸トンネル出口から300m位のあたりでしょうか。
このあとは、清水谷戸トンネルの上を山越えして保土ヶ谷に向かいました。

聞くところによると、この周辺は結構自然豊かな場所だったらしいです。今では街が発展して面影すらありません。

1981.7.保土ヶ谷ー東戸塚にて

小田急線を俯瞰

小田原西部丘陵公園というところから小田急線を俯瞰してみました。ただ、今の時期だと水蒸気が多くてもやっとしてます。おかげで高圧線の鉄塔の存在に背面液晶画面からは全然気付かなかった。背景からはVSEが一番目立つのですが、架線柱やら高圧線鉄塔にかかって失敗。新宿に向かって行く『メトロはこね』が何とか撮れました。

イメージ 1

小田急線、栢山ー富水 2013.7.21. SONY WX-300
もやっとしていたので、多少画像編集を掛けてます。

昨日は7/21だったので

1日遅れで721系をアップします。

イメージ 1

桑園方から札幌に入線するJR北海道の721系です。11月だったので背景の木が紅葉してました。2007.11.札幌にて

イメージ 2

JR東日本のE721系です。2007.7.仙台にて

とある夏休みの思い出

意外なことに長万部に温泉があることを知り長万部温泉に泊まりました。駅から宿への道に長い歩道橋があり列車ウォッチングに最適でした。C62現役の頃にこの歩道橋があったかは分かりませんが、ここで爆煙被ったらさぞかし幸せだったのかもしれません。
DD重連の油煙も充分魅力的ですが。

イメージ 1

1995年夏、長万部駅構内

急行いなわしろの思い出

列車自体は仙台と喜多方、只見、会津田島を結んでました。但し、仙台ー福島は普通列車だったので、正味は会津の各地から県都出張用列車だったのかもしれません。
比較的マイナーな列車にお世話になった訳は東北本線の架線トラブルのためでした。昭和51年頃のことですが猪苗代湖への家族旅行で上野15 時発のひばりに乗車。この列車は大宮通過のため楽しみに乗車していると、あろうことかその大宮駅に停車をしてしまったのでした。そして放送が入り、架線トラブルを告げられました。そんな訳で大宮通過は残念な結果となり磐越西線の乗り継ぎも予定が大幅に狂い初めての車窓は真っ暗闇。郡山で待っていたのがこのいなわしろ号でした。この時はグリーン車にドア扱いの車掌が乗っていて、グリーン車以外の車両のドア扱い後車掌が目視でドア閉めを確認してからグリーン車のドアを閉めるという扱いが興味深かったです。

次に乗ったのは廃止直前の1982.11.単行急行乗りたさに夜行ばんだいから会津線乗り継ぎで湯野上に向かい会津田島発のキハ52に乗車。西若松と会津若松での連結を見ながら郡山まで乗車し、ここで急行いわきと併結して福島に向かう列車を見送りました。
もしかするとあの架線トラブルがなかったら接点すらなかったかもしれません。

イメージ 1

金谷川ー南福島で下り列車をあとうち 1982.11.

今日は7/19

なので単純ですが719系を。
デジカメを使う様になってからは東北地方に行く機会が少なくあまり画像がありません、フィルム時代はなおさらでした。今では、231だろうとE233でもEF210でも来たものは何でも撮りますが、当時は普通列車は適当にスルーしてたみたいです。

イメージ 1

磐越西線沼上信号所にて対向列車内から

イメージ 2

川桁駅を出発した下り列車

イメージ 3

川桁ー猪苗代

イメージ 4

同じく川桁ー猪苗代

全て2010.12.の年末の撮影です。比較的長期に583系があいづライナーを代走した時で数日前に大雪が降ったために至るところが雪だらけでした。

上越国境を行く183系2008年春

スキーの合間に山頂から団臨を撮りました。いわゆるネオ一眼タイプのコンデジを携えて行きました。一眼ではカメラを壊しそうだし、ファインダーのないコンデジはスキー場向きとは言えないので、便利でした。

イメージ 1

注意していたつもりでしたが架線柱のビームが前面に被ってしまいました。

イメージ 2

乗客を降ろすと水上方面に回送されて行きました。

イメージ 3

後続の各停です。今度は架線柱をクリアできました。

2008.3. 上越線、土樽ー越後中里 Dimage Z5

ここ湯沢中里スキー場はこの31年前にも行ってました。当時は181系ときやらEF 16+EF15の貨物列車とかが頻繁に通り楽しかったですが、今や思い出した様にしか列車が通りません。あの頃にデジカメがあったら滑るひまが無さそうですが、壊さずに滑れたかどうかが怪しいです。

新橋正面アップ はやぶさ・富士

一応こんな感じでスタートレインも撮っておりました。夏なのに雨が降りだして露出が厳しくシャッター速度1/50で撮ってました。

イメージ 1

2008.8. Dimage Z5

717系

日付が変わってしまいましたが、仙台で撮影しておりました。

イメージ 1

2007.7. MINOLTA Dimage Z5

211系正面アップ

望遠レンズが身近になったのはデジカメ普及の恩恵のひとつと言えましょうか。

イメージ 1

2005.11. 新橋 Olympus CAMEDIA E-100RS

米子1980年夏の光景

古いネガを見てると撮った本人すら忘れている画像がでて来たりします。

上の画像はおそらく出雲3号で出発直後をしぶしぶ撮ったのだろうと想像がつきますが、下の画像は全く記憶してません。珍しい車両なのでレンズを向けたのでしょうか。

イメージ 1


イメージ 2

2枚とも 米子にて撮影

EF58 61+浪漫

2003.12.に撮影したと記録されてます。あの頃は客車列車の団臨が結構走っておりました。

イメージ 1

川口にて オリンパスCAMEDIA E-100RS

一日遅れの715系

三連休で失念してました。
ある意味悲運な車両とも言えましょうか。

イメージ 1

五百川 1990.4.?

イメージ 2

松島ー愛宕 1985.3.

1995年夏 青森での583系並び

上野から一晩掛けて青森にたどり着くと 盛岡に向かう仲間が迎えてくれました。複数の編成が波動輸送に活躍していた頃のことでした。

イメージ 1

1995.夏 青森にて MINOLTA X-700

485系くろしお

理由は失念しましたが、その様な時期がありました。たまたま研修で関西にいたため、撮影しました。

イメージ 1

イメージ 2

1986.7. 阪和線上野芝付近
同じ列車の前後です。

スカ色113系横須賀線引退の頃

ネガの他のコマから推定すると1999.7.頃の撮影と思われます。
横須賀線から113系が引退したのは1999.12.なので、半年足らずの時期でしたがすれ違いが見られるほどなのでそこそこの編成数は活躍していた様です。当時は東戸塚の近くに住んでいたため、横須賀線には時々お世話になっておりました。
撮影に使ったAPSカメラは撮影時の設定に関係なく全て16:9のサイズで記録するらしくスキャンしてみたらあららの状況でした。従って上2枚は16:9のまま、3枚目は適宜トリミングしました。APSカメラは撮影時にC,H,Pの撮影枠を選びフィルムに記録し、焼き付け時に設定を呼び出すシステムだったかと記憶してます。

イメージ 1

グリーン車を入れてすれ違いを撮影 東戸塚にて

イメージ 2

先頭が並んだところを

イメージ 3

大船駅進入

全てNikon PRONEA-Sで撮影

今日は7/11

ストレートに711系を取り上げます。初めて渡道した1987年は711系ばかりだったのが行く度に見掛けなくなりました。この写真の時は札幌で見るのは珍しくてシャッターを押しました。今は札沼線電化で運用が変わり、札幌に結構来るらしいです。

イメージ 1

2008.9. 札幌にて