ボンネットひばり

1982.11. 末期の画像ですが。ボンネット車は仙台側が多かったので逆光になって撮りにくい状況が多かったです。

イメージ 1

1982.11. 郡山にて、ひばり1号。この列車は黒磯通過だったらしく当駅でパンタを下げてました。
スポンサーサイト



167系修学旅行臨2002年

今や183,159系の去就が取り沙汰されてますが11年前には167系でした。
18切符シーズンは大垣夜行の救済便にも使っていましたね。

イメージ 1

ヘッドマークは付いたり付かなかったりしました。 横浜ー戸塚 2002.11.24.

イメージ 2

同じ列車の後部です。角ライトなので人により好き嫌いが別れました。

京王線調布界わい

所用があって久し振りに調布に来ました。考えてみれば、ダイヤ改正以降初めてでした。優等列車が3本連続で来たり、特急系の表示がピンク色だったりと変化についていけてません。

イメージ 1

2013.6.29. 柴崎

東急東横線

車両のバリエーションが豊かになりました。みなとみらい線開業頃にY500系を追っかけたのが懐かしいです。

イメージ 1

2013.6.11. 自由が丘

1997.1 横川

テツ友とスーパーホリデーパスを使って雪見旅行に出た時と記憶してます。行程は、上野→高崎→小諸→小淵沢→新宿、だったような。

横軽を普通列車で越えようと待っていたらJR東日本の489系が来たのでした。

イメージ 1


イメージ 2

371系おやまウォーキング号

とは言っても回送区間なのてすが(汗)、一年ぶりの再開でした。山北付近は数名の方が撮影してました、、お疲れさまでした。

イメージ 1

木々の間から顔を覗かせた瞬間。久し振りなので、少しドキドキしました。このあと一眼に持ち変えて撮るなんて無謀なことやっているからかもしれません。

祝 富士山の世界遺産登録

遅ればせながらお祝い申し上げます。登録後の課題もあるようですが、ここは素直に喜びたいと思います。

イメージ 1

次はいつ姿を見せてくれるのでしょうか。 2013.5.8. 東海道線車中から

四国のDF50 1981年

同級生の希望で四国を目指したのでした。この後は、阿波池田と日和佐のユースホステルに泊まり、観光旅行をしてました。

イメージ 1

予讃本線、鴨川付近 1981.3.

イメージ 2

鴨川駅にて

MINOLTA SR-1で撮影。ネガの保管状態が良くないです。

キハ181やくも

1979年の夏、山口県目指して旅行中に岡山まで来ました。この時どうしても撮りたかったのがこの『やくも』号です。
そして、この翌年に乗ることが叶ったのですが、その迫力にしびれてしまいました。
『つばさ』号で使用されていた時も凄まじかったと聞きますが一体どんな感じだったのでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2

営業していた食堂車キサシも撮りました。

EF5812+スロフ62?編成

1980頃のものと思われます。たまたま、東京駅で東海道線に乗り換え様として出合ったらしいです。
今この場所はどのあたりになるのでしょうね。

イメージ 1


イメージ 2

中央東線115系クモニ、クモユニ付

かつての、中央東線の普通列車や急行列車にはクモニ83やクモユニ82といった荷物車や郵便荷物合造車が連結された列車がありました。これらの車両は通常新宿側に連結されていました。当時の115系,165系の新宿側はクモハだったのでここに乗ると(といっても急行では指定席車だったので未体験)、吊り掛けとカルダン車の走行音が聞けました。
起動して惰行するまでは音量的にほとんど吊り掛け、惰行時はカルダン車の走行でした。

イメージ 1

高尾-相模湖、撮影日不明、残念写真で恐縮です。

イメージ 2

1980.3. 姨捨で撮った新宿行き

今日は6/23

この日にふさわしいねたをアップします。時は18年前の1995年4月GW、個人的なことでゴタゴタしていた私は輪行袋にMTBを突っ込み北斗星5号に乗り込みました。気分転換に旅に出たかったのです。この時は鉄活動はほとんど考えず写るんですを携えて出掛けました。
北斗星は開放B寝台で同じ区画にカメラバッグを持った方が二人いました。会話がそれとなく聞こえてきてどうやらC62を撮影されるようです。そうなると会話に加わりたくなり、今回は自転車が目的だが実は鉄道も好きだと自己紹介をして楽しく過ごさせて頂きました。
翌朝、私は函館で下車しお二人を見送りました。しかし、やはりC62のことが気になり4日目に室蘭本線の豊浦駅から倶知安かニセコを目指して走ることにしました。そして、豊浦でエルムの通過を見送りスタート、詳細は省きますが倶知安の駅前で羊蹄山の湧水を飲み干してC62ニセコ号を見送ることが出来ました。
ただ惜しむらくは、カメラが写るんですだったこと。そんなわけで、夏にテツ友を誘いはくつる81号で渡道しました。実ははくつる乗車までもちょっとしたハプニングがありましたがそれはまた別の機会に紹介します。
画像はその夏の渡道時のものです。

イメージ 1

1995.8. 比羅夫-ニセコ、到着直前なので煙はほとんど出ていません。

イメージ 2

ニセコのターンテーブルにて

イメージ 3

当日朝の小樽築港機関区です。許可を頂いて見学しました。

実はこれでC62の迫力に参って、11/3の最終運転にも行ってしまったのでした。その記録も別の機会に紹介します。

165系の思い出(サハ164)

1979年頃でしょうか、松本運転所に珍車サハ164が配属されアルプスで見掛ける様になりました。1980.3.に中央西線の80系に乗車&撮影に行ったときにようやく乗車がかないました(実はこの様な少数派が大好きなのです)。この時は信州ワイド周遊券を使っていたので、サハ164-1は間近で観察して、サハ164-2は乗車をしました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
1980.3. 塩尻にて 停車時間があったので駅の外から撮影を試みました。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 6
 
イメージ 5
1980.3. 撮影場所失念 シャッターは売店部分(非営業)です。

2002年6月リバイバルやまびこ

今から11年前、2002年6月22日は今年と同じで土曜日でした。在来線やまびこ廃止からちょうど20年経ったこの日と東北新幹線開業から20年経った6月23日に、485系を使って特急やまびこのリバイバル運転がありました。
私は、仙台→郡山で指定席が取れたのでこの区間だけ乗車し、その後は猪苗代に行ってこの日に走っていたC57牽引列車に乗っておりました。
 
イメージ 1
2002.6.22. 仙台駅にて やまびこの右側にぼわーっと写っているグレーのものは前にいた少年の帽子のツバです。
 
イメージ 2
2002.6.22. 福島駅で長時間停車したので乗客のほとんどが撮影をしてました。
 
イメージ 3
郡山で降りたら今はなき417系に遭遇しました。総勢15両の少数派、私の大好きな形式の1つです。

島原鉄道キハ20

2007年に長崎県に仕事で行った時のこと。仕事が長引くことも考慮して最終便を予約してたら昼過ぎに終了。とはいえ今から戻っても夕方過ぎるのは明白なので素直に予定のフライトに決定。5時間ほどの空き時間は島原鉄道を訪問することとしました。しかしながら列車のタイミングが合わないため長距離バスで島原を目指しました。この辺りは高速道路は通っていなかったため一般道を観光タイプのバスが走る路線でした。
目的の1つはこの時走っていた元国鉄キハ20、島原に着くと到着まで数分だったので最寄の踏切にダッシュして何とか捉えました。その後は歩いて南島原に移動し、第2の目的の特徴的な入江を背景に列車を撮影してから島原鉄道の列車で諫早に戻り空港に向かいました。廃止予定の区間は時間切れで行けませんでした。

イメージ 1

2007.7. 島原ー島鉄本社前

コンデジで新幹線撮影

新幹線の時刻を勘違いしたため、待ち時間中に撮影してみました。出張の時はSONYのDSC WX-300というカメラをもっぱら愛用してますが、この通り私にとっては十分なレベルです。但し、晴天の真っ昼間はファインダーの無い機種はつらいです。

イメージ 1

2013.6.20. 小田原にて
しかし、N700系のライトがボディーと同化してのっぺらぼうみたいになるのはどうにかならないかなあ。これでも-0.7EVの露出補正掛けてます。

153系高運転台車

モノクロ写真ですが、見つけました。全面オレンジ色が強烈だったなあ。

イメージ 1

1980年頃 平塚-大磯

京王5000系の思い出(吊り掛け急行の疾走)

京王線とは縁が強くて、就職して会社の寮に入る迄はずっと京王沿線の住人でした。そんなわけで、京王線にまつわる思い出を少し紹介します。
大学生の時は京王線で通学をしており、とある土曜日は午後の電車で家路についてました。すると、対向列車からいつになくハイペースな吊り掛けのモーター音が・・・、慌てて振り返ると急行のマークを掲げた5000系が遠ざかって行くのが見えました。1983年頃のことだったでしょうか。当時はまだ吊り掛けの5000系が健在で普段は各停運用についてましたが、この日は競馬開催日で、競馬場始発の臨時急行の運用に入っていた様です。となると、新宿到着後は回送で戻って上りの急行に入ることが予測されたので東府中に先回りして待ち構えてました。
暫くして、急行のマークを掲げた5000系が予想通りやって来ました。早速先頭の吊り掛け車に乗り込みます。車内は競馬帰りの人達で混んでいましたが贅沢は言ってられません。速度計の見える位置ににじり寄ってスタンバイ完了。電車は新宿に向けて出発しました。調布までの区間では武蔵野台の先にややきついカーブが有るのでそこから西調布の先まで続く直線区間で高速運転の期待が高まります。カーブを抜けると電車は再加速し95km/h位に達したでしょうか。この位になるとモーターは甲高い音を奏でており、その音にしびれてしまいました。
調布から先は、国領から先はまた直線区間が続くのですが、ダイヤがつまっていたのかさっきほどは速度を出さず千歳烏山に到着。あとは淡々と走って明大前でこの電車から下車し追っかけを終了、帰途に着きました。
しかし、あとにも先にも京王線で吊り掛け急行に乗ったのはこれきりでした。すれ違うことはあっても追っかけができなかったとかで、チャンスがありませんでした。ぜひとも、もう一度あのモーター音を聞いてみたいです。

イメージ 1

吊り掛け車ではありませんが50000系の写真を。平山城址公園ー長沼にて 1992年頃

モデルのグリーン車はサロE231?

車内でグリーンアテンダント募集の中吊り広告を見掛けました。
イラストを見ていたらサロ165を脳裏に浮かべてしまったのは私だけでしょうか。確かに液晶案内盤はあるし、シートに付いている手すりも今の車両のものなのですが、エンジ色のシートや二連の窓が急行型グリーン車を連想してしまいます。

イメージ 1

ほとんどがら空きの車内で撮影。スマホのため見づらくて恐縮です。

江の島、鎌倉さんぽ

先日、用事がおわりまだ日が高かったこともあり、小田急の片瀬江ノ島から江ノ電沿線を歩いてみました。海岸沿いを歩いて腰越から江ノ電に沿って七里ヶ浜まで歩き、極楽寺までは電車で移動。そこからはまた歩きで御霊神社に向かい紫陽花を撮ろうとしたら大分薄暗くなってしまいました。そのあとは由比ヶ浜から電車で鎌倉まで、正味2時間の散策でした。

イメージ 1

2013.6.14. 峰ヶ原信号所

急行アルプスとサハシ165

小学3年生~大学生の間は八王子に住んでおり、最寄の京王高尾線と中央線に良く繰り出してました。
といっても、自由に行動できる頃には181系あずさはなく、急行は廃止間際のビュッフェを繋いだ165系が貫禄を見せて活躍してました。しかも廃止後もビュッフェ車は外されなかったために、編成の魅力ではアルプスに目が向いてました。
サハシが撮れるのは時間の問題とばかりに。でも、散々写したつもりでなぜかたいした写真が残っていないことに気付きがっかりしました。
とはいえ165系は今でも大好きな車両です。

イメージ 1

高尾駅通過

イメージ 2

高尾-相模湖

31年前の上野駅で

1982.6.22.の朝、上野駅におりました。

イメージ 1

この発車案内板いつ消えたのだろう?

イメージ 2

後ろの20系は確か急行十和田

在来線から特急やまびこが去る日でした。しかしながら、沿線迄見送りに行けなかったために上野発9:33のやまびこ3号を見送りました。時間帯が午前中のためかあまり人が集中せず、一般の乗客や乗務員の方もゆったりと記念撮影をしてました。

オールツリカケ3連

子どもを習い事に預け、待ち時間は箱根登山鉄道に行きました。そろそろ戻ろうとしたら、ツリカケ車が3連で登場。迫力のある音を残して出発して行きました。

イメージ 1

2013.6.16. 入生田にて

103系非ATC 高運転台車

中央線で通学を始めた昭和54年前後から投入され始めたみたいで徐々に本数が増えました。高音型MT55等と呼ばれる甲高いモーター音が特徴的でした。
初めて乗った時に勇ましいモーター音が好きになってしまいました、興味のない人にはただの喧しい電車でしょうけど。
クハは800番台、モハ102には2000番台の車番の車両がいて103系の車両数の多さを実感しました。
この少しあとには201系がデビューして、暫くは試作編成だけでしたが、量産化が開始されると103系は置き換えられて新製車も転出していなくなってしまいました。

イメージ 1

武蔵境にて、撮影日不明、西武多摩川線の甲種輸送のついでに撮ったらしい。

開成あじさい祭り

まったりと紫陽花を眺めていました。この場所実は向こうの方に御殿場線が見えるので紫陽花と絡めて撮ってみましたが、真っ昼間の液晶パネルは良く見えず難儀しました。
ウォーキングイベントで立ち寄ったために重いカメラは持って来なかったです。

イメージ 1

開成町あじさいの里にて

イメージ 2

分かりにくいですが、遠景のガードレールの下に列車がおります。

イメージ 3

2013.6.15. 御殿場線 松田-東山北

特急はつかり(上野ー青森)の思い出

◇東北昼行特急のエース
列車番号に1M,2Mを与えられていることからも疑う余地のないところでしょう。ある時期1Mは上野16:00発とひばりの設定時刻を16:04発にずらしていたこともありました。

◇指定席の取り難い人気列車?
ただ、我が家の帰省旅行では乗車の実績はほとんどありませんでした。幼い頃の微かな記憶では父と二人で夕方出発して仙台に向かったことがありましたが、乗った時間帯と食堂車に行ったことを覚えているだけです。小学生の時も一度だけ午後の上り列車に乗ったのですが記憶にほとんど残っておりません。
かつては全車指定席だったため、指定席が取り難かったと思われます。はつかりに自由席が設定されたのは確か53.10.のダイヤ改正と記憶してます。

◇1982.11.に食堂車のお別れ乗車実行
その様な訳で、東北新幹線の本格開業が近づき583系の食堂車で食事をするため、南東北旅行の時に郡山ー仙台ではつかり1号に乗車しました。まずは早速食堂車に向かいます。まだ昼食には早すぎるためか、先客はおりませんでした。ゆったりと食事を終えて、スタッフの方に許可を頂き車内の写真を撮らせてもらいました。おそらく、東北で営業中のサシ581に乗るのはラストチャンスだろうと思うと後ろ髪を引かれる思いでしたが、学生の身では追加オーダーする余裕はなく諦めるしかありませんでした。

イメージ 1

イメージ 2

1982.11.3. はつかり1号車内、許可を頂き撮影

自由席に移ると,、列車は藤田から貝田にかけての山越えに差し掛かる処でした。文化の日にしては空いており、多くの乗客は新幹線に流れたのでしょうか。583系の力走を静かに堪能しました。
仙台に着くと鉄道ファンが列車を取り囲み583系の人気ぶりが伺えました。
はつかりは盛岡-青森の特急として愛称は残りましたが、食堂車は営業されず583系は13両の長編成をもて余すこととなるのでした。

イメージ 3

仙台でファンに囲まれて(同じ位に来た上り列車)

サロ185-1

サロ185も徐々に引退でしょうか?先日トップナンバーを見掛けましたのでこんな写真を撮りました。
そう言えば、特急運用で乗ったことないなあ。(湘南ライナーならばあるのですが・・・)

イメージ 1

イメージ 2

2013.6.10. 小田原にて

【訂正】紫陽花とVSE

6/9に御殿場線修学旅行臨をチャリテツした帰途のこと。富水駅に紫陽花が咲いていたので、通過電車と絡めたらちょうどVSEが来てくれました。

イメージ 1

2013.6.9. 富水駅前 SONY DSC-WX300

※画像の貼り付けエラーがあり、訂正しました。

臨時急行列車「富士山トレイン371」

詳しくはJR東海のニュースリリースを。
371系と出会えるチャンスが増えるのは喜ばしい限りです。一方117系の去就が気になります。

ttp://jr-central.co.jp/news/release/nws001228.html

20系客車 臨時あさかぜ

古いネタの連続となり恐縮ですが、20系をアップします。撮影は1980 年頃でしょうか。転勤の多い叔父がちょうど平塚に住んでいた頃のことと記憶してます。従兄弟たちにブルートレインを見せてあげるとか言って線路際の公園にでも行ったのでしょう。
この時あさかぜは2往復あって、繁忙期に臨時1往復が設定されたと記憶してます。急行の銀河が既に20系化されていたので乗客の目にはどの様に写ったのでしょうね。列車自体は後に急行列車に格下げ(確か玄海という愛称でした)されていましたね。

イメージ 1

平塚-大磯 1980.1.?