EF65 2127甲種

連休中日は特に予定がなかったので、愛知県方面に行くつもりで新幹線こだまの混雑状況を見ると昼くらいな列車は指定席が適度に空いていたことを確認…するも寝落ちして出掛ける機会を逸していると、稲沢に行ったきりになっていた2127号機が甲種を牽いているとの情報をキャッチ。この時間帯だとおそらく8862列車だろうけど先日の2139号機のとき地元では暗かったので17時より前に通過するであろう沼津付近まで行くことにした。が、在来線だと時間的にキツイのでやむなく新幹線課金して三島下車、雨が降り出したので駅外は諦めてホームで待機したが、予定時刻になっても現れずネットでは草薙駅の目撃情報が出てきたのでどうやら1時間位時変されている模様。この時点で西に向かう手も有ったが「判断が遅く」機を逸したため結局1時間半ほど待機して暗くなった中を記録。

DSC_1006_20221009_180842.jpg


せっかく三島まで来たので街ブラしようと思ったものの、待ちくたびれたので、改札出てそそくさと帰りの切符を買って(東海管内からICカードで乗り越すと精算が面倒なため)ホームに逆戻りするとなんとやってきたのは10両編成のE233系沼津発小金井行。どうせなら211系や313系に乗りたかったがこれ以上待つのは嫌だったのでこれに乗る。久しぶりに座って丹那トンネルを通過するとE233系の揺れの少なさを実感(あくまでも比較対象は113系、313系も乗り心地は良いはずだが
座れたことがなく比較できず)した。そのまま小田原まで戻ってくるとホームに多数の撮り鉄が居たので待機していたら、途中で追い越したらしく先程の甲種と2度目の遭遇。立ち位置が無いので引っ込んだ位置からもう一度撮影。

DSC_1012_20221009_191224.jpg


結局2回ともナンバーが読めるようには撮れず、外観で特徴がある釜だから良いものの遠征の意味が無い結果になったので、遠征するならば静岡近くまで行くべきというのか今回の反省点か。
スポンサーサイト



噂ではラストラン?だった EF65 2139 稲沢~新鶴見

先週の月曜日、単独で東上しているとの書き込みを発見。それと一緒に「これで最後」とのコメントを見つけたので様子を見に行ったものの、駅に居たのは数人ほどでした。時刻は17:35近くで、画像補正をしてこの程度ナンバーは読み取れず2139号機か分かりません。もうここはシーズンオフですね。

CSC_4430_20221003_173410.jpg

EF65 2139単回

8862レは単回でしたが、最後らしいとの噂があったので撮影。とはいえ、もうシーズンオフですね。


2022100400010048d.jpg

上越線

昭和51年頃、線炉端に有るので有名な越後中里のスキー場からの風景です。417系と同じアルバムに入っていました。
やはり181系は外せません。
20220922163018c33.jpg

なんと、EF65PFがEF16にサポートされて上越国境を超えていました。
202209221634374b3.jpg


2枚とも先頭付近に、ポール状の物が被っており、自分の撮影センスの無さにウンザリします。この他に、EF15とEF16の重連とか、除雪列車とか通過していたのですが、そちらは完全スルーしてしまいわ今考えれば勿体ないことをしました。

熱海試単

乗っていた普通列車が小休止、短い汽笛を鳴らし通過するさまは、急行列車の通過を、思わせました。

20220721233804e74.jpg