1982年6月 最終日の在来線特急「やまびこ」

上野駅で、後方の20系はおそらく「十和田」


IMAGE1-06.jpg

【追記】 奥の20系は時間帯からしておそらく「十和田4号」ですが、この時はほぼフイルム一本をやまびこに費やして十和田は1枚も撮ってませんでした。やまびこを撮っている間に回送されたとはいえ、全く記録していなかったどころか今になって存在に気づく有様でした。 当時はあまり先の事を読まずに行動していたことに、今更ながら悔やむ次第です。
スポンサーサイト



車窓から見た485系特急「鳥海」

新前橋~本庄へ移動中の普通列車車中から撮影。1985年1月

イメージ 1

遠ざかるボンネット「ひばり」 現在の新白岡付近

アウトカーブから撮っているので、実は見た目よりかは線路から離れた場所で撮っています。しかしながら、今の基準ではダメそうな場所ですかね。
東北自動車道との立体交差を青森側から見ているので、この立ち位置は新白岡駅の少し南側になります。ここに写っている民家、今はどうなっているのでしょうか。航空写真で見ても判然としませんでした。

イメージ 1
1982年5月

実はこの写真、後部側を2枚撮った2枚目、こちらの方が周辺景色が見えていたので紹介してみました。普通に考えれば没カットですが、37年も経過すると周辺の景色が見えていて、あながち没カットとも言い切れないです。

振り返ったら標識に被られた「はつかり」

1982年6月、終焉まであと5か月ほどとなった上野乗り入れの「はつかり」。東大宮-蓮田

イメージ 1

黒磯駅を後にする485系特急 S57.11.14.撮影

時刻は15:00ぐらい、この日は東北新幹線の本格開業の前日、東北特急、急行の最後の姿を記録して、そろそろ帰宅しようと高久から客車普通列車に乗り黒磯で115系の列車に乗り換えようとしていた時の出来事・・・のはずだが、この列車がなんであるかは不明(クハ481-200番台なので、青森か仙台の485系であり、はつかり、やまびこ、ひばりのどれか。マークははつかりのように見える)、メモは残していないので雰囲気だけ感じてください。

イメージ 1
1982/11 黒磯